« 【雪山記録】志賀高原スキー場 2011/01/15 | トップページ | 【雪山記録】安比高原スキー場 2011/01/22-23 »

2011/01/17

【雪山記録】シャルマン火打スキー場 2011/01/16

前日から60cmくらい積雪増えたらしくそれなりに重パウを楽しめたが、コースじゃなくエリアという考え方で非圧雪を遊ぶスキー場なので、土地勘が無いとどこ滑ったらいいかよく分からない(コースだけ滑っていてもつまらないわけで)。晴れているときにちゃんと地形覚えに来たいものだが、そうなると雪が生コン化して滑れたものではなさそう。ともあれ気に入ったので、コルチナ同様たまに行くスキー場リストに登録。

YouTube - シャルマン火打スキー場での一日 2011/01/16

前日、信州中野から120kmほどの道のりを下道で移動。

道の駅能生泊。裏手に広い駐車場もあったりする割りにはトイレが小さい。2箇所あるが、片方は大便用個室が和式1つだけ、もう片方は和式1に身障者兼用洋式1の2つだけ。

朝起きると車の上には10cm程度の積雪。まあずっと風が強かったので飛んでしまったのだろう。7時には起きて、7時半過ぎにスキー場へ向け出発。その前にガソリンいれてから。能生のシェルは7時から営業とドコモ携帯の地図にはあったが、7時半過ぎて行ったら「今機械立ち上げ中だから少し待って」ということだった。

スキー場まで結構長い山道。登りは四輪駆動の利点を生かしてぐいぐいと楽しくドライブ。

8時半前にリフト券売り場に。意外と客は少ない。リフト1日券+昼食券+温泉入浴券の日帰りパックというのにしてみた。支払いはカード使えない。今期初のカード使えないスキー場。けどスタッフの方々の挨拶とかは好印象で、頑張っている感じではあった。

定時の8時半を少しだけ過ぎてクワッドリフトの運行が始まった。それほど殺伐とした雰囲気も無く、みんなゆるゆるとリフト乗り場へ歩いて行く。みんなリフト運行が遅れると踏んでいたのかな。リフトで常連さんと会話したときにそんなことを言っていた。

1本目、とりあえずスキーヤーズライトのエリアを滑り出す。元々の雪質と風でパックされたためかかなり重いけど、底付きは全く無し。

朝は見逃していたのだけど、スキーセンターにホワイトボードの掲示があり、結構細かくコンディションが書いてあって、それによると60-70cmの新雪だとか。写真撮ったはずだけど何故か残っていなかったorz

コースはギャップがやたら多い。初級者コースが横断しているのか。視界が悪くて見えない。いきなりフラットで雪が少ないところに出るのが怖い。

ハイトライブとか禅という非圧雪エリアに入ろうと思っていたのだが、適当に滑っていたら何故か第2リフト降り場に出てしまった。

2本目はレフトへ。スノーマン脇の新雪を頂きながら、クールへ。平らなところでスタックしたけど、まずまず楽しめた。クワッドよりレフトの方が素直な斜面が多くてよさげなので、その後しばらくそちら。折谷とかにぼちぼち入ったり。

でもってリフトから見ていてよさげだったプリンセスボウル辺りを2本ほど。ここも結構複雑で、地形知らないとスタックしてしまう。2度ほどキツイの食らった。一度目は、いきなり現れた急斜面に吹っ飛んで5mくらい下に頭から着地。木とかが無いところで&ヘルメットかぶっていて良かった(若干むちうちっぽくはなったけど)。もう一度は登れない谷にラインを取ってしまい、それに気付いたところで反射的に転び、胸~肩ラッセルを最寄りのトレースまで10mほど。しんどかった。

あとやっぱりハードブーツでのトゥーサイドターンが細かいところだと全然ダメだ。足首と膝の曲げがソフトブーツと感覚が違い過ぎて上手く適切に荷重&エッジングコントロールが出来ない。オープンなところで大きいターンしている分には問題無いのだが、ツリーで急ターン・急制動が必要な場面では危険。

もう一度レフトに戻り、飛山の上部からサージ(多分。よく分からない。あと飛山を最後まで降りるとどうなるんだろう。平らなところをスケーティングかな)。サージは広くてラインが結構沢山あるので、12時過ぎでもノートラックを狙えた。

13時前に昼食休憩。日帰りパックの昼食券はレストラン「サリュ」で使える。広くて客も少な目で快適。経営大丈夫かなとか少し心配になってしまうが。ごはん類めん類の好きなもの一品と引き換えで、高いもの頼んだ方がお得。一番高いのは1000円くらいの大盛り的な麺だったが、前夜ラーメン食べたこともあり、950円だかのカツカレーにしておいた。

その後、ごはん前にうろうろしていて発見した地階の休憩室で休憩。ここも空いていてよかった。穴場的スポット。

休憩前に一旦車に戻り、スキーに替えて来てあった。最後マニアックなラインを攻めて残り物パウダーを頂こうかと。が、横になってゆっくり休んだ後、15時前に再度出ると、ちょうどクワッドが終わるところだった。強風とか言っていたのだけど、客も少なくなったしぼちぼち止めるか、ってなノリだったんじゃねーの、と邪推。昼ごはん食べているとき、13時過ぎにもホワイトアウト状態だったのにそれまで2時間とか営業していたわけだし。

第2リフトはやっていたが、2本乗って下に降りたらこちらも終了していた。滑れるコースも少ないしあまり楽しくないし、風でたまに止まるリフト乗車が辛いだけでもう上がるかという感じだったので、まあちょうどよかった。けど消化不良。

スプリットにハードブーツというセットアップだと珍しく思われるようで、2度ほどリフトで話し掛けられた。つかあれ同一人物だったのかなひょっとして。それってアルペンボードのビンディング?→Voileが出している純正品、というやり取りを、自身もスプリットボードに乗っているというそのときはFish的な板に乗っていたローカルの方と。あと、それってどこのスプリット?→Jones Snowboardsという今年から市販しているやつ→ああJeremyの、とかいうやり取り。Jeremy Jonesとスプリットボードという存在を知っていてもJones The Solution知らないものなのか。

今日もボードのときもポールを持って行っていたけど、結局使わずに頑張った。雪が重いから手で固めれば何とかすぐに立てることが多かった。けど出していた方が楽だよなあやっぱり。ポール持たないと、止まっているときとかバランス感覚は鍛えられるけど。

テレマーカーは二人ほど目撃。流石にこんなところ攻めているだけ上手かった。けど、全般的にここの客層は思ったほどハードコアでなく、普通のゲレンデスキーヤー・ボーダーがかなり多い。もちろんファットスキーやパウダーボードを持った人も結構居たけど。あと、ギャップを使ってさらっとすごくきれいな360を決めたボーダーとか、超かっこよかった。まあコルチナもファミリーとか結構多いし、そういうものか。ボードのステップインビンディングも二人見掛けて片方は当然Accubladeだけどもう片方はKissmarkだったし。

リフト券パックについている温泉入浴券は柵口温泉(ませぐち、て読むのか。帰って調べてようやく知った)の何箇所かで使える。使える施設はリフト券売り場に掲示があるが、地図入りの紙も、言えばもらえる。つか、最初からくれよ、と。それによると、日帰りパック券が使えるのは、スキー場から近い順に、権現荘、柵口温泉温泉センター、山水館、対岳荘、山城屋。

権現荘を選択。リフト売り場の人が、広くて露天風呂もある、と言っていたので。けど露天はやってなかった。風呂場の前まで行って掲示を見たときのショックといったら。後でフロントに訊いたら、雪が落ちて危ないときはやらないらしい(上にリンクしたサイトにもそのような注記がある)。じゃあ冬場は実質的にあまりやってないんじゃないのかね。ま景色は露天とほぼ同じものが望めてきれいだったので、いいか、と。なお、お湯は循環消毒加温加水。上記の中で、狭くてもいいから源泉掛け流しが無いか、調べてみよう。

17時くらいに現地を出発。途中東部湯の丸で給油以外はノンストップ、22時前に到着。5時間近く掛かったのか。軽井沢の辺りまでチェーン規制だったし、実際東部湯の丸辺りまでは雪が降っていたしなあ。それにしても遅い車はいつまでも追越車線に居座るな、とフォントを大にして書きたい。追い付かれたらさくさく走行車線に戻れよ。

|

« 【雪山記録】志賀高原スキー場 2011/01/15 | トップページ | 【雪山記録】安比高原スキー場 2011/01/22-23 »

snow」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3241/50606220

この記事へのトラックバック一覧です: 【雪山記録】シャルマン火打スキー場 2011/01/16:

« 【雪山記録】志賀高原スキー場 2011/01/15 | トップページ | 【雪山記録】安比高原スキー場 2011/01/22-23 »