« 【雪山記録】磐梯山 2010/02/13 | トップページ | 【雪山記録】志賀高原スキー場 2010/02/20 »

2010/02/16

【雪山記録】安達太良山 2010/02/13~14

13日の磐梯山が思ったより遅くなってしまったけど、予定通り雪山キャンプ演習。
翌日14日は振子沢?滑降。
Track_map20100214adatara

磐梯山から1時間ほどであだたら高原スキー場まで移動、17時着。荷造りをして17:50に登高開始。荷物が重い。55+10Lのミレーのバックパックには入り切らなくて、25Lのモンベル(ゼロポイント)のバックパックを亀の子状態で付けて、そっちに滑走用具とかを入れた。んー、荷造りが下手なのか、荷物が無駄に多いのか。
P2140020
▲翌日帰ったときに撮った写真だけど、こんな感じ。

汗を掻くと後が辛いので、ゆっくり歩く。馬車道でなく旧道を行ったが、ごく一部を除いてシール登高に丁度いい斜度。そのごく一部は他のスキーでの登高者も辛かったのかメインの通路の横にジグを切ってあったのでそっちに行ったり。

ちょうど2時間、19:50に予定の場所である篭山直登ルートとくろがね小屋経由ルートの分岐点近くに着いた。標高差300m、距離3kmほどにしては時間掛かったなあ。荷物が重いとこんなにスピードが落ちるのか。
Track_map20100213adatara
▲初日のトラック。

適当に整地してテントを張る。この前買ったニッピンのメスナー5050、2-3人用を本番初投入。つか雪山テント自体初。整地はもっとちゃんとするんだった。20時半くらいに荷物が落ち着いて、とりあえずお茶。次に食事。乾燥玄米の雑炊だが、小分け袋には作り方が書いていなかった。適当に煮込んで食べる。星空がきれい。

食事も済んだ22時くらいになると風がものすごくなってきた。ごーごー言っている。テントは樹のおかげかドライエッケンシステムのおかげか、問題無い。

23時には読書を止めて寝ようとしたが、寒さもあってか眠くならない。たまにうとうとするがすぐに起きてしまう感じ。1時と3時には明らかに目が覚めた。時計(Protrek)に付いた温度計で確認したら-8度くらいだった。

服装は、インナーの上にインナーダウン上下と、上はさらにモンベルライトシェルジャケットを着ているが(あとジッポーハンドウォーマーを足先に置いておいたが)、寒い。寝袋(ナンガオーロラ600DX)のスペック上(快適使用温度(カタログ値):-14℃以上)は余裕のはずだが。インナーダウン上下でプラス100gのダウンだし。スリーピングバッグカバーも一応持っていたが、使わなかった。使えば快適に寝れたかな。つかやっぱり寒がりとしてはオーロラ750か900にしておけばよかったか。

あと荷物は無駄に多い面があったのは確か。スリーピングバッグカバーは必要と言えば必要だけど、上記ライトシェルジャケットは無しでハードシェルで外もテント内もこなすというのもありだし、ガスボンベを2本持って行ったけど満タンのを1本でいいし、汗を掻いてしまったときに備えてインナー一組とソックスを持って行ったのは無くてもいいし。ラジオを持って行って、これはまあ必要だが、以前バイクツーリング用に買ったもので、異様に重いことに後で気付いたので軽いやつにしたいところ。それにしても今の55+10のバックパックだと荷物全部入れられる気はしないのだけど。

7時くらいに明るくなって目が覚めた。8時前にもう下山する人の声が。くろがね小屋泊かな。8時過ぎに起床。外を見たら青空。食事作ったりしていたら早くも登って来る人もちらほら。まあ7時くらいに出発すればそんなもんか。朝食はチキンラーメン。
P2140016
▲9時前。青空が覗いている。

9時半に出発。分岐を左に逸れて篭山を目指す。テントは張ったままでランドナーパックだけで出たので荷物は軽いが、疲れが溜まっているのか足が重い。しばらくしたら曇って来てしまいモチベーションもいまいち上がらない。篭山に登って行く途中で二人組が滑って来るのに出会ったが、篭山直下はトレースが見当たらない、つかあってもすぐに風で消されてしまうだろう。流石に上の方は風が強い。峰の辻まで標高差300m弱を1時間ほど。

矢筈森山頂と東の岩との間から下りている沢状で、すわデブリかと思いきや人為的な雪ブロックだった。
P2140017
ここにテントを張ったのだろうか。

矢筈森へのエントリーがよく分からずしばらくうろうろ。登山道は稜線の西側に付いているみたいだけど、登ると風が強いので少し戻って適当に岩の間を行く。ドロップ出来そうなところを探して、スキークランポンで慎重に横歩きで降りて、岩陰で滑降準備。11:10。

振子沢は誰も滑っていないみたいでノートラック。「振子沢」については上部は二つに分かれているが、一般にはぼくが滑ったのでない南の方(左俣?)を指すっぽい。2/15にTwitterで幾つか関連エントリ書いたのでTwilog参照

斜度が結構あるので一応ピットを掘った。吹き溜まりが15-20cm、これは弱くて簡単に崩れる(スパッと切れる感じではないが、数度叩くと破断)が、その下はがっちりとほぼ氷。雪崩たとしても表面だけだろう。
P2140019
▲80cmくらいしか掘ってないけど。

11:40滑降開始。とりあえず表面が崩れるかカット気味に滑ってみるが、吹き溜まりの雪はやはり重く崩れる様子は無い。なのでノートラックのフォールラインに。だけどやっぱり氷と吹き溜まりで厳しい。真っ白で斜度の感覚も掴めない。というところで吹き溜まりにスキートップを取られ、頭から突っ込んで転んでしまった。
YouTube - 安達太良山 2010/02/14 その1

その後もいまいちの滑り。くろがね小屋が見えたのでそっちに向かった。何やらポールが立ててある。やばそうな雰囲気だけどどうしようもないのでそのまま下りたら、小屋の人がちょうど出て来ていて、立入禁止地帯との注意を受けた。くろがね小屋手前でも何故か転倒。
YouTube - 安達太良山 2010/02/14 その2

その先ですれ違った人と、ちょうどぼくが登りのところで止まっていたこともあり少し話したが、なにげに小屋番の方だった。道理ですごい荷物背負っていたわけだ。で、正しいルートは小屋の方に下りるのでなく、上に分岐があってそこを左に行くらしい、ということを聞いたが、後で考えるとこれは振子沢左俣?を滑ったときの話かな。ぼくが滑った方は上に上がれるように思えないけど。

その後は平地を漕ぎながら滑るけど、これはこれで快適で気持ちいい。晴れてきたので景色がいいし。
YouTube - 安達太良山 2010/02/14 その3

もうすぐかなと思ってGPS確認したら、テント張ったところをさくっと行き過ぎてしまっていた。登山道のすぐ脇に張ったつもりなのだが、意外と見えない。まあお陰で荒らされたりせずによかったのだが。12:15。

お茶を飲んだあとテント撤収、荷造り。で、さらに下山。13:15。余裕があったらもう一度登ろうかと思っていたけど、疲労の蓄積がかなりあったので断念。

荷物担いでの滑りは辛い。荷物も雪も重い。馬車道なら広いからプルークボーゲンでこなせるけど、あえての旧道。細くてボーゲンも出来ないので脇のツリーに入って何とか凌ぐが、バランス崩さないようにするので精一杯。1ターンごとに止まる感じ。

けど、最後少しスキー場のコースを滑ったが、初級者コースで緩かったのもあるが、そういうところだと結構快調にショートターンなど決められる。山だと好きなところでターン出来ないから重荷を背負ってだと辛いな。今回くらいの荷物を背負ってコブを滑る練習とかすればいいのだろうか。

13:40に車に帰着。

駐車場にリフト券が捨ててあったのでありがたく頂戴して、食事してから14時半から小一時間ほどスキー場を滑る。山での不甲斐無い滑りから、スキー板Bandit B83にもう少し慣れたいと思ったところでちょうどよいバレンタインプレゼント。

一本ゴンドラ乗ったが上部は氷で楽しくない。下部が雪も緩んでいて快適なので後は下のリフトで遊ぶ。スキー場はやっぱり楽だ。久しぶりにカービングっぽく飛ばしたり、パークもあったので小さいキッカーを飛んでみたりした(2Wayの小さい方、4mくらい?)。板は意外としっかりしているので、もっと信頼してもよさそうという感触。ブーツ、BD Factorも、脛のバックルをきつ目に締めればいいのか。前後にルーズな気がしていたのだが、思いっ切り締めればそれほど気にならなくなる。

この日は板が傷だらけに。一つは矢筈森で。もう一つはスキー場でツリーに入ろうとしたら岩があって踏んでしまった。分かっていたのになあ。

15時半過ぎに上がって、岳の湯で2日間の汗を流す。気持ちいい。やっぱりここは最高。客はやたら多い。けどお湯が熱くて回転はいいので、浴槽はそれほど込み合わない。みんなスキーの後のような感じ。意外と人気だな。

その後、何度もこの周辺には来ているのにタイミングが合わずに入らなかった成駒(食べログ)でソースカツ丼。ボリュームがある。おいしい。付け合わせの漬物も含めて、味付けは濃いのでガッツリ行きたいときには最適。

帰りの東北道は快適。車は多いけど120くらいで流れており渋滞は無い。面倒なので外環まで使って自宅まで2時間半ほど、20時過ぎ帰着。

|

« 【雪山記録】磐梯山 2010/02/13 | トップページ | 【雪山記録】志賀高原スキー場 2010/02/20 »

snow」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3241/47569041

この記事へのトラックバック一覧です: 【雪山記録】安達太良山 2010/02/13~14:

« 【雪山記録】磐梯山 2010/02/13 | トップページ | 【雪山記録】志賀高原スキー場 2010/02/20 »