« 【バイク練習】モトスポーツランドしどき 2010/11/20 | トップページ | 【雪山記録】立山 2010/11/27-29 »

2010/11/24

【無雪期登山】安達太良山 2010/11/21

無雪期に一度、雪山に二度ほど安達太良は登っているが、全て東側からだったので、今度は西側から登ってみた。沼ノ平の荒涼とした風景やすっぱり切れ落ちた岩を見ながらなので、結構面白いコース。


今回も、登山道標記が結構いい加減なことがよく分かるトラックが取れた。

前夜は秋山浜キャンプ場にテント泊。猪苗代湖畔の無料キャンプ場は前から行きたかったところ。最初は旅風で評価の高い舟津浜キャンプ場を目指した。旅風では舟津浜公園と二箇所あるみたいになっているが(はちの巣だと舟津浜のみ)、どれがどれか分からない。あと、利用期間外のため、トイレはがっちり閉まっている。駐車場所からテントサイトも遠いような。

というわけで秋山浜に行ってみた。こちらは道路挟んだ向かいが駐車場。トイレは2箇所あって、片方は旧式のボットンだが、扉などが無いため使えるようになっている。テント2張りあるし、ここなら大丈夫そう。というわけで急いでテント張って寝る準備。こういうときロゴスTDラピーダは楽。

やっぱりこの時期夜は寒くて、テント泊はきつい。21時くらいに道路の気温計が2度とかだった。イスカアルファライト1000だけだと、ダウン上下着ていても寒くてまともに寝れなかった。日が出て気温が上がり始めてからようやくぐっすり出来るパターン。

とはいえ7時半には起きて、朝ごはん食べながら撤収、9時前には移動開始。
ç�ªè��代æ¹�ç��ã�®ã�­ã�£ã�³ã��å ´ã��ã��ã��ç£�梯山ã��ã��ã��ã... on Twitpic
の前にキャンプ場からiPhoneで撮った写真。

猪苗代湖畔を半周するのに結構時間が掛かる。やっぱり大きいなあ。

10時くらいに登山口に到着。駐車場には10台弱車が停まっていた。意外と多い。あとマイクロバスが一台、これはジジババが白糸の滝だけ見るためだった模様。

10:24、登高開始。標高1130m。安達太良山は1699.6mとのことだから、標高差570mほどの登り。

本当は硫黄川の廃坑跡から胎内岩通って鉄山経由の道を行こうと思っていたのだけど、見事に入口を間違えて船明神山の方へ行ってしまった。GPSの地図を適当に見たら先で分岐しているのかと思ったのだが、駐車場のところで既に分かれているのだった(追記:これはちょっと嘘で、上にも分岐がある。標高1330mくらいから北に降りる道があった。そこで標高落とすのは面倒っていう)。

後で撮ったのだけど、硫黄川の方へ行く入口は立入禁止とかあって塞がれている。
Pb210061

こちらはメインの登山口。登り始めてすぐ、2-3分のところに白糸の滝の展望台がある。
Pb210063

始めのうちは白糸の滝
Pb210010
とか廃坑跡
Pb210012
とか眺めながらのんびりムードなんだけど、20分ほど行った標高1300mから急登があって、結構きつい。1501m標高点辺りからはまた楽。

その辺り、登山道に雪が残っていることも。
Pb210015

しばらく進んで1641.2m標高点まで行くと安達太良山の展望が開ける。
Pb210017
11:32。

その後ちょっと下って、登山道が南に迂回しているところは大きい岩を避けている。
Pb210019
そこでちょっと道を間違えてしまった。崖マークに突っ込んで行っているところ。

12:00、船明神山の頂上なのか、何かが祀られているピークに。
Pb210021

12:06、母成峠なんかとの登山道の分岐地点(後で調べたら、石筵登山口、というところらしい。いしむしろ、と読むのかな)。
Pb210026

そこからは左手に沼ノ平、右手に安達太良山頂を眺めながら快適な稜線歩き。安達太良山頂には常時人が居る感じ。多いときは10人くらい見える。けどここまで会ったのは、下りて来る男性一人のみだった。

12:20、鉄山との分岐。
Pb210027
安達太良山頂は意外とまだ遠い感じ。

とはいえ10分ほどで、12:30に山頂下に到着。
Pb210028

でもって乳首の上に登って、昼ごはん休憩。休んでいる間も沢山人が登って来る。この日ようやく気付いたのだが、山頂には四方から登り降り出来るみたい。本当の山頂まで来たのは冬に一度(2009年1月)だが、そのときはトレースを追うだけで精一杯だった。今回は間違えて違うところへ降りそうになったりした。

山頂から東。
Pb210030

北西。
Pb210031
正面左の雪を抱いているのは西吾妻山、正面右でなだらかな山体で存在感があるのが東吾妻山、みたい。

西。
Pb210032
通って来た船明神山なんかの向こうに磐梯山。右端に白く浮いているのは、多分飯豊山に雪が積もっているところだろう。

12:58、下山開始。13:08、船明神山と鉄山の分岐を鉄山方面へ。出来るだけ周回ルートを取りたいので、登りで使うはずだったルートを下りで使うことに。

矢筈森辺りから振り返ると、日の当たらない北西面には雪が結構残っている。
Pb210033

13:27、鉄山への短い急登を登り終える。振り返ると今年2月に滑った矢筈森北東斜面が一望出来る。
Pb210038
正面の二つの岩の間からドロップしたわけだが、ここからだと結構急に見えるな。

ついでに少し手前の鞍部辺りから、くろがね小屋、勢至平、湯川の流れを一望。
Pb210036

13:33、鉄山山頂。
Pb210043
勢至平、左下にくろがね小屋。

13:41、鉄山避難小屋。
Pb210044
ドアが目立つようになっていて、安達太良山方面からはよく見える。どうせなら同じようなペイントを四方に施せばいいのに。中は少し覗いただけだが、非常にきれいだった。

13:46、プロペラ碑として知られる石楠花の塔。
Pb210047
後で調べれば由来は分かるだろうと思いきや、軽くググッても詳細は不明との記述ばかり。自衛隊機の事故だとか、大戦中の事故だとか、色々と説があるらしい。

その後しばらく這松が濃くて歩き難い。1642標高点より西は、すっぱり切れ落ちた崖ギリギリを行く。少し先から振り返って撮ったところ。
Pb210048
視界が悪いときは危ないかも。

14:07、標高1565m辺りで、多分胎内岩というのをくぐる。
Pb210049
↑上から見たところ。↓下からみたところ。
Pb210051
まあ無理にくぐらなくても降りられるし、ぼくはそうしたけど。

その後しばらく急坂を下って、14:31、硫黄川の河原に下りる。
Pb210052
沼ノ平立入規制の看板がある。この後沢を何度か渡りながら下って行く。

中ノ沢温泉なんかの源泉採っているところだろう。
Pb210057
やたら立派な小屋は何のためなんだろう。

昔の建物の残骸が放置されている。
Pb210058

Pb210059
建物は、何となく廃屋好きとしては許せてしまうのだが、温泉なんかを引くパイプが交換された後そのまま登山道脇に放置されているのは頂けない。

白糸の滝は、何気にこちらからの方がよく見える。
Pb210060
15:00、標高1190m辺り。

15:08、登山口に帰着。予定通り5時間弱の行程だった。

下り、鉄山から先で会ったのは、登って来る男性一人(小屋に泊まるのかな)と、男女ペアを追い抜いただけ。やっぱり沼尻スキー場からのルートは人が少なめ。

|

« 【バイク練習】モトスポーツランドしどき 2010/11/20 | トップページ | 【雪山記録】立山 2010/11/27-29 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3241/50115679

この記事へのトラックバック一覧です: 【無雪期登山】安達太良山 2010/11/21:

« 【バイク練習】モトスポーツランドしどき 2010/11/20 | トップページ | 【雪山記録】立山 2010/11/27-29 »