« 中井ジムカーナスクールについて | トップページ | 書類落ち »

2006/10/24

何故SOAか?

散々SOAの悪口を書いてきたので、何でSOAにそんなに粘着するのか書いてみる。
SOAはこれまでのソフトウェアエンジニアリングのいいとこ取りである、言い換えると、これまでソフトウェアエンジニアリングの世界であるべき姿とされてきたことを全てまとめたものである、と認識している。
SOAに粘着することによるぼくのメリットとしては、それにかこつけてソフトウェアエンジニアリングの正道を堂々と説けるところにある。

「正道」とは具体的には次のようなポイント。
・モデル(ビジネス要求、システム要求)をちゃんと設計しましょう
・モデル間の(フェーズ内における)整合性や(フェーズ間における)トレーサビリティを確保しましょう
・実装の部分のモデリングも本当に柔軟性のあるソフトウェアの構築のためには重要であり安いプログラマに任せられるものではなくてちゃんとしたソフトウェアアーキテクトによる深い関与が必要です
・モデルは一時的なものでなく、次の開発(あるいは小改善)のために保持されるべきです
・ビジネス領域間の最適化を図るために、それが出来る人員を育てましょう
・ビジネス領域間の利害の調停のための組織を、出来るだけ高い職位に設置しましょう
・IT部署だけでなくビジネス部署の参画も得ましょう

これだとBDUF/BMUF (big design/modeling up front)の開発になりそうだけど、ちゃんとした組織とプロセスとツール(知識基盤を提供する仕組みやそれと連動したモデリングツールとか)があればアジャイルにも運用出来るはずだと考えている。モデルモデルと言っているけど、これも最低限使えるものでいいはず(とはいえ大抵の現行のモデルよりはちゃんとしたものが求められる)。とりあえずAmazon.co.jp: アジャイルモデリング―XPと統一プロセスを補完するプラクティス: 本: スコット・W・アンブラー,株式会社オージス総研を参照。
但し本当に「最低限」にした場合或る程度個人に依存することになるのは避けられない。というより、実は、組織やプロセスやその中で生み出され再利用されるモデルは、それに関与する個々人の能力の表出の一面であり、インフラとしての知識基盤の充実度とそれを活用する個々人の能力は密接に関係しており切り離せないものだと思う。これを避けるためにはモデルを果てしなく詳細化する必要があり、BDUF/BMUF志向になる。で、それは本当に果てしないので必ず失敗する。
ところで、この「結局ひとが大事」というのを忘れて、「人月」的発想で人的リソースを外出ししたのが一頃の「アウトソース」ブームだったのだろう。まともに考えれば回らないのは自明なのだが、目先の損益に目が眩む馬鹿なやつらが多いものだ。もし人的リソースを外出しにしてコスト削減したいのなら前に触れたシスコの「アウトタスキング」(非「アウトソーシング」)の考え方に基づいて、コアな付加価値のある作業とそうでない作業をプロセス志向の手法で明確に定義し後者を外出しにして適切なコントロールを利かせるべきなわけだが、でも直感的には「適切なコントロールを利かせる」ための工数やそれに必要な知識・経験などを考慮すると、システムに関わるライフサイクル全体を取り上げる場合には殆ど全ての作業を内部に持つべきだと結論されるように思う。この結論は最近の風潮(アウトソース取り止め、作業の内製化)とも合致している。
そして、そのような結論に基づいて組織作りプロセス作りを行う中でのみ、SOAに対応出来るIT組織が成立するように思う。ま、SOAなんてどうでもいい、システムはモノリシックでおk、さくさく作ってさくさく捨ててけばいいさ、なんか知らないシステムが動いているけどキニシナイ、というのであれば、そんな組織作りなんてどうでもいいんだけど。

|

« 中井ジムカーナスクールについて | トップページ | 書類落ち »

system engineering」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3241/12325070

この記事へのトラックバック一覧です: 何故SOAか?:

« 中井ジムカーナスクールについて | トップページ | 書類落ち »