« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »

2004年5月の9件の記事

2004/05/19

システム開発に必要なスキル

この連載はかなりヒット記事を飛ばしているのだけど、今回もイイ。
@IT:外資系コンサルタントのつぶやき 第23回 - プログラミングスキルをもっと評価すべき

第5回 技術スキルだけでは食えないなど、技術力の評価については度々話題に出ていたわけだけど、今回は「すべき」というように一歩踏み込んで現状に警鐘を鳴らしている。

今回再度書かれているように、ITコンサル系(旧会計系コンサル系)だけでなく、大手SIもダメだし、中小もろくなところはない。

大手は、コンサルもSIも「より上流へ」が当たり前で、殆ど実装の現場の仕事は手掛けないし、手掛けたとしても上手くこなせない。上流が得意なら当然しっかり管理出来るかと思いきや、実装の勘所が分かっていないんだから無理が出てしまうのが道理。管理のお題目だけでは本当の管理は出来ない、管理対象(この場合はプログラミングやテストやOS・MW・NW設定等々)の肝を抑えていないとね。どこかで無理が出るっていうののいい例が、一昔前のオウム関連会社が防衛庁のシステム開発に関わっていたというのではないかな。

で、他方の中小は、転職サイトを見るに派遣に近い怪しいところばかりだし、そうでなくビジネス的に上手くやれている(ように見える)ところも内情は実はぼろぼろというのもありがちというかそういうところばかりじゃないかな。ぼくの勤務先がまさにそれ。同業の同じようなポジションのところもいい話は聞かないし。

恐らく、本当の技術力を持った人はどこにも一定の割合しか居ない。すなわち、どこにも殆ど居ない(大手SIだとひょっとしたら研究所やそれに類する組織に或る程度まとまって居るかもしれないけど)。ITコンサルで適性があるもしくは学生時代からプログラミングやっていてずば抜けた能力を示すひとと、大手SIの開発部門で業務をリードしつつ技術にも深い知識を持っているひとと、中小の叩き上げで本当に分かっているひととの比率は、ほぼ同じで、100人に一人とかそんなもんだろうな、というのが、ITコンサルから100人規模のベンチャーに移っての実感。

などとつらつら考えるに、この業界、根本的に間違っているなー、としか思えない。直接見聞きたことあるのは月当たり100人までが1年程度投入される規模の開発だけど、このレベルならせいぜい20人が2年掛けて作った方が絶対上手く行く。少数精鋭で、本当に出来る人を1~2人アーキテクトとして抱え、あとはそこそこのプログラミングスキルと業務理解力のあるひと、って感じかな。これで見た目のコストは半分以下、影のコスト(バグ、モチベーションの低下による諸々の問題)も激減でハッピーな開発が出来る。はず。スピード経営とかで開発期間が短くなっているって言ったって、どうせROIの計算とか市場環境の調査分析とか厳密にした上で納期決めているわけではないんだから、期間倍になったってクリティカルな影響を与える事例なんて殆ど無いはず。

「本当の技術力を持った人は殆ど居ない」と書いたけど、10人以下とかの規模の組織なら居るかも知れない。でもそういうところは一次請けとして開発を請け負えないし、じゃあ請け負えるようになるために規模を拡大すると、数十人規模の中小のところや大手と同じ弊害を負うようになってしまう。プロジェクト管理能力とプログラミングスキルとそれらを組織的に結び付けること、というのは非常に難しくて、殆ど不可能なんじゃないかと思ってしまう。

それはともかく、目下の課題は、じゃあどこに転職すればいいのか、って話なんだが・・・
鬱。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/10

ツーリング記録

04/30
02時頃 出発
首都高~中央自動車道・諏訪南
R152-R153-R418-R19 名古屋
R21 琵琶湖
R1 京都
R9 鳥取
泊:鳥取、柳茶屋キャンプ場
湯:吉岡温泉、下湯

05/01
R9-R191
関門トンネル、で九州入り
R10-R201-福岡r22
泊:福岡、直方オートキャンプ場

05/02
R200-R211-R500 英彦山
R496-大分r28 耶馬渓
R210-大分r11 やまなみハイウェイ
熊本r45 大観峰
R212-熊本r111 阿蘇山
熊本r315-R218-R445-R221-宮崎r30-R223-R10
泊:鹿児島、国分キャンプ場
湯:住吉温泉

05/03
R220-R224-鹿児島r26 桜島
R220-R448 都井岬
R220-R10
泊:宮崎、伊勢ヶ浜
湯:ひょっとこの湯

05/04
R10-R388-R217 佐賀関
国道九四フェリー(佐賀関~三崎)
R197-R56-R320-R381
泊:四万十ひろばキャンプ場

・フェリーはバイク10台しか積めない
・桂川渓谷キャンプ場は廃墟

05/05
R381-R439-高知r26-R197-東津野城川林道-高知r48-愛媛r383 四国カルスト
R440-R33-R494-愛媛r12 石鎚スカイライン
瓶ヶ森林道
R194-高知r17-R439-R32 大歩危
高知r45-高知r32-R439 徳島
泊:徳島YH前

=========ここまで記録としてはOK。ここから下をASAPで書くこと

05/06
和歌山
高野山
泊:本州最南端の
湯:串本温泉

05/07
富山新潟

05/08
新潟福島栃木群馬埼玉

05/09
帰着
即、小岩へ練習にw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バイク練習メモ

日曜(2004/05/09)午前中に小岩に。11時くらいから雨になってしまった。千鳥が上手くならないなー。一本橋もだけど、疲れてくるとすぐメタメタになってしまう。

ところで、OpenJaneからバイク板が見れないようになってもうた。板覧がNot Modifiedが返ってしまう。ブラウザからは同じURLでちゃんと見れるのにー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いまさら

金曜(2004/05/07)夕方。旅の終盤、新潟福島境の田子倉湖の辺り。携帯圏外だった。20040508_1636_000.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/06

徳島YH前

傾斜がないのと下が芝生ということで前の方にテント張ったが、暑かった。程よい時間に起きれたのでいいんだが。昨日は四国横断したので、今日は控えめに紀伊半島半周かな。20040506_0826_000.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/04

また写真忘れた

あまりテント張れる場所はない。20040504_0808_000.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日向の伊勢ヶ浜

キャンプ場ではないんだけど。22-6時までゲート閉まる。知らずに出掛けて焦った。裏技で解決。出掛けたのは、日向ひょっとこの湯、というスーパー銭湯。24時まで営業。
この海岸は、日本の水浴場88選だそうな(紹介ページ。こことかここ)。とりあえず今日はサーファーが沢山。ディーゼル車のアイドリングで起こしてくれました凸(`Д´メ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/03

付け忘れ

国分キャンプ場は、海水浴場も併設。なかなかきれいです。バイク車は17時以降サイト横には入れないらしく、堤防挟んで100Mくらい荷物運び。昨日は鍵壊されていたらしく、23時頃風呂入りに出入り出来た。20040503_1017_000.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三泊目

鹿児島の国分。二泊目は福岡直方で、昨日は九州縦断。今日は天気悪いようだし、宮崎の海岸またーり走る程度かな、と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »