« パクリとかトレンドとかどうでもよくて、問題は強度であるということ | トップページ | ゲロゲロ »

2008/06/19

ベイベッ!週刊誌が俺について書いてることは全部嘘だぜ!

氣志團の綾小路翔は好きだけどDJ OZMAには特に何も感じなかったぼくにとってはこの素敵な引用で彼へのプロップスが上がった次第。

FLASHに「DJ OZMAの愛人が、ヌードでSEX再現!」という記事が載ったそうだが、それに対する反応を自らのブログでしていて(DJ OZMA アゲ♂アゲ♂Archives:DJ OZMAの愛人)、締めの言葉が標記のもの。当然、岡村靖幸「どぉなっちゃってんだよ」曲中の台詞からの引用。どうやらそもそも岡村ちゃんはPrinceから引用したみたいだけど。下のPVの2'40辺り。
YouTube - [PV]岡村靖幸 どぉなっちゃってんだよ

Mixiの「ニュースに関する日記」見ても、ここに反応した人が多い様子が見て取れて、岡村ちゃんの影響度の大きさを感じさせる。まあそれより、その引用が分かってないやつらのコメントが痛すぎて、程度の低さに頭が痛くなったりもするのだけど。

これを機会に、ぼーっと(今日は風邪で頭と喉が痛くて仕事休んでいたのだった)色々ネットを見て回ったのでそのログ。

まずはデビュー曲が一番好きな曲の一つなのでYouTubeで見てみる。
1988年のコンサート時→YouTube - Out of Blue'88 岡村靖幸
2003年のコンサート時→YouTube - Out of Blue'03 岡村靖幸
ギター弾き語りから始まるという趣向は両方同じなのだが、88年の肩パッド分が03年には脂肪で埋められているという見た目の変化は著しい。それにしても歌上手いなあ。後の方は声量は無いけど、音程の正確さとそれを超越したファンキーさは半端ない。

でもって何となくタイトルも似ているし、デビュー曲という類似点もあり、ユニコーン「Maybe Blue」を聞いてみる。正確にはこの曲はシングルになっておらず、収録されたデビューアルバム全体がデビュー曲的な位置付けではあるが。ぐぐると色々語られているのを見付けるけど(ユニコーンらしくないこの一曲 ■80年代後半~90年代前半を回顧するブログとか。現代のラッパーのパーカー着崩しの元祖が民生だとかトンデモな記述があるけど…)、その後の奥田民生には無い疾走感とマイナー感が印象的な、極めて80年代的な名曲。
YouTube - UNICORN-Maybe Blue

これはBOØWYのB-Blueを受けて(ユニコーン的にはおちょくって)のタイトルという説が有効だが、当のBOØWY の曲はあまりブルーというかマイナー調ではなかったりする。
YouTube - BOOWY - B・BLUE(PV)

岡村ちゃんに戻って、1996/02/07のTK music clamp出演時の対談、聞き起こしたページなんかもあるようだけど、ノーカット版が番組公式サイトに載っている。かなり病的。些細なことで音楽活動、というかそれを成果として世の中に出して行くということが出来なくなってしまうんだな、と。そういえば岡村ちゃんがデビューに関わった川本真琴も超傑作デビューアルバムに顕現している凄まじいばかりの才能にも関わらず途中から失速してしまっていて、何か似たものを感じたりする。

それと細々と続いていた岡村ちゃんの音楽活動の中で、Buck-Tick櫻井敦司への曲提供があったようなのだが、それが収録されたミニアルバム(下のリンクから視聴可能)で「雨音はショパンの調べ」というこれも80年代の超絶名曲(シングル発売は84年らしい)のカバーをしていて、そのプロデュースが藤井麻輝 aka. モダチョキ濱田マリのストーカー夫、という恐ろしいばかりのハマリ具合。
@TOWER.JP - 櫻井敦司 - 胎児/smell

小林麻美バージョン。YouTube - 【懐かし歌謡】雨音はショパンの調べ

さらに80年代名曲カバーということで(Elsaのが1986、カバーは1987)。
YouTube - Elsa - T'en va pas

カバーした原田知世の「彼と彼女のソネット」の方は見付けられなかった。

雨音はショパンの調べ、元はフランスらしいが、Gazebo "I Like Chopin"(←YouTubeへのリンク)も原曲はイタリアでヨーロッパでは流行ったが、英米では売れなかったとかいうことで(参照:TARO's RooM : 今日の一曲:Gazebo / I Like Chopin - livedoor Blog(ブログ))、やっぱりこういうブルーな美メロ系好きはヨーロッパと日本で共通するところなのかな。

(追記)
80年代「青」つながりでこれを忘れるわけにはいかないのだった。これは1986年。
YouTube - 河合その子 青いスタシィオン

(さらに追記)
「どぉなっちゃってんだよ」に戻って。

桜塚やっくんのカバーでは標記の台詞も再現されている。2'58辺り。
YouTube - 桜塚やっくん「どぉなっちゃってんだよ」

他方、トリビュート盤でのくるりのカバーには、当然のごとく台詞は入っていないのだった。

|

« パクリとかトレンドとかどうでもよくて、問題は強度であるということ | トップページ | ゲロゲロ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

なんか最近音楽ブログっぽくていいね(笑)調子はどうですか~?

投稿: teezee | 2008/06/20 18:41

> teezeeくん
まあ、音楽いうてもむちゃくちゃ後ろ向きなのばかりなんだけどね。
最近の新作… Rootsはよかった。N.E.R.D.はいまいち。あとはRaphael Sebbagが大変良かった。コンピのMellow Beatsシリーズは無駄に買っていたり(シリーズ開始時の本でD.L.が寄稿していた辺りが切っ掛けで)。
体調は相変わらず喉が痛くて今日も家。土日も、天気悪いみたいだし、家でだらだら&今日出来なかった仕事をする、という感じかなあ。

投稿: ressenti-man | 2008/06/20 20:39

あら、風邪ひいちゃいましたか・・・

梅雨時は体調悪くする人多いから気をつけてください。

ユニコーン、懐かしい・・・
高校時代聴いていた気がします。

投稿: chikage | 2008/06/21 07:30

> chikageさん
ども。梅雨時というか、季節の変わり目にはほぼ必ず体調を崩す適応力の無いぼくであります。喉が痛いだけでなく咳が出てきた。一気に治らずにやはり一通りのサイクルを回るようで、となると咳が残りそうで嫌だなあ。というところです。

確かchikageさんも(しまおまほ同様、というか当時の女子はかなり高い確率で同好だが)米米クラブ好きでしたよね? 彼らも3枚目のアルバムまで(=売れ出すまで)はマイナー調でエレポップというかエレロック(て言葉があるのかしらんが)な素敵な曲が多かったように思います。

投稿: ressenti-man | 2008/06/21 12:10

鉄騎士倶楽部のHoricです。
お久しぶりです。
岡村ちゃん好きなんですか?
俺も好きで今は岡村好きファンの仲間達と
岡村曲を演奏するバンドなんかを遊びでやったりしていますよ。
今回のOZMAの事もmixiのニュースから日記書きました。

投稿: Horic | 2008/06/25 23:07

> Horicさん
ご無沙汰しております。ちょうど、7月の走行会参加しようか迷っていたところでした。上級はまだ空きがあるのですよね?

岡村ちゃんは普通に好きです。音楽好きで嫌いというか興味を惹かれないやつが居るのか、とかいうほど絶対的なものだと思っているので、大分好きなのかもしれません…

投稿: ressenti-man | 2008/06/26 18:30

上級クラスは定員になってます。
上級チャレンジクラスはあと1名ってトコですね。
まあ、上級と混走なので実質は同じですが。
よろしくどーぞー♪

投稿: Horic | 2008/06/27 18:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3241/41582420

この記事へのトラックバック一覧です: ベイベッ!週刊誌が俺について書いてることは全部嘘だぜ!:

« パクリとかトレンドとかどうでもよくて、問題は強度であるということ | トップページ | ゲロゲロ »