« 雨と風邪 | トップページ | まさに犬死に »

2007/10/31

Perfumeとぼく

ココログというかこのテンプレート、タイトルの英字が全て大文字にされるのが嫌だ。

ともあれ宇多丸×掟ポルシェ対談 完全版完成!によって一つの参照枠となる議論がネットに現れたわけで、これを機にPerfumeとぼくのこれまで、ってライブ見たこともない薄いファンだけど、を振り返ってみようかと思ったりしたのだった。

いきなり脱線するのだけど、これがしょこたんもすなるネットサーフィンの面白いところで、初めて掟ポルシェのブログ見に行ってみたら、いきなりSwansの話で。YoutubeのPVなど見て一気に大学時代そういう系の音楽を聴いていた時代がフラッシュバックですわ。そのエントリで触れられていた「ゴルチエの唯一のアルバム」をググって調べてみたら行き着いたのが80's UK New Waveというそのまんまなタイトルのブログ(Gaultierのアルバムに触れているのはこのエントリ)。いやあ、こんなすごいコンテンツがダータで読めて、そのままPVなんかもYouTubeで見れちゃうなんて。

ところで掟ポルシェのSwansエントリに張られた4人組の写真て、Swans? Discharge? 薄いのがばればれなわけだが、特濃のTeezee君とかLet's Fuck有満道君とかなら一発で分かるのだろうけど、まあそれはともかくこの男4人の写真で思い起こされるのが当然Depeche Modeなわけで、そういえばこの前ドイツを車で走ったときもFMでふと曲が掛かってきて(現時点での最新アルバムのリードシングルPrecious)流石にいまだにドイツでは人気あるのかな、とか思ったりしたことを思い出したのだった。

でDepeche Modeを上記80s UK NWのところで見てみると、初期メンバーVince ClarkeのYazooについてのエントリで、彼がシンセプログラミングを実演している映像が見れたりするわけで、たまらん。あんな部屋+機材、ぼくも欲しいなあ(あそこまでヴィンテージシンセ集めなくてもSystem100辺りを1台程度で。最近初音ミクを筆頭にV-Drum Lite HD-1とか、DTM界隈が何気に勢いがあるようで、物欲というか音楽欲を刺激される)。ま、ぼくはDMのキャリアの頂点はここで触れられている80年代初頭でなくて80年代終わりから90年代前半ViolatorからSongs of faith and devotionだと思うわけだけど(後者ではどこかの城だか別荘でドラムを録音したりしたようだけど、そんなAlan Wilder様の様子が見れたりしないかなあ、Vince Clarkeなんかより百億倍ステキだろうなあ)、まあそれは別の話。

さらにBugglesについてのエントリの最後で触れられている、再結成イベントか何かの映像がやばいっすね。必見。細野晴臣かTrevor HornかというVo+Bっぷり。

というわけで眠れない&Perfumeの話に行き着かないのだった… to be continued...

|

« 雨と風邪 | トップページ | まさに犬死に »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3241/16927927

この記事へのトラックバック一覧です: Perfumeとぼく:

« 雨と風邪 | トップページ | まさに犬死に »