« 【バイク練習】ダンロップスポーツマックスジムカーナトレーニング@つくばドライビングスクール 2009/10/18 | トップページ | ノンコアvsコンテキスト »

2009/10/22

「超上流」クソワロタ

訪れる人もまばらな弊ブログにおいて1日平均10アクセス近くと、何の間違いかGoogle先生に気に入られたため(その言葉で検索すると無駄に上位にヒットする。実際その検索で来る人が多い)やたら人気のある2年前に書いたFTEについてのエントリー同様、IT業界における仕事の愚痴シリーズ。

上流下流というのは仕事の流れの話で、IT業界だと一般に、業務要件定義や分析・設計とかのシステム開発の初めの方にやる作業を上流工程/フェーズ、コーディングやテストなどの作業を下流工程/フェーズ、と呼ぶ。大体詳細設計辺りが分かれ目かなあ。大枠決めるのが上流、それに従って粛々と作業するのが下流、みたいな。

ただ、これはデリカシーのある人ならあまり使わない用語、と思う。上が偉くて下はそれに従う、という含意がどうしてもあるため。少なくともぼくは留保を置いて使うようにしている(例えば「いわゆる上流」とかいう言い方をする)。本当に分かっている人は、コーディングなどの作業においても独自の創造性が必要で、それがその領域における生産性に大きく寄与するもので、それ無しにはITシステムが形にならない、ということを理解しており、自分が上流だ、やつらは下流だ、とかいう意識は持たないはずだから。

でまあそういう繊細さやまともな理解の無さそうな、ぼくの勤め先に最近中途で入ったおっさんとの打ち合わせで言い放たれたのが「オレは前職ではこんな下流の仕事なんてやったことない。(というのはオレのやっていたのは)超上流ばっかだから」とかいうお言葉。んー、今回対象になっている案件も、個別プロジェクトに落ちる前の、システム(ほぼ)全面再構築に当たっての次世代システム基盤の構想策定、というようなもので、通常考えるとかなりの「上流」なんだけど…

中長期IT構想策定、IT組織の改革支援、とかがおっさんが「超上流」の仕事としてやったものの例らしいが、所詮IT絡みじゃん、とは思う。ITコンサルなんかより、BCGやマッキンゼーのような戦略コンサルあるいはビジネスコンサルの方が本当の「超上流」だろうが、なんだかもう、自分で「超」とか付ける時点でそういうまともな比較とは無関係な絶対的な領域に行っているんだろうな、という。

と、ここで気になってぐぐってみたら、IT業界における「超上流」の用例があった。その筋ではそれなりに一般的なものっぽく幾つか関連ページがヒットするが、とりあえずここ→「超上流」を成功させる17ヶ条 - 記者のつぶやき:ITpro

要件定義以前のフェーズ(システム化の方向性,システム化の計画,要件定義)を「超上流」工程と定義

というのに従うと、今回の案件はやっぱり「超上流」に他ならないなあ。業務・アプリドリブンかインフラドリブンかは問わずにシステム化構想・計画(共通フレーム2007で言う1.4企画プロセス)の作業を指すようなので。それにしても要件定義も「超上流」に入るのは解せない。そこは普通の「上流」なのでは。ま、何にせよおっさんの「超上流」感覚はここで触れられているIT業界の議論からも浮いている、ということで。

ところでそのおっさんの出身母体である某社から中途で入る偉い人たちも最近多いんだけど、どれもいかがなものかという感じ。つかシャチョーにしてからがそこから来ており、或る部門のヘッドもシャチョーが某社の旧知の人間を呼んでいて、今回のおっさんはその或る部門のヘッドの直下に居るっぽい。「どれもいかがなものか」ってシャチョーと或る部門のヘッドが主な事例なのだが。ついでに、ぼくの元上司も同じ会社から来た人だが、別の意味で少しおかしい人だった。1年ほどで別部署に飛ばされてよかったが。ともあれ会社としてあまり上手く行っていない某社から幾ら人を引っ張ってきてもダメだろう、と思う。

それにしても、自分で好きに仕事進められたここ数ヶ月と違って、阿呆なおっさんに無駄に気を使わなければならない数ヶ月が来ることになりそうでやだなあ。つか前にFTEにかこつけて愚痴ってから前職辞めたのと同様、そろそろこの会社も潮時だろうか。2年間は勤めたいとは思うのだけどな。つまり、最低、来年2月まで。

ちょっと戻るけど、例えばGoogleとか、上記の上流/下流で言うと下流工程の塊りみたいなもんなわけだ。上流偏重、上流に移りたい、プログラマー→システムエンジニア→コンサルタント、みたいなステップアップ論て日本の腐ったSI業界特有のものなのだろうか。アメリカでは高収入のプログラマーも一定数(相対的な比率として日本より多く)居たりするみたいだけど。まあ、まともにプログラムの書けない底辺プログラマー(そんなのがごろごろしているわけだが…)は現状の収入で十分とは思うけど、日本にも居るはずの一部の有能なプログラマーは金銭面でも正当な評価を受けるべきだろう。

…とようなことをしばらく前に書いて寝かせてあったんだけど、結局件のおっさんとの案件はお客様都合でぽしゃりそうなのであった。その後一度会う機会があったのだが、やっぱりおっさんとその上司はぼんくら感満載なのであった。2ちゃんによるとシャチョー交代も近いようだが、併せて某社関連のおっさんどもも居なくなって欲しいところ。

|

« 【バイク練習】ダンロップスポーツマックスジムカーナトレーニング@つくばドライビングスクール 2009/10/18 | トップページ | ノンコアvsコンテキスト »

system engineering」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3241/46347244

この記事へのトラックバック一覧です: 「超上流」クソワロタ:

« 【バイク練習】ダンロップスポーツマックスジムカーナトレーニング@つくばドライビングスクール 2009/10/18 | トップページ | ノンコアvsコンテキスト »