« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月の10件の記事

2007/03/25

【雪山記録】志賀高原 2007/03/25

前夜からの強風と雨は朝8時頃起きても変わらず。とりあえずちんたら朝ごはん食べたりなんだり。そしたら10時過ぎに雨が止んで来た。帰る気満々でどういうルートで何して帰ろうかとプランを練っていたのだけど、11時近くになってこれなら滑れるじゃんて状況になってきたので、折角遥々来たんだし滑ることに変更。でも11時過ぎにリフト券買いに行ったらゴンドラに改札+10人くらい並んでいたのであっさりとやる気を失くし午後から滑ることに変更。早めの昼ごはん食べて、12時スキーで開始。

ガスがひどいが、雪質もひどくて飛ばす気にならないので、ちんたら滑る分には十分な視界はあった。雪は雨の後だから当然ざらめだけど、気温はそんなに上がっていないようで(第1ゴンドラ山麓の表示は+2℃、その後も5℃程度だったのではないかな)、湯沢の春の雪ほどひどい感じでは意外となかった。

第3ロマンス沿いのコース上部のコブは何故か潰されていた。第3ロマンスリフトも、第1高速リフトも営業していなかった。

奥志賀へ移動して数年ぶりにエキスパートコースを下りてみた。いつもダウンヒルばかりガシガシ滑っているので、こんなときくらいちんたら行ってみようかと。コブはなく普通の中斜面だった。またもう数年わざわざ行くことはないだろう。

14時半にスノボに履き替え。第1高速使って白樺コースで練習しようかと思っていたのだけどやっていないので、第3高速リフトへ行って唐松コースを滑るもすぐに物足りなくなり、やっぱり第1ゴンドラでオリンピックコースへ。3本くらい滑ったところでタイムアップ。悪雪のとき(アイスバーン除く)はやっぱりスノボの方が楽。スイッチで悪雪でも大丈夫になって、上達したようでいい感じ。

16時過ぎくらいから日が差して来た。上の方はガスも取れて視界が良かったので、最後の一本はパノラマインコース飛ばしてみた。ら、すぐに右膝が痛くなった(思いっ切り飛ばすときはやっぱり普通のスタンスで滑るわけで、右が後ろ足)。16時半終了。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

志賀も雨

以下折角書いたので一応アップ。結局午後から志賀で滑ったのでした
====
今シーズンはこんなことが多いような気がするのだが(やっぱり暖冬だからか)、スキー場まで来たものの雨というパターンが今日もまた。昨夜尾瀬岩鞍から3時間半下道ドライブして志賀高原まで来たのだけど、雪に変わるかもという期待空しく雨でした。23時頃丸沼の気温計で6℃だった時点でダメぽなんだろうけど、朝になってもやっぱり雨。雪ならいくら降っていても喜んでゲレンデに飛び出すのだが(先週日曜の志賀みたいに)、雨だと滑る気に全くなれない。というわけでまたちんたら下道ドライブして帰ろうかな、と。予報では午後曇りから夜には晴れと回復するみたいだけど、この雨の後のバーン滑っても楽しくなさそうだし。
もう寒波が来て雪が復活することも無さそうだし、これでシーズン終了かなあ。そういえば昨シーズンも志賀からの下道ドライブで終わったのだった。あの時は天気じゃなくて怪我が原因だったけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/24

【雪山記録】尾瀬岩鞍 2007/03/24

ホワイトワールド尾瀬岩鞍」だそうだけど、そんないいもんじゃないだろ、と。リゾート感皆無だし。ぼくはそういうの求めていないのでいいのだけど、名前だけかっこよくして、それに伴った施策を全く打たないって、中途半端だよな。

某マイミク(つか大学の同期)が最近ここにはまっているようで、ぼくは昔、多分6年くらい前に一度行ったことあるけど印象に残っていないので、確認兼ねて行ってみたのだった。が、結論としてはやっぱりいまいちかな。
ぼくのスキー場選びの基準は
・快適に飛ばせる圧雪された中(急)斜面がある(最大斜度25~30度/平均斜度20度以上で1キロくらいある滑走感の高いもの)
・リフト効率が良い(速いリフトが上記斜面に掛かっていて、かつ、全体の繋ぎが良く人の流れも良いこと)
・駐車場は無料(大抵一人で行くので、一台単位で取られるとコストパフォーマンス悪いから)
という辺りなのだけど、後の二つの基準を満たさないので。リフトが遅くて駐車料金取られる。

続きを読む "【雪山記録】尾瀬岩鞍 2007/03/24"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/03/21

【雪山記録】志賀高原 2007/03/21

志賀高原への峠道は意外と雪は残っていなかった。一部氷が残っていて滑ったけど。上の方に行っても雪が溶けた水が道路を流れていて、完全に春に向かっている雰囲気。もう一度寒波来てくれないかな。

着いてびっくりしたことに、客が非常に少ない。最後の好コンディションの休日だろうから、それなりの人出かと思っていたのだけど。天気は一日快晴、温度は高過ぎず低過ぎず。

いつもと異なり焼額第2ゴンドラをベースにして、11時スキーで開始。いつものオリンピックコースも人が少ないので思いっ切り飛ばせて非常に楽しい。このコースはやっぱり圧雪も素晴らしい。その後奥志賀ダウンヒルも一本滑ったのだけど、こちらはコブになった名残がかなり残ってしまっている。典型的な尾根コースで細いところと、広い一枚バーンでは圧雪のし易さも違うのかもしれないけど。

焼額の第3ロマンスリフトは動いていなくて、リフト沿いの不整地から奥志賀へ向かうコースもクローズしていた(けど、まあ…)。休日はこのリフトやっていることが多いのだけど、今日は休日ではなかったのかな。あと、16時頃のことだけど、一の瀬山の神の焼額第1高速へ向かうコースは早くもクローズしていた。今まで見たことないネットで早々に閉めるとは、やる気無いのか。

13時半からツアー。一の瀬ファミリー、寺子屋、東館山、ブナ平、西舘山、高天原、というコースで周る。
西舘山、この前3月頭に同じコース辿ったときよりもリフト下などの土の見える割合が大きい。やっぱりこの前の土日(~月曜?)の降雪は大きかったのかな。ブナ平とかはやっぱり雪質悪い。標高などからして湯沢だとこの辺りの雪がせいぜいなのだろう。
16時にスノボに履き替え、焼額の第2ゴンドラを2本と第4ロマンス(?)を1本だけ滑り、終了。

今回珍しく会社の同僚3人と計4人のパーティーだったのだけど、やっぱり色々ロスが大きいので(普通に下りてくるのを待っていたり、4人居ると何かトラブルが起こるのでその対応とか)、量的にはあまり滑れなかった。でもまあ、天気良かったし、空いていてストレス無く滑れたし(リフト待ちは全く無し!)、パーティーでの行動も新鮮でまあ楽しめたし、良い休日を過ごせたかな、と。木曜と金曜の切り替えが難しい、というか、完全に土日をどうしようかばかり考えることになりそう…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/03/19

【雪山記録】志賀高原 2007/03/18

0時前後に志賀高原に上ってきたのだけど、下って行く救急車とすれ違った。救急車のドライバーのひとも大変だなあ。久し振りに、道の駅の辺りから雪道という状況に遭遇。新雪なので結構滑るけど、弱オーバーの挙動を若干楽しみつつドライブ。

例によって焼額第1ゴンドラベース。駐車場の辺りで朝までに20cmくらいの積雪。先週の雪よりも軽い感じ。
インスタントだけどコーヒー淹れたり便秘と格闘したりしていたら10時前になってしまった。まあ先週の反省を元にゆったり滑るべく1日券買うつもりだったので多少の遅れは構わないのだけど。どうも朝は苦手だなあ。

第1ゴンドラ乗り場の山頂気温の表示は確か-16℃だった。寒波マンセー。
雪質は最高。たまにカリカリの雪面に行き当たるけど、基本ふかふかの新雪。
滑っている間もずっと降り続けている。この調子だと明日なんかも新雪で最高のコンディションなのでは。昼前後にちょっと日が差し掛けたけど、長続きせずにずっと雲に覆われて雪が降っている。低いところにはガスは出ていないので、ゲレンデは滑り易い。昨日の五竜アルプス平とか野沢のやまびことかとは違うところ。地形の影響もあるのか。

雪の感触を楽しみながら初級者コース含めて焼額を色々回っていたところ、第1高速リフト(プリンス西館のところ)に乗ろうとしたところで豚汁サービスが間も無く11時から始まります、という案内があったのでそのままコースを下りてきてサービスを享受。スキー板の試乗会もやっていたようだが、その場所もここだった。昨日の同じイベントの様子が志賀高原 焼額山スキー場 | STAFF BLOG

続けて焼額をあれこれ滑った後、この好コンディションの志賀高原を満喫するべくジャイアント辺りまでは足を伸ばそうと思って昼過ぎから移動し始めたのだが、一の瀬ダイヤモンドからファミリーへの橋を上るエスカレーターがやっていないのを見てモチベーションが萎え、断念。ついでに左膝も痛くなってきたし。

雪が良くてこけても大丈夫なので、緩~中斜面でフェイキーの練習などをしていたのだが、左膝が痛くなったのはその影響もあるかと思われる。ボードは後足の膝の負担が大きいような。でも練習の甲斐あって一の瀬ダイヤモンドをスイッチしたまま上から下までノンストップで下りられる程度にはなった。まあカリカリバーンのときは厳しいかもしれんが。でも、両方同じ程度に滑れると、腰や膝への負担が分散出来るので(つかそうしないと一日滑るとかは無理そう)、是非そうなりたいところ。スタンスもそれ目当てでダックにしようかな。

13時半前に休憩入り。15時過ぎ再開。スキーで奥志賀へ向かう。第3ロマンスBのコブは相変わらず固いけど、表面の新雪のおかげで何もしなくてもブレーキが掛かってくれるので、むき出し状態のコブよりも大分滑り易い。奥志賀はガラ空きだった。滅多に開いているのを見たことない、ダウンヒルコース中腹の分岐コースが開いていたので一度入ってみるが、別にいいや、って感じ。空いているというかほぼ一人占め状態だったのでコース幅一杯に使って不整地中~大回りの練習。2本滑って焼額へ戻り、16時半の終了まで3本オリンピックコース滑り終了。

15時過ぎ辺りからゲレンデに人あまり居なかったので下りの渋滞は無いかと思ったら普通に詰まっていて、1速ホールド多用で下までちんたら下りる羽目に陥った。それなりの技術があるドライバー以外運転出来ないように出来ないものか。運転免許を段階制にするとか(普通の市街地のみ、峠もOK、雪の峠もOK、とか。高速道路は別でブレーキやたらと踏まずにスピード調節出来ないとダメ、とか)。
ついでに、関越の渋滞を避けるべく中央道で帰って来たら、そちらも20時前後には談合坂SA~小仏トンネルが交通集中で10数キロ(最初15キロの表示、その後13キロ)渋滞していた。初狩PAで休憩していたら21時過ぎには解消していたけど。

八海山も先週の雪で復活したようで全面滑走可になっているし、来週もどこか、といっても志賀か八海山だろうけど、で滑ろうかな。と思ったら天気予報によると来週後半から暖かくなるのか。んー、微妙。まあ志賀はそれなりに期待出来るけど。あ、水曜は祝日か。日帰り…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/03/17

【雪山記録】Hakuba47・白馬五竜 2007/03/17

何も考えずに今週も土日両方志賀にしようかと思ったけど、偏食は良くないなあとか妙な感じで思い直して、白馬へ。去年のリベンジということで五竜・47へ。

続きを読む "【雪山記録】Hakuba47・白馬五竜 2007/03/17"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/12

【雪山記録】志賀高原 2007/03/11

今日も焼額第1ゴンドラベース。というか、結局第1ゴンドラしか乗らなかった…

朝はちょい二度寝してしまい、9時開始。本当は8時半の運転開始と同時に滑り始めて、人が少ないうちにガンガン行こうと思っていたのだけど。2本ほど損した気分。

ボードで出発。駐車場でも20cmくらい雪が積もっていて(多分明け方に降ったのだろう。1時くらいにはまだ殆ど降っていなかった)、新雪にちょっと期待して。オリンピックのような急斜面はすぐに下の固いバーンが出て来ていたけど、他は新雪の浮遊感が楽しめた。年始の杉ノ原以来の良い雪だわ。
第1ゴンドラ(強風で減速運転)でオリンピックばかり7本くらい滑って、ゴンドラ待ちの列が改札機をはみ出してきた11時に一旦休憩。

天気は朝のうちは横殴りに結構雪が降っていたけど、徐々に小降りに。11時半頃には麓の駐車場ではちょっと日が差してきたりした。

12時ちょい前にスキーに履き替えて再開。下と違って上の方は相変わらずガスって強風。
昼休み狙いの思惑ががっつり当たって、待ちなしで第1ゴンドラでオリンピックをがつがつ滑れた。5本滑ったところで午前券13時のタイムリミット。
スキーだとこういう状況は楽しさより辛さが大きい(ああ、嘘だこれは。マゾ的な快楽だろうと楽しさの方が大きくないと続けないだろう)。新雪がたまって大きいコブになってきていたし、非常に滑り難い。
けど今日は意外と空いていて(土曜日リフト券買うときに前後のひとたちが皆1.5日券買っていたので、日曜午前は混むかと心配していたのだけど)、満足度が高い一日でした。

今回は何故か救急車がよく出動していた。アキアボートで運ばれているひとが居るなあ、と思ったら救急車が来ていたし、帰り道も上って来る救急車とすれ違った。その後ぼくが温泉でゆっくりした後にR292に戻ったら、多分それが下りて来たところに出くわした。多分往復1時間近く掛かるだろうから計算は合うような。自力で戻れないような怪我をしないように気を付けたい(今回立ちゴケ、というのはバイク用語だが要は止まる前後で不意にバランスを崩してこけること、で右手小指を突き指したりしたけど…)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/03/11

【雪山記録】志賀高原 2007/03/10

週の半ばは当初期待していたほど降らなかった模様。だけど、期待が大きくて既に来る気になってしまっていたので、来てみた。

駐車場まで、道路には全く雪が無かった。道路の周りの雪も先週より無くなっている感じ。8時過ぎに中野から上り始めたのだが、意外と空いていた。まあ遅いバスをパスしたりはしつつ。

前回同様、焼額第1ゴンドラをベース。

続きを読む "【雪山記録】志賀高原 2007/03/10"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/07

バイク関係の不幸

いつも通り、激しくどうでもいいことばかりなのだけど…

続きを読む "バイク関係の不幸"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/03/03

【雪山記録】志賀高原 2007/03/03

朝、焼額のゴンドラ運転開始の放送を聞きつつ、二度寝。3時半くらいに着いたのでまだ眠いし。以前なら殆ど寝ないでも滑ったのだけど…
この際昼まで寝て午後券で滑ろうかな、と思ったら10時くらいに暑くて寝ていられなくなってしまった。ので、もそもそと準備して11時くらいからスノボで滑り出した。第1ゴンドラ乗り場に、山頂の気温4℃(山麓ならまだしも… しかも午前中…)という表示。志賀もオワタ\(^o^)/

とりあえずオリンピックコースを滑ってみて、膝が問題無いことを確認。もう一度ゴンドラ乗って、プチツアーへ。焼額をトラバースし一の瀬山の神のリフトまで行って、一の瀬ダイヤモンドをそのまま下りて一の瀬ファミリーへ、そこの急斜面を一度滑ってから再度リフトに乗って、寺子屋へ、寺子屋も一度滑ってから東館山への林間コース、東館山をそのまま下りて、雪の腐れ具合と膝の痛みが出て来たことからジャイアントとかには行かずに、西舘山のリフトを上がって高天原に。きれいに出来ていた高天原のコブを適当に下りて、一の瀬ファミリーへトラバース、そのまま橋を渡ってダイヤモンドのリフトを上がって、山の神を下りて焼額第2高速で上がって、そのまま第1ゴンドラ乗り場へ。14時前くらいに終了。
こうして書き出すと移動ばかりな感じだなあ。まあ気持ちよく滑れたのでいいのだけど。ボードで志賀をこうして回るのは初めて。今までダイヤモンド~焼額しか滑ってないので。意外とボードでも行けるもんだな、という感想。思っていたよりも極悪な接続ではない。

朝一が一番晴れていて、青い空の比率が高かったけど、午後になるにつれて雲の割合が多くなった。けどまあいいお天気。

雪質はどこもぐさぐさ(まあ2週間前の八海山よりはましだけど。あそこまで重く水分含んではいない)。あ、一の瀬ファミリー上部はまだちょっと固い部分があったかな、アイスというほどでもないが。
寺子屋や東館山オリンピックコースは結構土が出ている部分があった。西舘山のリフト上っているとき、リフト下とかには殆ど雪が無くてびっくり。コースは降雪機とか使っているのかな。

膝は普通に滑る分には大丈夫だけど、スケーティングとかが辛い感じ。そんなこんなでストレスが蓄積し、普通に滑っているときもギャップなどのタイミングで痛むようになった。

でも致命的な痛さでもないので(多分長い目で見ると悪い影響があるのだろうけど)、休憩後15時半から焼額第1ゴンドラを終了時間までがつがつと6本ほど滑る。基礎練習モードで、この前のスクールでの練習を出来るだけ思い出しながら。でも、今年は1級は無理かなあ。つか、もう06-07シーズンの雪山終了、という感じでもある。明日も滑ろうかと思っていたけど、志賀まで状況がここまで悪いと、モチベーションもガタ落ち。基本レジャースキーヤー/ボーダーなので。

ところで八海山の状況が気になってちょっとチェックしていたのだけど、今週木曜と金曜(その前も?)は、前倉、セパレートB、尾根バーンが滑走不可だったけど、今日見たら前倉とセパレートBは開けている模様。流石に土日はやるのね。尾根バーンはもう本当に雪が無い、ということかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »