« 【雪山記録】六日町八海山スキー場 2012/01/14 | トップページ | 【雪山記録】谷川岳天神平スキー場 2012/02/03 »

2012/02/03

【雪山記録】安比高原スキー場 2012/01/28-29

去年に続いて1/28夜のAPPI JAZZY SPORT中心に2泊3日で東北旅行に行って来た。

■1/28土曜、朝

3時起床4時出発のつもりだったけど、2時に目が覚めたのでそのまま準備3時半前に出発。

想定通り6時間ほどで9時半前に着いたのだけど、早朝夜明け前の雪道運転は非常に疲れる。完全に圧雪なら楽なんだけど、路面に微妙に雪が積もった状態で、暗いこともありグリップがどの程度なのかよく分からない。まあ走行車線をゆっくり走らず、たらたら走る車両を横目に追い越し車線をがんがん攻めた自分が悪いのだけど。

前回同様ホテル宿泊パックを利用。フロントに行ってリフト引換券を始めチケット類をもらったところで朝食帰りのマサヤファンタジスタと偶然遭遇。いい感じ。ま、これから滑りに行くとかいう話だったけど、スキー場では結局会えなかったわけだが。

■1/28土曜、昼

前日から雪だったようだけど、それほど降っているわけでもなさそうだし、そもそも非圧雪斜面が豊富なわけでもないし、後でVector Glideの試乗会でMastiffに乗ってみたかったし、というわけでアルペンブーツにDumont Pro Pipeでスキー場へ。リフト券発券が10時くらい。それにしても普通20分くらい開始時間をおまけしてくれるものだけど、ここは一切そういうの無いのね。

ゴンドラ下りたところから西森ゲレンデ。たまに青空覗いていたが、概ね曇りか小雪が舞う感じ。
P1280001

1本西森ゲレンデ滑ったけど、新雪もやはり薄いし、寒いし、で速攻撤退。西森へ向かう途中、オオタカコースは雪不足でクローズしていた。確かに去年より全体的に雪は少ない感じ。

安比ゴンドラも比較的混んでいるので、ザイラーゴンドラの方へ行って2本ほど。さらにセカンドを1本滑ったらもう13時とか。風が少しあってゴンドラが徐行運転だったのかな。あと下部の緩斜面もあり、意外と1本当たりに時間が掛かる。

去年は全然コース外滑らなかったけど、今回はセカンドの外の方に行ってみた。トラバースから下に2ターンほどはそれなりだが、その後ずっと藪だらけでまともに滑れない。ゴンドラ下にトラックがあったけど、もろにロープくぐらないと入れない感じで、趣味に反する。まあこれも濃いツリーを抜けて行けばアプローチ出来そうではあったが、そこまでするほどではない。他にもゴンドラから見る限りツリーが濃過ぎる感じのところばかりだったが、後でマサヤくんに聞いたらそんなこともないそうな。全然そういうスポットは見付けられなかった。

昼食はパックのチケットを使ってザイラースキーセンターで。安代舞茸とちくわの天ぷらそば750円とチャレンジボール(チンジャオ丼大盛り)1,300円を二人でシェアでちょうどいい。

1時間くらい休んでから1本ザイラーゲレンデ滑ってセントラルゲレンデに戻ったら既に14時半過ぎ。Vector Glideの試乗は既に撤収中で乗れず。

置いてあった板はこんな感じ。GeniusとButter Knifeのテレマークがあった。
P1280003

■1/28土曜、夜

チェックインして部屋に行って、軽くシャワー浴びてベッドで横になって休んだ。本館の大浴場は去年やたら塩素臭かった記憶があったのと、温泉パティオは遠くて時間が掛かるのとで、パス。

5分ほど遅れたが、17:30のMitsu the beatsの自身による未発表トラックばかりというオープニングDJからAPPI JAZZY SPORT 2012 RELAYに参加。

入口は去年の方がかっこよかったかな。
P1280006
前を行くボードを背負った人はRUSSさんだったような。

しょっぱな、mitsu the beatsのDJ。未発表音源どれもかっこよかった。特に最後から2曲目だったかが。後でふらふ... on Twitpic
この大ステージ左手のTNFのテントはその後TOKIOくんのライブペインティングのためのスペースに。

去年同様、右手に小さいステージがあって、そちらと大ステージで交互に進行するようになっていた。
P1280013
東田トモヒロのときの様子。

DJ聴きながら売店の方へ。grooveman SpotのAJSミックスとStolen Moments4&5、ダウンロード音源チケット、DJ GERHUNのミックスCD、で5500円ほど散財。その後の話だが、The North Faceの売店が全品半額というかなりお得なことになっていることに気付き、グローブを1つ購入。約5000円ほど。
TNFの出店もあって全品半額。マサヤくんも気になったというダウンパンツはレディースのみで残念だったのだけど、グローブがぼち... on Twitpic
かなり暖かくてリーシュが付いたのなのでBCに向いてそうだし、グローブは消耗品だから安いときに買っておくべし、と。連れもグローブと、レディース物しか残ってなかったバウンパンツを買っていた。ついでにAJS2012 RELAYのジャジスポTシャツとナガサワコーヒーも。んー、改めて書き出すと、かなり金を落としているな…

閑話休題。18:00のHIFANA登場で一気にフロアが満員に。人気なのね。

ホテルのレストランの夕食はやっぱりべらぼうに高いし時間も無いので、セットのクーポンで後ろの売店で食べ物買って、適当に飲み食いしながらまったり楽しむ。ライブチケットにドリンク券が付いていて、それ含めて3杯飲んでお腹一杯食べても2500円分クーポン使えば充分。

去年は進行が大分押したわけだけど、今年はそれを防ぐためか、各アクトの転換時に大会委員長CHOKUくんのMCでさくさく進行するようにしていた。あと最後GAGLEのときHungerが喋っていたけど、PAも速攻転換出来るように何やら工夫してあったらしい。けど去年は転換が遅かったという印象はそれほど無いのだけどな。何にせよ今回は転換はほぼ間隙無し。

というわけで細かくチェックしてみたら、HIFANA7分、東田トモヒロ0分、SICK TEAM&仙人掌8分、越野竜太バンド5分、KINGDOM AFROCKS6分、という感じでやはり各アクトのパフォーマンスも持ち時間より大体伸びていたのだけど。

という感じで30分ほど押した21時前、今回は絶対に最後のGAGLEを観なければ、というわけで一旦部屋に戻って休憩。Stax Groove+BrokenSportとTNFプレゼンツのザビエ『This is my winter』上映をパスして1時間ほど仮眠するつもりが、目覚まし止めて二度寝してしまい、3時間…

23:50くらいに会場に戻ったらKuniyuki Takahashi。チリンなビートから徐々に盛り上げて行って、リハビリにはちょうど良かった。けどその前の鎮座トープネスは少なくとも観たかったかなあ。

cro-magnonがスタートしたのが0:07だったから37分押しだったみたい。『This is my winter』とか飛ばして前半の遅れカバーしてもその後またずるずると伸びて行ったものと推測。

SOIL & "PIMP" SESSIONSの社長もcro-magnonのステージにゲスト出演で大盛り上がり。去年はトリだったんだっけ。改めて観たかったなあ、と。

cro-magnonは多分オンタイム、三宅洋平は5分ほど伸びたかな。

で、確か25:25くらいから(45分押しか)、待望のGAGLE。当然前の方に行って観る。
GAGLE! #ajs2012 on Twitpic

今日の主役!#ajs2012 on Twitpic
「悪いけど、今日の主役は俺だから」とMCで言っていた通り、堂々のステージ。

OvallとのHennessy Artistry Sessionでの「Vampire」(参照:GAGLE x Ovall シークレットセッション|ヘネシーアーティストリー)もやったのだけど、そのときのMCで彼らとアルバム作成中だとか漏らしていた。というのをツイートした(一応遠慮して、ajs2012タグは付けずに)らタロウさんがRTしていたので、期待して待て、ということなんだろう。Mitsu the beatsのビートでの新曲も披露していたけど、これもオープニングのDJのとき印象的だったジャジーというよりエレクトロニックな方向のトラックで、かっこいい。GAGLE単体の音源も期待だな。

そして当然ラストは「うぶこえ」。フックの「東北 stand up! quake survivors」というところ、一緒に後に付いて歌うように求めていた。2011年5月横浜でやったシンクロニシティで観たときは「聴いて下さい」とか言って曲に入ったのだけど、やはり東北、ホームのイベントということで客席との一体感があったのかな。

横浜で見たときとは段違いの完璧なパフォーマンスだったと思ったのだけど、Hunger本人は何やら不満がある様子。

個人的に課題も多かったラップの精度や自分のハートの強さも

プロフェッショナルじゃなくてもある意味では自然で

今回は、仕方のないものだったようにも思えます。


APPI JAZZY SPORT 2012|GAGLEオフィシャルブログ「GAGLOG」Powered by Ameba
DLカードのおまけ映像でも、泣きそうになっていたので(Hungerを)肘でつついた、とMitsu the beatsが振り返っていた。気付かなかったのはこっちもかなり上がっていたからか。

最後の最後はOutro的にRYUDENという人。最後まできっちり手を抜かず本物を使うのが素晴らしいなあ。どのアクトも素敵で、流石Jazzy Sport。

最後に、TOKIOくんの絵が描かれて行く様子を折りに触れチェックしていたので採録。
18:50頃。
P1280020

20:20頃。
P1280024

23:45頃。
P1280030
仕上げに入るべく思案中、かな。

24:55頃。完成したようで、絵具とかは片付けられていた。
P1290034

■1/29日曜

Vector Glide秋庭さんとのライディングセッションが昨年同様行われたようだけど、参加せず。去年も参加されていた方が動画付きのレポート上げていて、様子がよく分かる。
impulserecords blog » Blog Archive » Vector Glide × Jazzy Sport – Riding Session 2012

ぼくは、スノーシュー散策コースが今年オープンしたようなので、そこに連れと行ってみよう、と。去年もスノーシューの散策プログラムとかはあったけど、コースとしては整備されていないようだった、というかどこを歩くのかは不明だった。安比高原自然楽校の冬のプログラムページはこれかな。URL見ると今年用のページっぽいが。

ところで前夜、終演後、片付け中の大会委員長Chokuくんに挨拶したら、自分は使う暇無いないので、ということでリフト券をもらってしまった。

というわけで、折角なので、散策前にそのチケットを使ってVector Glideの試乗を1本。10時半くらいにゲレンデに出て、Geniusのテレマークを借りた。
P1290051
日曜で結構混んでおり、ゴンドラでは肩身が狭い。

借りた板は185cm、ビンディングはRottefella Cobra。まあビンディングの違いは分からなかったのだけど。リーシュはBlack Diamondのだが、G3のプラスチックのに比べて使い易かった。とはいえ今自分で使っているMagic Mountainのアルペンスキー用(ブーツのループでなくバンジーコードで巻き付けて留める)がやはりベストだけど。

ハヤブサコースを1本滑ってみて、やっぱりGeniusでの整地は疲れる。T1だとブーツが負ける感じだし。けどこれは足首とか強ければいいのかもしれず、ぼくの体力やスキルの問題かも。板が自分の193cmに比べ少し短いのと、ビンディングが比較的前に付いていたように感じるのだが(アルペンのブーツセンターに当たるブーツの位置と板のブーツセンターの印がほぼ同じ場所)、そのためもあってか、取り回しは悪くない。けどもう少し攻めて滑ったら板同士をガシガシぶつけてしまいそうだなあ。つか、相変わらず特にターン初期でパラレルに出来ずシュテムが酷く、長くて太いスキーだと間違いなくボロボロになるだろう。

スキー場滑ってもあまり面白くない感じなので、1本だけで早々に切り上げ、散策コースへ。ホテル本館の出口の横の雪壁に「スノーシュー」てペイントがあり、入口はそこだと分かる。
P1290054

11:27、歩き始める。連れにぼくの手持ちのスノーシューを履かせ、ぼくはテレマークスキーにクライミングスキン貼って歩いた。基本的にレンタル装備で楽しむものだろう。なんか受付しろとか書いてあったけど、面倒なのでパス。良い子は真似しないように。

標識は豊富で迷いようは無い。最初は去年泊まった部屋から見えた、イルミネーションの辺りを歩いて行く。
P1290056

50mくらいごとに、こんな感じのクイズとか、生えている樹木の解説があったりして、飽きずに歩ける。
P1290058

うさぎの足跡。
P1290059

ホテルのすぐ近くだし、すぐ向こうに道路も通っているところなのだけど、なかなか良い雰囲気の森というか林。この日は天気も良く、気持ち良く散策出来た。
P1290061

自然学校のページにあるコース画像で1kmのところからショートカットコースがあり、そりで滑り降りる絵があるけど、ガイドと一緒だとズタ袋的なものを貸してくれて簡易ソリみたいな感じで遊べるみたい。1kmの辺りが一番高いところで、ホテル側に向かってちょっとした斜面になっている。

そこを降りて、そのままショートカットすると元の道に戻って面白くないのでスキー場側に行って、1300m辺りで合流。
P1290069
画面奥から、正規のコースじゃないところを勝手に歩いた。

ゴール間際に積雪計があったのだけど、110cm弱。
P1290070

12:32、ゴール。
P1290072

GPSログ取っていたのだけど、こんな感じ。
20120129

その後、朝ごはんはゼリー飲料とかで軽く済ませて節約してあったので、昼ごはんは残り1500円分のチケットを使ってホテル本館レストランARLBERGのカレー&パスタブュッフェへ。ゲレ食にしてはいいかな。いや、値段も考えると、かなりいい、か。

■最後に

14時過ぎに安比を後にし、去年同様もう1泊東北を楽しむべく、鳴子温泉郷の川渡温泉へ。泊まったところもそうなのだけど、この辺は一つの宿で複数の源泉を持っていたりして、温泉天国。良いお湯だった。去年の秋保温泉よりも全体的に好み。また行きたい。

月曜の昼食は仙台に寄って牛タンを楽しんでから、18時半頃ようやく帰宅。良い旅だった。

|

« 【雪山記録】六日町八海山スキー場 2012/01/14 | トップページ | 【雪山記録】谷川岳天神平スキー場 2012/02/03 »

snow」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3241/53881591

この記事へのトラックバック一覧です: 【雪山記録】安比高原スキー場 2012/01/28-29:

« 【雪山記録】六日町八海山スキー場 2012/01/14 | トップページ | 【雪山記録】谷川岳天神平スキー場 2012/02/03 »