« 【雪山記録】志賀高原 2007/03/18 | トップページ | 【雪山記録】尾瀬岩鞍 2007/03/24 »

2007/03/21

【雪山記録】志賀高原 2007/03/21

志賀高原への峠道は意外と雪は残っていなかった。一部氷が残っていて滑ったけど。上の方に行っても雪が溶けた水が道路を流れていて、完全に春に向かっている雰囲気。もう一度寒波来てくれないかな。

着いてびっくりしたことに、客が非常に少ない。最後の好コンディションの休日だろうから、それなりの人出かと思っていたのだけど。天気は一日快晴、温度は高過ぎず低過ぎず。

いつもと異なり焼額第2ゴンドラをベースにして、11時スキーで開始。いつものオリンピックコースも人が少ないので思いっ切り飛ばせて非常に楽しい。このコースはやっぱり圧雪も素晴らしい。その後奥志賀ダウンヒルも一本滑ったのだけど、こちらはコブになった名残がかなり残ってしまっている。典型的な尾根コースで細いところと、広い一枚バーンでは圧雪のし易さも違うのかもしれないけど。

焼額の第3ロマンスリフトは動いていなくて、リフト沿いの不整地から奥志賀へ向かうコースもクローズしていた(けど、まあ…)。休日はこのリフトやっていることが多いのだけど、今日は休日ではなかったのかな。あと、16時頃のことだけど、一の瀬山の神の焼額第1高速へ向かうコースは早くもクローズしていた。今まで見たことないネットで早々に閉めるとは、やる気無いのか。

13時半からツアー。一の瀬ファミリー、寺子屋、東館山、ブナ平、西舘山、高天原、というコースで周る。
西舘山、この前3月頭に同じコース辿ったときよりもリフト下などの土の見える割合が大きい。やっぱりこの前の土日(~月曜?)の降雪は大きかったのかな。ブナ平とかはやっぱり雪質悪い。標高などからして湯沢だとこの辺りの雪がせいぜいなのだろう。
16時にスノボに履き替え、焼額の第2ゴンドラを2本と第4ロマンス(?)を1本だけ滑り、終了。

今回珍しく会社の同僚3人と計4人のパーティーだったのだけど、やっぱり色々ロスが大きいので(普通に下りてくるのを待っていたり、4人居ると何かトラブルが起こるのでその対応とか)、量的にはあまり滑れなかった。でもまあ、天気良かったし、空いていてストレス無く滑れたし(リフト待ちは全く無し!)、パーティーでの行動も新鮮でまあ楽しめたし、良い休日を過ごせたかな、と。木曜と金曜の切り替えが難しい、というか、完全に土日をどうしようかばかり考えることになりそう…

|

« 【雪山記録】志賀高原 2007/03/18 | トップページ | 【雪山記録】尾瀬岩鞍 2007/03/24 »

snow」カテゴリの記事

コメント

そうそう、人と一緒に行くとそれがあるんですよね。
あたしは待たせてしまうほうなので申し訳なくて。
気心の知れた人としかすべりには行きません。

投稿: chikage | 2007/03/22 08:59

> chikageさん
ははあ、それでぼくとは滑りに行かない、とそういうことですねw
ともあれ、2人より多い人数での行動は10年くらい振りで、色々と発見がありました。結論としては、やっぱり一人でいいや、というダメ人間な。

投稿: ルサンチMAN | 2007/03/23 01:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3241/14344562

この記事へのトラックバック一覧です: 【雪山記録】志賀高原 2007/03/21:

« 【雪山記録】志賀高原 2007/03/18 | トップページ | 【雪山記録】尾瀬岩鞍 2007/03/24 »