« きまオレ | トップページ | 【バイク練習】トミンモーターランド 2007/08/04 »

2007/08/03

シルバーウイングの引き起こしは意外と楽

乾燥重量が215kg、車両重量が236kgもあり、リアにボックス付けていたり荷物が入っていたりするからさらに重いわけだけど、意外と簡単に引き起こせたのだった。一旦転がしたら起こせないんじゃないかと心配していたけど、杞憂だった。

持つ場所が無いように見えるけど、ハンドルを両手で持って、うりゃっ、という具合で行けた。多分、重心がかなり下にあるのとタイヤが小さいのが幸いしているのだろう。てこの原理が働くので。

でまあ何故そんなことが分かったかというと、転倒という不幸なことが起こったからなわけでorz
水曜日の夜の会社帰りに見事にやってしまいました。大きな通りだったのだが単独事故で、他のひとや車両を巻き込まなかったのが不幸中の幸い。あと、車両も意外と大丈夫で、擦り傷が若干のみ。一番ひどいのがぼくの体で、あちこち擦り傷が大変なことに(後述)。

やった場所はR4から環七に入るところで、側道から本線へ合流しようとしたら側道の前の車が意外と詰まっていることに気付き、ブレーキを握ったらそのままこけた。40km/h弱くらいだったのかな。ブレーキ握り過ぎ+避けようとして重心が左に寄っていた、ということでフロントロック→転倒、かと思っていたのだけど、木曜日の夜にもう一度通ってみたらこけた辺りにマンホールがあった。多分それが原因だろう。あの程度のブレーキングで通常の状態(ドライ路面、車体も正常)で限界に至ることは流石に無いだろうから。

となると、前回FireBladeに続いて、マンホールにやられたことになるわけだ。マンホール本当に危険だなあ。

以下グロ画像注意。

Dsc00054
車体の傷はこんなもんで、この程度の写真ではあまり分からない程度。左にこけたのだけど、左サイドに、足のウインドカバー?の辺りと、ウインカーくらいの高さに擦り傷。それと、センタースタンドにも擦り傷、という程度かな。ハンドルとかの上部は殆ど無事だった(ちょっと擦り傷があるようだが、これでやったのかどうか分からない)。

Dsc00050
でまあそれよりひどいのが体。つか、こけて滑走中に、足が車体の下に入っていたんですけど。
というわけで、パンツはぼろぼろ。一番古い、そろそろ処分しようかとしていたスーツをちょうど着ているときで、不幸中の幸い。最近買ったスーツだったらさらに泣いたところ。
お気に入りのパトリックのスニーカー(スーツ対応)も、紐が千切れて紐穴の辺りとか若干擦り傷が出来ているけど、まあまだ使える程度。

Dsc00051
左足。足首と膝に擦り傷。足首の方が深い。あと、腿の付け根に、一つ打った跡らしく青アザになっているのと、もう一つ擦り傷。足首はくるぶしでなくて良かった。くるぶし削れていたらしゃれにならない。

Dsc00052
左腕。2回擦ったのか、腕の内側(写真下)と若干外(同上)に20cmくらいの擦り傷。内側の傷は見た目は地味で値も外に出ていないのだが、結構痛い。
上半身はバイク用のメッシュジャケットを着ていたのだけど、それはあまり傷付いていなかった。袖口のジッパーが若干痛んでいた程度。

やあ、それにしても、擦り傷程度のみで骨折れたりせず、無事でよかった。
暑くなって半そで、半ズボン、サンダル、素手、みたいな格好でバイク乗っているひとも居るけど、そんなのだったら、この程度の事故でも大変なことになりますな。全箇所骨が見えるくらい皮膚と肉が削れるんじゃないのかな。
逆に皮装備、特にツナギの偉大さを思い知らされる機会でもあった。ツナギにレーシングブーツだったら、若干の青アザ程度で済んだだろう。

|

« きまオレ | トップページ | 【バイク練習】トミンモーターランド 2007/08/04 »

motorcycle」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3241/15985192

この記事へのトラックバック一覧です: シルバーウイングの引き起こしは意外と楽:

« きまオレ | トップページ | 【バイク練習】トミンモーターランド 2007/08/04 »