« 草津白根山に登ってみた | トップページ | 「超上流」クソワロタ »

2009/10/18

【バイク練習】ダンロップスポーツマックスジムカーナトレーニング@つくばドライビングスクール 2009/10/18

つくばドライビングスクールでの開催への参加は、前回が2008/10/19だったようなので、ちょうど1年振り(前回も1年振りだった模様)。人が少なめで、一応コーススラロームはクラス分けがあったものの、それ以外、8の字とタイムアタックはいつでも走っていいので実質走り放題だった。タイムアタックも折角の機会なので結構入ってみたが1回転んだ上にやっぱり120%くらいのタイムがせいぜいのところだった。

よく晴れて暑かったが、水分の消費は真夏ほどでなく2l程度で済んだ。日差しが強くて日焼けしたかも。
Pa180006

事前予約が全然集まっておらず2日前時点で20台も居ないようなことがみっちーさんのブログに書いてあったが(11/1@アクセルの開催中止は痛いな…)、参加者はそれなりに居た。40台以上かな。ちなみにぼくは珍しく2週間くらい前に予約しており、開催4日以上前に予約していた8名のうちの一人だった模様。

7時に起きて7時半出発、8時半過ぎ到着で9時の走行開始に間に合わせる、という目論見はあっさり破れ、布団でごろごろしていて8時半前に出発の9時半過ぎに到着。受付のときにクラス分け有無を訊いたら無いかもとのことだったが、結局10時からスラロームコースはクラス分けになった。8の字とタイムアタックはクラス分けの時間に関係無く走れるという素敵なシステム。

ぼくは、前回のD練@アクセル同様、緑クラスにしてみた。初めて参加という本物の初心者も何人か居るとのことだったので。10時過ぎから走行開始で、ちょうどクラス分け後の緑からだったのでちょうどよかった。
Pa180002

でスラローム走ってみて、やっぱり速い集団からは遅れるけど、でも緑の中で一番遅いわけではなかったのでまあいいだろう。空き気味のときは今後他の練習会でも速い方のクラスを走らせてもらおうかな。スラロームで速い人の後ろに付くのは勉強になるし。速い人たちは立ち上がりが異様に鋭いんだよなー。ブレーキングからクリップ手前までは一緒だが、その後の旋回とアクセル開けが全然付いて行けない。

とはいえコーススラロームは今回それほどやらなかった感じかな。実際の時間はともかく、心理的にはコーススラローム1:タイムアタック2:8の字2、くらいの割合で練習していた感じ。タイムアタックばかりやってもやっぱり回転が遅くてどうしようもないので、合わせて8の字をぐるぐる回っていた。

タイムアタックのエリアが前回よりも大分増えている。PCでの編集は面倒なので、今日もらったコース図に実際のレイアウトを記入してみた。
Ccf20091018_00002
校舎側半分のコーススラロームは大分前から変わらないのだが、タイムアタックが徐々に拡張されているみたい。
でタイムアタックのコース図はこんな感じ▼。
Pa180003
スタートとゴールは坂道の上。

人も少ないからかタイムアタックの回数制限など無しだったのだけど、多分最大5人待ちくらいの列だった。

タイムアタックは69秒くらいが一番時計だったみたい(午前の早い時間から同じ掲示だったので、最終的には違ったかも)で、ぼくは81秒前半が1周だけ出て120%以内に何とか入ったが、普通に走ると83秒台半ばで120%にさえ届かない。それにしても115%とかに届くのはいつになることやら。

転んだのは確か14時前、何とかタイム出そうとしていたとき。午前中からタイムアタックしていたけど、やっぱり回転でバイクが立って千鳥走行状態になって明らかに遅いので、そこを何とかしようと8の字で基礎練習したりタイムアタックで実践したりして攻め込んで行ったら、案の定回転に入るところでフロントから逝ってしまった。クリップ付近でスピードも出ていなかったのでバイクも身体もダメージは無し。それにしてもやっぱりジムカーナは危ないなあ。ま、転んだのも自分が下手だからで、このときも確かにフロントにしっかり荷重掛けられていなかったわけだが。

折角ジムカーナっぽい転び方をしたことだし、そのまま頑張ってアタックして、84、83、82、82とかタイムを上げて最後それまでより1秒近くタイムを縮めて81秒前半が出せた。その後何度かアタックしたけどやっぱり83がせいぜい。よっぽど気合入れて攻めて、なおかつミスもせずに走り切らないと120%にも届かない。

そういえばD練ではタイムはスタッフの方々が記録してくれていたのだが、今回は見には行かなかった。前に何度かデジカメで撮っていたが、今回は忘れてしまった。つか、JAGE練のように見易い電光掲示板にその場でタイムが表示されるだけ、記録したかったら自前で、という形式の方が気楽でいいような。

8の字もしつこくやっていたのでタイムアタックでの回転もぼちぼち決まってきたわけだけど、色々基礎練習して試した結果、細かい8の字なんかでもシートポジションはターンの度に律儀に変えないと姿勢が決まらないことが分かった。今まではシートの真ん中に座って基本リーンウィズのイメージだったのだけど、やっぱりオフロード車の乗り方で外側シートの端に座ってリーンアウト気味の方が操作がし易い。

そんな感じでシートの上でお尻を激しく左右に動かしていたので、今日も会陰部がひりひりするのであった。

15:15に走行終了だけどそんな感じでがんがん走っていたら疲れてしまって15時ちょうどくらいには片付け始めて15時半には撤収。谷田部から高速乗ったが、やっぱり谷和原辺りから渋滞気味になってしまった。4km10分とかの表示が出ていた。けどそれほど酷くはなかったので、途中20分ほど買い物しても家には17時くらいには着いたかな。お腹空いたので早めにご飯食べて、ジムに行く余裕もあった。身体ほぐしてすっきり。

あ、そういえば、バイク乗っていなかった期間に減ってしまったリアタイヤを交換するついでにOUTEXのキットを使ってチューブレス加工したのだった。ちょっと失敗してテープが曲がってしまった部分があったが、特に空気漏れもなく無事に作業出来たっぽい。
P9270007
テープはあまり引っ張りながら貼らない方がいいみたい。

実はチューブタイヤをいじるのはこのときが初めてで、リムバンドなるものを見たことがなかったので、あれチューブレス加工してあるんじゃん、とか最初思ってしまったのだった。
P9270006
▲黒いゴムがリムバンド。引っ張ればそのまま簡単に取れる。

で、乗ってみての感想なのだが、違いが分からない、と。まあ、そもそも鈍感だし、このバイクで新品タイヤ初めてだから新品タイヤ効果との切り分けも出来ないし。

それにしてもリアに比べてフロントタイヤの減りが遅い。今シーズン中の交換はなさそうだな。早くフロントもチューブレス加工してしまいたいのだが。

|

« 草津白根山に登ってみた | トップページ | 「超上流」クソワロタ »

motorcycle」カテゴリの記事

コメント

回転進入でコケちゃいましたか
進入は突っ込みすぎない方がいいかもです
沈んでいるフォークを、荷重の掛けずらい極低速でリリースしなきゃならないというのが回転の難しい部分だと思うので、Fブレーキは手加減して入った方が速かったりします
がっつり沈み込んだままいこうとして、旋回速度を上げたつもりが回転半径も大きくなってタイムは落ちるとかよくあります
旋回速度があがると体感的に速いのですっかり騙されたり・・・

回転中の目線は地平線くらいの高さで、イン側の肩をダラっと落す感じで、リーンアウトがいいかもです
私は、このやり方を教えてもらって2%近くタイムうpしました♪

投稿: hota | 2009/10/19 09:16

> hotaさん、
コメントに刺激もらって色々考えてみたのですが、前段については、ぼくの今目指していて練習している走り方とはイメージが違うのかも、と思いました。

ぼくが「回転の難しい部分」と思っているのは進入の後、ハンドルフルロックにするところ、そしてロックさせたままバンク角もキープしながらくるんと回るところ、です。特に後者、ロックさせつつバンク角キープというのが上手く出来ずに、バイクが立ってしまってゆっくりしか回れないというのが現状で、それをどうにかしようと8の字で色々試しているところです。

確かに想定されている通り進入でフロント握りゴケな感じだったんですけど、あまり進入で突っ込もうとしているわけではなく、その後の行程にどうつなげるかということしか意識していなかったです。で、それがちゃんと出来ていれば、ポジションも適正で、適切に荷重も掛けられているはず、したがって進入で転ぶこともない、と。

進入でのスピードとその後フルロックしてからの回転のスピード(「旋回速度」と書かれているのはそこでしょうか)はぼくの中ではあまり結び付いていないのです。というか、今のところ前者をどうにかしようとは思っていなくて、フルロックしてからどう効率的に速く回転するか、というのが肝かなあ、というか自分の課題がそこにあると考えています。

後段の、回転中の姿勢は、この日練習していたイメージと同じでした。「イン側の肩をダラっと落す」っていうのはセルフステア利くようにハンドルに無駄な力を加えないようにということでしょうけど、確かに意識的に手を下の方に持って行くようなイメージの方がいいのは8の字やっていて感じました。目線はまだあまり意識していなくて近いところ見ていた気がするので、今度遠くに目をやるようにしてみます。

今度の日曜(10/25)は、ガッツ木更津がまだ走れなければ、ぼくも河川敷行こうかと。…と思ったらhotaさんは桶川で大会出場ですね。んー、知ってる人が誰も居ないところでリアウインカー取れた車検切れ車両をトランポで持ち込むのは気が引けるな…

投稿: ressenti-man | 2009/10/19 22:57

回転はなるべく早くベタ寝かしにしないとハンドルがきれてバイクが起きてしまう
と上手い人達は言ってますし、たぶんそうだと思います
まずは寝かすことから始めろとも言われた記憶があります
舵角に頼ると早いタイミングで壁がくるらしく、寝かすことから入る方がマシみたい
私はフルロックにしないのでよくわかってないんですが・・・

フルロックですが、SMでないDRZだと切れ角が多すぎかもしれません
C1の某ピタハハさんもSMでないDRZですが、乗らせてもらったら切れ角は明らかに減らされてました
最近はSMの方のDRZも切れ角を減らす方向のようです
切れ角を減らす理由は旋回速度の向上みたい
実際、乗り手と切れ角の相性が合うと速いです

回転で視線を地平線にするのは効きます
こんなことで変わるのかと、目から鱗でした

人によっては、回転進入時に回転する方向を見ずに入り、寝かしながら視線を回転する方向に移すとうまく入れたりするそうです
この辺は好き好きみたいですが・・・

河川敷は、ナンバーとかライトとかついていて、ぱっと見公道車っぽければOKと思います
25日はトランポエリアは空いていて止めやすそう

投稿: hota | 2009/10/20 00:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3241/46519741

この記事へのトラックバック一覧です: 【バイク練習】ダンロップスポーツマックスジムカーナトレーニング@つくばドライビングスクール 2009/10/18:

« 草津白根山に登ってみた | トップページ | 「超上流」クソワロタ »