« 【雪山記録】月山 2010/05/02 | トップページ | 【雪山記録】鳥海山 2010/05/05 »

2010/05/04

【雪山記録】鳥海山 2010/05/03

この日夕方まで天気は持つ予報だったのだが、登り始めて早々に曇になり、上部はガスと強風で大変だった。ついでにミスで滑落して右手首を捻挫。という割には頑張って山頂直下の神社まで登った。本当の山頂はあと標高差60mくらいのところなのだが、登頂したと言っていいんでなかろうか。今日はテレマークでなくアルペンスキー。

トラックログ画像。赤往路、青帰路スキー滑降、紫帰路クライミングスキン登高。
Track_map20100503tyoukai

例によって朝遅かったんだけど、鳥海ブルーラインの大平口は夜から朝8時まで閉鎖しているらしく、ゲート?のところに車が並んでいた。でもなんか逆方向から車が走ってくるんだけど。5分くらい待って先へ進んだ。駐車場は結構車が沢山。逆の象潟から登った人たちかな。

8:45、登高開始。いきなりの急登。登り始めてしばらくは左足小指付け根が当たって痛かったが(右は最初から快適だった)、しばらくしたらインナーがこなれたのか気にならなくなった。ブーツボード削って正解だった。

登っている人はかなり多いが、大体みんな御浜神社までみたい(そこまでで10人くらい抜いた。同時に5人くらいの、登り始めに最初の斜面の上に見えていた集団が着いた)。10:21に神社と思われる辺りを通過。すごいペースで歩いていてこの日ぼくが唯一抜かれたおじさんもそこでストップしていた。
P5030001
▲御浜神社手前1650m辺りから鳥海山方面。山頂はガスが掛かっているし、全体的に曇り。夕方まで晴れじゃなかったのか…

そういえば御浜神社への登りで熊鈴付けていてうるさい人が居たけど、この時期熊が出るようで、同じ日に祓川の方で@igarashi_akitapさんが見たとのこと。けど御浜神社までしか行かないならやっぱり要らないだろう。

閑話休題。先に進んで1759mピーク(扇子森ていうのかな)まで行くと降りて来る登山者も見えるし登りトレースもあるので、ぼくは予定通り進むことに。この辺りから風がすごいことに。北斜面でツェルト張っていた人たちがいたけど、酔狂な。

1759mピークの西鞍部、1692m標高点の辺りから、鳥の死骸が雪面に散らばっていた。
▼最初に見掛けた5羽くらいのうち一番近くにいたの。
P5030003
どれも雀くらいの大きさの小さな鳥だった。
P5030004

この辺りで登山者に、大平から来たと行ったら、え、みたいな感じだったが、どうも鉾立(ほこだて、と読むのか。Google日本語入力優秀)に降りたいようなのでそのまま進んで大丈夫と伝えた。無事降りられただろうか。

外輪山を登って行って上の方で谷に下りる登山道もあるみたいで、外輪山の南面も雪が着いているように見えたけど、この強風下で稜線を行く気にはならない。というわけで千蛇谷を行く道を選択。

11:05、1790m地点、七五三掛というのがここなのかな。夏道もハシゴで危ないところみたい。50度はある斜面にトラバースするトレースが付いている。手前の斜面登っているときに大分先に見えていた単独登山者が、ちょうど中間地点辺りをへつっていた。その人はアイスアックスは持っていたが足元はクランポン履いておらず登山靴のみで、苦労していたみたい。

ぼくはスキー担いでクランポン履いてというのが無難というか妥当な選択。が、下は岩など無くて滑ったら快適なスロープだし、落ちてもしばらくすれば斜度も緩むので100mも行かないで止まるだろう、と思って一応アイスアックスだけ出してスキーのまま行ったら本当に落ちた。2歩も行かないで、あっさりと。

落ちながらアイスアックスで滑落停止を試みながら、滑落停止練習って意味無くてそんなことより滑落しない技術を磨くべきって説があってぼくはそっち派だけどやっぱり実際落ちたらなるようにしかならないなあ、とか考えていたら、事前の読み通り、斜度が30度くらいに緩んだところで止まった。

スキーが滑走モードだったらスキーでも制動出来るけど、ヒールフリーになっていると全く制動力が発揮されない。へつりにエントリー前に滑走モードにしておけばそもそも足場もちゃんと作れて滑落しなかったし滑落しても止まり易かったが、そこまでするならスキー脱いでクランポン履けって話ではある。

ログによると、先行者を待ったりアイスアックス出したりと5分ほどしていたようで、落ちたのは11:10、標高1720mのところまで、標高差70mほど落ちたみたい。

右手首が痛いくらいで、特に登ったり滑ったりに支障は無さそう。とりあえず安全地帯に、というわけで相変わらず35度くらいある急斜面をトラバース。今思えば写真撮っておけば面白かったが、流石にそれどころではなかった。

ツイートしたのは安全地帯の1800m辺り、谷の中に入ってから。11:30。ちょっと気を落ち着かせようと10分ほど小休止して、ふと携帯見たら電波入っていたので。
P5030005
▲写メと同じような写真だけど。画面中央、岩の下の平坦なところにトラバースして出て来れるはずだった。

ついでにトラバース中に見えたのだが、千蛇谷をそのまま登って来たり下って行くトレースがあった。上の方で会って少し話したおじさんもどうもそっちから来たらしい。

さらについでに山頂付近でもう一人と会話したが(ここ来たことあるの?上も何も見えないよ、と。GPS持ってるからそれで山頂まで、と回答)、その人もぼくが落ちたところで5歩行って落ちたとか行っていた。どこまで落ちたのかは分からないが。

その後しばらくは風も弱かったけど、ちょっと上に行ったらやっぱり強風とガス。登山靴のトレース、普段はでこぼこでうざかったりするけど、このときはスキーと違ってはっきり残っているので有り難かった。
P5030006
▲谷に入ってすぐは少しは視界もあった。晴れていれば気持ちよく登り降り出来るんだろうなあ。
▼谷口から下を望む。
P5030008

千蛇谷エントリーで追い付いた単独登山者は谷を登り始めてすぐ、1850mくらいで引き返したみたい。上で触れた二人以外にも、何人か山頂方面から降りて来るのに会った。10人弱かな。山頂付近まで行ったかは不明だけど。

強い風が吹いたときには止まって耐風姿勢を取ったりと、じわじわと進んで12:56、何とか山頂地帯に到着。4時間ちょっとか。
▼山頂の神社なんかの建物らしい。
P5030009
谷を登っていた1時間ほど、ずっとこんな感じで視界20mくらいだった。

建物の陰で風が避けられないかなと思ったが、どこに行っても強風。適当なところで滑降準備。風は強いけど気温が高いのがせめてもの救い。保温性の低いモンチュラのウェアでも何とかなった。山頂部もクラストしているかと思いきや結構柔らかい雪だった。

こんなときにスキークランポンにトラブル。大分前に板を踏んで曲げてしまってあったのだが、滑落のときにでもテンションが掛かったのかヒビが入ってしまっており、干渉して外せない。アイスアックスで叩いてから無理矢理やったら何とか外れた。まあドライバーは持っていたのでマウント金具から外すという手もあったが。
▼車に戻ってから撮った。
P5030020

P5030021

P5030023

13:27、滑降開始。
▼その直前、一瞬視界が出て山頂部が見えた。と思って写真撮ったがすぐにガスに覆われたの図。
P5030012

降り始めは岩も結構出ているが、アルペンスキーなら余裕でかわせる。テレマークにしないでよかった。あと、幸いにして少しは視界が出て来たので、滑降ルートはちょっと選べた。2020mから1980mの標高差40mほどだけだけど、岩の間のそれなりの斜度(つっても30度くらいか)のところを下りたり。
P5030013
▼同じところ、1970m地点から谷上部。
P5030014
100m以上見えるようになっていた。

13:40、1840m地点、外輪山を乗り越す手前の40度弱ほどの急斜面でアイスアックスでステップ切って25分ほど大休止、エネルギー補給とクランポン装着など。
▼谷から下。青空が少し覗いている。
P5030017
▼上の方。山頂までは流石に見えない。
P5030018

ここには多分一人分のツボ足トレースがあったのだけど、登りのところより少し上だったみたい。他の人は帰りも下から行ったのか。ここは稜線は雪が無かった。乗り越しには灌木ホールドが有効で助かったが。先行のツボ足トレースはクランポン無し。登りで会った人かな。よくこんなところ行けるなあ。

その後の下り、1760mから50mほど楽しくターンしたところ(登りトレースとクロスしているところから下ったわけだが)でチェックしたら、思ったのと違う谷に吸い込まれそうになっていた。その後頑張ってトラバース。

1660m、登山道に合流した辺り、鳥海湖の辺りに5人くらいのパーティーが、ぼくが帰ろうとするルートを辿っているのが見えた。山頂からずっと一人だったので、心強い思い。

13:57、1600m地点から標高差100m弱、クライミングスキンを貼って登り返し。登りは15分ほどだけど、スキンの着け外しが15分弱、計30分ほど。スキー滑走面のワックスが切れていたのか、やたら水滴が付いていてスキンがちゃんと貼れるか心配だったが、何とか上までもってくれた。

その後の下り、みんな滑っているところだから楽しいのかと思いきや、最初はだらだら下りの上少し登りもあって階段登高したりでいまいち。本当に滑りを楽しめるのは1350mから1100mまでの一番下の斜面だけだった。
P5030019
▲道路に飛び出さないようにネットが張ってあった。

(追記)その一番楽しいところだけ、晴れて来て視界も出たのでヘルメットカメラ動画撮った。
YouTube - 鳥海山 大平駐車帯上斜面 2010/05/03

最後、止まるとき立ってられずに尻餅付いていてださい。登りで足にかなり来ているところ頑張って飛ばすもんだから。
あと、これも前日の月山での動画同様TallHDで撮っているのだけど、YouTubeでの余白は変じゃない。違いとしては、これは撮ったもの無編集で上げてある。余白が変になるのはムービーメーカーが変なもの仕込んでいるのか。wmvファイルをそのまま見ると余白は問題無いのだけど。

15:47、車に帰着。残った車はぼくのだけだった。

駐車場まで来た記憶はあるが多分入ったことはないあぽん西浜で入浴。露天は塩素消毒無しの掛け流しだが、内風呂は循環、消毒とのこと。予想されたことだが人が多くていまいちだった。

|

« 【雪山記録】月山 2010/05/02 | トップページ | 【雪山記録】鳥海山 2010/05/05 »

snow」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3241/48263226

この記事へのトラックバック一覧です: 【雪山記録】鳥海山 2010/05/03:

« 【雪山記録】月山 2010/05/02 | トップページ | 【雪山記録】鳥海山 2010/05/05 »