« やっぱり雨 | トップページ | 【雪山記録】六日町八海山 2007/01/07 »

2007/01/07

SAJスキーバッジテスト2級合格

六日町八海山スキー場で受けたSAJスキーバッジテストの記録。結果は合格。だけど会心の出来というわけではなく。

【検定の流れ】
10時に集合して、第1ロマンスリフトからロープウェイに乗ったのだが、減速運転で上まで行くのに結構時間が掛かった。
1級が5人くらい、2級が10人くらいの受験者。
1級と2級一緒に(各種目2級から先に)、整地小回り、中回り、大回り、フリー滑降、の順。1級はその後不整地小回り。
整地小回りはいきなりロープウェイ下りた後の細い通路でやり始めてびっくり(チャンピオンコースを過ぎた辺りがスタートで、ダウンヒルコースに入っていく左カーブ手前がゴール)。朝だったからまあそれなりに平らだったけど、そんなに整地でないような…
レストランダウンヒルの上の落ち込みで1級の不整地小回りをやって、11時半くらいに終了。13時半に結果発表とのこと。
前に受けたとき(後述)と違ってここでは明示的な「前走」が無かった。前に別のところで受けたときにはあったのだけど。今回は検定員3人がゴールまで五月雨式に好き勝手に下りて行くのを参考にした。

【受験歴】
2級受験は今回が2回目で、初回は確か2004/03に、志賀で受けた。
そのときの成績は
大:65
中:65
小:64
フ:64
だったと思う。これは不合格者の中では一番良い点数wで、もう一人-2点で落ちていた人は、いかにも女性というきれいな滑りをするひとで、事前講習時に他の受講者からも「あの人上手いなあ」と言われるような感じだった。ので、結構自信を持ったのだった。もっと緩い採点するところならすぐ2級受かるかな、とか。でもその後受ける機会というか気分が無かった。

【これまでの練習方法とか】
レッスンは2級初回受験時の事前講習以外全く受けたことない。自己流でやっている。自分の感覚だけが頼りで、気持ちよく楽に滑れればそれが正しいはず、というスタンス。それで或る程度やって来て、2級受けてそこそこの評価だったので、その後もそういう方針で滑っている。
その事前講習では、大回りで、右ターンのときにちゃんと一度ニュートラルを作るように言われた。確かにそうすると滑り易い。右ターンが苦手意識がずっとあったのだけど、一度しっかり荷重抜いてその後外足に荷重して行く、という基本の大切さが分かったのが収穫だった。そのおかげで事前講習中、受講者中での大回りの模範みたいな扱いをもう一人の上手いひとと並んでしてもらえた。
ただ小回りがその頃ようやくそれっぽく出来るようになったばかりの頃で、事前講習時に「横への移動になってしまっている」とコメントされ、短い間では修正出来なかった。

【スキー歴】
小さい頃に数度行った程度だった後、大学2年のときにサークル仲間で行って、そのときはウェアもスキー道具もレンタルだったのだけど(えらいださいウェアだった)、それではまって大学3年のとき(1995-96のシーズンかな)に自分のウェア・道具を買った。このときはカービングスキーが出始めで、ぼくはまだまっすぐの板を買ったような。その後2000-2001シーズンに板をカービングに買い換えた。前に触れたElan Whistler 3.0。一本目もElanだけどモデル名とかは忘れた。ついでに昨シーズンから始めたボードの板もElan。書き出してみると、約5年に1回板を買い換えているのか。
2003-2004シーズンに、ほぼ毎週末車中泊でスキー行くという病気が発症したのだけど、それ以前は1シーズン1~3回(2~7日)程度の普通のファンスキーヤーだった。なので2級初回受験時は滑走日数35~40日程度かな。で、今回は04-05、05-06の2シーズンを経てそれぞれ10-20日滑っていて、今年も10日くらい滑っているけど、昨シーズンからはボードもやっているから、適当に総計してスキーでは60~65日分程度の滑走経験があるはず。まあ普通に2級受かるはずだよね、という量と思われる。

【今回の成績】
大:65
中:64
小:66
フ:66

【今回受験の感想】
中回りが合格点(65)行かなかったのが痛い。まあ前回は合格点出ているわけで、全種目で合格点取ったことがあるとは言えるので立派な2級であると胸を張れるような気がするけど(弱)。
当初は、前回受験時合格点行っていた大と中で1点づつ加点して、小かフあるいはその両方で1点減点されるのに備える、という皮算用だったのだけど、実際の結果はそれに全く相違する。
確かに中回りはリズムだけに気を取られてスキー操作が疎かになっていたような気もするけど、でもそんなひどい滑りだったとも思えないけどなあ。
どの辺りに着目して点数付けるか、スクールによって違うようなので、事前講習は受けた方がいい、ということになっている。そこで調整した方が安全。だけど、本当に上手い人ならどこ行ってもちゃんと合格点もらえるはずではある。なので、どこが悪かったのかはよく分からないけど、まだまだ精進が足りないというように受け止めよう、と。
検定中に、周りの2級受験者を見て、この中で3人程度合格するとしてもぼくはイケルだろう、とか実は思っていたのだけど、合格者7名中最低点だったw。一人テレマークで受けていた猛者が居て、多分この人は普通の板なら余裕で1級だろうな、という上手さだった(あのくらいだとテクニカル取れるのかな)。合計6点の加点で合格。つか、テレマークでも1級いけるのでは? それ以外はぼくより段違いで上手いひとは居ないなあ、と思っていたのだが、ぼくの直後の、ぼくは滑りをあまり見られない人(ElanのGS板履いていた)が実は結構上手くて、4点加点。あと3点が3人、2点が1人。で、ぼくが1点加点。自分の滑りを見たことが無いわけだが、やはりそれでは良くないなあと思いました。
ついでに1級受けていた人たちは意外と上手くないように感じた。2級本当に持ってるの?、とか思うようなひとも居たり。不整地小回りも見学していたのだけど、下りて来て「ラインが分からなかった」とコメントした痛い感じのひとは、多分ラインがはっきりしたコースは滑れないだろう足前に見えた。
それでも2名合格者が出ていた。あのくらいでいいのか、という目安にはなったが、1級てもっとすごいものかと思っていたのだけど。ま、他人のことは全然言えないんですけどね。

【今後】
近々スクールに入って、1級にはどこが足りないか教えてもらうことにしようかな、と考えている。やはり流石に1級狙うとなると効率良く練習しないといけなそうなので。で、遅くとも来シーズンまでには1級が取りたい。今シーズン終わり頃には一度受けてみようかな。
それから、スキーだけでなく、ボードも折角なので1級くらい取りたい。今シーズン中に2級を一度受けてみようかな。けど、そもそもどの団体のテストが一番一般的なのか、よく分からない。JSBAとSAJがあるし、SIAもやっているのかな? まずはそこから調べねば。

|

« やっぱり雨 | トップページ | 【雪山記録】六日町八海山 2007/01/07 »

snow」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3241/13370287

この記事へのトラックバック一覧です: SAJスキーバッジテスト2級合格:

« やっぱり雨 | トップページ | 【雪山記録】六日町八海山 2007/01/07 »