« 【雪山記録】越後駒ヶ岳 2011/04/10 | トップページ | 【雪山記録】焼山 2011/04/17 »

2011/04/16

車両変更

バイクじゃなくて車の話。30万キロ目指していたE50エルグランドがあちこちおかしくなったので買い替え。当然中古で、元々興味があったし、相場自体格安の、E51エルグランドへ。先週のお出掛けから乗り始めたのでまだ何度かしか使ってないけど、感想など。

■買い替えの経緯

E50は去年8月に車検を通した。車検が切れる2012年まで乗るつもりだった。のだけど先日ヒーターパイプ腐食による穴開き、冷却水漏れからオーバーヒートを起こし、エンジンのガスケットが抜けてしまったみたい(当日の記録→kj a.k.a. ルサンチMAN(@ressenti_man)/2011年02月26日 - Twilog)。冷却水漏れはそれほどでもないのだけど、前はしなかった微妙な異音があったり、エンジンのトルクやパワーが明らかに落ちている感じだったりした。騙し騙し乗ることは可能だけど、あまりいい気分ではないし、治そうと思ったら投げ売られているE50本体が余裕で買える程度の費用が掛かってしまう。

そもそも去年の冬からサイドシルに何箇所か錆による穴が開いていた。そんなこともありやる気が無くなったのと、ルーフボックスを付けて洗車機に入れなくなったため、去年は洗車を殆どしなかった。多分それもあって車体下部の腐食が早まり、ヒーターパイプの穴開きが生じたのだろう。

さらに、以前からフロント右ブレーキがおかしくてやたらパッドの消耗が激しくて今回も1年でパッドが終わってしまったのだが、交換しようと思ってタイヤを外したら2本ほどホイールハブボルトがホイールナットに半分くらいくっついて来てしまった。ハブボルトも腐食してしまったみたい。これは治そうと思えばガスケットほどは掛からない(多分片手万円で余裕で収まるし、E50のホイールハブはキャリパーにボルト留めなので、固着しているだろうけどそれさえ外せば、恐らく自分でも出来る)。

ただ車体下部の腐食は雪山行った後は毎回ちゃんと洗車していた頃から結構進んでおり、後部のスペアタイヤを載せるステーなどは大分前からボロボロでタイヤ落とすんじゃないかとちょっと心配していたのだった。なので去年ちゃんと洗車していてもあの事態が生じなかったかというと、そうではないような気がする。まあ多少遅くはなって目標の30万キロに少しは近付いただろうけど。

■これまでの車歴など

エルグランドみたいなでかい車買うとどんだけ金あるんだって感じだが、フロー型の経営をモットーとしておりストックは持たない主義。何が言いたいかというと、バイクもそうなのだが、安物しか買っておらず、それを使い尽くす感じ。今回のE51も車検2年付きで70万円とか。安いものには理由があり、走行距離は11万キロオーバー。

前のE50エルグランドは2006年5月に15万キロオーバーのを残り車検3ヶ月とかで50万円で買った。それから5年弱で10万キロ以上乗って、26万800キロ台で終了。まあ天寿を全うした感じかな。

でかい買い物のためにお金を貯めるより、普段の遊びに回した方がいい。というわけでここ数シーズンは冬場は毎週遠くの雪山まで行き、毎月のガソリン代に片手じゃ収まらない万円使っているのだった。

E50の前のEG6シビックも、多分9万キロ走行のを50万円とかだったような。その前はEF8CR-Xでこれは走行距離忘れたが40万円くらいか。というわけで今まで買った車は40-70万円の範囲でしか買ってない。ついでにバイクは確か25-40万円の範囲(つかFireBladeだけ40万くらい。最近買ったYZ125、DR-Z、R1000は全て30万前後)。

一般に長距離とされるが実はまだまだ使える中古車を乗り潰すのは経済的だし、ついでに「エコ」でもある。ような気がする。まあメンテナンスとかそれなりに大変だけど。E50も、上のヒーターパイプ以外にも、マフラーに穴が開いたり、ブレーキキャリパーがおかしくなったり、ヘッドライトのカプラーが溶けたり、それなりに経年劣化による故障、それに伴う出費があった。

■E50とE51の比較

E52が既に出ている中、9年前の最初期E51と14年前のこれも最初期E50との比較に価値を見出す人など居ないだろうが、まあ何にせよ自分用メモで雑感を。

フロントの座面がE51は短くなった。運転席シートのゆったり度はE50の方が上。ただ逆にE51の方が足の可動角度は大きく、足を引いた姿勢も取れるので楽な面もある。

後席はスペック通り、E51は一回り広く快適。なおE50でやっていたのと同じく、2列目の座席は外して5人乗り登録してある。2列目もE50に比べてE51は使い勝手が良くなっていたみたいではあるが、その恩恵には与っていない。

ブレーキよく利く。E50のレビューで三本和彦さんが褒めていたのを見たが、E51も同様。E51ではリアがドラムじゃなくてディスクになっている。それもあるのかな。けどちょっと過敏な印象もあるのはディスクの弊害かも。

VQエンジンはやっぱりすごい。E50前期VG33の170馬力に対して、E50後期からのVQ35は240馬力。高速走行時は変わらない感じだけど、低速での違いはかなりある。E51は2トンの車体がありながらコンパクトカーみたいに扱える。E50であった低速でのもっさり感が全く無く、キビキビと動く。

5速ATの加速は滑らか。マニュアルモードも楽しいが、なんか2速までがやたらハイギアード。

5速ATのおかげで高速走行での回転数が低い(3000rpmでE50は130弱、E51は140弱、かな。E50の記憶がもう薄れている)から燃費良いのかと思ったが、なんかそれほどでもなさそう、というか、結局スピードに比例するみたい。トータルでは同じくらいかな。でも低速があれだけ俊敏なことを考えるとE51の燃費は優秀、というか普通に進化している。といってもどっちも普通に走っていて6km/l台から上手く行って7km/l台前半かな。何気にカタログスペックとの乖離は少ないんだよな。

4WDのスピードリミッターがE51では無い。メーター読み170ちょっとまでしか出してないけど、E50だと4WDの機構保護のためとかで160であったリミッターが無いことは確認出来た。

風切り音がすごい。というかひどい、というかなんか出所が違う。E50はフロントからビュービュー高い音がするイメージだったのが、E51は上の方でゴーっと低い音がしている。ルーフボックスの影響かな、と思ったが、E50でも同じものを付けていて特に影響は出なかったので車体の問題かと思われる。

後部の両側ドアは便利。荷物が取り出し易い。左側の自動スライドはあまり必要無いかな。

車体の剛性、足回りは流石にE51が良い。ちゃんと進化しているのね、と。タイヤサイズもE51では一回り大きくなり標準16インチになっているのもそれに貢献しているのだろうけど、小さいのの方がタイヤが安くてよかったなあ。

でも今でも、あるいはこれからも、運動性能はE50のレベルでも全然問題無い程度(ただ、その前のキャラバンとか、キャブオーバーの時代のは多分ちょっと勘弁て感じだけど)。最新のマシンを乗り継ぐ意義は見出せない、特にスポーツカーでない普通の乗用車には。

■おまけで牽引登録について

ナンバー取るときに、ついでに950登録(牽引する車両の側に、何kg以下の被牽引車を牽引出来る、という記載をする登録)もしたのでそのメモ。

費用は40円だったかな、用紙代のみ。準備等は一切不要(認印くらい持っていれば)で、書類だけあればいいので車体にヒッチメンバーが付いている必要も、やはり無い。今は資金が無いしすぐに牽引する予定も無いので、とりあえず書類手続きだけ済ませられたのはよかった。

手順は「950登録」でググって出てくるサイトの通り。車検の登録窓口に行って必要な書類を教えてもらう。それを買って記入する。再度登録窓口へ行って受付。検査のラインの方に行って(その前に車検窓口で別の用紙をもらうかも)、連結検討書を書いてもらう(あちらで全て計算・記入してくれる)。

とはいえ、牽引自体この2年の実績で年に片手で数えるほどしかないので、そのためにヒッチメンバーを6万円ほども掛けて取り付けるのもどうかと思うのだが。けどトレーラーが駐車場に置いてある以上、いずれにせよ自分で動かせるようにしておかなければならないんだよな。

|

« 【雪山記録】越後駒ヶ岳 2011/04/10 | トップページ | 【雪山記録】焼山 2011/04/17 »

car」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3241/51377281

この記事へのトラックバック一覧です: 車両変更:

« 【雪山記録】越後駒ヶ岳 2011/04/10 | トップページ | 【雪山記録】焼山 2011/04/17 »