« 【雪山記録】六日町八海山スキー場 2007/12/17 | トップページ | ついてない »

2008/01/07

雪山篭りバイト終了www

契約上は2月半ばの次の会社入社直前までの約2ヶ月ということになっていたのだけど、或る意味で予想通り、1ヶ月持たずに辞めてしまったのだった。これから1ヶ月ちょっとは素篭り、というか車中泊で流浪の民、でとりあえず北の方に行く予定。

毎日メモ取っていたので、一部修正して日誌をうp。まあ、本当にただのチラシの裏。同僚でネットとかやっているようなひとは居ない感じだったので、まあ見付からないだろう。

・Day1
7時半出勤。6時半には起きなければと思っていたら5時過ぎに目が覚めてしまった。22時過ぎくらいに寝たので一応睡眠時間は十分。

ヘルメットはダメとのこと。無線が聞こえないから、とか言っていたが、帽子と大して変わらないだろ。理屈が通じる相手じゃないので大人しく従うけど。

仕事は、コース規制のネットなどを直したり。あと、スコップ持って穴掘って埋まったものを掘り出したり。
午後、コース外滑走の客が怪我して動けなくなったとのことで(@まだやっていない山頂ゲレンデ)、アキアボート出動。まあぼくは何も出来ないので待機ですが。

勤務終了後夕食取ってから、六日町ジャスコまで車を飛ばす。敷地内にあるアメリカ屋で帽子を購入。往路はETC通勤割引、復路は下道だけど30分ちょいで着いた。

・Day2
前夜なかなか寝付けず。0時くらいまで起きていたかな。でも一日特に眠くなったりはしなかった。

仕事は大変。前夜に降雪が30cmくらいはあったようで、ネットの張り直しなどの作業がきつい。けど客として来たらこの日は最高だっただろう。
あと、それほどきつい仕事じゃないけど荷物運びなど。重いもの抱えて滑るのは当然初めてなわけで。

あとスノボちゃんがコース外走って根性無くて出られなくなったので出動とか。ぼくは近くで別の仕事していたけど、あんくらいのところ自分で這い出て来いよ、と思った。つか、連れが近くに居たようなんだけど、お前が助けろ、と。

食券システムが糞。
Day0に早速1枚紛失。先払いらしく、そのような場合自分で負担することになる(50枚くらい服に入れたまま洗ってしまったという事例もあるらしい)。食券の発券だけでは、紙代以外費用が発生していないのに。
この日、業務終了後手続きで事務所に行ったり洗濯したりとちんたらしていたら、夕食の時間を過ぎていた。終了18時半てどうなのよ。朝食時に夕食の食券を出して予約するシステムなので、食べてないのに食券は戻って来ない。ついでに、夕食時に翌朝食の予約を同様にするため、明日の朝食は予約出来なかった。自分で調達しなければ。車があってホント良かった。湯沢に下りて食事と買出し。
したがって早速2枚600円の損失。

・Day3
この日も6時間に満たない睡眠時間。なんでだろ。
昨日と打って変わって仕事は楽。ただ、作業中コース外に落ちて無様。

・Day4
いままでと違うエリア担当。朝が早いのがガン。あとコースが分かり難い。

パトロール本部というか詰所がこちらも喫煙所と化しているのがなんだかなあ。

特に何の事件も何も無く。

・Day5
昨日と同じエリア。さらに土休日は30分早いため、朝食がやっていない時間帯に出発しなければならない。したがって自分では夕食の食券が出せない。というわけでこの連休は食料を自分でどうにかしなければ。前夜、買出しに出掛けて半額だったおはぎを購入。半額ならなんでもいいという。

こっちのエリアは広くて複雑で分かり難い。横幕とかの場所と出したりしまったりのタイミングが覚え切れない。

煙草の煙とコンタクトの相乗効果で頭が痛くなった。こっちの部屋の方が煙がこもるのか。吸う人が多かったのか。パトロール本部での煙草が嫌だから辞めます、というのはアリだと思う。早めに辞めるとしたらこの言い訳を使おう。

ブーツ、右足小指第一関節?第5中足骨頭、というところなのかな?が痛い。左も同じところが若干。滑っているときはいいんだけど、何もせずにブーツを履いていると痛くなってくる。シェル出ししなきゃだめかな。
前のブーツもここが当たった。前のは他に右足親指先も当たって爪が2回剥がれたのだけど、こちらは今回は大丈夫。

・Day6
昨夜は帰って来てこの記録の昨日分を書いて、轟沈。翌朝5時までほぼそのまま眠った。頭が痛いのは睡眠不足もあったのかなあ。眠いという自覚は無かったのだけど。

昨夜買出しに出掛けなかったので、朝食抜き。車に常備してあるイオン製似非カロリーメート食べようとしたが、6時半前に出なければならず、6時まで布団でうとうとしていてそんな余裕は無く。

今日もまた同じところ。相変わらず、どのタイミングで何をやればいいのか、よく分からない。誰かがマニュアルにまとめてくれていればいいのだけど。つか、本当にそういうの無くて口伝でやっているのか?

曇りだけど朝から気温高め、春みたいな雪。昼過ぎからすごい晴れ。ほんと春。

リフトの最終が大変。コース閉鎖しても突破する奴多し。

・Day7
昨日と打って変わって吹雪。客も少ない。

夜、従業員向けナイター営業。ボードで参加。久しぶりのボードだが、それなりに。つか、スキーだったら歯応えが無さ過ぎるコースだった。まあナイターなんてそんなもんだろうけど。食堂もやっていて特別価格で提供。ケーキも言えばもらえたっぽいのだが、忘れていた。

・Day8
初の休み。勤務地を滑ってみることに。9時過ぎかな、スキーで滑走開始。

曇り。一部ガスが出ているものの、気温が上がらないためこれはこれで良い雪山日和。

Dゴンドラで12時N着、13時同発。日帰りセンターのトイレ(きれい。当然ウォシュレット。p系はそれが利点)、高速リフト、ゴンドラ、筍山から大斜面、そのままゴンドラ。山頂は初めて行ったかもしれんが、プチニセコみたいで楽しい。トラバースするとノートラックのところも残ってる。まあ完全なノートラックでなく他のトラック横切りながらだが。

Dゴンドラ近くのPホテル直営レストランで食事。確かにおいしい。オニオングラタンスープとハーフピザを食べて、まだ足りない感じだったため追加で魚介のフライと生ビール。〆て3000円弱の豪華な昼食。おいしかったけど、値段はせいぜい三分の二が適正だろうな。スキー場価格にも程がある。

15時半過ぎには終了。もう少し下のパークなどで遊ぼうかとも思ったが、膝が痛くなってきたので。

折角の休みなのでいつもと違った気分を味わうべく六日町温泉に(22時まで営業しているので、休みじゃなくても行けるけど)。250円。体重計があったので乗ってみたが(寮には何故か置いていない)、期待通り減っていた。5キロ減で半年前の水準に戻せた。何とかあと3キロくらい落として理想体重に持って行きたい。

・Day9
一昨日と同じところ(Tとする)。次の日がまた最初に数日やったところ(Kとする)というシフトは嫌がらせか。まあ頭数揃え要員としては仕方の無いところではあるが。

お客さんも少なく平和、と思いきや昼過ぎに立て続けに怪我人。まあぼくは何も出来ないのだが。

最初曇り、昼過ぎから晴れてきて、良い天気。気温は上がらず。

一昨日のナイターでこけたときに軽く捻挫したっぽく、肩と手首が痛い。

・Day10
Kエリア勤務。久しぶりで何をするか忘れていたり。というか、最初からよく分かっていない(マズー
一日ほぼ何もなし。雪かきとか、ボード壊れたお客さんのレスキュー(レンタル板貸して上げたけど、結局自分の板抱えながら滑れないとかで返してもらった)とか、大きな看板を運んだりとか、ちょっとしたことのみ。看板(コース案内する丸数字の、3メートルくらいの)を3つ運ぶのはなかなかきつかった。ボーゲンの能力が鍛えられる。
非常に天気が良くて遠くまで見れて景色がきれいなので、写真を撮ったりしているひとをよく見掛けた。

・Day11
前日昼前くらいに、この日がいきなり休みになったので(ちゃんともっと早くシフト組めよ、と思うのだが)八海山も滑れるリフトパスがまだもらえてないし、雪の状態も天気も良くない感じなので、前日夕方から帰宅。19:25くらいに寮を出て、月夜野まで30分強で走り切った。自分の腕時計では19:59:40とかにETCゲート通過。前橋で一度出たときに通勤割引料金が表示されていてほっとした。近くのマックで休憩して時間調整し、大都市近郊早朝夜間割引も活用。
ズン券の件はクレーム入れようっと。募集要項に書いておきながら10日以上に渡って発行されないってどういうことやねん、と。

家の体重計に乗ったら体重減っていない模様。ぬか喜びだったか。まあ食べる量が多いしなあ。

昼前後に自宅を出発、リモコンエンジンスターターを買って、実家に寄って時間を潰して、ETC通勤割引(東松山~赤城~湯沢の2枚使い)で寮に帰還。1時間半くらいで着いたような。距離も130キロくらいだし、そんなもんか。

帰ってきたら同居人の一人が別の一人に追い出されていたw

・Day12
Kエリア勤務。朝はどんより曇りだったのだが、営業開始辺りから雨が降って来た。午前中は3℃とかの気温。雪質最悪。朝の点検中に思い掛けなくスキーが取られてこけてしまった。あと、夕方帰るときにもだ。夕方のは周りにお客さん居たし、かなり恥ずかしい感じ。
徐々に気温が下がって、午後には氷点下に、上部エリアは雪に変わったが、下部は相変わらずの雨。「立ち」の仕事を雨の中やるのが非常に辛かった。

リフトパスはどうやら既に出来ていたらしい。職場長が情報をカスケードしていないだけとのこと。ダメじゃん。
友人・知人割引は、Nも共通の券が2600円だそうな。

寮では別の同居人が早速入ってきた。

・Day13
初のMエリア勤務。普通一年生はここは担当しないらしいのだが、人が余っているのか。

7時過ぎに上に上ったときはガス。その後雪が降ったけど午前中で降り止んで、10cmくらいしか積もらなかった。

ここの詰所は一応分煙のため、他よりは環境が良い。ただ、職場長(パトの親方)がたまに喫煙場所無視して煙草を吸っているので、受動喫煙から自由ではない。

ぼちぼち各種手伝いなどしつつ、一日あまり退屈しないで過ごせた。ひたすら副流煙に晒され待機とかいうのよりはかなりマシ。

・Day14
もう丸二週間か。結構あっという間だった。

Kエリア。寮を出るときはそれほどでもなかったけど(でも駐車場は圧雪状態だったので夜中ちょっとは降ったのかな)、上に上がると雪。ただ、予報と違って風は無い。朝までの積雪は上の方でせいぜい20cmくらいかな。ただその後日中も降り続いて、さらに20cmくらい積もった感じ。

仕事は暇。天気悪いから滑るひとも少ないようで、怪我人も出なかった。

・Day15
Kエリア。前夜の降雪(20cmくらいかな)でゲレンデは絶好のコンディション。降り続いているので視界は悪かったりたまに風が出たりしたものの。

降雪があると朝の仕事が大変。しかも今日は、新しく寮の同室になったひとが飲み好きのようで前夜(大晦日だ)付き合わされてしこたま飲んでかなり酒が残った状態だったため、かなりしんどかった。つか朝の仕事に出て数分で吐いた。その後もかなり休み休み。

朝の作業と最後の作業以外は、特に何も無し。
お客さんも少なかったようで怪我人もあまり出ずに、比較的平和な一日でした。

六日町中央温泉が元旦は100円で入れるので、出掛ける。寮の風呂もそんなに混まずに入れるし十分広いし問題無いのだけど、たまには温泉に漬かりたい。やっぱりただの水とは違う。

・Day16
駐車場の除雪の音がうるさくて5時くらいに起きてしまう。6時間睡眠くらいか。でも割と平気。

Kエリア。強風のため上部のリフトは結局終日運休。ただゲレンデ状況は相変わらず最高でしょう。そのため仕事もヒマヒマで、ひたすら待機。終業ちょっと前にMエリアに移動して、若干お手伝い。

夕食頼み忘れたので、湯沢に下りる。フリペで狙いを定め最初に入った寿司屋が満席だそうで、マックへ。

今日も圧雪の雪道で楽しい。調子に乗り過ぎて、一度スピンし掛けた。当然持ち直したけど、きれいに収束させられずださい感じになってしまった。

・Day17
Tエリアに移動。担当場所が変わるとき、板と靴を運ぶのが面倒臭い。終業時に一度寮に下ろして、翌朝持って行かなければならない。

三が日の最終日は終日ほぼ穏やかな天気で昼前後は晴れていたのだけど、客足は伸びなかったみたい。仕事も平和。いい加減飽きてきた。
お茶汲みとかやってらんねー。飲みたかったら自分で入れろ、使った茶碗くらい自分で洗え。
というわけでそろそろ辞め時かな。少なくとも、どう考えても、現在の期間満了日である2/17までやるなんてことはあり得ない。

仕事は何も無かったわけだが、最後片付けしていたら目の前でボード流すクソ餓鬼(20前後のド素人だったような)に遭遇。なんかリフト下り場の斜面の上を向いて変な格好で外しているなあと思ったら、案の定やりやがった。当然のようにリーシュコード着けていないし。死ね。足で止めてやったけど、仕事中じゃなかったら、その後安全な方向を確認して投げ捨てるか、そいつを殴る。もしくは両方。ブーツには傷が付かなかったようでよかった。

夜23時頃ドリフト車が駐車場に現れたっぽい。うるさい。車出して入口閉鎖して警察に通報してやろうかと思ったが、車は多分雪ですぐに出せないので、去るのを待つ。

・Day18
Tエリア。今日一日だけ平日体制。いっそ続けて土休日体制の方がいいんだけど。

風が強い。雪も一日中降り続いている。客足もそれほど伸びなかった模様。意外と来ていた感じだけど。

それにしても客として来ていたとしたら最悪なスキー場だなここは。2ロマは早くフード付きのリフトに架け替えるべきだろう。あとボーダーにスケーティングを強いる平らなところはどうにかするべき。Kエリアも少しあるわけだが、ここは多過ぎる。

・Day19
Tエリア。一日穏やかに晴れ。風も殆ど無く、こんな天気はここでは初めて。気温が高かったのか(でもずっと氷点下だったはずだけど)、ゲレンデ上部も夕方にはざくざくに。

湯沢のマックで夕飯買って、食べながらディスポート南魚沼というところへ向かう。久しぶりにプールで泳ぐ。なんかすごい寒かった。プールエリアのすぐ外に気温計があったので見たら24度。プールのところはそれよりは高いだろうけど、でもサウナもあまり暖かくないし…
ついでに体重計乗ったら69キロで、減っていないorz
その後六日町ジャスコへ買出し。

仕事、もういい加減うざいので、辞める理由を整理してみた。内部向けで、可能な限り向こう側には伝えないつもりだけど。

・Day20
Tエリア。二日続けてすごく良い天気。風も無く、ぽかぽかと暖かい。反面、殆ど唯一の上級斜面は雪がざくざくになってしまっていて、非常に滑り難かった。今日は始業と終業以外では、その辺りのネット直しに行ったのが唯一の仕事だった。上級斜面滑ると、やっぱりブーツの小指付け根辺りが当たる。一度お店に持って行こうっと。

昼食は、12月度か年末年始の目標達成とかで、ステーキが振舞われた。意外とおいしく量もあった。

そして予想?予定通り、辞めることにw
正月明け辺りが限度かな、という当初からの読みは全く正しかった。
来週くらいまでシフトが出来ていて、一応そのタイミングで、とか思っていたのだが、今日もうなんかアホらしくなったので、明日から来ないんで、と終業後社員に連絡。退職に関する規定等は伝えられていない(最初の口頭での説明でも、配られた紙にも、無い)ので、まあいいんじゃないの、バイトだし。
理由は、煙草の副流煙に燻られてひたすら待機というのが辛い、というのがメイン。あとは休みが無い。ついでに、態度が悪い奴が居るのはどうなのよ?、という話も振ってみたが、そういうやり方をpリンスhotels & resorts様は会社として取る、とのこと。使っているバイトも含めて。まあそういうのはバイトだと20半ばのDQNにひどいのが一人、居るくらいで、意外なことにまともなひとも多いのだけど(ちゃんとした職人系のひととかは、若いのもぼくより年長のも人間出来ている感じだった)。とはいえ社員は、ボスが「おいこら」系で何を言っているのか分からない典型的な日本的文脈依存人間で、もう一人30半ばのもかなり口が悪い。そういうのに限って、上にはへいこらしてるんだよね。なんだかな。

・Day21
仕事行く人が大体出た頃にゆっくり起床、片付け。結局退寮完了したのは9時半とかかな。

そして、初にして最後のシーズン券利用で六日町八海山スキー場へ(Kぐらとかは滑る気にならない。コースもやっぱりつまらないし)。途中塩沢の辺りは霧がすごかったけど、八海山のスキー場は特に問題無し。よく晴れていた。当然気温も高いわけで、一本目からぐさぐさで、まさに春スキー。

セパレートAも非圧雪で、モーグラーが土日頑張った跡がくっきり。レストランダウンヒルより下の斜面の雪はもうどうしようもなく重い。
コース図で尾根バーンてなっている辺りのモーグルラインは土というか草が2箇所ほど出ていた。パト仕事しろよ。ぼくはそんなところ通らずに、ひたすら斜滑降でだらだら降りていたのでいいけど、気付かずにそこを通ってしまったら悲惨。

第3ロマンスリフト4本くらいでお腹一杯というか、腹減ったので下に降りたら、車のフォグランプが付けっ放しだった。1時間程度だったので、何とか大丈夫だった。スキーする時は運転席のドアから出ずに、社内を移動して後ろのスライドドアから出るので、危険。ちょうど消した頃に放送で黒のエルグランドが呼び出されていたw
ボードで再度上がろうかとも思ったけど、コンディション悪いしやっぱり止め。1時間ちょっとしかスキー場に居なかった。

シーズン券とか返すために一旦事務所に寄り、苗場の雪ささの湯に入って(新潟県内日帰り温泉おすすめ情報でのインプレはこちら。割引券使って600円。最初は他に客は誰も居なかったけど、15時半に風呂から上がる頃にはスキー帰りのひとたちがちらほら。みかんとりんごが一つづつもらえたので、休憩所でゆっくり食べた)、家路に着いた。

家に着いたら、テレビが付けっ放しだったorz
PCからの入力にしていたので、音声も無いため、家出るとき気が付かなかった…

|

« 【雪山記録】六日町八海山スキー場 2007/12/17 | トップページ | ついてない »

snow」カテゴリの記事

コメント

お疲れ!
友人割、結局あやかれなかったね。北上の先は、やっぱ北海道かな?

投稿: fuji | 2008/01/07 23:35

> fuji-san
当然、目指す先は北海道。やっぱり首都圏から行けるところより雪の質も量も良いだろうし。昨日の八海山で湯沢エリアにはもう絶望したので。
で、途中、田沢湖とか、気になる東北エリアのスキー場にも寄りつつ、かな。帰りに寄るのでもいいんだけど。まあ記録はここに上げると思うので、仕事場の机の前で嫉妬していて下さいw

投稿: ressenti-man | 2008/01/08 10:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3241/17612085

この記事へのトラックバック一覧です: 雪山篭りバイト終了www:

« 【雪山記録】六日町八海山スキー場 2007/12/17 | トップページ | ついてない »