« 【バイク練習】ダンロップスポーツマックスジムカーナトレーニング@アクセルモータースクール 2008/11/02 | トップページ | ダートトラック用鉄スリッパ穴開き補修の件 »

2008/11/03

【バイク練習】桶川スポーツランド 2008/11/03

2週続けてOSL。そして2週続けてこけてしまった。タイム的にも48秒切り目指して行ったものの49秒さえ切れないし、昨日と違ってbad day。

Pb030116
写真は本文とは全く関係無い、圏央道の荒川を越えようとしている工事の様子。帰り実家に寄って犬の散歩をした際に撮ったもの。インダストリアル感があっていいなあ、と。R17の上尾~鴻巣バイパスもぼちぼち進んでいるようで更地が広がっていたりするけど、これらが出来るとかなり便利になるなあ。

往路、道路が意外と空いていて、結構余裕で到着。実家に寄ってウォシュレットのトイレで用を足してからOSL入り。やっぱり客が多くて、砂利のところ。でも全体としては先週よりは少ない感じかな。不幸なことに大型は多くて、しかもモタード、その上タイヤウォーマー装着の本気汁だらだら系が多い。と思いきや、その後走ってみたらがんがん抜いていったのは3、4台くらいで、あとはそれほどでもなかったりした。

天気は一日曇りで肌寒い。

ゆきちゃんが朝から外に居ると思ったら、鎖が絡まっていた。解いてあげていたら時間ぎりぎりになってしまった。

1本目、コースイン2周目、寒いし慎重にタイヤ暖めようと思っていたのに、そろそろ膝擦れるかなあとか思って無理に倒し込んでしまったのか、右ヘアピンで早速転倒。

が、Ωの外で見た感じ特に問題無さそうなのでそのまま走行継続。コンタクトにする時間が無くて眼鏡のままで曇るしずれるしで集中出来ない。タイムはそれでも49秒台半ばで、まあ上出来。

走行後調べたら、損傷は例によってフットペダルが中心。ヤフオクで使えそうなフットペダル買っておいて良かった。
Pb030099

と思ったのだが、なんか微妙な違和感があってよく見たらアッパーカウルが割れていた。
Pb030100
中に配線が見えるので、穴開きのままではやばそう。というわけで、トランポの利点を生かして積んでいたポータブルブースターとインバーターと電動ドリルで、2本目までにタイラップ補修完了。
Pb030101
おkwww
後でタイラップの余ったケーブルは切った。それにしてもなんかもうきたな過ぎる。けどもうしばらく(少なくとも来シーズン末、1年後まで)この車にもロードコース用として頑張ってもらわないと。2台続けてバイク買ったりトレーラー買ったりでお金が無いことだし。つか、1年くらいしたら600か1000のロードレーサー買って、FireBladeはサーキット退役してツーリング用にでもしようかと思っているのだけど。

で、実は2本目終わって気付いた(つか、2本目までツナギ着っ放しで調べなかった)のだけど、ツナギの肩のところにも穴が開いていたorz
Pb030103

さらに後になって気付いたことには(よく見ると一番上の画像でも穴らしきものが確認出来るな)、クラッチカバーにも穴が開いていたo...rz
光の具合でよく見ないと分からなかった。当たりどころが悪かったのか、右にこけるのは2回目でフレームスライダーが磨耗していたからか。とりあえず走行中にオイル吹いたりはしていない模様。

2本目はそれなりに。でも49秒前半までしか出ない。んー、今日は48秒切りを目標にして来たのに。自分の調子はいまいちだし、前回と違ってコースは混雑気味だし、なんだかなあ。遅いモタードに引っ掛かっていたらインから速いモタードに刺されたり、ホント土日の桶スポは地獄だぜ!フゥハハハーハァー 、て感じ。

GSX-R750の速い人が来ていて(午前だけだったみたい。見てみたら早速今日の記事が載っているけど、45"00も出ていたのかー。すげー。転んでたSSってのはぼくだな多分。で、確かに1ヒート1周目コースイン直後の2コーナーでいきなりこけてたモタードが居た)、後ろを付いていく機会が確か二度ほどあった。1周丸々は到底付いて行けないのだが。で気付いたことは:

・右ヘアピンへのアプローチはアウトに振らない(ぼくも前はそうしていたのだが、ここ3日くらいは真ん中よりちょっと左程度まで左に寄ってから進入している)
・他方ホームストレートからの1コーナー進入はアウトに振る(バンクしてアクセル開けるのが怖いので、ホームストレートは右に振らずに真っ直ぐ行っちゃっている)
・ホームストレート前の最終コーナーでも膝擦るくらいちゃんと倒す(ここもぼくはちゃんとコーナリングせず・出来ずに、後で苦しくなっている感じ。これは上の1コーナー進入と関係あるのかな、最終をちゃんとターンすれば比較的真っ直ぐ1コーナーアウトに向かえる、とか)

後ろに付いて生で見ると、ブログに載っている写真で見ると異様にリーンインのあのフォームも理に適ったものだな、と思った。アーブ山口さんが書いている前のりティとは多分違うベクトルではあるが。バンク速度というか、あの姿勢のフルバンクまで行くのは意外とゆっくりで、ブレーキからのセルフステア(キャンバースラスト)をじっくり引き出しながら倒し込んで行っていて、あのリーンインの姿勢でバランスするようになっている。非常に興味深い。アーブ山口さんのところで槍玉に上げられているネモケン乗りとはまた違うもののような気がするけど。

でその後3本目もダメダメで、相変わらず48秒台にさえ入れられず、49"0台まで。つか、クリアが殆ど取れない。遅い車両(モタードもロードも)は全然譲ってくれない、というよりむしろ全く後ろなんて気にしていないみたいだし。1コーナーで追突しそうになったときは泣きそうになった。0コンマ数秒の間に走馬灯のように壊れたバイクを前にして呆然としている自分の姿が見えた。4本目も同様に、49秒台半ば程度まで。先週より2歩後退て感じだわ。

それにしても、初心者は後ろ気にしなくていい説は嘘だと思う。速い人は勝手に抜いて行く、抜けないやつのことは気にしなくていい、というコンセプトだが、絶対危ない。少なくともぼくは可能な限り(←ここ重要。出来ないこともある)後ろも気にしているし、明らかに速い車には適当なところ(こっちも余裕持てる場所)で譲るように心掛けているけど。

一日走行しても60周くらいしか出来ない。やっぱり好きなだけ走り込めないのは辛いなあ。トミンより細かいコーナーが練習になっていいのでもっと走りたいのだが、待ち時間の長さも含めて効率が悪過ぎる。

今日唯一良かったのが、OSLブログのキイロイミドリナぱらそるちゃんにも何度か出ていたネコさん(これとか)と遊べたこと。
妙な格好でくつろいだししているゆきちゃん▼
Pb030105
とひとしきり遊んで、帰り際、カレー屋のところに座っていた。近付くとにゃーにゃー言って寄って来る▼。
Pb030106
つか、近過ぎw
Pb030107

素晴らしい。いいネコさんだ。じゃれ付いて来て、ネコパンチとか繰り出して、ギザカワユスだぉ。ちゃんと爪を引っ込めている(多分。爪切られているわけではないと思われる)ところがまた素晴らしい。甘噛みも手加減してくれるし、人に懐いていて賢い感じ。

ところでクラッチカバー、うちに帰ってから、前に書いたService Hondaで部品番号調べて、ナップス行って速攻発注。メーカーに在庫有りですぐ届くらしい。カバーと、何やらガスケットっぽいものもあるようなのでそれも頼んで、税込み3800円ほど。
でも、1995以前モデルのFireBladeより大分マシらしいことが判明。93-95モデルは一体型で、一番外側のみ交換することが出来ないみたい。でクラッチカバー全体で170ドルほど。酷い設計だ。他方96-97モデルは一番壊れ易いところが単体で交換出来るようになっている。センターカバーという名前で27.5ドルだが、日本では3000円ほど。

左サイドのオルタネーターカバーの方はいずれにせよ一体型らしい。60ドルだから日本では6500円くらいで売っているのかな。今2度の転倒で結構擦れているのだけど、こっちも穴が開いたら泣ける。

それにしてもなんで転ぶかなあ。タイヤの使った跡見ると、昨日のジムカーナ練習の方が端まで使っていて、したがってバンク角も深いはずだが、でも転ばなかった。昨日はコースインして最初のうちは慎重に走っていたからかな。オンロードではあまり転ばずにそれなりに走れるようになって来たのが売り(?)だったのに、ここに来て立て続けに転んだのが不可解。違うバイク買ったから機嫌を損ねたのかな。先週が1台目、土曜に引き取ったYZ125の分で、今日のが土曜日に落札して今週取りに行く2台目の分、とか。

|

« 【バイク練習】ダンロップスポーツマックスジムカーナトレーニング@アクセルモータースクール 2008/11/02 | トップページ | ダートトラック用鉄スリッパ穴開き補修の件 »

motorcycle」カテゴリの記事

コメント

どもー。ほめていただいて光栄です!
お書きいただいているとおり桶川最終ヘアピンの立ち上がりをインギリギリで立ち上がることで1コーナーはアウトから進入できます。あそこでの速度の乗せ方とその後のアクセルで1秒は変わってきますかねー。

また遭遇したよろしくおねがいしまーす

投稿: n-4 | 2008/12/08 20:55

> n-4さん
何度かOSLでは見掛けていましたが、間近でコーナリングみたのは初めてだったので、ほんと勉強になりました。

無駄にぶら下がっているのでなく(正直、写真からだとそう見えかねないのですが)、コーナー前半でフロントのグリップを確かめながらセルフステアを引き出し、多分キャンバースラストの一番利くところで体をインに・バイクのバンクはほどほどにバランスさせ、そこからスムーズに立ち上がる、という一連の流れ、素晴らしかったです。

怪我から復活したら、春先にはまたOSL行くと思いますので(CBR=SSであのコースをマゾヒスティックに攻略とDR-Z=モタードでファンライド、で午前と午後とかで楽しみたい)、よろしくです。

投稿: ルサンチMAN | 2008/12/08 22:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3241/43001201

この記事へのトラックバック一覧です: 【バイク練習】桶川スポーツランド 2008/11/03:

« 【バイク練習】ダンロップスポーツマックスジムカーナトレーニング@アクセルモータースクール 2008/11/02 | トップページ | ダートトラック用鉄スリッパ穴開き補修の件 »