« 【雪山記録】谷川岳天神平スキー場 2012/02/03 | トップページ | 【雪山記録】六日町八海山スキー場 2012/02/05 »

2012/02/05

【雪山記録】かぐらスキー場 2012/02/04

午前は前日の残り物新雪とVector Glide Fat Ski Race 2012、午後は中尾根北斜面、と天気はいまいちだし前日からの降雪も無かったわけだが、まずまず堪能。

確か6時半の目覚ましで起きて、リフト券発売開始と同時に列に並んだのだが、その後着替えとかで遅くなったような。まあ新雪も無いし、ロープウェイ1番搬器に乗る必要も無いし、と。

7:40くらいのロープウェイ、3とか4便目かな、で上へ。

1本目、レースで使うテクニカルを下見しようとしたら既にクローズされていた。
P2040022

なので左のツリーを適当に下りる。そこそこ残っていたけど南に向いているためか日射の影響でパリパリで、昨日の天神平での軽い雪とのギャップに衝撃を受ける。

その後はジャイアントとメインの間のツリー。3-4本滑ったが、ラインを選べば新雪がそこそこ残っていてまずまず楽しめた。

9:30過ぎにFAT SKI RACEの受付。その後1本滑る。結局もう1本滑ってもよかった感じか。松下ヨシナリさんも来ていてMCやっていたけど、ジャジースポーツクラブ、とか2箇所くらい間違ったりしていたような。

10:20くらいから開会式。
P2040035

Jazzy Sportの人たちも出るのかと思っていたけど、前夜主催クラブイベント、breakthrough@渋谷the room、があって、寝ないでそのまま来たようで、不参加。
P2040036
開会式後、爆睡中のマサヤファンタジスタを激写。後ろにいい顔のタロウさん。んー、これはブランドイメージ的にまずいかも… ま、いいや。

1本目のぼくのタイムは38秒台。そのタイムを参考に目標タイムを設定、自己申告して、それに近い人が勝ち、というルール。目標タイムは遅くしてもいいわけだけど、一応頑張って滑ることにして1秒早い37秒台にした。が結局2本目40秒台でお話にならず。思った以上に掘れていて、前半ポールぎりぎりを狙って行って却ってロスが多い上に心も折れた。

ポールはテクニカルコースの下2/3、少し平らなところから一番急なところに張られている。スタート台からの様子。
File0001mov_000623773
緑のジャケットは取材の(?)カメラマン。この方もGenius履いていた。

それにしても、こんなところで、しかもこんなボコボコな状態でのレースというのも珍しいのでは。頭おかしくていい感じ。あ、純粋にタイムを競うCordova Cupの前には流石にみんなでデラ掛けした。

Fat Ski Race、速い人たちは33-34秒で滑っていた(Cordova Cupもそのくらいだったみたい)。優勝したのはMastiffに乗った方で、タイムも2本とも34秒フラット前後と速かった。ぼくの前の出走だったのだが、妙に慣れたスタートで、スタート台横に居た秋庭さんに、やたら上手いですね、と声掛けたら、スキークロスやっていたみたいよ、とのことだった。それは反則だなあ。タイム揃えられるのも道理。周りの会話聞いていたら、他にも速い人は昔ポールくぐっていたような人が多かったみたい。

まあそんな人たちばかりでなく、ポール規制以外にもターンしまくりながら下りている人も居たわけだけど。そしてそんな感じで3位に入っていたような。非常に確実な滑りということか。

Fat Ski Race1本目滑走が11時前、2本目が11時半過ぎ、デラ掛け12時前、Cordova Cup12時過ぎ、表彰式12時半前、という感じだったかな。Fat Ski Raceが20名弱、Cordova Cupは4名の参加者。

表彰式の一幕。Fat Ski Raceの1位発表時。
File0005mov_000115615

Mastiffを掲げている優勝者の方とはブリーフィング開始を待っているときにTLTとGeniusのことでお話した。別の板で使っているTLTはトゥーピースが誤開放しまくるとか言っていた。ネットとかでもよくそういう話見掛けるが、ぼくは全くそういう現象に遭遇していない。なのでそう答えておいた(実際翌日八海山でコブ斜面滑っても平気だったし)。センター出しやクリアランス調整の不具合なのかな。あとMastiffだとパウダーで浮かないからGeniusにも興味があるとか言っていたが、今回の優勝でGeniusも無料で入手出来るわけで、いいなあ。

<追記>
マサヤくんが優勝者のツイッターアカウント発見。



</追記>

(さらに追記)
1本目自分の滑走までとその後少しの様子をざっくり編集してYouTubeに上げた。

3人目か4人目に、上記「ポール規制以外にもターンしまくりながら」の様子も。

ぼくは参加賞のWhite Film Vol.2のみ。
P2040040

ずっとヘルメットカメラ動画は撮っていたので、そのうちまたYouTubeに上げるかも。

表彰式も終わって、とりあえずその場でもそもそ菓子パンの昼食を摂って、13時前、スキー場ももう楽しいところは終わっているし、どうしようかなあ、と。とりあえず1本、第1高速下りたところから北斜面へ。ぎたぎたで楽しくない。けど中尾根方面を見るとそこそこ視界あるし、風が強かったりもしない。というわけで登ることに。

もう1回第1高速で上がって、ゲートは天候不良とかで封鎖されていたけど無視して出てしまう。13:26。そこから歩くトレースもあったけど、第5ロマンスがやっていない時期に中尾根目指すなら去年の経験から第5ロマンス乗り場辺りから登って行った方が楽なので、一旦滑り下りる。ちょうど目指す方向に登りトレースも見えたので、そこを目掛けて。

13:30、第5ロマンス乗り場の少し上で準備。今回もクライミングスキン貼るのに手間取った&雪が付いてしまった。Geckoの取り扱いは難しいな。

13:45、登高開始。標高1640m地点かな。

登りトレースはかなり立派。けどスノーシューで踏み固められていて、スキン登高だとスリップしてしまう。ラッセルする方が体力使うので、少しきつい斜度だがそのままトレースに乗って頑張る。登っている最中に10人くらいのグループが南斜面を下りて来た。ガイドツアーとかっぽい。

ドロップポイント到着が14:30。中尾根の頭の少し下、1950m地点。トレースに乗って標高差300mを45分。んー、微妙。まあ化繊綿ベストやヘルメット、ゴーグルしたままで暑くなり過ぎないように登ったのでそんなもんか。普段ちゃんとした山に入るときはインナー1枚とシェルジャケットのみでいわゆる中間着は無しだし、ハイクのときはヘルメット&ゴーグルでなく帽子とサングラス。

クライミングスキン取るのにもやっぱり苦労して、14:45、滑走開始。トラックが結構入っているので、出来るだけ面ツルのところを探して2-3分ウロウロ。
File0006mov_000199582
で、至福の数ターン。

(追記:YouTubeに動画上げた)

後は消化試合でたらたら降りて行ったのだけど、ゴンドラ山頂駅の辺りでちょっと登ってコースに復帰するところ(に行かずに尾根をトラバースして乗り越し、少し上に出た方が楽なわけだけど)で、トラックがそのまま下に降りて行っているので追ってみる。かなり分かっている人たちだったようで、ゴンドラコースの落ち込みで初心者迂回コースが設定されているところに出ていた。ぼくは途中で外してしまい、一人下りラッセル。15:10、スキー場に戻る。標高1180m辺りかな。

ヤマレコ記録。

そのままみつまたエリアに戻る。ちょっと滑り足りない気もしたので、第2高速に乗ってパークに入ってみた。3つくらい手頃なキッカーがあったので飛んだが、なんか腿が終わっている感じ。なのでここで怪我とかしてもあほらしいので1本で切り上げて、下山コースは開いていなかったので、ロープウェイでベースへ。16時、終了。

そういえばロープウェイ山頂駅に行ったところでまた秋庭さんにお会いした。おつかれさまでした。

入浴は山の湯へ。狭いけど源泉掛け流し(加水加温循環消毒無し)なので。改めて分析表を見てみたら硫黄泉てことになっているようだが、単純泉の五十沢温泉の方が硫黄分が強い気がするんだけど。

|

« 【雪山記録】谷川岳天神平スキー場 2012/02/03 | トップページ | 【雪山記録】六日町八海山スキー場 2012/02/05 »

snow」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3241/53909789

この記事へのトラックバック一覧です: 【雪山記録】かぐらスキー場 2012/02/04:

« 【雪山記録】谷川岳天神平スキー場 2012/02/03 | トップページ | 【雪山記録】六日町八海山スキー場 2012/02/05 »