« 【雪山記録】志賀高原 2008/03/08 | トップページ | 【雪山記録】志賀高原 2008/03/15 »

2008/03/10

【雪山記録】赤倉観光リゾートスキー場 2008/03/09

前日に続くBC入門の二日目は、赤倉観光リゾートスキー場トップから前山~滝沢尾根という有名なルートらしいところに。ググると色々出て来る。

赤倉はスキー場自体初めて。妙高は杉ノ原しか行ったことなかった。
ここと赤倉温泉スキー場とは、共通券が一応あるけどいまだに全く別のオペレーションみたい(サイトも別だし、割引クーポンも個別のしか設定されていない模様)。名前も含めてすげー分かり難い。最悪。

登りは2時間弱(1時間半強だったかな?)だが(他の記録見ると大体もっと早く1時間くらいだけど)、他方下りるのは30分程度。雪質がよければもっと早いのだろうけど、春の重い雪で休み休み下りてきた。滑り降りるのも楽しいのは最初の4分の1程度で(そこが多分スキー場から登った分に相当する)、あとはターンするのも大変な重い湿雪。これもパウダーだったら後半も、若干斜度不足ではあるが、楽しいのだろうな。

朝起きたらふくらはぎが筋肉痛。登るのに足を上げるから太ももに来るのかと思ったが、むしろ下の足を上げるために上の足で踏ん張るためにふくらはぎに負担が来る模様。特にスキー靴がアルペンゲレンデ用なので、負担も大きい、のかも。それにしても翌日筋肉痛が来るのはまだ若いということかしら。

前日もこの日もコース選びや現地でのナビゲーションは友人任せ(代わりにというわけでもないが、車については運転・コース選定等ぼくがやったが)。他に黒姫、杉ノ原の案があったようだが、ともにリフトが一番上までやっていなくて(前者は原因は知らない。後者は2/28に起こった雪崩の影響で三田原第3高速が運休)、結局ここに決定。

8時にスキー場着、8時半くらいからゴンドラ乗って9時くらいにアプローチ開始、だったかな。リフト券は共通券でなく観光リゾートの一日券を購入。半日BCの予定だけど、戻ってから流石にスキー場全体ツアーとかやらないだろうから。

天気は朝のうち晴れ、徐々に雲が出て来たけど、午後も時折晴れ間が覗く。

登りのとき、ほぼ同時に10人弱のパーティー(多分あれは全員ひとつのグループだったのだろう)も居たのだが、糞xxxな女が道塞いでやがった。おかしいなと思いつつ逸れて踏み跡が全く付いてないところ登ったのだが、後で確認したらやっぱりこれはマナー違反。氏ね。自分たちでラッセルしたのならそのルート上で休んでいてもいいだろうが、他のひとたちの踏み跡で道になっているところにバックパック置いて休むのはないだろう、と常識的に考えて思う。

昨日はぼくが異様に登るの遅いのかもとか思ったが、他のパーティーの様子を見ていると、ぼくと同じように、あまりBCに慣れていなくてスノーシューのひとはやはりぼくと同じようなペースだった。まあスノーシューでもがんがん登っているひとも居るが、でもやっぱり、ぼくの同行者とか、あとソロで登っていたベテランの方が居たのだけど、そういうひとたちよりは全然遅い。やっぱりゲレンデ出身と山出身は桁が違う感じ。

登りは樹林帯。
Img_3266

こっちはひーひー言ってんのに写真撮ってんじゃねえよ(゚Д゚)ゴルァ
Img_3269
それにしてもスキー板大きいな。木に引っ掛かったりして結構面倒だったりする。
前日スキーウェア着たままで登ったら暑かったから、さらに好天のこの日はスキーウェア脱いだのだが、特に効果は無くてすぐに汗だく。サングラスの内側を汗が流れ落ちる。

前山山頂に着いて少し休んでから、11時過ぎくらいに滑走開始。
Img_3277
この写真は、山頂から少し下りたところで、上で触れたベテランのおじさんお勧め写真スポットから、妙高山を背景に。

最初はこんな感じの細い尾根筋を滑る。
Img_3284

滝沢尾根から前山山頂へのアクセスルートを眺めたところ。よく見ると登っているひとたちが居る。
Img_3312

これはちょっとそれっぽくてかっこいいかも。スプレーも上がっているけど、樹林帯に入る直前のこの辺りまではそこそこ楽しめる雪質。
Img_3320

その後はこんな感じの樹林帯をツリーラン。
Img_3342
ファットスキーは滑り易くて、この辺りの悪雪でも相対的に楽。あくまで相対的に。やはり悪雪時にはかなりストレスが掛かり、いつも当たるところにブーツが当たって足が痛くなった。

最後、残念なことに、スキー場に戻るのに若干の登りがある。この辺り、ボードのひとがつぼ足で移動した跡があったけど、細い通路で登り気味のトラバースがあったりしてかなりきつそう。ボードじゃなくスキーで行ってよかった。
Img_3346

これ登るのかよ…、の図。ウェアに白いのが付いているのは、ツリーラン後半で悪雪にもう踏ん張りが利かなくなって何度か転んだため。
Img_3347

精根尽き果ててスキー場に戻ったところ。
Img_3349

以上、写真は全て同行の友人によるもの。感謝。

12時前に車に戻って昼休憩を取った後、13時過ぎから再度スキー場へ。チャンピオンBコースは大会か何かで滑れなかったがそれ以外の上部を回った結果、ホテルCコースがちょうどいい感じだったのでそこを繰り返し16時過ぎまで。今回もSC Brigadeの練習。小回りが出来るようになってきた。たまにスキーの先が重なってしまったりするが。ホテルAコースのコブに一度行ってみたけど、重くて長くて取り回しがつらい。やっぱりコブはしばらくFreeline Trackで練習だな。

ここのモーグルバーンは上手い人が多くてちょっとびっくり。他方ボードはあまり上手いひとは見掛けなかった。パークとかに行っているのかな。通りすがりに見たらパークで遊んでいるひとたちはそれなりのレベルだったような。

スキー場の雪はざくざくで完全に春。昨日の志賀はよかったなあ。志賀ももう雪腐ってしまったかな。10日券があと2日残っているので、今度の土日行く予定だが。

帰りは友人を家まで送るためと関越渋滞を避けるため中央道周りで帰ったのだが、事故渋滞で時間をロスしETC通勤割引のフル活用は出来ず。途中で短く下りたため上野原から通常料金だった。本当なら妙高高原からちょうど100キロづつで八王子まで帰れるんだけど。

|

« 【雪山記録】志賀高原 2008/03/08 | トップページ | 【雪山記録】志賀高原 2008/03/15 »

snow」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3241/40456565

この記事へのトラックバック一覧です: 【雪山記録】赤倉観光リゾートスキー場 2008/03/09:

« 【雪山記録】志賀高原 2008/03/08 | トップページ | 【雪山記録】志賀高原 2008/03/15 »