« 【雪山記録】志賀高原スキー場 2011/03/19-20 | トップページ | 【雪山記録】神立高原スキー場 2011/04/02 »

2011/03/28

【雪山記録】志賀高原スキー場 2011/03/26-27

3月も末というのに望外の極上パウダー。志賀高原の10日券をようやく使い切ったが、そういえば志賀高原で新雪に当たったのは今期初か(新雪狙いのときは八海山とか行っていた、という事情もあり)。土曜は強風のため殆ど滑れなかったけど、日曜はそれをカバー出来るほど目一杯一日楽しめた。

■土曜
22時半自宅出発、いつもよりちょっと早くちょうど3時間ほど、焼額山第1ゴンドラに1時半到着。

10時起床。意外と降ったみたいで車の上に20cm弱、ただ風で結構飛んでいる感じ。周りを見ると様子が変。今更ながらに調べて、第1ゴンドラは先週で営業終了だったことを知る。第2ゴンドラに移動。が、強風のため運休中。ごはん食べたりしながらしばらく待っても運転しないので移動することに。

昔よく停めていた一の瀬ダイヤモンドにしようかと思ったが、ここも高速リフトは営業しておらず、斜面真ん中の遅いペアリフトのみ。というわけで高天原まで行ったところですぐに滑り出せる場所に空きを見付けて駐車。

12時少し前にようやく滑走開始。パウダー期待でスノーボード、ハードブーツの滑りを色々試そうかとJones The Solution。

とりあえず甲のバックル全部外そうとしたのだけど、バックル結構邪魔。パワーベルトも外すとこれも垂れ下がって非常に邪魔なのでそれだけは一番緩く付けたが、そうすると結局バックルを登高モードにセットしているのと同じ程度の可動域になってしまう。ハードブーツを本格的に使うなら、山スキーと兼用は無理で、専用に改造を施したものが必要かな。ま、ぼくはとりあえず兼用でやってみるが。

高天原の不整地の方を滑ってみたが楽しくないのでそのままトラバースして一の瀬に行こうとしたが途中で力尽き、タンネのリフトに乗ろうとしたのだけどここも一の瀬寄りのはやってなくてガックリ。ボード外して高天原寄りのまで徒歩移動。

その後は一の瀬のクワッドを2時間ほど滑った。一の瀬ファミリーもタンネ寄りのクワッドは営業しておらず、クライマーズレフトのクワッドと並行している中間地点まで行くペアのみ営業。

一の瀬ファミリーのコース上は風で飛ばされているところはガリガリだが、溜まっているところは10-20cmの薄いパウダー。コース脇は膝パウで、それほどラインは無いわけだが、入る人が少なかったので、そこそこ楽しめた。

のだが、3本目くらいに木にぶつかって危なかった。避けれたと思ったのだけど。つか、何が起こったのか記憶に無い。直前と直後が飛んでいる。ヤバイなー。

頭痛いしその影響から変な眠気が出たりしていたのだけど、さらにしばらくしたら肩もぶつけたことに気付いたりしたのだけど、そこで休むと1時間も滑らずに終了な感じになってしまうので、無理して滑った。パーフェクターコースも脇に結構ディープなところがあり、そこそこ楽しめた。

2時間くらい滑ってお腹も空いたので一旦車に戻り、休憩。外を見ているとすごい風が吹いている。時々ホワイトアウト。そんな様子を見ていたら再度滑りに出る気にもならず、16時くらいにそのまま撤退決定。

この日あまり運動していないわけなので、少し体動かそうということでジム、エフバイエー中野店に。この頃には頭痛とかも結構収まっていた。30分ほど自転車漕いで、筋トレマシン全種類12-15回2セットやって、1kmほど泳いで。前の週腰が痛くなっていたのだけど、単に張っていた(精神的なものから?)だけみたいで体動かしたらむしろ楽になった。

■日曜
7時過ぎ起床。道の駅で寝ていたので移動。8時前に到着。意外と人が多い。第2ゴンドラの駐車場は半分くらい埋まっていた。

パウダーなのでまずはボード。Jones The Solution。

1本めは第2ゴンドラにそのまま戻れるスーパージャイアントスラローム。雪は超軽いが思ったほど深くはなく、膝くらいの深さ。それにしてもやっぱり八海山の重い雪とは違うな。2本目のエキスパートもかなり軽かった。エキスパートとか滑ってしまうと第3高速に乗って、イーストコースから第2ゴンドラに戻る必要があって面倒。片方しかやらないなら第1ゴンドラにして欲しい。搬器も大きいし。

パークはやってないことにここでようやく気付いた。先週で終了だったらしい。やっぱりこの日滑っておいてよかったわ。滑らずに来週土曜を最後にする案もあったのだけど、パーク目当てでそうしていたらかなりガッカリだったはず。

3本目はもう荒れているだろうと思いつつオリンピック。予想通り。4本目、第1ゴンドラ下に行ってみたらまだノートラックでファースト。5本目も同じところに行ったらまだ誰も入っていなくてセカンドも。味を占めて6本目も同じところ、流石に他に2本くらいトラックが入っていたけど、雪が重くなって来たこともありほどよくスピードが出て楽しめた。

ここまでのヘルメットカメラ動画。

もう一度ゴンドラに乗って、最後第2ゴンドラの下の方に行ってみたが、スキーのトラックを追えなくて谷に落ちてしまった。アップダウンがあるので諦めて板を外して割ってスキーモードに。この板で深雪ラッセルは何気に初めてだけど、トップが浮いてくれるので楽。コースに復帰しても割ったまま滑ったのだが、ボーゲンしか出来ない。アウトの真っ直ぐのエッジはなんとなく怖くて滑るのには使う気にならなかった。トップが引っ掛かったりしそう。

11時半くらいに車に戻ってさくっと食事を摂って、テレマークに履き替えて12時過ぎに再開。

1本スーパージャイアントスラロームに行く途中から下りてコース外滑ってみたが、トラバースばかりで面白くない。下まで降りちゃうと下りラッセルだし。というわけで焼額山には見切りを付けて奥志賀に移動することに。第3ロマンスBコースはちょっと期待していたのだが、ここも既に食い尽くされていた。一度前転。

奥志賀ゴンドラでは結局コース外ばかり。まずは鹿落とし(と思われるところ)。正規のコース並みに荒れていた。
File0015mov_000264897
File0015mov_000269602

ここで(上の画像の場所より上で)も前転し掛かる感じでつんのめって転んだら、周りの雪と一緒に5mくらい落ちた。軽く木に当たる程度で済んだが、一応表層雪崩に巻き込まれたって感じかな。後で気付いたのだが、鹿落としの尾根の反対側で表層雪崩があったみたいで、ゴンドラからきれいに破断面が見えた。
P3270004
鹿落としの特にメインの斜面は斜度の変化なども無く比較的安全そうだけど、こちら側は後半狭くなることもあり、結構危険かも。

とか言いつつ、雪の状態と自分のスキルを省みず、次もコース外という。焼額山との上部連絡コースから落ちる斜面。ツリーで、鹿落としほどオープンではないが、ほどほどの斜度で楽しめる。ぼくのテレマークのスキルにはちょうどよかった。

あと2本は先週見付けたリフトの支柱の残骸辺りから下りるところ。連絡コースから降りたときによく観察、この日も何本かトラックが入っていた。鹿落としほど荒れていなかったので、おかわりした次第。

14時半くらいに奥志賀ゴンドラ下のレストランサンクリストフで休憩。もう一つのレストランは営業してない。先シーズンからだっけ。

30分ほど休んでから再開。ゴンドラに乗り、第2エキスパートに滑り込む。3本、営業時間ぎりぎりまで。

テレマークでは今までニュートラルで上に伸び上がる感じだったのを、ベンディング系というか、伸び上がらずに腰を落としたまま前後の足を入れ替えるように練習してみた。ぼちぼちの出来。

ラスト第3高速から第4ペアに行ったらまだ時間があったので一番上の斜面を1本滑ってから焼額山へ帰還。16時半前に終了。

入浴はいつものところでなく、JAFメイトに割引券が付いて来ていたので、おぶせ温泉穴観音の湯へ。露天風呂に寝湯があってよかった。が、3-4人分のスペースがあるのだけど、枕のところが一本の丸太で一蓮托生。他の人が来ると落ち着かないので、脇の岩に頭を載せるポジションを見付けて、1時間近く風呂に浸かっていた。

須坂長野東インターの手前の定食屋でごはんを食べてから20:15高速に。渋滞も無く、22時半くらいに自宅に到着。

|

« 【雪山記録】志賀高原スキー場 2011/03/19-20 | トップページ | 【雪山記録】神立高原スキー場 2011/04/02 »

snow」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3241/51234892

この記事へのトラックバック一覧です: 【雪山記録】志賀高原スキー場 2011/03/26-27:

« 【雪山記録】志賀高原スキー場 2011/03/19-20 | トップページ | 【雪山記録】神立高原スキー場 2011/04/02 »