« 【雪山記録】六日町八海山スキー場 2009/03/01 | トップページ | 今週の雪山は無し »

2009/03/09

【雪山記録】六日町八海山スキー場 2009/03/07-08

2日続けて八海山。日曜日には薬師岳を目指してスキーでバックカントリー入ったが、敢え無く敗退。
Hakkaisan20090308
けどまあ今回は下りはスキー脱いだりせずにさくっとスキー場に帰れた。

【金曜日】

23時近く発。1時過ぎ着。弱い雨が降っている。

【土曜日】

第1ロマンスリフト運転開始の放送聞いた記憶があるが二度寝。9時半に目が覚めて、結局10時半にスキー場に出た。雪が降っている。スキー場の車には薄ら積もっている感じだが、まあ2-3cmというところか。

スキーでBC行こうかと思って荷造りして出たのだけど、ロープウェイで上に行ったらガスが濃くてとりあえずキャンセル。天気が好くなったら行こうかと思ったが、その後もずっとガスが掛かったままだった。

仕方ないのでスキー場で練習。上の方は軽い雪が10cm弱積もっているけど、下がアイスなのであまり良い状態ではない。チャンピオンで緩いラインを選んでコブの練習と、たまにエキスパートの方に行ってこちらはコブには入らずコース脇でツリーランの練習。

13時過ぎに一旦車に戻って、無駄な荷物は下ろして、ポール換えて(BC用のバスケットがでかくて曲がったやつなので突きづらかった)、食事摂って。すぐにまたスキーで出発、同様に基礎練習。固いコブはやはり4ターンくらいで発射してしまうなあ。けど徐々に向上して来ている気はする。

16:10くらいの第3ロマンスに乗って、最後恒例の一気下り。ダウンヒル~セパレートBとつないで、今回はストップウォッチで計ってみたが、5分45秒。ダウンヒル尾根バーンの辺りで雪が一気にぐさぐさになるのと、その辺りで土が出ていたりしてかなり減速してしまった。ともあれロープウェイ最終便には間に合った。

上に上がったらこの日初めて視界が開けて青い空が拝めた。八海山もこの日初めて見えた。
P3070010
最後の最後はセパレートA(圧雪してある方)を下ったのだが、ここがこの日一番の難コースだった。深くコブになっていてしかも氷。セパレートBの方がよっぽどマシだ罠。

その後ディスポート南魚沼で運動しようかと思ったのだが、駐車場まで行ったところで異様に眠くて撃沈。1時間くらい車で寝て、まだ回復しなかったので運動は止めてジャスコで買出し&食事、スキー場に戻る。22時半には就寝したような。

【日曜日】

早く寝たけど朝は起きられず、一旦6時半に目が覚めたが二度寝したりうだうだしたりで、やっぱり運転開始には間に合わず。山スキー本気でやっているひとたちは早朝発で登ったりしているわけだが、こりゃ無理だな。それにしてもこの自堕落さは何なんだろ。

7時半くらいからスキー場の放送で音楽が掛かっているんだけど今週のプログラム(延々リピートしている)にマボロシ「記念日」(さかいゆうがfeatured)が掛かっていて良い。これは確かに名曲だなあ。ついでに何故か宇多田ヒカル「Automatic」「Movin' on without you」とか懐かしいのも掛かっていたりして。

客は流石に少ない感じで、この時間でも下の駐車場は2/3くらいしか埋まっていない。2月中はほぼ満杯になっていたものだけど。

天気も良いのでダウンヒル1本滑って足慣らしした後、早速バックカントリー。9:45、標高1170mくらい。

それなりに順調に進んだのだけど(当社比)、女人堂の下の急斜面はカリカリに凍っていて、かなり厳しい状況。10cmほど雪が乗っているところもあるが、下は凍っていて、文字通り歯が立たない。スキークランポンは全く効果無しだな、しかし。

で、ひたすらトラバースで何とかなるかな、と思って少し進んだところで、どう考えても無理だなということが分かったのだが、一度登り始めると後退が出来なくなって二進も三進も行かないという言葉を山登りほど思い知らされることは無いことよ。かなりの急斜面なのでキックターンで方向転換も無理だし(ぼくのスキルだと確実に滑落する。練習してないし)。

仕方ないので何とか手頃な木のところまで行って、スキー板やザックを木の幹に預けて、慎重にクランポンに履き替え。これだけでもかなり大変だった。その後も埋まるつぼ足に苦労しながら何とか女人堂まで辿り着いたが、結局前回より大分時間が掛かってしまった。11:50、標高1350m辺りの女人堂に到着。2時間くらい掛かって標高差200m弱とは。とほほ。トレースが無くて自分でルートを決めなければならないことも時間が掛かった要因ではある。そういう意味でも経験値不足だな。

けどまだ時間があるのでそのままスキーに履き替えて上を目指す。
P3080016

が、その上の斜面は見た目よりも意外と斜度もきつくて、雪面もかなりカリカリで登り辛い。ルート取りも悪かったかな。多分クライマーズライトの太い尾根を登るべきなんだろうけど(前週のツボ足トレースはそっちにあったような気がする)、そっちは出だしが急だし無木立で嫌な感じなので、木が生えている緩い左の小さい尾根を辿って後でトラバースしようと思ったのだが、小さい尾根は狭くてジグを切り難い。

つかもう体力的に無理。というわけで、適当に傾斜が緩くなるところまで何とか行って、あっさり撤退決定。12:30、標高1500m地点、薬師岳山頂まであと標高差150m。
P3080018

女人堂から標高差150mくらい、ちょうど中間地点というところ。
P3080020
そのまま頑張れば13:30くらいまでには登り切れたのかなあ。まあ、無理か。その後スキー場でも遊ばなければならないし、今考えても撤退は正解だろう。

ペースは相変わらず遅いんだけど、この日は何度かスキースキンのスリップとかあったものの一度もアルパイントレッカーが外れたりしなかったし、クランポン履き替えの判断等は雪面状況を敏感に先読みして行わなければならない、など勉強になってよかった。あと、この前スキーブーツのシェル出しして初めてのバックカントリーだったのだが、どこも痛くならずに快適だった。3度目(のシェル出しだったのだが)の正直。それから、やっぱりスキルが無いのは道具でカバーということで、荷物が重くはなるけどスノーシューも持って行った方が、より上まで行けただろう(撤退した辺りも、ツボ足クランポンだと潜ってきついが、スノーシューなら余裕のはずだった)。

ここで少し休憩。お腹空いたのでゼリー飲料と似非カロリーメートで補給。
でもって12:55、滑降開始。

最初の標高差50mくらいだけ気持ちいい沢状の斜面。アンモナイト(雪玉が転がってアンモナイトの殻みたいになったものをそう呼ぶっぽい)が出来ていたりしたので、あまり良い状態ではないのだが。
P3080024
休憩中晴れて来ていたから雪が緩んできたのか、雪は柔らかくて滑り易かった。

ついでに、クライマーズレフトの斜面なんかも状態が良ければ、山頂から滑り込んだら気持ち良いだろうオープンスロープなわけだが、この日はもう亀裂が見えていた。

その後はひたすら高度落とさないようにトラバース。ボードと違って階段登高(と呼ぶのでいいのかな、要は横歩き)が出来るので、木にぶつかっても少し登って高度を保てるのがスキーの利点。無事に沢が割れたりする前にスキー場に帰れた。

途中、スキー場までもう少しのところで、稜線から雪が落ちているところがあった。
P3080028
地形図で、崖マークの東の急斜面のところかな。その下はアバランチパスなのか、樹林が途切れていた。

その辺りからスキー場から外に出たと思われる下りトレースがあったのでそれを辿って、13:30スキー場コースに無事復帰。その後の下りがきつかった。晴れて来たため重いザラメの雪が、既に終わっている腿の筋肉にかなり厳し厳しかった。

車に戻って休憩後、ボードに履き替えて基礎練習。15時にロープウェイ山頂に上がって、ひたすらダウンヒル。

よーく見るとスキー場(少なくとも第3ロマンスリフト)からも刻んだトラックが見える。
P3080031a
印し付けたところだが、写真では見えないか。肉眼だとはっきり確認できるのだけど。本当はもっと上から目立つようにラインを描きたかったわけではあるが。

前回ボードやったときにアキュブレードのステップインのコツが分かったような気がしたのだけど、この日は全くダメだった。全然はまらない。

いい加減疲れていたけど、BC行っていてあまりリフト乗っていないわけで、第3ロマンスの最終に乗って一気下り(ボードだとやっぱりコブのところなどで少し止められてしまって、10分くらい掛かった)、ロープウェイ最終に乗る、という感じでロープウェイ乗車都合3回。

その後はいつもの五十沢温泉ゆもと館でゆっくり。風呂上りに新聞読んでいたロビーで煙草吸っているのが居て、いまいちではあった。そういえばその後入ったラーメン屋も喫煙席なカウンターに回され、最悪。

20時前に六日町ICから高速乗って、渋川伊香保ICまで特に渋滞にはまらずにスムーズに行った。前橋の前辺りで渋滞しているみたいなので、高速下りて下道で東北道方面へトラバース。が、それほどの渋滞ではないような感じだったので、そのまま関越でも一部のろのろで家に着く時間は変わらなかっただろうように思う。

今回は加須ICを使ってみた。んー、やっぱり距離的には遠いし、道も羽生や館林と比べて格段に条件が良いわけでないので遠いのが遠いなりに感じられてしまう。

23時前に自宅に帰着。

|

« 【雪山記録】六日町八海山スキー場 2009/03/01 | トップページ | 今週の雪山は無し »

snow」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3241/44295505

この記事へのトラックバック一覧です: 【雪山記録】六日町八海山スキー場 2009/03/07-08:

« 【雪山記録】六日町八海山スキー場 2009/03/01 | トップページ | 今週の雪山は無し »