« 【雪山記録】天元台高原 2010/05/01 | トップページ | 【雪山記録】鳥海山 2010/05/03 »

2010/05/02

【雪山記録】月山 2010/05/02

テレマークスキーで初のロングルート。ネイチャーセンターから姥ヶ岳を経由して月山山頂へ。無事登頂。2度ほど転んだけど滑降も概ね問題無かった。

▼山頂から北の方。真ん中は鳥海山でいいのかな。
P5020008

姥沢からリフト使って1500mまで上がってから歩いて登る、というのがノーマルルートだが、姥沢駐車場の協力金がなんか嫌な感じなので止めて、志津から姥沢ルートを自力で上がるとか、北月山荘からのロングルート日帰りに挑戦orテント担いで1泊で、とか色々考えたが、石跳川を遡って装束場に出て後は稜線を辿る、というのがリーズナブルだし(北月山荘からは長過ぎる)、人もあまり居ないだろうし(志津ルートはスキー場をもろに経由するので)、ということで選択。

前夜は道の駅にしかわ泊。同じように車中泊の車がすごい沢山居た。朝起きたら7時半とかだったような。晴れて暑い。

8:40登高開始。

適当に登り易いところを行ったら、川というか沢から逸れて姥ヶ岳の南斜面に取り付いてしまった模様だけど、まあいいや。装束場経由よりもショートカット出来るし。
▼その南斜面は滑降にうってつけの美味しそうなところだった。
P5020001

月山山頂付近よりも、姥ヶ岳の方がスキー向きの斜面が豊富な気がする。月山山頂からは月山スキー場からのコースになっている西斜面くらいしかいいスロープは無くて、そこから麓まできれいに下りるルートは無い。姥ヶ岳は急な西南面、上の写真のようにメローな南面と、ネイチャーセンターからすっきり往復で楽しめるところが多い。ぼくは研究不足だが、湯殿山も南斜面(てどこだ? 南東尾根の南かな…)とかいいっぽい。

閑話休題。9:55、1250m地点、出発から一時間ほどで右足踵内側が靴擦れで痛くなって来たので、15分ほど小休止、テーピングなど。ついでにスキークランポンを装着。

その後スキー場エリアの端をかすめて登って行く。

途中、南西斜面を少し覗いてみた。クラックが入っているがまだ滑れそう。何本かトラックもあった。写真撮り忘れた。斜度がちょっときつくてエントリーから下が見えないほどなので、テレマークじゃなくアルペンスキーで挑戦したい感じ。西から斜面の様子を見ながらトラバースして姥ヶ岳に上がれるかと思ったらブッシュに阻まれ転進。

姥ヶ岳手前のコブから。装束場に人が沢山居て滑ったトレースもあるのが見える。
▼湯殿山全景。
P5020003
真っ白。な東面はかなり危険そう。エクストリームな世界かも。

▼ズーム。ゴミみたいなのが人。10人くらい居るような。
P5020004

その後は稜線をアップダウン。結構うざい。けど、これまで色々あった結果、クライミングスキン付けたまま滑るのが上手くなったのでぼちぼち快適にこなせた。

11:55、1720m地点でお昼。15分ほど。左足踵内側も靴擦れが出来てきたのでテーピング。

山頂付近には12:50到着。休憩込みで4時間はほぼ予定というか目論見通り。15分くらいうろうろ。なんか雲が広がって来た…

山頂直下は石がごろごろしていてテレマークだとこなせるか不安なので、少し下りたところでクライミングスキンを剥いで滑降準備。そうこうしている間に本格的に天気が悪くなって来た。雪もちらほら舞って来たり。ゴーグル付けると視界がいまいち。

13:29滑降開始。登った急斜面からメローな大雪原へ。それぞれ1度づつ転んだ。後でYouTubeに上げるかも。今回TallHDというやつで撮ってみた(ツイート参照)。左のツイートに関連して、ベルクロでヘルメットカメラ留めるのは多分上手く行ったのだが、ヘルメットにベルクロのオス?を付けたらゴーグルのストラップが貼り付いてしまい、失敗。うちに帰ったら逆にしよう。

(追記)動画上げた。2:01、ニュートラルに戻し切らずに板が絡まって転倒。衝撃でリーシュコードが外れる。流れ止めとしての意味無い。ついでになんか緩いと思ったら左ブーツのバックルが外れていた。4:05、雪質の変化に付いて行けず、2度目の転倒。
YouTube - 月山 2010/05/02 (1/2) 山頂下1950mから1550m辺り

試しにContourHD1080pのTallHDというモードで撮ってみたのだけど、YouTubeに上げると画面の余白が変みたい。


その後だらだらトラバース。こういうの、テレマークだと足が緊張して辛い。脛が痛くなって来る。

最後ちょっとした登り(標高差40mほど)はクライミングスキン付けてしまった。1510m、13:45。ほぼ同時にツボ足で登っていたボーダーたちと比較して、トータルで時間はあまり変わらなかっただろうけど、楽なのでいいや。

14:05、リフトの上でシールを剥いで、スキー場をまただらだらトラバース、登って来たところへ。でお待ちかねのツリー。思ったのとちょっと違うところへ出たけど、何故か無木立のスキー場のスロープみたいな超オープンなところへ。この日滑ったトラックは見当たらない。警戒しながら(実際下の方でクラックがあった)滑降。最高。

(追記)ここも動画。レンズ下に水滴が付いていて見にくいけど。スキー場エリアに出る少し手前から。
YouTube - 月山 2010/05/02 (2/2) 姥ヶ岳南西斜面

その後別のところを滑って来たらしいトレース(上を見上げたら、ぼくの滑ったところより上、姥ヶ岳直下からドロップする南西斜面っぽかったり。まあぼくの滑ったところも斜度的には同じくらいあるし、南西斜面でもあるのだが)と合流。少し行ったら登りのときに使ったツリーのところを通った。

後はひたすらだらだら下りを直滑降。14:32、車に帰着。ここまで下りると晴天。

なんかこの日はGPSがすごく変だった。明らかに行ってないところに行ったことになっている。10kmくらいワープしたり、50mくらい唐突に下ったりとか、適当におかしいところを間引いたので一部直線的なトラック。あと山頂付近のおかしさは直しようがないのでそのまま。
Track_map20100502gassan
下りは大体あってる気がするが、登りはおかしいなやっぱり。姥ヶ岳山頂付近は通ったし、1729mピークも通ったはずなんだが。

日焼け止め塗ったし汗だくだしで、とりあえず志津温泉。特に決めていなかったので、一番手前の五色亭というところが駐車場も空いていたので、あっさりそこに。あまり特色のあるお湯では無かった。3人入ると満員状態の湯船に一時7人の入浴客(殆ど泊まりの人みたい)が居たが、最後しばらくの間一人だけで、ガラス越しだけど池の向こうの月山を眺めながらぼーっと出来た。この頃(16時過ぎとか)には山頂付近も天気回復していた。

|

« 【雪山記録】天元台高原 2010/05/01 | トップページ | 【雪山記録】鳥海山 2010/05/03 »

snow」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3241/48245623

この記事へのトラックバック一覧です: 【雪山記録】月山 2010/05/02 :

« 【雪山記録】天元台高原 2010/05/01 | トップページ | 【雪山記録】鳥海山 2010/05/03 »