« 小さなサービスの組み合わせというSOAの発想は失敗する運命にある、のかも | トップページ | SOAのROI »

2006/10/04

ESBでビジネスプロセス管理

これも最近流行りらしいけど、ニュース見て気になったので、簡単にメモ。

ITmedia エンタープライズ:BPMのパイオニア、Fuegoの資産を受け継ぐBEA (3/4)


 IBM、Oracle、Tibco、SAPといった競合他社は、あくまでもデータモデルからスタートしています。われわれのようにプロセスからではありません。EAIのベンダーというのは、そこでインテグレーションを話題とします。しかし、下からスタートするということは、それだけコードをたくさん書かなければいけないということです。

 また、ほとんどのBPM製品は、ビジネスアナリストの関与からスタートするのではなく、開発者からスタートします。そして、コードを書いてアプリケーションを作成します。あくまでもWebサービスのためであって、ヒューマンインタラクションのためのものではありません。

一点目は現在市場に出ているESB製品の殆どはEAIと変わらないという話。データ層あるいはそれを扱うアプリケーション層、要はITの世界からの発想で、ビジネス層からではない。この指摘は正しい。
二点目はビジネス側が主導でシステムを設計するのか、それとも開発者つまりIT側か、という話。ビジネス側の関与が必要で、そこから始めるべきなのは確かにそうなのだが、往々にしてビジネス側が作るモデル(「ヒューマンインタラクションのためのもの」)は正規化されていないものであろう。それをBPM製品などに載せるためには、IT側による加工(別にシステム工学が分かる「ビジネスアナリスト」がやってもいいけど)が必要になるはず。つまり、最終的にシステム化するためにデータ層やアプリケーション層まで落とし込むとすると、ビジネス層でも正規化されたモデルが必要になる。でないと下位層のモデルが正規化出来ないわけだが、正規化されていない下位層のモデルは全く無意味。でもアプリケーションやデータのことを全く知らない「ビジネスアナリスト」が本当に「正規化された」ととりあえずここでぼくが呼称しているようなモデルを本当に作れるのかどうか、疑問だな。

|

« 小さなサービスの組み合わせというSOAの発想は失敗する運命にある、のかも | トップページ | SOAのROI »

system engineering」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3241/12054304

この記事へのトラックバック一覧です: ESBでビジネスプロセス管理:

« 小さなサービスの組み合わせというSOAの発想は失敗する運命にある、のかも | トップページ | SOAのROI »