« 骨折の経過~手術から抜糸まで | トップページ | バックカントリー用スキー用品の工作 »

2009/01/08

革ツナギの修理

転倒で破損したやつ、買い換えようかとも思ったけど、物は試しということで修理に出してみた。

直った右肩↓。脇の下のところのジャージもなんか穴が開いていたらしく、補修されている。
P1070002

同右膝↓。
P1070003

ネットで適当に調べて、PRIDE1というところに頼んでみた。メール連絡が途中で来なくなったり、連絡取るためにメール署名に記載された固定電話には何度掛けてもつながらずサイトを見ていたら発見した携帯電話に掛けてようやくつながったり、じゃあお願いしますと頼んだ後に特に納期回答は無かったり、対応はいまいちかも。

他方、料金は明朗で良い。他と比べていないので高いのか安いのかは分からない。どこかのメーカーの委託先になっているようで、そういうところへ直で頼んでそれほどぼられることもないだろうとは思うが。6x6(cm)までの小さいパッチ当て2k円、それ以上は2.5k円、縫いほどき2k円、など。

まずはメールで右肩と右膝の写真を送って見積もってもらったら、8k~15k円とのこと。次に実物を送付して見てもらったら、前に写真上げた今回壊れたところ(左肩と左膝)以外にもジャージ部分の小さい穴3箇所と自分で直した右肩も、レースの車検では引っ掛かるということだったので、それらも全部直してもらった(レースなんて出ないから機能的に問題無ければ直さなくてもいいのだが、まあ折角なので)。で、計24k円。
P1070001
ステッチ数箇所サービスしてくれたとのことだが、どこがそれだかよく分からないのでありがたみが無かったりして。つか、「ステッチ」って何のことだ。上の「縫いほどき」というのもどこに適用されているのか分からないし。

右ひじが大きく擦れていたのだけど、そこも補修された↓。
P1070004

あと、右肩↓。
P1070005

今回は修理してもらったわけだが、んー、この値段だと安いツナギなら買い換えてしまってもいいような気もする。ぼくのは新品購入時の価格は60k円だった。

でもって、尻とか擦れていたりするところもあるし、ミンクオイルでも塗ってやろうかとグローブをはめたら(グローブにも塗れて一石二鳥なので、いつもグローブでやるのだが)、左手の親指と人差し指の間と、手首のところ、上と下を縫い合わせているところ2箇所が解けてしまっているのをようやく発見。「グローブは無事」とか前に書いてあったが、着けてみないと分からないものだ。料金表からすると多分4k円で直してもらえそうなのでツナギと一緒に送って直してもらえばよかった。とりあえず自分で縫い合わせておいたのだった。

|

« 骨折の経過~手術から抜糸まで | トップページ | バックカントリー用スキー用品の工作 »

motorcycle」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3241/43680785

この記事へのトラックバック一覧です: 革ツナギの修理:

« 骨折の経過~手術から抜糸まで | トップページ | バックカントリー用スキー用品の工作 »