« Black Diamond FactorのBootboards強化され過ぎワロタ | トップページ | 【雪山記録】かぐらスキー場 2010/03/26 »

2010/03/23

【雪山記録】志賀高原焼額山スキー場 2010/03/20~22

ひたすらヤケビ第3高速でキッカーとコブの3日間。これでなんとか10日券使い切った。

■3/19金曜
家を出るのが22時を過ぎてしまった。飛ばし気味で3時間ちょっと、1時半過ぎに到着かな。道は空いていた。志賀高原への登りの峠道の路面には雪は全く無い。周りの雪壁もかなり淋しい感じになっていた。

■3/20土曜
8時半に暑くて寝てられなくなって起床。快晴。
Share photos on twitter with Twitpic

10時に滑走開始。春=パーク、ということでボードでキッカーの練習。1本オリンピックを滑り降りてからはひたすら第3高速で上から下までパーク。

前のスキーの動画同様、ワイドボックス、テーブルトップ、(レールは無理なのでパス)、斜面の2WAYキッカーの小さい方(3WAYから一番小さいのが一つ減っていた)、ナローボックス、2WAYキッカーの小さい方(大きいのが隣に増えていた)、スパイン、ポコジャン&ドラム缶、ドラム缶、ステップアップキッカー(隣にウェーブ。あまりに混んでいるときはそちらへ)、という流れ。

そういえばボードでボックス入るのは捻挫して以来初、2ヶ月振りだわ。特に問題無くクリア出来た。真っ直ぐ抜けるだけだけど。

キッカー、最初のテーブルトップと最後のステップアップは雪がぐさぐさでブレーキ掛かるため、かなり手前から勢い付けて行かないとちゃんと飛び越せない。斜面のキッカーが飛び易いというか飛んだとき達成感がある。ちゃんと立てたのは7割くらいかな。上手く行くと殆どショック無く着地出来るのだけど、まだたまに後ろに体重が行ってしまって尻餅付いてしまうことがある。他は9割くらいの成功率。

12時半くらいに昼食休憩。

真昼間、ザクザクの雪でコブの練習しようと思っていたが、やっぱり食べたら眠くなって昼寝。起きたら14時近くだった。まあいいや。それにしても、YASUHIRO先生みたいに、何でも全力投球というわけに行かないもんだ。

14時再開。やはりスキーでも1本だけ第1ゴンドラでオリンピックを滑った後はひたすらミドルコースでコブ。

あ、そういえばエキスパートコースは閉鎖していた。岩が出まくり。
P3200003
3日間とも同じ状況。たまに入っている人が居たし、特に月曜は前日の降雪があったので結構トラックがあったが、どうなんだろ。ぼくはもう全く興味無しだった。

でもってミドルのコブは期待通りに育っている。200mくらいかな、前半100mくらいは斜度が少しあってたまにピッチが変わったりの自然コブっぽい感じ、後半は緩い斜度(15度とかかなあ)で人工モーグルコースみたいに2ラインほど整ったコブが並んでいる。

この日は今シーズン初めてA08を引っ張り出してきた。中級オールラウンド板なわけだが、使い道が無いかと思ったがコブ用として生き長らえられるかも。センター70mmでトップもほどほどな太さ、長さは扱い易い168cm、柔らかいフレックス、とコブ向き。パークに合流してからはそのままアイテムもこなした。真っ直ぐボックス抜けたりキッカー飛んだりだけ(しか、そもそも出来ないけど)ならツインチップでない板でも問題無い。

短い板(Freeline Track)は、多分初心者がコブのリズムを掴むにはいいんだけど、短いだけあって制動力が無いし、板を縦にするとトップが刺さったりするので、ある程度から先に行こうとすると不向きで、やはり普通の板で滑った方がいいように思った。

コブは、流石に上から下まで通すのは無理だけど、調子が良ければ途中1回の休憩を挟んで上から下までラインを外さずガンガン下りることも出来た。ただターンの質は明らかにイマイチで、ちゃんと雪面を捉えられていなかったり。

16時くらいになると気温が下がって雪面はカリカリに。でも前回は15時くらいにそうなったから、この日は2時間緩いコブで練習出来てラッキー。けど疲れもあって、この辺りでこの日スキーで初コケ。後半の緩い部分も通すのは無理で、50mくらいで腿がパンパンになって抑えが効かなくなりコースアウトしてしまう。が、そういう状態でこそ練習、ということで、16:45のリフト終了まで(最後リフトに乗ったのは16:40)。充実した一日だった。

この日は久し振りに(ボード始めた当初はよくしていた)、ボードでもスキーでも、プロテクターフル装備で付けて行ったのだけど(上はセーフティジャケット、プロテクションパンツ、ニーシンガード。全てコミネ)、結局冒険は全くせず、ストレートジャンプと50/50ていうのかな、ボックスとかを真っ直ぐ何もせずに抜けるの、だけだった。

麓に下りてエフバイエー中野で運動&風呂。

■3/21日曜
▼朝、ガスの向こうの岩菅山。
Share photos on twitter with Twitpic
手前の雪が汚い。

8時半起床、10時ボードで滑走開始、第1ゴンドラ一本乗ってあとはひたすらパーク、と前日とそっくり同じ。前日は暑くて起きたけどこの日はそんなことは全くなく、むしろ寝袋1枚で寝ていたので少し寒い。

11時前に少し雪が降って来たがすぐ止んだ。高曇りな感じで、岩菅山山頂はガスで見えないが第3高速の辺りはガスも掛かっておらず、まずまずの状況。寒くなるということだったが、午前中はそれほどでも。風も生暖かい感じ。

キッカーの調子が悪い。上の2WAYをきれいにランディング出来たのが殆ど無い感じ。立てたのが5割。他のキッカーもいまいちで、一番上のテーブルトップも殆ど手を付いたりしてしまった。板をちゃんと前に向けるのが出来ていない感じ。体が逃げている。その辺りは昨日でクリア出来たと思ったのだが。疲れかなあ。

ボックスも前日はノーミスだったのだが、この日はワイドで一度斜めに入りボックス上に尻餅。

12時半に昼食休憩。昼寝もして14時に再開。スキー、やっぱり昨日と同じくA08でコブ。

その前に、昼寝している間に雪になった。ミゾレっぽいのが降っていて、滑っているとき当たって痛い。バラクラバすればよかったか。

スキーで最初の一本はスーパージャイアントスラロームからパークに上から入った。気温が低いため、キッカーのランディングが固くてきつい。

その後はずっと第3高速。コブも固くて最初の100mは全然ラインキープ出来ない、というか2-3コブで止まったりライン外れたり。ガリっと来ると怖くて体が伸びてしまい、なおさら吸収動作が出来ない、という典型的な初心者の症状。この日見掛けたID Oneの板履いたそれっぽい人はそういうところでもさくさく降りていたので、固い雪でもちゃんとコントロール出来るはずで、技術の問題。

後半は、斜度が緩いのと、コブのリズムに慣れたこともあり、昨日同様に50mがデフォルト、頑張ると最後まで滑り切る、という感じ。ただ、縦には行けずにかなり横に振って何とかラインキープする感じ。同じような人が多いのかラインは大分横に広くなって行っていた。

スキーでのキッカーは、5mクラスでのストレートジャンプならほぼ完璧かも。アプローチでのスピード調整、スピードに合わせた踏み切り、安定した空中姿勢からランディング、という感じで教科書通りに出来ているような気がする。ま、これも動画でも撮ってみないと分からないけど。

それにしても、スネークイン、つか横入りあるいは割り込みしたりパークアイテムの流れを分かっておらずアプローチの動線に入って来たりするスキーヤーが多過ぎる。ボーダーは初心者だろうとパークの文化に少しは触れているだろうからか、そういうことはあまり無い。

一度ナローボックス~キッカー~スパインと通そうとしたとき、キッカーの下で溜まっていた奴らの一人が滑り出して、ぼくの直前でスパインに入りやがった。逆の方に逃げたが、方向転換し過ぎてフラット落ち気味でランディングして脛が痛い、つか下手したら骨が折れる。まあ飛ばずに止まればいいという話もなくもないが。

この場合は滑り出す前に上確認しろってだけの話で、実はパークなど関係無いスキー場の普遍的なルール。アイテムの横入りは、上で溜まっている集団が居たら普通は何かあると思うだろう。これも、ちゃんと周りの状況確認しろ、空気嫁、って話。これらが出来ていないスキーヤーは、コース上で座り込んでいるボーダーを批判する資格など無い。

今日も小耳に挟んだが、ボーダーが危ないとか何とか今だに言っているスキーヤーが居る。独断と偏見だがそういう古くて間違った認識の奴らが上のような迷惑行為をしている。すげー古い流行語でいうオバタリアン、万年中級のおっさん、昔流行っていたのでちょっとやったことがある的な親に連れられた家族連れ、というのがよく見るパターン。頼むから、つか、スキー場で遊ぶ上での当然の義務として、最低限のルールとマナーを身に付けろ。

16:40のリフト乗車で終了。16時になると雪のために人が大分減って、練習するには快適な環境だった。

やたら救急車が。上がるときにも奥志賀へ向かって行っていた。

いつものスポーツジムは営業終了が早くて休日は使えないので、渋温泉で入浴。いつも一人だけど今日は途中で一人入って来た。比較的すぐに出て行ったので後は一人でのんびり。

■3/22月曜
結局夜中から朝までの降雪は殆ど無し。ヤケビブログによると10cmの降雪だそうだが、そんなもんかな。
Share photos on twitter with Twitpic

前日までよりちょっと早め、9:45くらいには出た。気分変えてスキーから。気温が低くてカリカリが予想されたがそれだとボードでは辛いし。板はこの日もA08。

第1ゴンドラに乗ってまずはオリンピック。それなりに雪質はよい。そしてやっぱり朝一の整地をかっ飛ばすのは気持ちいい。とはいえ次からまた第3高速オンリーなわけだが。

第3高速の1本目はポールの方に行ってみた。10時頃、まだそれほど掘れていなくて気持ちいい。GSは何となく滑れるけど(別に速くはないが)、SLが難しい。旗門をこなすのがようやくで、ブレーキング要素が多過ぎてしまう。

その後はまたひたすらミドルのコブ~パーク。最後のステップアップキッカーが、相当高く飛ばないと飛び越せないようにリップの位置が変わっていた。そういえば昨日トビスギなのが多かったからかな。危ない感じのが結構居た。この日は逆に飛ばな過ぎて感覚が掴めず、最初2本は飛び越えられず頂上に当たってしまい、2本目は大した衝撃でもないのにスキーも外れて右肩と右腿を打った。痛い。その後も、飛び越えるのがようやくという感じ。午後のボードでは一度も飛び越えられなかった。

スキー板外れたのは、やっぱりビンディングが信用ならないな。A08は板とセットのビンディングで、DIN値10までのを9に上げてあるのだけど、同じ9くらいに設定してあるScratch BrigadeのAXIAL2(解放値14まで)に比べて、通常の脱着のときの抵抗も小さ過ぎる。余計なところで外れて膝を怪我したことがあり、今回も危なかったので、出来るだけ外れないようにしたいんだけど。外れないで危ない思いをしたことは今のところないし。

コブの滑りはなかなか順調。10時半くらいからは緩んで来て練習に最適。一度だけ、コブのラインが切れ気味でちょっとトラバースした以外は上から下まで通せたことがあった。調子に乗った次のランでは3コブ目で転んだりしたわけだが。けど、概ね、気合を入れて行けば80mくらいは連続して滑れる感じで、下部のラインをほぼ通せる。下部の100mに20m足りないが、大体いつも残り少しで抑えが効かなくなってしまうという。

ポールは、今110cmだけど、やっぱりコブやるなら105cmでもいいな。なお身長は172cmちょっと。手持ちで使っていない115cmのをカットするか。カーボンのだけど、確か自分でカットしている人も居たような。調べてみよう。あるいはロンスポで安いの買うか。

いつもは10時半から11時に掛けて少しは混むのだが、この日は全然無かった。ほぼずっと3搬器以内の待ちでリフトに乗れる。昨日帰った人も多いのかな。

試しにリフト乗ったとき立て続けにツイートしてみたが、10分弱で1本回している(11:3211:42。後のは上に着いてから写真撮ったので、8-9分ということか)。ずっと同じペースでガンガン滑っていたので、午前で15本は滑ったことになる。

例によって12時半にお腹空いたので強制終了、休憩。

14時再開。ボードでキッカー。午前のスキーでのコブと違い、不調。特に最初の2WAYが調子悪く、全然ダメ。アプローチが掘れて荒れていて、姿勢作るのが難しかったりで、ショートしたりばっかり。ランディングも掘れていて、目に入ると体が逃げてしまう。飛び切って殆ど衝撃無くランディング、みたいなきれいにクリア出来たのは一度も無い(土曜は結構あったのだが。あれ、気持ちいーんだよなー)。半分尻餅、残りが立てたけどうち半分はお手付き、という感じかな。ナローボックスの後のキッカーは相変わらず飛び易くて、8割超の成功率(つか午後通して失敗は1度かな。9割以上成功かも)。

この過程も仕方ないかな、とも思う。モトクロスでのジャンプでもそうだった。ちょうど、白河エンジョイスポーツランドで言うと、下の2WAYの小さい方がフィニッシュジャンプ、上の2WAYの小さい方がテーブルトップ大、にそれぞれ当たる感じ。白河のテーブルトップ大は初めのうちアプローチのギャップに振られたりしたところも一緒。そのうち姿勢がちゃんと出来たり対応能力が上がって気にならなくなってアクセルも開けてアプローチ出来るようになる。怪我しないためには地道に許容範囲内での失敗を繰り返すしかない。

16時前、もう上の2WAYが飛べる気がしないというか、手前のギャップに板を振られたりで充分にアプローチ速度を取れず思いっ切りショートして、やる気を無くしたしこのままやっても怪我し兼ねないので、キッカーは止めて少し早めだが上がることに。第1ゴンドラの前に行ったらガラガラで全く待ちがないので、折角なので1本乗ることに。オリンピックコースを滑ったが、上から下まで誰とも会わなかった。

オリンピックコース、午後の最初にボードで通ったときはまだ無かったのだが、このときは落ち込みのスキーヤーズライトにネットが張ってあった。昨日も張ってあって実際土が見えていた。雪付きが悪いところなのかな。この日はそこまでの状態ではなかったけど。

オリンピックコースも気温が下がって、ザラメが凍ったガリガリ状態で非常に滑り難いので、1本だけで少し早めの16時過ぎに終了。▼帰る間際の岩菅山。
Share photos on twitter with Twitpic

渋温泉、昨日と別のところで入浴。つか昨日もそっちに行きたかったのだが。駐車スペースが空いていなかったが、今日はどうしても入りたいので少し離れたところに駐める。歩いて向かうとき、右腿がかなり痛くて普通に歩けないことに気付く。お帰りの際に杖を忘れて帰らないように、とかいう注意書きのある温泉なのだが、確かに入浴後は非常に楽になる。まあ一時的なもので、しばらくすると流石にまた痛くなるのだけど。

帰りは前週同様、藤岡ジャンクションから下りに入って北関東道で伊勢崎まで行って高速を降りて(21時過ぎ)、R17を辿った。渋滞の表示を信じるなら、やっぱりこっちの方が早い感じで23時半に自宅到着。

|

« Black Diamond FactorのBootboards強化され過ぎワロタ | トップページ | 【雪山記録】かぐらスキー場 2010/03/26 »

snow」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3241/47883655

この記事へのトラックバック一覧です: 【雪山記録】志賀高原焼額山スキー場 2010/03/20~22:

« Black Diamond FactorのBootboards強化され過ぎワロタ | トップページ | 【雪山記録】かぐらスキー場 2010/03/26 »