« 【雪山記録】石打丸山スキー場 2012/03/03 | トップページ | 【雪山記録】六日町八海山スキー場 2012/03/10 »

2012/03/04

【雪山記録】阿寺山 2012/03/04

山スキー始めた頃から噂には聞いていた知る人ぞ知るスキー名山についに行って来た。今シーズンのLast Frontier誌でスプリットボードでのツアーが紹介されていたこともあり、スプリットボード、Jones The Solutionで。後半ギアトラブルやルートミスがありつつも、天気は快晴だし、Twitter仲間のtake_usさんと前半一緒に登れたし、良い一日だった。

目覚ましとか特に掛けなかったけど、6時半起床。天気が良いみたいだから登りに行こうと思いつつも前夜全然準備していなかったのでパッキングを急いでやったり、六日町のマクドナルドでコーヒーの助けを借りて排便したりで、結局登山口には7時半過ぎに着いたような。

1月に八海山スキー場に滑りに行った帰りに登山口の様子を偵察に来たことがあったのだけど、そのときとは様子が変わっていた。広堀橋の手前、右岸側で護岸か何かの工事をしていたのだが、今はしておらず、そのためもあってか広堀橋は除雪されていないし工事車両用のスペースも雪に覆われたまま。なので右岸側の除雪終了点に2台ほどしか駐車出来ない。そして既に2台先客があり、ちょうど歩き始めようとしているところだった。

仕方なしに、その辺はUターン出来る場所も無いのでバックで数百メートル下がって、民家の軒先借りてUターンしていたらもう一台上に向かう車が。阿寺山登る人かな、と思って声掛けようかとも思ったけど、すれ違い。ぼくはそこからまた100mくらい下りたところで雪捨て場のようなところで路肩に停められるところを見付けてそこに駐車。広堀橋から距離500m標高40mほど下だけど仕方ない。標高340m地点からスタート。

さっきすれ違った車は一度通り過ぎたけどまた登って来て横に停めた。やっぱり登るのか、と思って挨拶したら、ルサンチMANさんですよね、というわけでtakeさんだった次第。色々お話していたら切りが無いので適当なところで準備に入って、歩き始めたのが8:18。気温は10度近くと暖かい。ぼくは最初から上半身はシェル着ずインナーのみ、グローブも薄手の春山登り用。しばらくはtakeさんと隣り合ってお話しながら歩いた。

takeさんは道路を歩くつもりだったそうだけど、雪はつながっていて歩けるようなので駐車場所からクライミングスキンで登高。しばらく道路と田畑の間を進む。広堀橋通過が8:30。
P3040006
こんな感じで2台しか停められない。
P3040007

林道が回り込んでいるところはショートカット。その少し上から、顔を覗かせ始めた八海山入道岳(多分)。
P3040008
と阿寺山方面、真ん中に登る尾根(多分)。
P3040009

9:06に登る尾根の取り付きに到着。急登なのでスキークランポンを装着。takeさんは無しでそのまま。

というかその後散々痛感するが、やはりスプリットボードの登高能力は低い。Solutionはフレックスが固い方とされているが、それでもスキーモードだと撓み過ぎてクライミングスキンを効率的に効かせられなかったりという場面が非常に多い。ぺなぺな、という感じ。ついでに、板の前が上がらなくてやっぱりキックターンはやり難い。ハードブーツ履いていてもそんな感じなんだから、ソフトブーツだとスキーヤーと同じように急登登るのは無理だろうな。

というか、事前に地形図見て分かっていたことではあるが、この山はスノーボードで滑るなら普通にスノーシューで登った方が良い。だらだら登るところも無く急登メインだし。実際シューでガシガシ直登しているトレースがあった(下りはボードのトレースなので、登山者じゃなくボーダーだろう)。平標山なんかは前半だらだら登りがスプリットだと有利だと思うけど。

閑話休題。水分補給などもして、9:16に尾根に取り付く。あまり広くなく、結構細かくジグを切る必要がある。先行トレースが前日以前のものもあって的確なのでそれを使わせてもらう。上記スノーシュートレースも、かなり潜っており、前日以前のものだったみたい。

1段目の急登を終えて、2段目の急登手前で取った写真。
P3040010
標高760m辺りかな。

10:18、ちょうど1004m標高点がある辺りで休憩。その手前で先行者が一人ようやく見えた。ここでtakeさんには先に行ってもらう。その手前から南側の谷の様子。軽くデブリが出ているところもある。
P3040011

ぼくはゼリー飲料で栄養補給と水分補給、ついでにピットを掘ってみた。積雪深は300cmのプローブが底付きしなかったのでそれ以上。平坦なところで掘ったので腰が痛くなり、ピットの深さは80cm程度。20cmと40cmのところに明瞭な層があった。
P3040014
けどガッチリ結合している感じで、ショベルで叩いても全くずれない。

切り出した柱を引っ張ったら層になっているところではずれずにピットの一番下でずれた。
P3040015
というわけで気温が上がったりそのため雨が降ったりしたけど、その影響は小さそう。普通に注意すれば谷筋も滑れるだろう、と。

10:37、登高再開。栄養補給した割りに足が進まない。やっぱり1000mの後半1/3はバテる感じか。んー、鍛えねば。

1250mまでの3段目を越えたところで先行二人、takeさんとさっき見た別の先行者が見えた。けどぼくはさらにペースが落ちて差を広げられてしまった。なんか眠くなって来るし。

4段目を越えた1350mからはなだらかな登り。距離は意外とあってもどかしい感じ。
P3040016
中間部が樹林帯のそれなりの斜度の登りで最後緩やかに、という斜面構成は守門大岳と同じような感じかな。それよりきつい登りはあるけど。この頃には快晴でなく雲が出て来ていた。

12:05、山頂に到着。出発時のまま上半身はシェル着ずにインナーのみ、手袋は登り用の薄いののままだったので寒い。気温は0度前後だった。尾根に取り付いた辺りでは10度近くあったわけだが、標高差なりということか。というわけで速攻シェルジャケットと冬山用グローブを装着。さっき休憩したときに着込めばよかった。

ちょうど最初の人が滑り始める前で、この日登った人は全員山頂に居たかな。6名ほど、ぼく以外はみんなスキー。ファーストドロップはソロの女性テレマーカーだったような。かっこいいな。

阿寺山は1509mと大したことない標高だけど、周りの山々が見渡せるちょうどいい場所にある。斜面も良いけど展望も良い。スキー名山として一部に知られるのも宜なるかな、と実感した。
P3040017
▲中ノ岳。▼八海山。
P3040017_2

P3040021
▲麓の方。▼巻機山の方。
P3040021_2

ぼくの滑走準備中に他の皆さんは次々ドロップして行ったけど、なんかヘルメット装着率が異様に高かったような。全員だったかな。まあそういう分かった大人な方々が来るところという気がする。

12:28、しんがりで滑走開始。下りは尾根を忠実に辿るつもりは毛頭無く、最後登り返し覚悟で登山道がある沢の方へ進路を取った。標高1150mくらいまでは意外とふかふかの雪で快適に滑降。その辺で2人組を追い越してから下地のがりがりが気になり出し、谷筋にデブリも見え始めた。

(追記)という辺りまでの滑走動画。

その後かなり細かい尾根と谷の連続で効率の良いルートを取るのは難しい。というか、ノリで滑っていて全然地形図チェックしていなかったわけだけど。

その辺でデブリを越えていたらいきなりビンディングが外れた。この前八海山で滑っているときもあったが、ヒールベイルのワイヤーが外れた。
File0001mov_000849000
Voile Mtn Plate Kitはダメだやっぱり。完全に外れる癖が付いてしまったみたい。それにしても、そもそもの作りがイケてないとしか。今シーズンのスプリットボードは終わったかな。Voileのはもう信用出来ないので、来期はBomberのでも買うとしよう。

(3/14追記)Voileのサポートに連絡したら代替品を送ってくれた。この問題への対策か、U型だったのがD型になって絶対外れないようになっていた。voileからsd mtn plate heel bail wireが届いた。溶接してある対策品だ。最初からこうしとけよ…... on Twitpic

(3/24さらに追記)D型なのは元からだった。溶接してD型にしてあるのだけど、溶接部分が取れていた。完全に取れたのと、もう一つもクラックが入っていた。
Img_0831
左端が代替品で送ってくれたものだけど、熱が入っている範囲が広い。これで強度が増しているのだろうか。今期はこれで凌ぐとして、来期はBomberのを買いたいところ。

閑話休題。広堀川に合流する辺りで先行のスキーヤーが視界に入った。左岸をトラバースするトレースに追従するみたいだけど、ボードだと辿るのは厳しそうなので河原に降りたらやっぱりダメダメで、そのスキーヤーの方に進路を教えてもらいながら下りたところで板を割ってスキーモードにして階段登高。標高520m地点、13:00。

しばらくしてボーダーのトレースに合流したけど、板を外してツボ足で登っていた。雪が緩んでずぶずぶなのでツボ足より楽だろうということでスキーモードで階段登高続行。

13:10、そのときはもっと掛かったように感じたけど10分ほどで登りトレースに合流してから、普通にスキーモードで滑走出来るけど、ヒールフリーだしスキー板とはサイドカーブやフレックスが違うし、滑り難い。腿をぷるぷる言わせながらそのまま下る。割るのを止めてボードにしたら、よっぽど突っ込まない限り細かい地形で登り返しに嵌るだろうし、まあスキーモードでよかっただろう。そういう意味ではスノーシューよりスプリット向きかもしれない。まあ上手ければポール使いながらボードで滑れるようで、このときあったボードのトレースはそんな感じにしていたようだけど。

13:18、広堀橋通過。車は1台のみ、最初にドロップした女性テレマーカーがゆっくり干し物したりしていたような。そこから下は板が滑らなかったのでやはりボードでなくてよかったか。

13:28、駐車場所に到着。takeさんは既に居なくなっていた。流石にすんなり下山されたみたい。
Fi010001mov_001339166

(追記:takeさんのこの日のレポート→阿寺山 BC - 日本大好き!!

というわけでこの日のトレースをヤマレコに。

前述の通り、登り返し有りの間違いトレースなので、ちゃんとしたトレースはEVA父さんの記録(阿寺山(1509.0m) 山スキー・山登りと徒然日記/ウェブリブログ)などを参照されたい。

お風呂には入りたかったけど時間的にゆっくりする余裕は無いので、五十沢温泉ゆもとかんの旧館へ。前回来たときとは違って空いていた。といっても先客が1人、後からもう1人入って来て3人だったけど。

14時半に帰路へ就く。途中何箇所か渋滞があり、やはりもっと早く出ないとダメかと思ったが、それほど大きなロスは無く、2時間半ほどで無事帰宅。

|

« 【雪山記録】石打丸山スキー場 2012/03/03 | トップページ | 【雪山記録】六日町八海山スキー場 2012/03/10 »

snow」カテゴリの記事

コメント

はじめまして~
mixiの書き込みからきました~
今日、阿寺山でファーストドロップをいただいてしまったテレ@単独女子です

お天気よくて、上部は思いのほか雪も良くて最高でしたね~
次回、どこかのお山でお会いした時は声かけてくださ~い


投稿: わだっし | 2012/03/04 23:44

ルサンチMANさん、twitter、mixiではお世話になってます。

駐車スペースが少ないですね。前夜入りがよさそう。
次のイベントの参考にさせていただきます。

あ、わだっしさんがもうこっちに来てるw 狭いですね。

投稿: makochan009 | 2012/03/05 14:51

昨日の阿寺山のレポート書かなくちゃ、なんてネットで検索していたら、、あれひょっとして・・
こんにちは。下の沢で「右手の方いけ~」とか言ってたスキーヤーです。
天気も最高で、雪も上の方はよかったですね!またどこかのお山でお会い出来たらよいですね!

それにしても一番手のテレ単女子、かっこよかったなぁ


投稿: M本 | 2012/03/05 18:26

こんばんは。
当日の滑走はとても楽しかったですね。お話しながら登れたので尚更楽しかったです。ブログは明日アップかな?orz
 今後は何処に行こうか考え中です!

投稿: take_us | 2012/03/05 20:10

ご無沙汰致してました!
いつも拝見してるのですが、素通りで申し訳ありませんでした。

take usさんって、
もしかして、父さんが2月19日『東谷山』帰路でお会いしたお方かもしれません?

また何処かの『お山』で、
お会いできる日を楽しみに致しております。

投稿: EVA父さん | 2012/03/05 20:52

うお、珍しくコメントが一杯だ。

>わだっしさん
ブログ拝見しました。
ほんねのね: H24.3.4 阿寺山http://honnenone.blog.ocn.ne.jp/honnneone/2012/03/h2434_66a1.html
只者じゃないと思ったら、かなり精力的に滑ってますね。すごい。
またお会いしたらよろしくです。

>makochan009さん
いつもお世話になっております。
わだっしさんは前夜泊だったみたいですね。トイレとか無いのが気にならない猛者ならそれもアリでしょうか。ぼくはヘタレて市街で寝ていたわけですがw

>M本さん
その節はお世話になりましたm(_ _)m
お恥ずかしいところをお見せ致しました。記事にも書きましたが、助かりました。
滑走用具はボードでなくスキーに変わるかもしれませんが、ヘルメットとウェアはいつもあれなので、また見掛けられたらよろしくお願いします。

>take_usさん
色々お話出来て本当に楽しかったです。ぼくの登りが早くて追い付けば滑りもご一緒出来たのですが…
ぼくは例によってTwitterで山行計画もあれこれ書いていると思うので、タイミングが合えばまたよろしくお願いします。

>EVA父さん
いえいえ、こちらこそ、ブログを散々読みまくっているのにお礼もせず、失礼しております。今回の阿寺山もですが、今度行こうと思っている浅草岳の記録など、色々勉強させてもらってます。
takeさんは、多分そうですね、同じ2/19に東谷山に行かれているようです
・takeさん:東谷山 BC - 日本大好き!! http://blog.goo.ne.jp/takeshi_001_10/e/4568f87382c712e6c1ad97f8008a4727
・EVA父さん:東谷山(1553.8m) 山スキー・山登りと徒然日記/ウェブリブログ http://yama-ski.at.webry.info/201202/article_7.html
本当に狭い世界ですね~
ところでロッカー板、EVA父さんほど滑りが上手ければ不要かもしれませんが、多分ぐさぐさの春雪でも有効だし、お勧めです。
また是非ご一緒したいです。まだまだお元気で登り&滑り続けて下さい。

投稿: kj a.k.a. ルサンチMAN | 2012/03/05 22:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3241/54140179

この記事へのトラックバック一覧です: 【雪山記録】阿寺山 2012/03/04:

« 【雪山記録】石打丸山スキー場 2012/03/03 | トップページ | 【雪山記録】六日町八海山スキー場 2012/03/10 »