« 【雪山記録】六日町八海山スキー場 2011/01/09 | トップページ | 【雪山記録】志賀高原スキー場 2011/01/15 »

2011/01/11

【雪山記録】斑尾高原スキー場&タングラム斑尾 2011/01/10

思ったほど深くはなかったけど、一昨日に続いてパウダー当たった。三連休で二日パウダーとか、こんな幸せでいいのだろうか。流石に三日間フルでは滑れず、今日は半日のみ。

YouTube - 斑尾高原スキー場 ツリーランコース尽くし 2011/01/10

去年ツリーランコース目当てに来たけどAir Waveを1本滑ったところで強風のためリフトが止まり、そのときもらったタダ券を活用すべく。差額でタングラムとの共通券に出来るということだったので、ケチらずに共通券にしておいた。正解だった。

パウダー期待で真面目に7時起床、去年の教訓を生かし、いきなりエンジン掛けずにまずは除雪から。結果的にはマフラー埋まってなかったんだけど。今回は、陸の孤島第7駐車場は避け、第8駐車場を利用。7時半過ぎに行ったらレストランハイジのトイレ使えた。シャワートイレだった。

8時くらいには極太の板を持った人がスキー場の方に向かって行った。滑走用具のローテーションからして今日はボードがよかったんだけど、結構歩くところが多いような気がしたため、Scratch Brigade持ってぼくも8:15くらいに行くが、まだリフト券売り場が開いていない。リフトの運行も結局かなり遅れたのだけど、そしてこれは去年来たときもそうだったわけだけど、年に数度はある程度の降雪でこの体たらくってのはどうかと思う。

みんな最初スーパークワッドを目指したけど、まだ動かないとのこと。頑張ってスケーティングして、第2クワッドには一番乗りで並んだ。10分くらい待ったかな、8時半を大きく過ぎて運転開始。最初そのままジャイアントを降りた。コース脇に新雪40cmくらいはあったかな。

次もほぼ待ち無しでリフトに乗れて、2本目と3本目はツリーランコースのUSAGIに行った。USAGIの1本目のときはちょうどスタッフの人が降りたところだったみたいで平らなところにトレースを付けるべく下りラッセル中だった。

Mabbitって一般名詞ではないのか。斑尾の案内人さんらしい。「まだらおフォトTODAY」の2010/12/27の記事参照。日単位の絶対URLは無いのかこのページ。

でもって9時頃、そろそろ運行開始かなと思ってスーパークワッドに並ぶ。8時半に最初行ったとき、30分ほどで運転の予定とかいうことだったので。が、さらに30分ほど掛かるとのアナウンス。USAGIももうダメだろうし、まあしょうがないか、とそのまま待つことに。5人目。前は4人組で、ぼくと同じ板(多分一つ短いサイズ)を履いた人が居た。お仲間はみんなそれより太くて長い。つか、並んでいる人たちの中ではセンター100mm程度は細く見える。そして4人組にテレマークが一人。テレマークはもう一人、その後AIR WAVE2を回していたときに見掛けた。ぼくも早くテレマークで深雪を楽しめるようになりたいものだ。

結局列に並んでから20分ほど、9:20過ぎにスーパークワッドは運行開始。2搬器目に乗車。RIVER LINEに行こうかと思ったのだけど、まだ開いていなかった。見ている間に同じ搬器に乗っていた人に抜かれてしまった。けど方針変更して入ったAIR WAVEにはその人しか行かなかったため、ぼくは二番手。ここは雪が深かった。膝上あったかな。他の人達はワールドカップモーグルに行ったみたい。

もう一度スーパークワッド。一人乗りレーンは殆ど待ち無しで乗れた。RIVER LINEが開いていたので、今度こそ。ちょっと降り方を間違えたかな。すぐに沢筋に行かずにライトをトラバースすべきかも。けどまあ楽しめた。3本目のスーパークワッドもRIVER LINE。今度はトラバースしてみたが、既にギタギタ。けど荒れパウ高速ターンが決まったので、よし。

もうその辺りのパウダーは食い尽くされてオワコン(←最近覚えたので使ってみた)だろうから、上の方とか行こうかと移動。けど最上部のリフト、第3Aとか第13とかはやってないみたい。流れ着いたのがタングラムとの連絡リフト、第15。それに乗る。ちなみにAIR WAVE2はリフト降り場から10mくらい上がったところからも入れるみたい。

そんなことは知らなかったのと、タングラム第2リフトがまだやってなかったので、そのままタングラムの方にジャックダウンヒルで降りたのだが、油断していたけどここがまた当たりだった。ぼくが降りたスキーヤーズレフトはまだあまり荒らされていなかったし、上部は結構斜度があるし。なので第1リフトに乗って、おかわり。このときはまだ第5クワッドも運行していなかった。んー、斑尾高原だけでなく、タングラムもやる気無いな。11時には第5クワッドは動いていたが、レイクビューとキングスラロームへの入口は最後まで(少なくとも午前中は)開かず。

2回目の第1リフト乗車中、第2リフトが10時半から運行開始とのアナウンス。10時半ちょっと前に着いたのだけど、既に結構な人数が上がっていた。ここでちょうどAIR WAVE滑ったときに先行してたG3の板履いたスキーヤーが目の前に居たので無理やり一緒に乗車(まあ少し並んでいたし)、ちょっと会話。シーズン券持って斑尾に通っているらしい。AIR WAVEへの飛び込みやその後スーパークワッドまでの帰りのスムーズさは道理で、と。

第2リフト1本目はスカイラブの斑尾側。まだ荒れていないラインがあったので。第2リフト2本目にAIR WAVE2。その後12時過ぎまで、ひたすら斑尾第15とタングラム第2を乗り継いでそこを滑っていた。他のツリーランコースは基本的に狭いのに対し、ここは結構広いので、ラインを選べば最後まで膝パウ、たまに膝上パウを堪能出来た。

AIR WAVE2の1本目は間違えてというか、降り方が分からずに、パウダーラインに抜けてしまった。フォールラインに素直に落ちるとそうなってしまう。あと、パウダーラインに近い方、旧リフト線下は風の影響を受けるのか雪が溜まっているところと薄いところの差が激しい。その分テクニカルで面白いけど。深雪を求めるならスカイラブ沿いにトラバース気味にしばらく行って、適当なところから落ちるのがいいみたい。

12時半頃車に帰着。朝方少し太陽が見えたときがあったんだけど、一日小雪が舞っていて、朝雪下ろしした車に10cm弱の積雪があった。

13時に現地出発、温泉など無しで自宅へ直行。花園の辺りと東松山の辺りで少し滞ったけど、まずまずのペースで進み、3時間半で16時半に自宅へ到着。

|

« 【雪山記録】六日町八海山スキー場 2011/01/09 | トップページ | 【雪山記録】志賀高原スキー場 2011/01/15 »

snow」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3241/50549113

この記事へのトラックバック一覧です: 【雪山記録】斑尾高原スキー場&タングラム斑尾 2011/01/10:

« 【雪山記録】六日町八海山スキー場 2011/01/09 | トップページ | 【雪山記録】志賀高原スキー場 2011/01/15 »