« 【雪山記録】守門袴岳 2012/03/30 | トップページ | 【雪山記録】岩手山 2012/04/05 »

2012/04/03

【雪山記録】三岩岳 2012/04/02

3年前のリベンジで無事登頂、おまけに三岩から落ちる黒檜沢を下まで通せて、会心の山行だった。まあ雪は難しい状況で、滑りはいまいちだったけど。

土日は家でゆっくり。毎日休みって素晴らしい。混んでるとき、条件が悪いときにわざわざ出掛けずに済む。というわけで前夜21時頃自宅出発、道の駅番屋に23時半頃到着。0時過ぎ就寝。

6時半に起床して小豆温泉スノーシェッドに8時前には着いたけど、お腹が痛くなって檜枝岐スキー場まで行ってトイレを借りた。駐車場所には他に1台。三岩岳には登らなかったみたいだが、帰り際スキー担いだ人が北から歩いて来て車の持ち主と推測されるがどこに登ったのやら。訊きに行けばよかったかな。

というわけで出発は遅くなり、9:05。
P4020001
前夜少し降ったみたいでGeniusで行こうか迷ったけど、今回のスノートリップの主戦であろうBandit B83を今期初投入、使えるかチェックすることに。

ところで、ウィペットセルフアレストポールを今期から導入していたわけだけど、97-140cmという調整幅で使い難かった(140cmてどこの巨人がそんな長さに設定して使うのやら。ぼくは身長173cmで滑るときは105cm。ツェルトなどで使うにしても130cmもあれば充分だろう)。今までトレイルコンパクトで急斜面でジグを切るとき、山側は80cmくらいまで短くして使っているわけだし。さらにウィペットはグリップが普通のスキーポール同様一番上だけで、トレイルコンパクトなどのようにその下に補助グリップが付いておらず、したがって歩行時にアイスアックスを持つように上の方を持つのでさらに短い必要がある。というわけで山道具道楽さんの記事(BD“ウィペット”を山ボードなど多用途対応に・改造!: 山道具道楽)を見て、ウィペット上段を15cmカットしてトレイルコンパクト上段と同じ長さに。
で実家に来たメインの用事はウィペットセルフアレストポールの加工。やはりあの長さは使い勝手が悪過ぎるので15センチ切断。... on Twitpic
そしてその下2段をトレイルコンパクトを使う仕様にした。
ウィペットセルフアレストとトレイルコンパクトで同じ長さになるはずが、前者はグリップに何か入っているようで3センチほど長いが... on Twitpic
これはやはり正解で、かなり使い勝手が良くなった。ちなみに仕上げは山道具道楽さんほど拘らず、連結部は切り込みのみで奥の丸い加工もせず、ヤスリ掛けなども無し。

前回は駐車場所からそのまま雪面に上がって少し登ったところでスノーブリッジ渡ってそこから尾根北面に取り付いたわけだけど、そちらは傾斜が急なわけで、というか前回のルート取りは明らかに間違いで、今回は道路を少し南下して、夏道登山道のある東面から登った。

というわけで前回1時間半も掛かったアンテナまで30分も掛からず9:32に到着。早速三岩岳が見える。
P4020003
まあ全然苦労しなかったわけでなく、湿雪ラッセルが平均10cmくらいだし前日の積雪が吹き溜まりでブーツ丈くらいあったりして、まあまあ辛い急登ではあった。あと前日以前のトラックが3本くらい入っていたかな。

その上の痩せ尾根は前回と比べてちゃんと雪が付いている。
P4020004

斜面の向きとか、大戸沢岳と同じなわけで、同じような雰囲気。10時半頃、1150m辺りから1308mピークへの斜面を望む。
P4020010
こちらの方が樹間が少し狭いかな。

三岩岳を左に見ながら快適な登り。
P4020011
10:45頃、標高1250m辺り。

あ、その先1308mピークから上のちょっと細い尾根を登っている間は一時隠れるか。その辺は前日のトラックもリセットされていた。自分のトレースを刻んで行く。
P4020016
軽いラッセルだけど体力的に応える。Geniusで来ればよかった、と少し思う。ロッカーじゃないと滑るの難しそうな雪だし。

出発時からスキークランポン付けていて下部では有効に機能していたけどこの辺の緩い登りでは団子が出来るだけで無意味だった。ラッカー式の着雪防止剤を塗ってあったのだけど、あまり効果無かった。

11:50頃、1500m辺りからの窓明山。
P4020018
この辺はどの山もいい斜面を湛えている。

12:18、疲れたので休止。ちょうど1699mピークのところだったみたい。栄養水分補給。ここまで上はインナーだけだったのだけど、風も出て来たのでシェルジャケット来てグローブも冬用に。けどこの後風は穏やかに。まあ山頂で-2度と流石に寒かったのでここで来ておいてよかったか。

ピットも掘ってみる。1mほど。前日降った層、ここでは吹き溜まっておらずむしろ少し飛ばされた感じで5cmくらい、は簡単にずれる。その下表層から30cmくらいのところもずれて来る。けど両方いきなり破断するわけでない。50cmのところからしまり雪、その上30-50cmの間には特に層は無い。というわけで安定度は高そう。もう4月だし、登っている間ずっと美味しそうに見えていた斜面に入ることに決定。

その辺からの山頂方面と窓明山。
P4020023

P4020024

12:41、再開。ここからのだらだら登りが結構きつかった。

13:13頃、小屋を通過。
P4020026
手持ちの地図には載ってないな。窓明山との登山道が合流する手前、登山道から少し離れたところにあるみたいだけど。

山頂直下は樹林でシュカブラだらけかと思ったけど、意外とメローなオープンスロープが開けていた。
P4020028
山頂は正面右の雪庇の辺り。

越後方面の展望。
P4020029
一番奥に見えているのは守門岳や浅草岳だと思うのだけど。

山頂は雪庇を避けた最短ルートが北からアプローチする感じだったのでそうしたけど、直下5mほどは氷だった。ヒールフリーだとエッジが利かないのでヒール固定していたらポールを落として5mくらい降りたりした後階段登高、とか5分くらいロス。

14:07、登頂。尾瀬方面の展望は、大戸沢岳や会津駒ヶ岳に阻まれて、無い。
P4020031

前述の通り山頂は-2度。風も穏やか。とはいえ意外と遅くなってしまいゆっくりしている暇は無い。滑降準備を整えながらゼリー飲料を軽く流し込み、水分補給もして、14:31滑降開始。

三岩の辺りから、予定通り黒檜沢へ。
Vlcsnap2012040315h24m45s1
広くていい感じ。

けど雪は案の定のバックカントリーならではの非常に難しいもの。中回りで転ばないように滑るのが精一杯。
Vlcsnap2012040315h27m14s231
変なところで転ぶのも嫌なので、刻みながら安全なラインを選んで高度を落とす。出来れば沢芯をがつんとかっ飛ばしたいが、色々スキル不足。

標高1350m辺りからは広い河原で一安心。
Vlcsnap2012040315h29m18s242
ただ雪は一層重く、その辺で一度転んでしまった。相変わらず修行な感じで高度を落として行く。

1050m地点から滑って来たところの全景。
Vlcsnap2012040315h32m26s34

その先から沢は狭くなり、14:44、980m地点で大きく口を開け、轟々と水が流れていた。流した湿雪スラフが吸い込まれて行く。
Vlcsnap2012040315h21m18s19
落ちたらぼくもああいう風にスノーブリッジの下に閉じ込められることになるわけだ。

山頂からここまでの滑走動画。

この先もっと危ないところもあるかもしれず、しばし止まって検討。停止した尾根には少し下流から登山道が付いている。途中からそれに合流し、300mほど登り返せば登ったルートに合流出来る。けどその先少し降りれば登山道がずっと右岸を通っているようで、そこまで行けば何とかなるのではにないか、と判断。というわけで沢沿い下降を続行。

結局もう1箇所ナメ滝みたいなのが大きく顔を覗かせていた程度で、それほど危ないところは無く、右岸をへつりトラバースで何とかなった。けどまあお勧めは出来ない。

15:20、沢筋へ入る階段のところに到着。というところまでのサバイバル編動画。

板を背負って階段を降りようかと思ったが、邪魔なので下に板を投げる。Geniusじゃなくてよかった。そして手すりにつかまりながら脇の雪を尻セードで下りた。

下りた先は平らな場所で雪なのでまた板を履く。スノーシェッドの上か。一段下の雪面との境目がよく分からず、あやうく落ちるところだった。GPSで登山道を確認すると東へ進むべきみたい。東の端に斜めに切られたこれが道か。雪が半分覆っていてちょっと怖い。
P4020033
手前で板を外して背負い、途中からコンクリートに下りるとそのまま道まで落ちそうだから手前の壁のところを慎重に下りて、15:35、道路へ。そこまで来ればもう安心なのだけど、途中から歩道が雪に覆われて歩けなくなった。
P4020035
車に撥ねられないかひやひやしつつ、15:43、駐車場所に帰着。

入浴はすぐ近くの小豆温泉窓明の湯へ。700円。打たせ湯やジェットバス、ジャグジーがある。途中まで浴場に居るのがぼく一人でまずまずゆっくり出来たが、泉質も全く特色無いし、表示無かったけど循環消毒だろうし、浴槽もゆっくり出来る腰掛けなどは無いし、やはりこの辺でお風呂に入るなら燧の湯しかないかな、というところだった。

ついでに、この日後半ペースが上がらなかったのは靴擦れが痛かったからかな、ということでグロ画像。入浴後なので清潔ではあるけど。
P4020038
Factorは左足が妙に当たり、ここ4回中3回の山行で使ったのでこんなになってしまった。小指も痛い。他のブーツ(サロモンのゲレンデブーツとテレマークのScarpa T1)では右足小指が当たるし、普段のシューズのサイズ合わせも右足が入れば履けるわけで右足の方が少し大きいのだけど。

|

« 【雪山記録】守門袴岳 2012/03/30 | トップページ | 【雪山記録】岩手山 2012/04/05 »

snow」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3241/54379084

この記事へのトラックバック一覧です: 【雪山記録】三岩岳 2012/04/02:

« 【雪山記録】守門袴岳 2012/03/30 | トップページ | 【雪山記録】岩手山 2012/04/05 »