« 【雪山記録】浅草岳 2012/03/29 | トップページ | 【雪山記録】三岩岳 2012/04/02 »

2012/04/01

【雪山記録】守門袴岳 2012/03/30

去年オカバミ沢から登ったときに少し滑った青雲岳西尾根の雪原を歩きたかったのでそこを登りに取り、下りは1本南の夏道がある尾根、という周回ルート。

下りの尾根の前半が思った以上に平らで滑れなくて、スプリットボードで行ったのは失敗、やはりこのルートもテレマーク向きだったような。まあ修行にはちょうどよかった。天気も何とか持ったし、まずまずの一日。あ、前回の守門袴岳同様に山行中誰にも会わなかったのもよかった。

前夜23時就寝。この日はぐっすり眠れて、自然に目覚めたのが6時半。山行くには遅めだが、まあいいだろう。

8時半前に二分の除雪終了点に到着。先着車3台、すぐ後にもう一台来た。 ウェア着てブーツ履いて、クライミングスキン貼って、それほど日差しは無いけど一応日焼け止めも塗って、さあ出発と思った9時前、いきなり本降りの雨。

もう帰ろうかと思ったけど、しばらく待ったら止んだ。そして空も明るく、そんなに悪くなりそうもない。というわけで折角来たんだし、出発することに。この後天気は回復基調で、正解だった。

9:12、歩き始める。去年来たときより雪は多い感じ。
P3300001

歩き始めてすぐのところから、守門大岳。
P3300002
青空、というほどではないが雲の薄いところも見える。

間違えて大岳の方へ橋を渡りそうになったが、直前で気付いて方向転換。二口へ向かうトレースも数本あった。

去年ルートを間違えて通過に苦労した中の高地沢出合下の堰堤のところの斜面は今年もやはり雪が落ちていた。
P3300004
というか始めから付いていないのかな。

猿倉山南西の橋のところの小屋と橋。猿倉橋と二口登山口駐車場のトイレなのかな。
P3300006
9:47に通過。

分かり難いけど、去年より本高地沢は埋まっている気がする。
P3300008
とはいえとても滑って来れる感じではないけど。あと去年より時期が数日早く、最高気温が10度を越えて雪解けが激しい時期なので比べるのも微妙かもしれないけど。。

その辺りで、2本あったトレースが分岐したような。1本はそのまま尾根を登って行ったように見えた。ここから夏道に合流したのかな。もう1本はぼくが向かう方に行っていたので、それを辿る。

10:46、標高690m地点で先行トレースが尾根に取り付いていて、その手前で休憩した様子。ぼくも休憩。岩が露出しているところの手前。
P3300009
出発からここまで、また雨が降るのを一応警戒してジャケット着ていたのだけど、流石に暑いし天気も大丈夫そうなので脱いで、給水など。

10:56、再開。先行トレースはスキークランポン付けていたようだけど、このときはずぶずぶの湿雪で不要。それより、急なところでは表面の雪10-20cmが崩れて滑落しそうになる。全体的に緩いところだし、ボードでノーポールで滑れるようにと、ウィペットセルフアレストポール持って来なかったのを後悔した。というわけでそういうときでも遠慮なく持って行けるように、その後ウィペットセルフアレストポールを短くカットし、さらにトレイルコンパクトの下2段とのキメラ仕様で短く収納出来るようにしたのだった。

11:18、稜線まで這い上がると南向かいの藤平山がよく見える。
P3300011
帰りに通る予定なので観察しておく。向こうの稜線も思ったより平らでアップダウンがあって、スプリットボードで来たのはやはり失敗だったのではないか、と。

あと、最近TLTとテレマークでブーツ裏に何も無い状態で歩いていたわけだけど、それと比べてブーツ裏にプレートが付いていて重いのは体力的に結構辛いのがよく分かった。もう一つ気付いたのには、キックターンなどやり難いのは板の重量バランスとかよりも、ピボットポイントが後ろにあることが原因かな、と。これは普段の歩き難さにもつながっている。スプリットボードをハードブーツで使っているコアな人たち(海外の話。日本だと殆ど居ないだろうけど)がTLTのトゥーピースで歩いてプレートは背負う気持ちがよく理解出来た。

先行トレースは950m辺り、急登終わりまでで、そこから滑り下りたみたい。11:40くらいだったかな。それにしても、長々と1時間半とか林道歩いて、あの斜面だけ楽しんで帰ったのか。贅沢だ。

その後はだらだら登り。まずは雪庇の出来た細い尾根。
P3300013

30分くらいして自分のトレースを振り返る。
P3300017
12:10頃、1100m辺りから。

その後少し急なところ、といっても直登出来る程度、を登って、待望の大雪原へ。
P3300018
1150m辺りかな。

自分のトレースをまた振り返る。
P3300019

1250m辺りでは袴岳山頂も顔を覗かせていた。そして青空。登って来てよかった。
P3300020

同じ場所から多分大岳の方。
P3300021

袴岳山頂への登りはどこまで雪庇なのかよく分からない。クラックが見えているのでそれよりは右寄りに進む。
P3300025

13:35、山頂到着。
P3300027
大岳方面の雪庇を望む。

前日登った浅草岳。
P3300028

薄もやが掛かってそれほど遠望は効かない。なのでそれほどゆっくりせず滑降準備。

13:55、滑降開始。山頂直下から本高地沢。
Vlcsnap2012040113h52m12s155

当初は本高地沢を標高差300mくらい滑り下りて、登っている間に目を付けていた最初の樹が生えた尾根を登り返そう、と思っていた。けど滑り始めたら最初のがりがりはいいとして、雪が緩んだらすぐにストップスノーで非常に滑り難い状態。先を見ても意外と細い沢筋で、スケールの大きな気持ちいい滑りは出来ない感じ。

というわけで標高差100mほど滑ったところで早々に諦めて南側の登山道がある尾根の方にトラバース。ヒールサイドなので辛い。こんなときに限ってポール持って滑ってないし。目指した稜線まで辿り着けず、途中で板脱いでツボ足移動。稜線に立ってポール出してしばらく平坦地を漕ぎを入れながら進んだけど、登り気味のところが出て来て先を見るとどう考えてもボードでは滑れない様子なので、板を割って滑るというか歩くことに。

14:13、1348mピーク手前から、15:00、藤平山まではスキーモードで歩き。滑れるところもあるが、ヒールフリー状態だとストップスノーで前につんのめりそうになるので、疲れる。北隣の尾根よりは狭いけど同じようなだだっ広い雪原が広がるが、1181mピークへは標高差30m弱の緩い登りがある。脇は結構な急斜面で落ちているので、エッジが外れないように一歩一歩気を使って登るのが辛かった。安全に行くならクライミングスキンを貼った方がいい。

藤平山で少し休憩して、15:15、ボードモードにして再開。登山道が狭い沢筋に付いているのでそれに沿って行く。
Vlcsnap2012040114h36m29s219
こんな感じで右に左に蛇行しながら、概ね滑れる。ポールは出していた方がいいけど。それほど雪崩の危険は無さそうだけど、ここはあまり登りに使いたくはない感じかな。オカバミ沢の方がよっぽど気分いい。

854mピーク南で尾根を乗り越して西面の急斜面に入るところは少し登りになっていてボードだと板を外さずに滑り込むのは難しそう。というか分岐はそれほど明瞭でなく後から考えると確かにそれっぽいのだけど、最初はそのまま沢筋を下りてしまい、明らかにヤバそうな雰囲気にGPSを確認して間違いに気付き、ツボ足で膝上まで埋まりながら登り返したのだった。
Vlcsnap2012040114h52m54s7
▲右上のボコが目印かな。バカでかいスノーロールが左に見えている。
▼このまま進むとヤバい雰囲気で止まったところ。ここから登り返し。
Vlcsnap2012040114h53m48s116

その後大池への急斜面下りは当然ボードのまま。重湿雪ストップスノーで楽しくは滑れない。うさぎが見れたのが唯一の救い。

大池に15:53。道路に合流するのだけど最初それほど明瞭でなく、道と勘違いして大池への沢を降り掛けたところでまたツボ足で登り返して、そこで板を割ってスキーモードになり、そのまま駐車場所まで歩く。標高640m辺りで道は尾根を左に行くところ、そのまま尾根筋を進む。この辺りは滑れた。田んぼと思しき地形を歩いて横断して、登りのトレースに16:29に合流。

16:50、駐車場所に無事帰着。
P3300032
ぼくが最後と思いきや最後に来た車が後ろにあったが、すぐに戻って来た。格好からすると登山等でなく釣りだったみたい。

今度こそは守門温泉、青雲館隣の白石荘に行こうと思っていたのだが、またまた時間的に無理になってしまった。仕方なく小出の方に下って行き、神湯温泉倶楽部へ。平日は17時以降夜間料金適用450円なのでちょうどよかった。スーパー銭湯的なあまり好きじゃないタイプの施設だが、青雲館と違って広いのは良い。通常料金も600円だから、同じ料金で青雲館行くくらいならこちらの方がいいかな。

|

« 【雪山記録】浅草岳 2012/03/29 | トップページ | 【雪山記録】三岩岳 2012/04/02 »

snow」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3241/54354643

この記事へのトラックバック一覧です: 【雪山記録】守門袴岳 2012/03/30:

« 【雪山記録】浅草岳 2012/03/29 | トップページ | 【雪山記録】三岩岳 2012/04/02 »