« 【バイク練習】もてぎダートトラックパーティー 2010/06/13 | トップページ | 【無雪期登山】二王子岳 2010/06/20 »

2010/06/21

【無雪期登山】中ノ岳(途中敗退、5合目日向山まで) 2010/06/19

まあタイトルで言い尽くされているんだけど。最初は丹後山を回る周回コースを日帰りで制覇しようと思っていたが朝起きたら雨で、二度寝して起きたら止んでいたので山頂ピストンしようかと登り始めたがモチベーション上がらず時間も掛かってしまい、5合目に当たる日向山までで途中敗退を喫したのだった。

P6190016
▲この日の最終到達地点。

昭文社『日本200名山を登る』では反時計回り(丹後山から中ノ岳へ)で丹後山避難小屋に泊まる一泊二日のルートが載っているが、ヤマレコ見てた(中ノ岳 - 山情報 - ヤマレコ)ら朝早く出て周回コースを時計回りで日帰りしているケースが沢山あったのでそれを狙う。marumiという方の記録hiro326という方の記録baltoro04という方の記録、辺り。最後の方は日向山まで2時間で行っているがトータル11'40。12時間+予備くらいの行程を覚悟しておいた方がよさげ。

7時には登り始めるつもりで朝6時に目覚まし掛けて起きたら雨がざーざー降っていたので二度寝。再度8時半に起きたら小雨だったのでとりあえず登りに行くことに。この時点で当初案の周回コースは無理。その前に既に営業開始していた塩沢石打SAの食堂で朝食。前夜発でSAで寝ていたのだった。

ちょうど10時くらいに登高開始。
P6190001
駐車場所から道路挟んで正面の石段を登る。いきなり鎖があるが、この階段を鎖に頼っるようならこの後登れないだろうけど。その後鎖場は2箇所くらいかな。確か下の方のは下りの時は頼りまくりだった。岩がつるつるで。
P6190021
▲帰りに撮った。それ以外は鎖は特に使わず。
(追記:そういえばこの駐車場でドコモの携帯電波入らなかった。iPhoneは言わずもがな。その後電源切ったので山の中での状況は不明)

登り始め早々にふくらはぎが張って来た。久し振りに登るからなあ。ほぼ1ヶ月半殆ど使っていないところ。ついでに腿も、木曜日に5ヶ月振りにジョギングして、まあたった3km+歩き1kmなのだが、筋肉痛になりまだ治っていなかったところでちょっときつい。

最初のうちは雲は出ているが、まだ遠くまで見渡せたけどその後ガスは濃くなる一方。
P6190005
▲1合目より少し上の辺りから北の方を望んだところ。カシミールによると天気が良ければ入道岳(八海山)とか見えるはず。

▼2合目手前に水場。
P6190020
水はちょろちょろ出ていた。
P6190007
▲ピンぼけ写真だが。今の時期にこの調子だと夏は涸れていそう。

そういえば水というかアクエリアスは今回も4リットル(ペットボトル2本)担いでいた。結局2リットルちょうど飲み切った。

駐車場では結構雨が降っていたのでカッパを来て登り始めたが、2合目辺りで脱いでしまった。暑いし、樹林に守られて雨音がしても体は殆ど濡れないし。

3合目くらいから靴ズレの症状。この靴は踵の真後ろがいつも靴ズレになってしまう。始めから対策しておけばいいんだけど、もしかしたらならないかなー、という淡い期待が見事に裏切られた。

新しい足跡があって、一人か二人登っているのかなと思っていたが、引率の大人二人と中学生っぽい体操服の10人弱の集団に会った。駐車場に車が2台あったけどそれに分乗して来たのかな。

12:40、5合目の日向山に到着。かなり雪が残っていた。
P6190014
その後どうなっているのか不明だが、上記ヤマレコの記録見るとクランポンが必要な感じではないらしい。一応用心のためこの日はクランポン(12本爪の。それしか持ってないし、いわゆる軽アイゼンはどう考えても意味無いし)持っていた。

でまあここまで1100m以上登って良い運動にはなったし、この先も濃いガスで展望は全く期待出来ないし、もう13時だし、このペースだと山頂まで1時間半は掛かるだろうし、てわけでまだ登るつもりで靴ズレの処置したりしたけど、撤退決定。

それにしてもここまでで3時間近く。標高差400m/h弱というのはまあ普通ではあるが、周回コースを日帰りしている人は2時間くらいで日向山まで行っている感じなので、もっと体力付けないと日帰り実行は厳しいな。朝早く出ればいいんだろうけど、出来れば遅く出ても日帰り周回出来るだけの体力を付ける方向で頑張りたい。8時発で10時間、とか。

13時下山開始。下りは濡れていることもあり気を使う。そもそも下りの歩きが下手だし。2回ほど滑って尻餅ついた。後の方は1合目の下でもうすぐ着くからと気を抜いていたら曲がり角ですっ転んだ。肘も打ってかなり痛い。軽い打撲だけで何とも無くてよかった。

あと落石も結構起こしてしまい、大きいのが一回。
P6190018
▲画面真ん中のえぐれたところ。40*20cmくらいの石。
P6190019
10mくらい下まで落ちた。上の写真の真中左の草に掛かった石がそれ。人が居なくてよかった。

それにしても登山の下りはうざいなー。スキーのなんと楽なことか。膝も痛くなるし。もう嫌になりながら2時間ほどでようやく帰着。

たらたら片付けしながら観察してみたら、十字峡登山指導センターとかいうところは2階に泊まれるみたい。素泊まり1000円てあった。他に手前のダム公園辺りに公衆トイレもあるので、その辺りで車中泊もアリかな。つか次回はそこ使おう。

帰りはいつもの五十沢温泉ゆもとかん。奥まで行ったので畦地温泉という選択肢もあったわけだが、確か評価あまりよくなかったし確実な満足が得られる定番へ。やっぱりここの露天は素晴らしい。泉質も文句無し。

|

« 【バイク練習】もてぎダートトラックパーティー 2010/06/13 | トップページ | 【無雪期登山】二王子岳 2010/06/20 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。
お天気が悪くて残念でしたね。

この山は、オイラを鍛えてくれている山です。
地元ということも有り何回登ったか解らないほどです。
基本 丹後山経由の周回コースを登ってますが良いコースですよ。

ぜひ、お天気の良い時に、またお越しください。

しかし、中ノ岳の翌日に二王子岳に登ろうとよく思い付きましたね。
移動だけで大変そうで、オイラだったら考え付かないです。

投稿: とんば | 2010/06/22 05:39

>とんばさん
コメントありがとうございます。
あの辺りは色々いい山があっていいですね。中ノ岳も泊まり装備で越後駒とか絡めても面白そうだし、とんばさんが日曜登られてた金城山とかもよさげ。http://nangyo-kibisubito.blogspot.com/2010/06/blog-post_20.html

それにしても十字峡から日向山通って中ノ岳まで2'12とは…
http://twitter.com/tomba1tomba/status/16570676827
http://nangyo-kibisubito.blogspot.com/2009/08/blog-post_16.html
周回タイム5'20もヤマレコで見る記録の半分以下で桁違いですね。流石。
ぼくは10時間くらいで回れるよう少しはジョギングなどして、また挑戦したいと思ってます。

二王子岳、湯沢から新潟市内まで120kmとかで、高速使えば1時間ちょっとなんで、あまり遠いイメージは無かったですし、それほどのコースでもなく朝遅くてもいいんで、ちょうどよかった感じです。

投稿: ルサンチMAN | 2010/06/22 13:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3241/48682469

この記事へのトラックバック一覧です: 【無雪期登山】中ノ岳(途中敗退、5合目日向山まで) 2010/06/19:

« 【バイク練習】もてぎダートトラックパーティー 2010/06/13 | トップページ | 【無雪期登山】二王子岳 2010/06/20 »