« 【雪山記録】八甲田山(大岳) 2012/04/07 | トップページ | 【雪山記録】羊蹄山 2012/04/10 »

2012/04/09

【雪山記録】岩木山 2012/04/08

いこいの広場からの東尾根往復。快適な滑降が出来る素晴らしいコースだった。適度な斜度できれいに滑り降りられるし、下部の樹林帯も樹間は広めなのでボードにも向いていると思う(…と思いながら登ったのだけど、いざ滑り降りたら意外ときつい感じだった)。ぼくはアルペン山スキー、Bandit B83で行った。

晴れだし数日前から結構降雪があったようだし最高の条件だったけどこのルートの入山者はぼくともう一人の先行者だけだったみたい。
(追記:その方がたまたまヤマレコに記録書いていた。地元の方のようで色々勉強になる-岩木山弥生ルートピークハント [山行記録] - ヤマレコ

8:09、登高開始。

ぼくはいこいの広場の建物南側から入ったけど、北から入ったらしい先行トレース一つとすぐに合流。しばらくはいこいの広場の敷地の作業用道路らしいところを行く。
P4080001
天気は晴れ。快晴ではなく雲もそこそこある。そして朝のうちは微風、時々上部を轟々と強風が吹いている様子だった。というわけで出発時点からシェルジャケットと冬用グローブ着用。

9:07くらいに標高580mくらいで夏道登山道と合流。そちらを歩いているトレースがあったけど、そこから先には行ってはいなかった。謎。
P4080002
上から見たところで、右がいこいの広場から、左が夏道。同じところから登った先行トレースの人が下の方に様子見に行った、とかだろうか。

それにしてもトレース付いて行くのは本当に楽だ。先行者は大分前に出たのか何箇所かで休憩しているようだが追い付かない。

出発してからしばらくは山頂は見えないのだけど、9:20、標高670mくらいからようやく顔を覗かせた。
P4080003

10:09、標高950m辺りで濃い樹林帯を抜け疎林になったところで先行者がようやく見えた。けど既に大分上で、追い付く距離ではない。
P4080005
写真では見えないけど無木立の尾根状の半分より上に居た。

10:30、標高1080m辺りから無木立斜面に。
P4080006
このときは山頂部を雲が覆って来ていた。

1150mからの尾根状で先行者はがっつり直登しているが、軽い雪でクライミングスキンがスリップするのでぼくはジグを切る。
P4080007
風で半ば消えているけど、先行トレースは画面真ん中の小さい木から写真撮ったところまで真っ直ぐ来ている。

風が強くて歩みを止める必要が出るときもあるが、昨日に比べればそよ風のようなもの。

11:23、標高1420m、雪面はアイスに。先行者はスキーをデポしてツボ足かブーツクランポン装着で先を行ったみたい。
P4080011
ぼくはブーツクランポン持って来ていないし山頂から滑りたいのでスキークランポン装着して進む。11:30再開。ここまでまともな休憩は無し、だったような。

けど平坦なところだけがアイスでその先はまた新雪だった。滑ったときのようにその平坦地を迂回すれば新雪だけで歩けてスキークランポンも不要だったかな。

11:49、標高1520mからの山頂下へのアプローチでルートミス。滑ったときのように大きく左に回れば楽というかそちらが夏道登山道のルートだったのだが、先が見えずノール状の雪崩リスクがある斜面のように見えたので、見えている上に行ってしまった。岩の間を抜ければいいのかな、と。取ったルートはアイスで、ビンディングのヒールを固定してカニ歩き、山側はウィペット改のピックを打ち込み確保しながら登る。この辺りで先行者はデポ地に戻ったようで、多分ぼくのけったいな様子を不可思議な思いで眺めたことだろう。上まで着いたところで先を見て間違いに気付いたが、まあ昨日の氷斜面カニ歩きの復習が出来てよかったのだが、もっとちゃんとGPSチェックすればよかった。

12:22、抜けなくていい難所をようやく抜けて山頂の丸いドーム下へ。
P4080012
これはどこからでも登れる。標高差50mほどを左、右と1回づつ大きくジグを切る。

12:33、山頂に到着。気温は-5度くらいだったかな。ちょうど風も弱まり、幸運なタイミングでの登頂だった。

北西。日本海。
P4080013

確か東の八甲田の方を撮ったのだけど。
P4080015

12:51、滑降開始。雪の様子なども分かったので南東方面のふかふかの雪の方へ下りる。

山頂に居たときからチェーンソーの音のようなのが聴こえて山麓で伐採作業でもしているのかと思ったら、少し滑り降りたところでスキークランポン装着した辺りにスノーモービルが数台溜まっていることが分かった。
Vlcsnap2012040907h59m24s124
ぼくが登った岩峰下辺りでハイマークなどして遊んでいたみたい。最悪。どこから登ったのか分からないが、滑降ルートと重ならなかったのがせめてもの救い。

滑降は、山頂から南東に落ちる沢をそのまま滑りたい気もしたが、途中までで止めた。
Vlcsnap2012040908h01m00s195
山頂ドームとその下1ピッチ滑ったところ。この辺はそれなりに風の影響があって深くはないけど、パウダーと言っていいような。この前の越後駒より軽く、B83でも楽に滑れた。

この後もう1ピッチ南東に落としてからスキーヤーズレフトにトラバース、登りトレースを越え、登っているとき気になっていた北側のボウル状へ。
Vlcsnap2012040908h02m20s155
時々カリッと来たものの、ここも快適な斜面だった。もっとレフトに行ってボトムを滑った方が雪はよかったかな。

標高1030mくらいで沢が狭まって来る辺りからライトにトラバース、標高900m辺りで狙い通り登りトレースに合流。その辺りで滑走中の先行者とニアミス。一気に滑り降りたかったので止まらず。下山後しばらく待ったのだけど降りてこなかったので、同じところに駐車していたその方のと思われる車にトレース感謝のメモは残しておいた。

その後の樹林帯は流石に雪が重くなる。ツリーランは楽しいが脚に来る。最下部で休憩しようとトレース外して止まろうとしたらグサ雪に刺さって転んでしまった。

そんなこともありつつ基本的にノートラブルですんなり降りられて、13:14、駐車場所に帰着。

4時間以上掛けて登って20分ほどで下りる。贅沢な遊びだ。

風呂への移動中、東側の道路から山頂直下を滑ったトラックがよく見えた。
P4080019
写真だと全然見えない感じだけど。そして山頂右下の岩峰下をスノーモービルがずたぼろに荒らしている方が目立つけど。

入浴は、ツーリングマップル見たらよさそうに思えた嶽温泉に行ってみたが日帰り入浴ウェルカムな感じを醸し出しているところは見付けられず、百沢温泉に戻って入った。いいお湯で満足。顔を洗っていたら前日の凍傷のところの皮がずるりと剥けた。

|

« 【雪山記録】八甲田山(大岳) 2012/04/07 | トップページ | 【雪山記録】羊蹄山 2012/04/10 »

snow」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3241/54431743

この記事へのトラックバック一覧です: 【雪山記録】岩木山 2012/04/08:

« 【雪山記録】八甲田山(大岳) 2012/04/07 | トップページ | 【雪山記録】羊蹄山 2012/04/10 »