« 【雪山記録】ニセコ 2008/01/23 | トップページ | 【雪山記録】ニセコ 2008/01/25 »

2008/01/24

【雪山記録】ニセコ 2008/01/24

大荒れの一日という予報だったが、朝、道の駅の辺りは風も無く拍子抜けという感じだったのだけど、スキー場に近付くに連れて流石に嵐の予感が。9時くらいに着いた駐車場は異様に車が少ない。風で車が揺れる。残念ながら降雪は殆ど無く、風だけで雪は地面のが舞っているのが主の模様。

グランヒラフの状況は、ゴンドラ減速運転中、山頂リフト群全滅。東山とアンヌプリ国際はゴンドラ運休で一番下のチェアリフトくらいしかやってない。グランヒラフは昨日楽しかった花園第3もダメなので、キング第2使って国体~2壁滑るしか選択肢が無い状況。その後アンヌプリ国際は10時前に、1本だけ動いていたリフトも止まり、全面運休。

でも昼くらいから風も弱まり空も明るくなって来た。のでスキーで出発。
Dsc00262
キング第2から羊蹄山。山頂が雲に隠れて見えそうで見えないチラリズム。

グランヒラフというかヒラフエリアで1時間のみ。降雪が無い割りに意外と雪質は良かった。昨日より良くなっている感じ。

結局13時前後からどのゲレンデも一番上のリフト以外は運転再開したみたい。夕方くらいまで強い風が吹くとしていた朝の予報より、大分早く嵐が去った模様。

12:55最初のゲート通過でヒラフゴンドラ。その後ひたすらキング第2使って、国体で大回り~2壁で小回りという感じで練習。2壁モーグルバーンのコブは残っていたけど入らず、整地小回りでしっかりしたエッジングの基礎練習に励む。最後は13:50にゲート通過で負け気分。リフト降りたところで時間切れって感じで旨みが無い。まあ太腿プルプルするくらい練習していい汗かけたので、よしとしよう。

帰りの下り、初めて温泉沢コース通ってみたけど、コース図で最大40度となっているが、それほどの斜度は無いような。連絡コースとの分岐から連絡コースに入ってゴンドラ山麓駅に戻ったのだが、そこより下に最大斜度の斜面があるのかなあ。

その後、昨日鯉川温泉がどうとか書いていたらやっぱり行きたくなったので、行ってみた。今回は無事入れた。昨日の雪秩父同様、ぬるめの露天風呂で1時間近く過ごす。含土類食塩泉ということで、褐色度の薄い土の色(灰色っぽい感じが強い)。良いお湯なんだけど、やっぱり五色温泉や雪秩父のように硫黄の匂いの方が如何にも温泉て感じがするなあ。

それにしてもマナー悪い奴が多い。ガイジンが湯船にタオル入れてやがる、と思ってたら日本人もかよ。一々注意する気にもならない。他にも、孫?連れたジジイは掛け湯もせずにいきなり足を湯船に入れて温度確かめてるし。Shine。

あ、浴室入口が喫煙場所になっていたのは大きなマイナスポイント。

|

« 【雪山記録】ニセコ 2008/01/23 | トップページ | 【雪山記録】ニセコ 2008/01/25 »

snow」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3241/17821619

この記事へのトラックバック一覧です: 【雪山記録】ニセコ 2008/01/24:

« 【雪山記録】ニセコ 2008/01/23 | トップページ | 【雪山記録】ニセコ 2008/01/25 »