« 【雪山記録】六日町八海山スキー場 2010/12/25 | トップページ | 【雪山記録】白馬コルチナスキー場 2010/12/31 »

2010/12/27

【雪山記録】かぐらスキー場 2010/12/26

前二日の滑り込みで疲れたので、この日はまったり。朝ロープウェイやゴンドラでやたら待たされてかなりむかついたけど、晴天を利用してのThe Solutionハイクアップデビューで前日の残り物パウダーをちょろっと滑ったり、Vector glideのスキー板の試乗をしたりで、結果的には充実した一日だった。
Pc260008

前日23時前にみつまた駐車場に着いたときには雪は止んでいた、というか、晴れ間もあったようで月が見え隠れしていた。そしてやっぱり朝起きても降雪はゼロ。んー、当初の予報ではこの日もパウダー滑れるかと思っていたのだが。

たっぷり8時間睡眠で8時過ぎ起床。腹筋が筋肉痛。パウダーで転ぶと起きるのが大変で、昨日の八海山で大分酷使した模様。

外を見たらリフト券売り場が混雑していて萎える。これ何とかならないものか。
ã��ã�£ã�¨èµ·ã��ã��ã��ã�¿ã�¤ã�¾ã��ã�®ã�ªã��ã��å�¸å£²ã��å ´ã�®æ... on Twitpic
この後ぼくが買う頃、確か9時過ぎにはさらに人が多くなっていたような。

あ、リフト券買う前にトイレに行ったのだけど、最初リフト券売り場の隣の仮眠所があるところ(ここ、スキー・スノーボード板の持ち込み禁止って書いてあるのに朝夕はみんな持ち込んで何やらやっていて、通り抜けに支障が出てうざい)に行ったがやたら並んでいたので、パウダーステーションがある方に行ってみたら、トイレが増設されていて大便器が3つくらい増えていた。素晴らしい。こちらはガラ空きだったのでさくっと用便を済ませられた。

そしてリフト券を買えたはいいけど、今度はロープウェイの待ち行列が今までみたこと無いくらい伸びていてさらに萎える。乗らないと滑れないので仕方なく並んだわけだが。結局30分並んだ。
Pc260004
遙かなりロープウェイ山麓駅。このときにはリフト券売り場は閑散としていた。リフト券買うのもロープウェイ乗るのも、一番混む時間にドンピシャで当たってしまった模様。車中泊派の風上にも置けない行動だな。

駐車場はこんな感じで満車だった。
Pc260006
無駄に板も入れてみた。Jazzy Sport CEOマサヤファンタジスタ氏から、Jazzy Sport Expeditionsをレペゼンしてもいいっぽい感じのコメントももらえたし。滑走用具はボード、Jones The Solution。天気もいいし、軽くバックカントリーに行こうかな、と。

みつまた第一高速からゴンドラ乗り場に滑り込んだら、そこも長い列でまた萎える。
Pc260007
談笑しているグループが周りに居るわけだが、ヒトリストはこういうときにどうしようもなく手持ち無沙汰。だから混むスキー場は嫌なんだよなあ。八海山はこんな間が無くひたすら滑れる。

ゴンドラを降りたら左手の無料休憩所のところにVector glide試乗会のブースが出ていた。冒頭の写真はその様子。試乗会にJazzy Sportがフィーチャリングされていて、どなたか分からないがクルーがDJしているわけだが、ちょうどgrooveman Spotの『Change Situation』に入っている曲、後で調べたら8曲目の「Ponsonby Beat Down」が流れて来て、上がった。この時点で既に11時。

かぐら第一高速は意外と空いていてすんなり乗れた。一緒に乗ったスキーヤーが、スプリットボードをハードブーツというかスキーの兼用靴で乗っているのが珍しかったようで話し掛けられた。パウダー狙いでこの日来られたようだけど、前日のうちに雪は止んでしまっていて残念、今後に期待、などと会話。

とりあえずかぐらメインを1本滑ってみるが、ガリガリで全然楽しくない。既に脇にコブのレーンが出来ていたり。リフト線下は当然のように終わっているし、その他のコース外は一昨日とそれほど変わらない状況だし。

というわけで、2本目のかぐら第一高速を上がって、そのままハイクアップの準備。
Pc260009
2本目のかぐら第一高速乗っているときに撮った中尾根方面。南斜面はトラック多数。三角も2本くらいトラックが確認出来た。

ちょうど少し前に、ボードでスノーシューの二人組が登る用意していたんだけど、たらたらやっている彼ら(男女のつがいだったんだけど)からそれほど遅れずに出発出来た。20分くらいかな。ジャケット脱いだりなんだりも含めて。慣れればスキーでのアルパイントレッカーとそれほど変わらない時間で準備出来そう。

というわけで、初のスプリット状態。
Pc260010
11:37に登高開始。

ハイクアップはスノーシューに比べて楽で、思わずにやけてしまうほど。ちょっと前に出発したスノーシュー二人組はすぐに抜いて、第5ロマンスのところで休憩だかそこから降りようかという人たちに追い付いて(12:07、第5ロマンス降り場まで30分)、標高1900m辺りで10人組くらいの中高年集団を抜いて、という感じでいい汗かきながらさくさく進む。ほぼ無風で、ジャケット脱いでインナー一枚でのハイクアップは本当に気持ち良い。

登っていて気付いたのだが、基本的にスキーブーツ履いていることもあり登高性能はスキーと同じなんだけど、スプリットボードというかVoileのキットでは、キックターンはやり辛い。この前の立山でのアルパイントレッカーでもそうだったんだけど。そのときも書いたが、NAXOだともう少し上手く行くことが多いような。Diamirはリターンスプリングが付いていてキックターンがし易いとか。そういえばテックビンディングはどうなんだろ。後でTwitterで有識者に訊いてみよう。

中尾根南斜面のドロップポイントには12:44に到着。ぐるりと回るので時間掛かる。後で分かったのだが、この時期は第一高速降り場から第5ロマンス乗り場に滑り込んで、そこから直登気味に行った方が良い。下りで使うトレースも付けられるし。

スプリットの登高モードから滑走モードへの変換も当然初めて。スライダートラックにはどうしても雪が詰まる。歩いているときはスライダートラックの裏も、滑走時のアタッチメントも、雪に晒されているわけで。ま、とりあえず一度嵌めて、付いていた雪が奥の方に圧縮されるのでそれを取ってから再度嵌めれば、ちゃんと奥まで入る。あと、Voileのインターフェースキットには雪を取るためのプラスチックのスクレーパーが付属していた。今回持って来てなかったけど。それよりも、割れた板を合わせるのが結構面倒。フックが上手く嵌らない。

滑り出したのは13:06。ジャケット着たり水飲んだりちょろっとピット掘ったり(80cmくらい掘ったけど、ここ数日で降ったものみたいで特に明瞭な層は見られず。シャベルで叩いても特に破断せずきれいに潰れるのみ)、とか含めて20分ほどか。

で、ボードはやっぱり取り回しが難しいね。今日もポール出していたのだけど、本当のドロップポイントまで移動するのがツリーの中を少し行くのだが、それも一苦労。まあぼくが下手なんだが。ヘルメットカメラで今日も撮っていたのだけど、メインの斜面滑る前に転んで雪が付いて、撮れてなかったorz

雪質はまだ軽くてパウダー感があったし、面ツルとは当然行かないがラインによっては新雪だし、というわけで短いけど満足の滑走。まあ、自分のテクニックの問題で思ったようには滑れなかったので、納得は行かないけど。

メインの、スキー場からよく見える斜面の後は少し藪っぽいところを行った後(とあっさり書いたが、トレース外して、板外して少し登ったり、木にヒットして転倒したり、一通りこなしている)、5ロマの北の尾根に出て、もう一滑り楽しめる。つか楽しんでとりあえず5ロマ乗り場の辺りに滑り込んでしまったのだけど、これは失敗っぽい。前後して滑っていた5-6人パーティー(全員スキー)は大分上の方をトラバース気味に行っている。ちょうどぼくより少し下にボーダー二人(片方はJones Snowboardsの板、Mountain Twin→後から考えたらソール柄からしてこれはないFlagshipかHovercraftだった)も滑り込んだんだけど、板を外している。ハイシーズンならそのまま沢沿いを下りても大丈夫なはずだが、まだ無理ということか、あるいはトラックが無くて下りラッセルになってしまうのか。仕方ないのでツボ足で標高差10mくらい登る。

そこには前記パーティーも通って行ったトラバーストラックがある。ここは5ロマやっているときはコースになっているところかな。もう少し下だったような気もするけど。斜度が全く無いので、スキーならいいが、ボードだと滑れない。5ロマの上から滑り下りたらしい単独ボーダー(Vector Glideの板だった)はテクテクと歩いて行った。ぼくは片足履いてスケーティングしてみたが、判断ミスだったな。

13:37、ちょうど2時間でスキー場、の今営業中のコース、かぐらメインの迂回に復帰。というわけでトラックログはヤマレコに登録。

もう結構遅い時間なので、そのままVector glide試乗会へ。秋庭さんが、まあ当然だが、いらっしゃったのでご挨拶。とりあえずGeniusの一番長いのを頼む、ということで193cmモデル。

試乗は1本の板につきリフト2本を目安、終わったら簡単な感想を書く。用紙には3本くらい書けるようになっていた。

Geniusはセンター幅130mm。こんな太いの履いたことないわけで、第一高速へ下りるところでターンの感覚があまりに異様で転んでしまった。エッジが遠い。まあ初めてセンター約100mmのScratch Brigade履いたときもそんな感じだった。けど上まで行って慎重に滑り始めたら、まあまあ滑れる。ただかなり脚力が必要な感じ。この日はガリガリの固い雪面だったのだけど、その衝撃がもろに足に来て疲れた。ただその雪面からの反発を生かせれば、質の高い滑りが出来るのだろうなあ、と。2本目の滑りをヘルメットカメラで撮っていたので晒す。
YouTube - VECTOR GLIDE Genius試乗@かぐら 2010/12/26

次にButter Knifeを借りた。これもセンター幅130mmだけど、Geniusの後だと圧倒的に乗り易い。無茶苦茶ターンがし易い。そして、形状からは想像出来ないほど、固い雪面でもエッジが噛む。普通に滑れてびっくりした。Geniusよりもロッカー度合いも強いが、スピード出してもばたついたりはしない。ぼくレベルが出す程度のスピードだったら全然安定している。そして形状から容易に想像出来る通り、くるくる回ったりもし易い。これもヘルメットカメラで撮っていたのだけど、途中で電池切れ。上の方でくるくる回ったりして遊んでいるところだけしか撮れておらず、ガリガリでも普通に滑っているところや斜度の緩いところで下手なクローチング組んでもばたついていないところが写ってないので没。

2本試乗して受付終了の14時半を過ぎてしまったので、おしまい。Mastiffも乗ってみたかったんだけど、また安比ジャジスポのときにお借りしよう。

2本ほどかぐらメインでボードの練習をしたが、もう腿が終わっていたり寒くなって来たりしたので、下に下りる。新しく出来たみつまた第2ロマンスは、まだ雪が少ないからか、乗り場へ上りがあってうざい。降り場も結構下りが急だし。踏ん張りが利かずにこけた。

ロープウェイの下りが混んでいたので、とりあえず1本みつまた第二高速に乗る。ここの斜面は基礎練習に良いなあ。でやっぱり列が伸びる方向のようで、この後15:45にかぐら第一高速の営業が終了したらさらに人が押し寄せるだろう、ということで列に並んだ。2本くらい待って、16時過ぎに駐車場へ。

帰りはR17を南下、昨シーズンマサヤファンタジスタ氏に教えてもらった猿ヶ京温泉の共同浴場で汗を流す。そういえばここは石鹸とか無いのか。日焼け止め塗っていたんだけど、ちゃんと落とせなくてちょっと気持ち悪い。ま、ゆっくり出来てよかった。前日行った六日町中央温泉も石鹸等無いわけだが、やっぱりボディソープくらいは、というかぼくはそれだけで頭も洗ってしまえるから十分なんだけど、持ち歩くか。

風呂出て渋滞情報をチェックしたら殆ど無いみたいなのでそのまま高速道路へ。ちゃんと最後まで高速道路な感じで、2時間ちょっとで20時過ぎには自宅に到着、自宅でゆっくりごはん食べれた。毎週こうだといいんだけど、雪山へ行く人が増えてくるとまたアホみたいな渋滞が発生して帰りも遅くなってしまうのかなあ。

|

« 【雪山記録】六日町八海山スキー場 2010/12/25 | トップページ | 【雪山記録】白馬コルチナスキー場 2010/12/31 »

snow」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3241/50407804

この記事へのトラックバック一覧です: 【雪山記録】かぐらスキー場 2010/12/26:

« 【雪山記録】六日町八海山スキー場 2010/12/25 | トップページ | 【雪山記録】白馬コルチナスキー場 2010/12/31 »