« 【雪山記録】鳥海山 2010/05/03 | トップページ | 【雪山記録】湯殿山 2010/05/06 »

2010/05/05

【雪山記録】鳥海山 2010/05/05

前回の一昨日とは打って変わって快晴、風も弱い。コースは違って祓川からだけど、本当の山頂へのリベンジも果たせたし、気持ち良く登って滑れたし、素晴らしい一日だった。

▼トラックログ。赤が登り、青が下り。登り返し無しのすっきりコース。
Track_map20100505tyoukai

滑走用具、悩んだけど、気持ち良くかっ飛ばすためにアルペンスキーを選択。テレマークスキーあるいはスノーボードだと転んで手を付いて右手首の捻挫が悪化するかもしれないし。思惑通りで、前回の欲求不満を晴らせた。ヘルメットカメラで撮っていたので後で晒すかも。

その右手首は一昨日夜から湿布貼って包帯巻いていたが、この日朝テーピングにしたら全然楽。ぐるぐる巻きで厚さ1cm近くになる包帯よりテープ一巻の方が固定に効果があるとは。

前夜、酒飲んで早く寝る作戦は失敗だった。結局寝付いたのは23時とかだし、眠りが浅くなって2時半くらいに起きてしまった。

けど何とか7時前に起きた。道の駅象潟は意外と静かでよかったのだが、トイレが半分くらい和式。少し待ったら洋式が空いたので何とか用を足せた。

8時半くらいに祓川ヒュッテ下の駐車場へ到着。前日下見しといてよかった。多分一発では辿り着けない。道中、鳥海山がこの3日の山麓滞在中、初めてきれいに見えて、期待が高まる。
P5050003

9:15、登高開始。
P5050004
山頂を正面に眺めながら、クライミングスキンでちょうど直登出来る程度の斜面を、適度な変化を交えつつも真っ直ぐ登って行く、良いコース。

30分くらい前に出発した集団辺りまで、20人近くごぼう抜きしたが、ぼくのすぐ後に駐車場に来て車を隣に停めて10分くらい前に出て行ったおじさんに、少し休憩していたのか追い付きそうになったところでペースを上げられ(たように感じ)、結局抜けなかった。

とはいえ飛ばしていたわけではなく、いつも通り淡々とハイクアップ、いつも通り終盤はタレた。けど初夏の陽射しを浴びて汗を滴らせながら、これだよこれ今回のゴールデンウィーク山行で求めていたのは、とご満悦。

11:00、1950mの緩い台地状に出るところで風が強くなって来たのでジャケットを着る。ここから上は超オープンスロープ。どこ登っても滑ってもいい感じ。
P5050006

ここで5分ほど止まった以外はずっと歩き続けていた。一度止まってしまうと足が動かなくなって逆に辛い。息整えるために10秒とかごく短く休むことは何度かあったが、そういうときも最初の5歩くらいは調子が出なくてスリップすることが多い。ぼくはゆっくりでも歩き続けた方がいい。

ジャケット着たのだけどこの後風は止んで、前述の少し前を歩いていたおじさんはいつの間にか再度ジャケットを脱いでいたりした。ぼくは流石に上部は少し気温低いので、汗垂らしながらも着たまま。

11:40、七高山の山頂付近へ到着。標高差1000mを2時間半なので、普通のタイム。やっと普通に。去年とか悲惨な所要時間だったが、今年何度か登っているうちに大分慣れて来た。

▼ちょうど新山北斜面にドロップしようとしている人たちが居た。
P5050007
ズームすればよかったが、画面真ん中の棒みたいなのと、その左上の岩の間にも一人。

いつものゼリー飲料と似非カロリーメイトでエネルギー補給。スキーとバックパックは七高山山頂付近に置いておいて、12:00からクランポンとアイスアックスで新山のピークハントへ。

七高山から下りて新山へ行くルートは、トレースがあったところが何人か取り付いていて混んでいたし、もっといいルートがあると見たので、そちらへ。ダイレクトにスノーブリッジへ下りて行く。トレースはもう少し南まで行ってから、大分下りてスノーブリッジへ登り返していた。
P5050022
▲赤がぼく、青が他の人たち。
ついでに、この写真撮ったスノーブリッジの辺りまで来れば、千蛇谷からスキーのまま山頂エリアに行ける。神社の辺りからは岩が多くてかなり難しいだろうけど。

▼新山から北の高原地帯。
P5050013
あの辺りが鳥海山麓で一番気持ちいい。前にオートバイツーリングで走ったときも最高だった。キャンプ場とかサイクリングターミナルとかあるけど、温泉もあればいいのに。

▼手前から千蛇谷、外輪山、左上のピークが扇子森かな。
P5050016

▼一昨日の最高到達地点の神社建物群。
P5050018

この頃12時半くらいだったのだが、千蛇谷に何人か登って来ている人たちが見えた。8時くらいに出発すればちょうど着く頃。

▼スノーブリッジから千蛇谷。
P5050024

▼スノーブリッジ上にビニール袋にくるまれたトイレットペーパーが落ちていたので拾っておいた。
P5050023

往復含めて1時間ほど新山山頂を楽しんだ。

その後準備して13:29滑降開始、ほぼノンストップで下りて、13:44車に帰着。八海山が標高差800mだから10分くらいで下りられるかと思ったが、15分ほど掛かった。まあ厳密にはノンストップでなく、ちょっとルートを探したりしたしなあ。

(追記)17分ほどの動画の最初の10分ほど。
YouTube - 鳥海山 七高山山頂~七ッ釜避難小屋下 2010/05/05

山頂部でビンディングがちゃんとはまってなかったため転んでいる。きわどい斜面とかでなくてよかった。
なお至ってノーマルなルートをそのまま降りているだけなので、もっと狙ったルートの狙ったラインは同じ日に入山していたらしいCoZ (liquitex0)さんのYouTube - liquitex0 さんのチャンネルを観るといいかも。

その後、鳥海荘で入浴。350円。フォレスタ鳥海というのが祓川駐車場から最寄で、そっちも同じ猿倉温泉のお湯だが、そちらは500円。どっちにしても加水加温循環消毒みたい。一応謳い文句通り、ツルスベ感がある。あと露天は正面に鳥海山を望む絶好のロケーション。15時から風呂に入ってぼーっとするのは最高でした。
P5050029
▲露天風呂からでなく近くの道路で車から撮ったのだけど、こんな感じの眺め。この角度からは出羽富士、秋田富士の呼び名がしっくり来る。海の方からだと扇子森とかが長く尾を引く感じでまた違う印象。

|

« 【雪山記録】鳥海山 2010/05/03 | トップページ | 【雪山記録】湯殿山 2010/05/06 »

snow」カテゴリの記事

コメント

東北遠征お疲れ様でした。
レポを拝見すると大遠征になったんですね~。
「新山」の山頂も踏めて良かったですね。

相変わらずカッ飛ばしてるご様子。
手首捻挫お大事になさって下さいませ。

こちら田植えの手伝いも終わり、
ぼちぼち北アの予定です。
また機会がありましたら、ご一緒お願いします。
でもカッ飛び系には着いて行けそうにないな~・・・。

投稿: EVA父さん | 2010/05/06 14:28

> EVA父さん
コメントありがとうございます。
連休を活用してロングトリップを楽しみました。

湯殿山レポに書いたのですが、ぼくは今シーズンの雪山活動は終了の予定です。また来シーズン、半年後辺りから、ご一緒させて頂ければと思っています。

「カッ飛び系」っていってもEVA父さんに勝てるのはツリーの突っ込みくらいです(笑)。EVA父さんのきれいで確実な滑降は見習いたいと思っております。

北アも安全に楽しんで下さい。ブログ、RSSリーダーに登録し楽しみに拝見しております。

投稿: ルサンチMAN | 2010/05/08 11:33

はじめまして。新山北面からちょうどその時間に滑降したグループのものです。たまたま見つけたのですが、実は火打山でも登り途中で一緒になっており二重にびっくりしました。高谷池で散々休んでいたおかげで疲れもとれていて、その後の登りで先をいかしてもらったんです。このたびは滑降写真を拝見できてたいへんうれしかったです。絶対に見られないですからね。どうもありがとうございました。16日はEVA父さんにもお世話になってしまいました。これからもお気をつけてお楽しみください。

投稿: ほっし~ | 2010/05/22 08:27

>ほっし~さん
コメントありがとうございます。

11:40頃、まさにぼくが撮ったグループでしたか。北斜面よさそうですね。本文中で触れているCoZさんもその後滑られたみたいです。ラインは違うっぽいですが。

火打では高谷池で同じタイミングで休んでいたグループの方ですね。ぼくのエントリに書きましたが「3時間掛からなかった」とか話されていたのが印象に残っています。

EVA父さんとは白馬鑓で一緒になったんですか。それにしてもこの世界は狭いですなあ。

http://yama-ski.at.webry.info/201005/article_6.html
EVA父さんのブログ↑から火打の記録↓
http://hoshisa.web.fc2.com/ski2010/hiuchi/hiuchi.htm
とこの日鳥海山の記録↓
http://hoshisa.web.fc2.com/ski2010/chokai/shinzan.htm
拝見しました。両方とも、ノーマルルートのぼくと違って玄人なルート。勉強になります。

またお会いすることがありましたらよろしくお願いします。

投稿: ルサンチMAN | 2010/05/23 23:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3241/48278449

この記事へのトラックバック一覧です: 【雪山記録】鳥海山 2010/05/05:

« 【雪山記録】鳥海山 2010/05/03 | トップページ | 【雪山記録】湯殿山 2010/05/06 »