« 【バイク練習】ダンロップスポーツマックスジムカーナトレーニング@アクセルモータースクール 2009/09/06 | トップページ | 苗場山に再度登ってみた »

2009/09/14

富士山に登ってみた

登ってみたシリーズ、去年の巻機山からちょうど1年振りの第4弾。9/13早朝から昼過ぎに掛けて。風邪と寝不足でどうなることやらという感じだったが、何とか無事登頂出来た。

話に聞いていた富士山の風は、本当に冷たい。登っている間とかの行動中は、冬のバックカントリー時にも上はアンダーウェア1枚なのでそれと変わらないだろうと思ったが、とんでもない考え違いであった。少なくとも上部では活動中もずっとシェルジャケットと本格的なインサレーション(フリースなど)が必要。休憩時のことを考えると冬山用のハードシェルの方がいいと感じた。

ぶなの会所属N島さん主催で9月頃に友人知人を誘っているらしい。今回は総勢11名参加、かな。少なくとも去年もやったようだが、そういえばどういう趣旨なんだろう。山登りの素晴らしさを知ってもらうため、とか?

土曜は風邪で昼過ぎまで寝ていたけどその後流石に暇でバイクのオイル交換したりしていた。シルバーウイングは1年振り。ここ1年で5800kmしか走っていないのか。DR-Zはやっとオイルドレンボルトのワイアリング用穴開けが出来たが、今回も4本くらいドリルビットをダメにした。作業終了後に雨が降って来た。全然備えてなかったので、無事終わってよかった。FireBladeはもう壊れてもいいや的な扱いでオイル交換せずw

当初は0時に登り始める予定だったが、雨のため少し遅らせて、0時にぼくの車でN島さん含む数人ピックアップ、適当に(主催者の性格を反映して、「いい加減な」に近い方の意味での)他の車と合流し、3時に富士スバルライン終点5合目出発。意外とたくさん車が停まっていて、2段あるうち下の駐車エリアにぼくの車は停めた。そこも2時頃には既に8割くらい埋まっていたような。

ほぼ予定通りの3時に出発。当然ヘッドライト点けて。雨も上がっており、作戦通り出発してから以降は雨には降られなかった。

服装なのだが、上下ポリエステルのアンダーウェアの上に、ボトムスはちょっと撥水で防風効果がある感じのパンツ1枚(大昔にアウトレットで買ったPhoenixのなのだが、何用に作られたものなのか不明)、トップスは最初のうちはモンベル化繊綿エクセロフトのベスト、途中(確か7合目)からはその上にモンベラー(笑)としては同じくモンベルのライトシェルジャケットを重ねた。これでも、その後昼前後からの下山時にも8合目から上は行動中でさえ寒い感じだった。レインウェア持っていたのでそれも着込めばよかったかな。

つか服装で失敗したのは何より手袋で、夏山用の日焼け避けるための薄い防風性の全く無いのしか持って行かなかったこと。最低限雪山用の薄手のが必要な感じ。保温性の無いレイングローブだと厳しいと思われる。

他方靴は、ゴールデンウィークに買ったLa Sportivaの登山靴がやっと活躍の場を得て、快適だった(一度試し履きはしていて、この前トミン走った後北浦周辺をジョグ&ウォークしたときはこれ履いていたのだった)。やっぱりちゃんとしたソールはいい。Vibramマンセー。最初のうち紐を緩く締めていたようで踵が靴擦れ気味になったけど、縛り直したら特に悪化せず、下山後見たところ水脹れだけで破けてしまってはいなかった。

5時くらいから空が明るくなって来たけど、ご来光って感じの光景は見れなかった。まだ雲が掛かっていたからかな。出発時点では星が結構見えていたけど、結局朝の間は特に東の空遠くに雲が若干掛かっていた。その後昼過ぎには快晴になっていた。

8合目からは多分山小屋に泊まって山頂でご来光を楽しんだ人たち中心に、既に結構沢山の人が下って来ていた。登山している人は若い人が意外と多かったのが印象的。今まで数回の夏山山行では若い人は殆ど見たこと無いので。

9合目、7時ちょっと過ぎ、歩きながら寝そうになるほどの眠気に耐えられず道端で休憩。風邪のため頭と喉が猛烈に痛いし。ついでに途中から鼻水が垂れまくりだし。一人少し先行していたのだけど、このとき殆どのメンバーに抜かれてしまった模様。
Img_9310
N島さんに抜かれざまに撮られた。

そういえば今回デジカメもちゃんと持って行ったんだけど1度も取り出さず仕舞いだった。のでこのエントリに景色の写真とかは皆無。写真は全部N島さんによるもの。ついでに、案の定途中で電池切れになって一部ログが欠けているもののGPSも使っていたのだけど、基本的に登山道をずっとあるいていたのでトラック画像は無し。

30分ほどうとうとした後、寝ててもしょうがない(つかやっぱり眠れないし)と一念発起して再度歩き出し、8時に山頂到着。5時間か。遅いなあ。

その後後続メンバーを待つ間風が強くて寒いし、眠さと風邪とで頭が痛いしで、大変。ツェルトに包まって寝ようとしてみたが、風が直接当たらないため少しはましだけど、安眠出来るほどではない。んー、ツェルトだけ持っていても結局条件が悪ければビバークなんて出来ないんじゃないのか。まあ無いよりはましなのは確かだが。

結局今回の参加メンバーは11名中9名登頂したらしい。

大部分のメンバーはそのまま下山するとのことだったが、ぼくは迷った挙句結局9:30からお鉢巡り開始。時計回りで。最初間違えて須走口下山ルートに入ってしまい、すぐに上に道があることに気付いて戻るも5分ほどロス。他に二人のメンバーが別に先に出発してお鉢巡りしていたのだけど、剣ヶ峰の展望台で鉢合わせになった。剣ヶ峰からは南アルプスと思われる山脈の風景がきれい。最高峰から四周の景色を楽しめるお鉢巡りはやっぱりいい。途中北北西にある白山岳の稜線は風がものすごく強く、剣ヶ峰からの移動はかなり怖かった。慣れてる感じのひとはひょいひょい普通に歩いているんだけど、ぼくはポール付いて腰が引けて這うように移動。写真は撮らないけど適当に周りの景色を眺めながらで、70分ほど掛かって1周した。

10:40に(再度)須走口下山道。下山はブルドーザー道をだらだら下るだけなのであまり楽しくない。周り見ていると速い人は歩き方が上手くて全然スリップしないのでその歩き方を会得しようとしたが出来なかった。どうしても後ろに重心が掛かってしまって踵からスリップしてしまい、一度はそのまま転んでしまったのだが、どうも上手い人は斜面に対して垂直に荷重を掛けているように見える。それをやってみようとしたが、上体を前に持って来ないと行けないので怖かったり、膝に負担が掛かる感じだったり(これはぼくの股関節以下の使い方が悪いのかもしれないが)、で出来るようにならなかった。

途中5合目直前で取材班を引き連れた何かのイベントっぽい集団に遭遇したのだけど、後でN島さんに聞いたところによると三浦雄一郎も居たらしい。(追記:これかな)

登りもそうなんだけど一旦停まると再始動が面倒なのでゆっくりでも基本的に休まず歩き続けて、13:20、5合目到着。少し手前で観光用にも使われているらしい馬が数頭つながれていて、見ていたらN島さんに写真に収められていた。
Img_9337
この前ついったーでのシカに続いて動物さん好きをアピールしてみよう。馬は汗臭いのであまり触りたくなかったりはするのだけど。

他のメンバーを待ったりする間、コットを出して少し休憩。速攻で寝に入ったところを目敏いN島さんにまた撮られたのであった。
Img_9340
そういえばリアラダーとスキーキャリアアタッチメントをヤフオクで買って、スキー板を大量に運べるようにした。自分のでも4セットあって基本的に全部持って行きたいので。ボードは相変わらず車内の天井に置く感じかな。

15時過ぎに富士スバルラインを車で下ったのだけど、この時間になっても駐車場街の行列が出来ており、まだ沢山車が登って来ていた。

ちょっと移動して紅富士の湯というところで入浴。温泉らしさは全くなく塩素の匂いがぷんぷんしているが、とりあえずジェットバスでマッサージしたり、ミストサウナでゆっくりストレッチしたりと体をほぐせたので、まあよかった。あと砂だらけだったので洗い落とさないと気持ち悪くてしょうがないというのもあったし。でも700円は微妙だなあ、1000円オーバーも珍しくないっぽい富士山周辺の温泉にしてはリーズナブルではあるが。

さらに移動して山中湖畔にある小作で夕食。小作は3回目か4回目だが(別の店舗だけど)、いつもベーシックなかぼちゃほうとうを食べているような。野菜がボリュームがあってよい。そして意外と底に沢山のほうとうが隠れているので注意。

帰りの中央道は30kmを超える渋滞。河口湖から上野原まで高速使ったが、大月で下りた方がよかったな。失敗した。上野原で下りるくらいならそのまま渋滞に付き合っても多分所要時間は変わらないが、気分的に渋滞が嫌なので下道に逃げた。下は基本的にスムーズに流れていた。

でもって今日は歩くのが辛いほどではない、ほどよい具合の筋肉痛。腿の前部とふくらはぎと。筋肉痛は翌日に来て、まだ若いということかなあ。

|

« 【バイク練習】ダンロップスポーツマックスジムカーナトレーニング@アクセルモータースクール 2009/09/06 | トップページ | 苗場山に再度登ってみた »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3241/46210215

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山に登ってみた:

« 【バイク練習】ダンロップスポーツマックスジムカーナトレーニング@アクセルモータースクール 2009/09/06 | トップページ | 苗場山に再度登ってみた »