« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月の5件の記事

2007/07/17

きまオレ

しょこたん☆ブログに異様にインスパイヤされてもうた。

きまぐれオレンジロードの歌もどれもいいね。

それは全くその通りなのだが、一番いいのはそこで触れられていない和田加奈子「あの空を抱きしめて」だと思う。つか、これが主題歌として使われた映画『あの日にかえりたい』は激ヤバのメタフィクションというか何というか。そのちゃぶ台引っ繰り返しっぷりはエヴァンゲリオンの比ではないというか何というか。初めて見たときあまりの衝撃に、ちょうどビデオ撮りながら見ていたのだが、その場で再見してしまったほどで、そんなことしたのはこの作品くらい(あ、『逆襲のシャア』もかな)。

この機会にWikipediaできまぐれ☆オレンジロードのエントリとか見ていたりしたのだが、原作のまつもと泉は『あの日にかえりたい』をDisっているらしい。それはそうか。漫画版のストーリーの意味を根底から覆すような、凄まじい作品だし。ぼくは両方好きで、漫画のいわゆるラブコメな世界あっての異様にリアルな『あの日にかえりたい』だと思うのだが、まあ普通は両者は相容れないものだろう。

ついでに和田加奈子について調べていたら、彼女はマイク真木 aka.真木蔵人 aka. AKTIONのファーザーの再婚相手になっていたのか。いやはや。

『あの日にかえりたい』はアニメ版きまぐれオレンジロードの完結編的な位置付けだけど(その後OVAで「新」シリーズがあるようだが)、その監督の望月智充はめぞん一刻の完結編の監督もやっている。こちらは無難な出来で、むしろ原作の方が衝撃的。アニメ版ではTV版のときも劇場版でも性描写が避けられており(多分。ちゃんとチェックしていない)、劇場版完結編ではそれに相当するような適当なほのぼのエピソードが仕立て上げられているのだけど、原作の漫画ではもろベッドシーンでしかも五代君がインポなわけで(あれは、でも、勃たなかった=挿入出来なかったのか、一応挿入したけどいわゆる中折れなりでCulminateせず中途半端に終わったのか、微妙だけど)。

望月智充、その後ジブリの『海がきこえる』の監督もやって、それは若手育成名目だったからそっち方面で伸して行くのかと思ったら、結局ジブリは宮崎駿作品ばかりになってしまったし、望月の活躍もあまり聞かないような(まあぼくがアニメ界の事情にキャッチアップ出来ていないだけかもしれんが。でもアマゾンで監督作品調べても、そんなに手掛けていないっぽい。Wikipedia見るとぼちぼち活動しているようだが)。

『海がきこえる』は、ちょうど『風の谷のナウシカ』の漫画版目当てでアニメージュ買っていたときに原作の連載を読んでいて、確か単行本も出てすぐ(多分図書館で)読み、当然のようにアニメ放映もリアルタイムで観た。これは原作もアニメも佳作。宮台真司の評価も、『耳をすませば』に比べてリアルということで高いらしいが、『あの日にかえりたい』の超ハードコアなリアルさ(それは原作漫画の非リアルさの上に立つものであり、それを巧妙に反転させることにより成立している)を思えばむべなるかなというところ。

んー、それにしてもしょこたんも書いているように、ネットにはなんでもあるなあ。上記和田加奈子の顛末とか、まつもと泉の近況とか(何やら病気らしいが。それにしても彼は50歳近いわけか。んー、ぼくも年を取るわけだ)。サーフィンし続けて飽きることが無い。このまま仕事行かずにネットだけ見て楽しく暮らせるよ、ほんと。それで暮らせるお金さえあればね(まつもと泉はきまオレ一発で一生食べて行けるのかなあ)。

上で「ファーザー」とか書いてふと思い出したが、ながいけん『神聖モテモテ王国』について数日前ふと気になってネットサーフィンしたところだった(業務時間中w つか、今ジョブなくて=ITコンサルA社用語で言うところのAvailableで、仕事していないし)。ながいけん『チャッピーとゆかいな下僕ども』単行本は中学高校時代には聖典だったわけで、週刊少年サンデーで『神聖モテモテ王国』が始まったときは歓喜したものだった。また復活しないかなあ。つか、それ以前にジャンプで出て来たなにわ小吉は最初ながいけんかと思ったこともあったのだった。

やー、なつかしすなあ(^ω^)
当時の色々な感動を、忘れる前に書き留めておかねばならないような気がしてきた。めぞん一刻のラストについて触れたら、うる星やつらのラストにも触れずばなるまい、とか(これは原作漫画をほぼそのまま引き写したアニメ劇場版は糞。特にあたるが隠し持っていたラムの角の処理。アニメは視覚効果を狙ってひらひら舞わせて下に落としたけど、漫画版の落としたの拾ってすぐまた仕舞うのが正解だろう)。ちゃんと他人に分かるように書こうと思うと大変だけど(つかその行為が他人にとって意味や価値があるのかどうかという問題がまず存在するわけだが)、とりあえず自分用メモとしてはこんなもんでいいような。

(追記)
重要なことを書き漏らしていた。『めぞん一刻完結篇』といえば姫乃樹リカ「硝子のキッス」を忘れるわけにはいかない。このアイドルポップス史上(個人的な)の名曲(河合その子「青いスタスィオン」と双璧。多分。)は彼女のデビュー曲であったようだがそんなことはどうでもよくて、「ガラス越しのキッス」という、(なつかしのアイドルラブ&レビューのレビュー26「硝子のキッス」(姫乃樹リカ)にあるように)ありがちなフレーズが、アイドルと並んで80年代的現象であったような気がするラブコメの一つの頂点であるめぞん一刻という作品のしかも完結篇に収まっている(そしてコミック版でなくアニメ版は結局最後に至るまで表面上五代君と響子さんの「ガラス越し」的な関係を貫いている)という、この奇跡。
ところでこの曲は「君の瞳に恋してる(原題: CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU)」にインスパイヤされているように思われるのだが、それはいささかもこの曲の価値を減じるものではないけどそれはともかくとして、その中で「君の瞳に恋してる」が途中で使われているところの多分ちょうど同じ頃に見た映画『Deer Hunter』に『めぞん一刻完結篇』から連想が行くようになってしまっているのであった。刷り込みって恐ろしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【バイク練習】JAGE練習会 2007/07/16

目覚ましで一旦7時くらいに起きたけど、まあ無理することもないか、ということで二度寝。10時過ぎに起きて、昼過ぎから走れるかな、ということで支度。念のためトミンに電話して8月の走行予約ついでに台風の影響が残っていないか様子を訊くと問題なく走れているということで、11時に出発。トミン着は13時ちょい過ぎ。道は意外と混んでいた。特に東京の西側。東名に乗るまでと、首都高渋谷線上り。折角晴れたのでちょっくら出掛けるか、というひとたちが多かったのか。横浜町田インターまで、2キロほど渋滞していていらいらしたのだがKohei Japan "Family" (Amazon.co.jp: Family: 音楽: KOHEI JAPAN傑作!)に聴き入って気を落ち着かせる。もう一ヶ月近く前に出たのか。レビュー書こうと思ってちょっと用意してみたりしたが、時機を逸したような…

ともあれ、急いで支度して13時半頃から走行開始。いつもと同じ慣れたコース(微妙にパイロン設定が違う部分があるけど)。50分走って10分休憩・コースを上級と初中級で入れ替え、という時間割りみたい(少なくとも午後はそうだった)。これは前回(5月)とも前々回とも違うような。休憩の入れ方は試行錯誤が続いているのかな。

参加者数は前回と同じくらいかな。若干自走組が少ない気がするけど、トランポは同じくらい。もっと少なくてストレスフリーで走れるかとちょっと期待したのだが。まあそれでもそれほど待ちが発生したりすることなく、ガンガン走り込めたのでよし。上級の方が人数が多いように見え、ひょっとしたらそちらは大変だったのかも。つか、申込書にJAGE錬とかHMSとかのスクールあるいは警察系講習会の参加回数を書かせられるのだけど、それを見て危うく上級に回されそうになった。危険。

天気は晴れ時々曇りだけど、良い具合の風があったのでそれほど暑くは感じない。
コースの端のみ砂が浮いているところがあるけど、路面は完全に乾いていて、全体的に良い条件。

この練習会はHMSよりスピードが出るコースなので、やっぱり楽しく乗れる。特に、一昨日のHMSがきつい状況だったので、そこそこのタイヤ履いた自分の車両でタイヤに頼り切って走れる状況は素晴らしい。そして、たまにある細かいセクションもHMSでの練習の成果で以前よりは上手く処理出来ていい感じ。ただ、やっぱりFireBladeだと(HMSで乗る最新型と違って)ハンドル切ったときに手が挟まって、右コーナーが危ない。ハンドル切り過ぎないように注意していたけど、何度かひやっとしたことがあった。

一本目などは直パイも小気味良く切り返せて上手く乗れている感じだったのだが、疲れが出ると体とバイクがばらばらになる。高速スラロームとかはごまかしが利くけど、やっぱり細かい切り替えしが課題だなあ。

最後の一本は上級と初中級で混走だったのだけど、初中級が多く走っている方のコースに来ていた、トップクラスではないと思われる上級のひとたちのペースには何とか付いて行けて(まあ当然或る程度離されはするけど)、ちょっと上達したような気がして嬉しい。向こうは一日走ってバイクも人もへろへろなのに対してこっちは午後からの参戦で体力が余っていたとか、まあ条件は色々あるだろうけど。とはいえ、その前の時間帯では初中級で一番速いひとたちには付いて行けてなかった。その辺りの層はクラスが結構オーバーラップしているのかな。

でもまあ半日(ちょうど3時間ほど)思いっ切り走り、ほど良く疲れを感じる程度にバイクを楽しみ、良い休日を過ごせた感じでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/15

【バイク練習】HMS埼玉中級 2007/07/14

3週間ほど前にキャンセル待ちで予約入れたときに10人目とかだったような気がするけど、木曜に当選通知の電話。ついでに、日曜も同じようにキャンセル待ちしていたのだけど、こちらは来なかった。明日は強い雨だろうけど、やるのかなあ。

今日は一日雨。ずーっと強くもなく弱くもない雨が降り続いていた。むしろそれが功を奏したのか、前回の雨のときよりは路面が安定して走り易い感じ。

折角の機会なので、こけるくらいの勢いで練習しようと思ったのだけど、インストラクターからは「もっとバンクさせられるよ」的なコメントばかりで、全然攻めれてなかった。ただ、ハンドルはそこそこきちんと使えていたので、よしとしておこう。

が、(インストラクターの方からの指摘を受けた通り)やっぱりバンクさせるスピードが遅いというのが課題。バンクの絶対量も足りないようだし。それに伴いコーナーでスピードを落とし過ぎてしまう。多分ドライでもそうなのだろうけど、今日のような状況だとそれがもろに露呈する。なんにせよ、まだまだだなあ。

どうでもいいのだが今日は、TEC-R会員掲示板や2ちゃんでも話題になっていた、ツートンカラーのヘルメットのおじさんが、前走車をやたら煽っているのを目撃。追い付くのだったら間を空ければいいのに、インストラクターから指示されたよりも短い間隔で発進し続けるという。一体何がしたいんだか。練習したいのなら追い付かないで最後まで自分のペースで走れるように間隔を取るはずだが。

(追記)
相変わらず常連が多く、殆ど見たことあるひとばかり。そして上級常連も結構いるのはどうなんだろう。まあ走る場所が他に無いというのは理解出来るが、明らかに上級レベルなら(=ぼくのように上級チャレンジ中でないのなら)上級だけ出て欲しいものだ。

インストラクターは初めて当たるひとだった。メインの方は非常に上手い。雨の中、コースの滑り易い危険な箇所を実演してくれて、パワースライドがんがんさせながら走ってくれた。話も面白い。

コース、午前は市街地コース?(一番川寄りのところ)使った一部ハイスピードなコース。雨でなければ楽しいのだろうけど。午後その1、奥のスペース(市街地?の反対側。トレーラーハウスの北西)を使ったコース。最初のセクションはきつくて上級並みの切り返しが必要だけど(ここが雨ということもあり全然ダメだった、バンクとスピードが足りないと指摘受けまくったところ)、あとはまあ普通。午後その2はトレーラーハウスの南西を使った、一部直線でスピードが乗るけど基本オフセットパイロンスラロームの、ありがちなコース。

朝一でフロントロック、リアロックの練習をしたのだけど、その後コース走っているときは雨のためかブレーキが全然利かなくなって、意図的に握りこんでもフロントロックしない状態で非常に怖かった。

(追記その2)
車両はCBR1000RR。雨のときは600よりも乗り易いかも。重さとホイールベースの長さ(?多分、1000の方が長いでしょう)で安心感があった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/08

【バイク練習】FSWカートコース 2007/07/08

久しぶりの富士ビーチ。去年の11月に行って以来か。

土曜は引越業者選定、というか各社に見積もりに来てもらってから、FireBladeのフロントタイヤ交換。前と同じGPRα-10ZR。フロントタイヤは、リアの4500キロに対し、6500キロくらい持って、センターはまだまだ残っていた。廃タイヤの廃棄はドライバーズスタンドで314円。これは持ち込みでない場合の倍らしい。

ついでにフロントホイールベアリング交換。片方はすかすかになっていた。動きが渋いわけじゃないのでこれは問題無いのかな。

遅くに始めた作業は珍しくさくっと日があるうちに終わった(手に一箇所プラハンヒットで血豆が出来たりとか、おっちょこちょいっぷりは適度に発揮しつつ)のだが、リアタイヤに釘が刺さっていることを発見。万事快調というわけには行かないようで。Unidy(ホムセン)でパンク修理キットを購入、自分で直してみた。

で、今日の話。前回行ったときは2時間くらい掛かったようだが、今日は11時半出発12時半ちょい過ぎ到着で、1時間ちょっと。横浜町田ICまでも珍しく空いていたし、その後の東名高速も基本的にスムーズだった。

天気は一日曇りで、気温もそれほど上がらず過ごし易い気候。この辺りはトミンに比べてアドバンテージだなあ。あと予約無しでいいし。まあOSLもだけど。

今日の走行は台数がそれほど多くないからかクラス分け無しで、モタードとロードの混走。車両はモタードとミニが多かった。リッタークラスはぼくともう一台ジムカーナっぽい走り方、というかR1の殻剥き仕様だからまずジムのひとだろう、だけだったような。

13時半くらいから走り始めたのだけど、ぼちぼち帰り始めるひとも居たからか、それほど台数多くなくて比較的走り易かった。モタードも駐車場には沢山居たように見えたけど、何故かコースにはあまり出ていなかったようだし。

1本目はコース思い出したりしながら、ぼちぼち。全く膝擦りとか出来なかった。というか、やっぱりここはトミンと違ってコースが細かいので、あまり体をオフセットしないでジムカーナみたいに走った方が速いのかも。とはいえそれだとやっぱりチェンジレバーペダルとかブーツを異様によく擦ってしまう。特にチェンジレバーペダルはやばい感じ。可倒式への加工を本格的に考えなければ。

2本目以降はたまに膝擦ってみたりしたけど、なんかしっくり来ない。あとやっぱりフロントタイヤは右が余計に余る。一本目走った後、右側は端から2段目のヒゲが残っているくらいだったし。なんか、左の方が倒し易い感じで、右だとスパッと倒すのが怖い。エビス8の字ランド辺りで8の字膝擦りで左右両方膝擦りまで持って行く練習とかしたいところ。

ここはP-LAP用の磁石が埋まっていないようで、計測は貸し出しのトランスポンダーだけだったようなので、タイム計測はしなかったので、今回絶対的な指標は無し。相対的には、速めのミニバイクにもインフィールドでそこそこ付いて行けて、ホームストレートでえげつなく加速すれば、トータルではぼくの方が速い感じだったので、まあそこそこ走れている感じ。前記R1とか、250クラスの速いひととか、モタードの速いひとなんかには全然負けているのでまだまだだけど。

最後、17時まで走れるかと思ったらレンタルが入ったようで想定より短く終了。不完全燃焼なのでミニコースで膝擦り練習などしてストレス発散。一日走ったけど、リアのパンク補修は上手く行っていたみたいで空気圧は問題無し。交換したフロントタイヤも問題無し。あとは高速で200とか出したらどうなるかだな。リアは先日交換したときはバランス取ってないのだが、先週のツーリングでは220までは問題無かった。フロントも当然バランス取りしていないけど、こっちの方がクリティカルだからちょっと心配。

帰りは明神峠、三国峠を通り山中湖へ抜け、道志道経由。峠の上の方は霧が出ていて景色は楽しめなかった。道志の道の駅にはバイクが沢山停まっていた。その辺りから遅い車につかまっていらいら。そういえば1年前にはこの辺りの道をFireBladeに慣れるためによくツーリングをしていたものだった。

(追記メモ)
・同じツナギのひとがいてちょっときまずかった。
・E51エルグランドをトランポにしているのを初めて見た。
・インフィールドはミニバイクを追走することが多かったのだけど、一度目の前1mでこけられて焦った。切り返しでプチハイサイド?みたいな感じで妙なこけ方だった。こわいこわい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/03

ツーリングメモ

土日で1000キロ少々。高速は100キロづつの200キロくらいだけなので、二日間のツーリングとしてはまあ上出来。でも相変わらずフロントタイヤのセンターは3部くらいは残っている。真ん中に硬いコンパウンド使っているとかなのか。そんな宣伝文句はGPRα10の説明には無いけど。

以下、初めて走った道のメモ(自分用)。2001年のツーリングマップル参照しているので市町村名は変わっていたりするのかも。

・群馬県道r93
群馬県南牧村から長野県臼田町に抜ける道。R299とかその南のr124(群馬県上野村から長野県北相木村)は何度かというか何度も通っているけど、ここは何気に初めて。r45を下仁田から上野村に抜けたことや、御荷鉾林道を神流湖の辺りから塩之沢峠まで通ったこともあったけど、その先を西に進むんだことはなく、空白になっていた。狭岩峡の辺りは持っているツーリングマップルで「悪路」となっているけど、浮き砂が多くて危ない。それ以外は狭いくらいで特に問題無い。
この道の見所はその辺りにある集落かな。川沿いに、珍しい作りの家が並んでいる。同じような立地にある温泉宿のように、横に長い作り。集落の端にある家は人が住んでいないっぽく、いい感じの廃墟感が出ていた。人が住んでいるところも物置だか蔵だかなんかがぼろぼろだったり、物悲しい感じ。

・高峰高原チェリーパークライン
長野県小諸市から群馬県嬬恋村。ここは県道じゃないのかな。車坂峠までは結構幅の広い快適なワインディング。霧が出ていて楽しめなかったが。でも頂上で霧が晴れて、下界の霧を上から眺める幻想的な光景に逢えた。
そのまま北側のダートを下りた。FireBladeでダート走るのは、確か1年くらい前に群馬福島県境の安ヶ森林道走って以来。ツーリングマップルで「よく整備されたダート」とある通り、基本的にしまった砂利で走り易い。ただ、ずっと勾配があるので(今回は南から北に抜けたので、下り)、雨の後ロードバイクだとコーナーがでぬたぬたで厳しいかも。

・清水平林道
長野県木島平村。本当は奥志賀林道を野沢温泉通って栄村まで抜けようと思ったのだが、ガスがリザーブに入ってしまったので。奥志賀林道は2回くらい全線走破しているので、まあ初めての道通れてよかった、と考えよう。ここは、「舗装工事進行中」だったらしいけど、ダートはもう無い。
その前に草津から志賀にR292で抜けたのだが、えらい寒くて泣けた。志賀高原の辺りで14度の気温表示を見たけど、頂上付近は10度そこそこだったのかな。メッシュジャケット+コミネプロテクター+長袖という格好ではきつかった。下界はそれでも暑いくらいなんだけど。

・R400
R49との分岐から会津宮下のR252との合流まで。通ったことがあったような気がしていたのだけど思い違いで、そのときはR252で北に向かったのだった。思いがけず夜になってしまって、R400使うつもりが分岐に気付かずR252でR49まで走った、というのを思い出した。つか、R400を日が落ちてから急いで通るのは無理。て感じの結構な酷道。酷というほどでもないか。まあ普通に狭小な三桁国道。

・福島県道r153、入間方不動沢林道
全線舗装の林道。入間方の辺りなのかな、北から南に向かうと左折方向で志津倉山登山口という表記があるのだが、はじめそこを真っ直ぐ行ってしまい、道がなくなって焦った。そちらの方が広い道なのだが、すぐに広いままダートになり、500mほどで「この先通り抜け不可」表示。実際さらに200mくらいのところで道が森に吸い込まれている。通す予定はあるのかな。何であんな中途半端なところまでそれなりの規格の道があるのか意味不明。
入間方不動沢林道は、北面の「目の前に志津倉山の大絶壁」という景色も、南面の奥会津の山並みを堪能出来る景色も、どちらも良い。

昭和村から田島町までの区間のR400も初めてだったかも。ツーリングマップルで計画中になっている、田島ダム北から舟鼻峠までのバイパスが実際に建設中みたいだったけど、何でこんなところにこんなものが、というすごい違和感のある建築物。上記塩之沢峠の辺りのr45だったかにも、すごい立派なトンネルがあって驚いたけど、あんな山の中に大規模なトンネルや高架の道ってほんと無駄な感じがするなあ。地元の人には死活問題かも知れないけど、とはいえ本当に死にはしないよねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »