« 【雪山記録】平標山 2010/01/17 | トップページ | 【雪山記録】かぐらスキー場 2010/01/30 »

2010/01/24

【雪山記録】志賀高原焼額山スキー場 2010/01/23

例によって土日雪山の予定だったのだけど、昼前にボードで左足首捻ってしまい痛くてもう滑れないので撤退。タダの捻挫だといいんだけど。

例によって写真とかTwilogから。

この写真は光の都合でか、妙な感じに写っていて面白い。10時半過ぎ、ヤケビ1ゴン山頂駅付近から。

天気はこの後また曇りで小雪も舞って来たりした。日が出ていたのは少しだけで、基本高曇り。

ツイッターで書いた通り、前夜22時半に出発、2時少し過ぎに着いた。志賀高原への登りはいい具合の圧雪で登り易かった。いつも通り、焼額第1ゴンドラをベースに。

9時起床、10時に最初のゴンドラに乗車。まずはボードの練習したかったので、ボード。ルーフボックスから取り出したところで、ソールに思いっ切り傷が入っていることに気付いてしまった。
P1230001
この前のかぐらでやってしまったのだろう。良いソールなのに勿体無い。

1本目、エキスパートは閉鎖していたのでオリンピックへ。隣から見たらエキスパートも普通に滑れそうだったけど。オリンピックはコース脇に20cmくらいのもさもさの新雪があるところも。けど概ねカリカリの雪面。今週暖かくなったときの影響だろう。

そういえば今日もやたら暖かく感じた。15時半過ぎの帰り、高天原の辺りで-5度の表示だったけど、朝方もせいぜい-10度くらいだったのかな。寒波の効きがいまいちだったみたい。

2本目、ゴンドラ山頂駅の表示を見たらエキスパートは視界不良で閉鎖ということだったので、視界があるならいいんじゃねということで入ってしまった。20cm弱の新雪の下にガリガリの雪なので、急斜面のところは楽しくはないが、非常に練習になる。一番急なところもこういう悪い状態でもきれいにターンをつないで降りられるようになりたいものだ。今のところ、すっぽ抜けて尻餅付いたりばかり。

金曜にツイッターで書いた通り、この日はミドルコースは三浦豪太モーグルキャンプとやらで貸切だった(そういえばモーグル板持った人をゴンドラで何度か見掛けたな)けど、エキスパートからパークの方には普通に滑り込めた。ミドル連絡コースとの合流までコース幅の半分使っていた。

エキスパートを滑ってパークに入ってキッカーの練習、というルーティンを回す。

パークの最後のステップアップはシェイプを整えたのか、この前より飛び越し易くなっていた。この前はかなり上手く踏み切って上に飛ばないとコブにぶつかってしまったのだけど。あとウェーブも伸びていて、ステップアップ飛んだ後のところにもコブがあった。

ステップアップの方は上手く行くこともあったのだが、上のキッカーが全く上手く行かない。この前はぼちぼちちゃんと着地出来ることもあったのだが、完全に退化してしまった。

Salomon Burnerはソールが、まあ既に傷があるけど、いいやつであまりダメージ与えるのは嫌なので、ボックスには入っていなかった。けど、前回の経験からボックスで着地の感覚を練習するのがキッカーの着地にも効くような気がするので、入ってみたのだけど1本目からやってしまったのだった。

ボックスに斜めに乗ってしまい、そのままリカバリー出来ず着地も全体的に捻れた姿勢になっていた。着地で左足首にテンションが掛かり、そのまま転倒。ボックスからのアウトで体勢を整え直せればいいんだけど、まだそういう動き方のボキャブラリーが無いというか神経が繋がっていないというか。結構痛くて、すぐには立てなかった。けどポッキリ行っているわけではないようで何とか動けるので、そのまま滑って車まで戻った。

敗因は当然技量不足が一番だが、長い板(Salomon Burner 162)だったのもダメージを大きくしたかも。板の遠いところで引っ掛かって、短い板(Elan Mantra 153)より大きな力が加わったように思う。どこがどうなったのかよく覚えていないが(ノーズのどこかが逆エッジっぽく雪面に引っ掛かって、前に行こうとする体と固定された足、って感じになったのだけど)、あれれ、そんなところからそんな風になっちゃうの、と感じた。

ただ、メーカー最高機種の一つであるSalomon Burnerの方がElanの初級板よりフリーランは格別に気持ちいい。ゴンドラ下りてからの緩斜面でのカービング(笑)とか、エッジグリップが断然上なので、自分のトラックを振り返ってエッジの一本線が残っているのを見てご満悦だった。

何にせよ当分はパークに入るときは短い板にしておこう。面倒がらずにビンディング付け替えよう。

痛みが引くかなと思ってとりあえず車で昼寝をしてみたが、2時間後に起きてもやっぱり痛くて、トイレに行くときもビッコ引いている状態だったので、もう一度滑るというのは諦めて帰途に就くことに。温めるのはまずそうなので温泉にも入らず、ドラッグストアで湿布を買うだけでそのまま真っ直ぐ帰って来た。

帰路は関越練馬から外環美女木まで渋滞で、自宅の辺りまで4時間ほど掛かった。

やったときの痛い度は3年前の八海山での左膝より大きいが、動けない度は今回の方がマシかも。左膝やったときはその後も滑ってしまったが、今回は一応安静にしていたのがよかったのか。このまま痛みが引くといいんだけど。けどヒビとか入っているかもしれないから、一度医者に診せた方が安心ではある。明日救急外来行こうかな。

|

« 【雪山記録】平標山 2010/01/17 | トップページ | 【雪山記録】かぐらスキー場 2010/01/30 »

snow」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3241/47372927

この記事へのトラックバック一覧です: 【雪山記録】志賀高原焼額山スキー場 2010/01/23:

« 【雪山記録】平標山 2010/01/17 | トップページ | 【雪山記録】かぐらスキー場 2010/01/30 »