« 【雪山記録】六日町八海山 2007/01/28 | トップページ | 【バイク練習】ダンロップスポーツマックスジムカーナトレーニング 2007/02/04 »

2007/02/03

【バイク練習】HMS埼玉上級 2007/02/03

今週はスキーでなくてバイク。HMS埼玉上級土曜のキャンセル待ち当選通知が金曜昼頃に来て、日曜に同じところでジムカーナ練習会もあることだし、久し振りにバイクも乗っておくか、と。
キャンセル待ち、2週間くらい前に予約入れたら9人目とか10人目とかでの待ちだったのだけど、回ってきた。

・寝坊
・コテコテ
・初コケ
・59キロ
という感じで続きます…

前夜車にバイクを積むべくスキー道具を片付けたのだけど、えらい時間が掛かってしまい23:30頃出発、1:30頃実家着。
ねこ二匹を部屋に引きずり込んですぐに寝る。いつもは布団に入らないどころかぼくの部屋には居着かないクロがしばらく布団の中で寝ていて、シロさんとの二匹のねこ布団でしやわせ~。クロさんももう年だから(10歳くらい?)丸くなったのかにゃあ。

そんな感じで眠りに付き、朝早くに電話が鳴ったのでなんだろうと思ったらレインボー埼玉の着信表示が。で、時間を確かめると全然朝早くじゃなく、10:10! あわててコールバックし「あと10分で行きます!」、と伝えてダッシュ。何とか10:30のタイムリミットには間に合ったけど、講師や他の受講者の方々に迷惑掛けたことは間違いなく、申し訳ないことです。

今回の車両は希望通りCBR1000RR。前にも感じたが、酷使されているせいか、低速のアクセルの付きがよくないというか、エンジンの感触が全体的に良くない。けど後述するようにホイルスピン起こすのでパワーはちゃんと出ているみたい。
で、コースに出たら久し振りにバイク乗った身(スクーターはあまりバイクじゃないので)には非常に辛い、超コテコテのコース(コテコテとは。非常に細かい、通り抜けるのに高度な技術を要するコース設定を形容する、ジムカーナ方面の用語)。下手糞のくせにセパハン車両だと流石に曲がれなくて、慣熟走行では2箇所くらいショートカット。上手い人は同じ車両でもちゃんとコース辿れているんだけど。その後1箇所はすぐに普通に曲がれるようになったけど、もう一つは大分後になってようやく曲がり方が分かった。どうやらぼくは警戒して大回りし過ぎていたらしく、実はパイロンぎりぎりを狙って小さく切り返す方が楽、というかそのルートしか取れない。この辺り、まだまだ中級レベルだなあ。でも中級はキャンセル待ちさえ入れられない…
で、そんな中、HMSで初めてこけた。恥ずかしいエンストゴケ。一応通れるようになっていた2箇所目のきついセクションで、リズムを崩して失速してしまった。極低速だったこともあり車両も体も壊れなかったけど、何故かおTINTIN(リンクは違)打った。しばらく悲しい痛みを覚えながら、走行続行。昼休みに小用を足したときは特に異常無く安心。

そのコテコテコースは昼食の後も続けて走り、やっと15時過ぎに別のコースへ。こちらはオフセットスラローム中心で、気持ちよく走れた。が、今回も講師の方に午前中注意されたけど、アクセルの開け方がラフなようで、立ち上がりでリアが滑る。タイヤがうんこというのもあるだろうけど、逆に自分のバイクではいかにタイヤに頼っているかというのが分かって勉強になる。まだまだ上級の速い人のペースには付いていけないわけで、ほんとまだまだだなあ、と。
結局最後の1時間で距離が稼げたこともあってか、走行距離は59キロでした(移動等含む)。

(追記)
今日先頭を走っていた954RRのひとは、前に中級で見たことがあるような気がしてそのときもやっぱり同じ車両で異様な速さで直スラをこなしていたのだが(このときかなあ)、今回最後尾に追い付かないようにかなり間を取る形で気を使ってくれていて有難かった。が、どうも前回埼玉上級参加時に触れた2chのHMSスレ(最新3本目はここ)見てると、それも無言のプレッシャーに思える。けど別にぼくがダントツで遅かったわけでなく、途中で紛れ込んだ列の真ん中辺りにもぼくと同程度の速さのひとも居たはずなんだよねー。最後1時間のコースのときぼくの後ろだったひとは多分ぼくより少し遅かったし。
ついでに多分そのうち「HMSレインボー埼玉限定バイク談義」てページ(ttp://blog.goo.ne.jp/sushi306)に今回のコース図とか出てくるような希ガス。

|

« 【雪山記録】六日町八海山 2007/01/28 | トップページ | 【バイク練習】ダンロップスポーツマックスジムカーナトレーニング 2007/02/04 »

motorcycle」カテゴリの記事

コメント

こんにちは当日私も後ろの方で走ってました。
午後の休憩の後あなたの後ろで走っていたのは常連の方ですよ。前のペースに合わせて落としたりパイロンを直したりしていたので遅いと思われたのでしょうか。後ろは少し詰まっていたような気がします。
基準は後ろの人よりも前の人に離されず同じペースで走れるかを参考にした方がよいと思います。

投稿: とおりすがり | 2007/02/06 18:22

> とおりすがりさん
常連キター、って感じですな。とおりすがりさんも常連なわけでしょう。常連以外、という感じで簡単に特定されましたかね、ぼくは。見た感じ、殆ど「常連」ばかりだったようだし(前回上級参加時かその前数回の中級参加時に見たようなひとばかりだった)。
午後の休憩の後、ぼくの前のひと(というか最初は後ろに居たけど前に行ってもらった)はパイロン直しながら走っていたけど、後ろの人は(大体ずっと後ろ気にしながら走っていたけど)特にそんなアクション取ってるのは確認出来なかったのですが、前半区間はレイアウト上後方確認する機会があまり無かったので、その辺りのことかな?(後半のオフセットスラロームはパイロン直すようなところは出ていなかったはず。そして後半セクションの入口と出口での後ろとの差はずっと気にしていた。) ともあれ、事実誤認で常連様を遅いぼくよりもちょい遅い呼ばわりしてしまい、大変申し訳ないことでした。失礼をお詫び致します。
「前の人に離されず同じペースで走れるか」は確かにその通りです。だけど、全体的にスムーズにトレイン走行してもらう、ていうかするためには、後ろに極端に詰められないかっていうのも重要かと思うんですがどうですかね? 一番前が一番速くて、その後ちょっとづつ遅くなっていく、というのがトレイン走行の理想かと。もし詰まって列の後ろがストレス感じて走るような状態なら、無駄にペース落としたりせず、ちょっとプッシュしてもらえばぼくはすぐに譲りますけどね。それを適宜繰り返せば、ほぼ全員がストレス感じないで走れるようになるのでは?
ただ、一番前が一番後ろに追いつくような、列が長い状態になると、また問題ですけど。全員に練習の機会を与えるという観点(このスクールの趣旨を考えるとその観点に立つべきと思いますが)からは、その状態になってしまった場合、一番前のひとが極端に間を空ける(それにより一番後ろにプレッシャー与えて順番譲るほどまで追い付かないようにする)、というのが多分良くて、午前~午後前半に一番前走っていた954の方はそうしてくれていましたね。
もちろんベストな状態は、トレイン走行している全員がほぼ同等のスキルで、したがって一番前が一番後ろに追いつくほど列が伸びない、というものです。ただこれにも、コースの長さと、列の組替えの効率性(出来るだけ早く、速く走れる順に列を並び替えて列全体の長さを最適化すべし)、という制約条件がありますけど。何が言いたいかというと、午前~午後前半の状態はぼくだけが悪いわけではない、ということですがw。
お年玉でもらった1000円オフ葉書を今回使い忘れてしまったので、多分3月末までにもう一度はHMS埼玉に参加しますから、見掛けたら常連様一同で煽り倒してやって下さい。

投稿: ルサンチMAN | 2007/02/06 23:37

自己レス。
> 今回のコース図とか出てくるような希ガス。
キター。つttp://blog.goo.ne.jp/sushi306/e/c14348313d8ee9abe4ae684131bc1853
休憩時に熱心にコースのメモ取ったりパイロンの並びのチェックしている人が居るなあ、と思ったらやはり。
それにしてもこのブログのコース図とかのコンテンツは素晴らしい。こういうのはネットの利点かなあ。
あ、ついでにやっぱりこの日は常連だらけだったことを思わせる記述が上記エントリにある。こわいこわい。

投稿: ルサンチMAN | 2007/02/07 00:43

こんにちは。
常連以外で特定したのではなく、午後の休憩後に左側から順に発進するところを、2列目の時右側から間違えて?発進したCBR1000RRがおりましたのでそうかなと思った次第です。

私の考える常連というのは、数年前から毎週のように通っているような方達です。私は上級には片手ほどしか通ってませんが常連の中に入るのでしょうか。Sushiさんのブログを参考にするとあなたも私も既に常連の仲間?w

(私の考える)常連さん達は紳士?なのか前が遅くても煽ったりせず、ペースを合わせて走ってくれるようです。ですので前に離されるような場合は、積極的に後ろの人に譲るようにしています。お互い気持ちよく走りたいですしね。

投稿: とおりすがり | 2007/02/07 19:55

> とおりすがりさん
わざわざ再訪どうもです。

> 2列目の時右側から間違えて?発進したCBR1000RR
んー、それはぼくじゃないかもですね。確かに、発進する順番が「あれ?」となったときがありました(横に長く停まったときですかね)が、ぼくは先頭ではなくて後から付いて行っていたかと。ちなみに、一人だけツナギ着ていた場違いなヤツですよ、ぼくは。と書いておくと次回常連さんたちのマークが更に厳しくなるかなwktk

前に離されても、後ろにきっちり追い付いてもらわないと譲りようがないんですけどね。先日の午後最後のセッションはまさにそうで、最初に譲った前の速い人には離されるけど、後ろが出発地点までに並んでくれないのでどうしようもなかったです(スタート地点での待ちが殆ど無く、結構ガンガン流れていました)。

「煽る」というのは表現が悪いですが、お互いにいい練習が出来るように、適度な意思表示はしてもらいたいものです。合わせたペースで走って本当に練習になっているのならいいのですが、ストレッチングなスピードで練習したいときもあって、その場合ペース合わせて無駄にストレス溜めてもしょうがないのでは。講習時には「紳士」としてペース落としていて、他方2ch HMSスレなんかで不満たらたら書いてたら、それは本当の紳士ではないと思うんですけどね(断っておきますが、ぼくは紳士じゃないですし紳士ぶろうとも思っていません)。ま、当然、全ての「常連」の「紳士」がそんな屈折しているわけでなく、本当の紳士の方もいらっしゃるでしょうけど。
前回、最初に上級参加したとき、順番譲ったら次の休憩前に再度わざわざ「さっきは譲ってもらってすみません」とか言われてむしろ恐縮したことがありました。速い人には譲って当然だと思うので、譲ったときにちょっと会釈して行く程度で全然構わないと思うのですが、ともあれそんな感じで気を使っている方も居るには居ますね。

投稿: ルサンチMAN | 2007/02/07 23:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3241/13774032

この記事へのトラックバック一覧です: 【バイク練習】HMS埼玉上級 2007/02/03:

« 【雪山記録】六日町八海山 2007/01/28 | トップページ | 【バイク練習】ダンロップスポーツマックスジムカーナトレーニング 2007/02/04 »