« 【雪山記録】利尻岳 2012/04/20 | トップページ | 【雪山記録】キロロスノーワールド 2012/04/25 »

2012/04/24

【雪山記録】羅臼岳 2012/04/22

晴れだけど利尻の2日とは違い風があって山頂からの景色はあまり楽しむ余裕が無かった。まあ入山したのはぼくだけみたいで、でかい山を独り占め出来てよかった。

岩尾別温泉からのピストンルート。

前日夕方は利尻島と礼文島の観光。夕方フェリーで稚内へ。夕ごはんを食べてからオホーツク海沿いを移動、網走まで。という様子はTwilogなど。kj the ルサンチMAN(@ressenti_man)/2012年04月21日 - Twilog

網走で6時起床、また移動で8時過ぎには登山口の岩尾別温泉ホテル地の涯に着いた。ドコモもソフトバンクも電波は入らなかった。

岩尾別温泉への道を曲がったところで大量のシカが法面の草を食べていた。
P4220035
知床はやたらシカが多くなっている印象。

晴れの日曜だから他にも人が居るかと思ったが、ぼく一人。ちんたら準備して出発。8:50。

ホテル地の涯の建物裏手に回ったところに木下小屋があり、そこから登る。
P4220037

何とか登山口からスキー履けた。
P4220038
ツボ足でその辺まで来たトレースがあったが、スキーのトレースは見当たらなかった。

登山道を無視して適当に斜面を這い上がる。雪は薄い。とりあえずは登れたけど、2-30cmくらいしかない感じで、ゴールデンウィークには大分きついことになるのではなかろうか、という印象。
P4220041
この写真は470mくらいかな。こんな感じの樹林の尾根を進む。登山道と思われる尾根の真上は樹に邪魔されることが多いので適当に斜面をトラバースするように行く。

530mくらいのところにクマ注意の看板。
P4220042
熊鈴付けて来たのは正解だったか。

659mピークの岩峰は10:10に通過。北側を巻いた。
P4220043
カメラのレンズに水滴汚れが付いたようで、変な絵だけど。以下同様。

その少し上、斜面をトラバースしたら右に寄り過ぎた700mの平坦地辺りでようやく羅臼岳がよく見えるように。
P4220046
それ以前は樹の陰からちらほらという感じ。

10:40、670m辺りでスキーのトレース発見。
P4220055
行きと帰りかな、とも思ったが、多分2人分。ここから降りたのかな。地形図を見ると木下小屋のところまで沢が繋がっているみたい。

その後はトレースを追って進む。楽だ。842mピークは巻くようにして台地に出ていた。11:10、弥三吉水の脇を通過、極楽平に出る。標高800m。
P4220057

台地も登山道無視して適当に。途中までトレースを追ったが、見失った&行きたい方に行った。山頂に向けて出来るだけ真っ直ぐ。途中電池切れでログが飛んでいるけど、ほぼ復路と同じルートで極楽平から一段上に上がっている。

12:05頃、1030m地点で休憩。栄養補給というか昼ごはんでゼリー飲料1とカロリーメイト1袋2本。あとスキークランポンも装着。12:15、再開。

そこから先でなかなかペースが上がらない。数歩ごとに休む感じ。前日は礼文島で少し散歩した以外は休みだったわけだけど、その前2日の利尻山登山での疲れが残っているように思えた。

12:35、1170mくらいから。
P4220058
山頂下から左下に落ちている斜面を滑った。遠目には岩か何かでぼこぼこに見えたけど、近づくと滑れそうだったので。この手前の段階では、画面右端の岩のこちら側のルンゼ状が雪面もすべすべだし斜度が緩めなので滑り易そうだし山頂下からのエントリーもし易そうで、そちらに行こうかと思っていた。が、やはり滑った後トラバースが面倒だな、ということで却下。この写真で見えている辺りからトラバースすれば戻れそうではある。手前の沢もその辺は緩くなっているし。

12:55、1300m、山頂への急斜面手前。
P4220059
滑ったトラックと、向きからしてブーツクランポンで降りた跡。

本当はこの辺からブーツクランポンに履き替えるべきなんだろう。けど雪もそこそこ緩んでいるしスキークランポンで行けるか、と思ったが結局無理だった。2段ほど登った1520m辺りで完全に氷になり歯が立たなくなってしまい、斜度も思ったより急に。

13:53、慎重に板を外してキックステップで足場を作りブーツクランポン装着、板をバックパックに付ける。下の安全なところでやればもっと楽でトータルでの時間も掛からなかったわけだが。14:04、再開。

立つと風も当たるので四つん這いでアイスアックスとウィペット改でダブルアックス状態で登る。風のためか上からぱらぱら氷片が落ちて来る。落石は下の様子など見ても無いようだが、ヘルメットも着けるんだった。

しばらく適当に高い方に進んだが、山頂直下でようやくトレースを見付け、14:31、ようやく山頂に到着。

風が強くて背負った板が煽られるのでまともに立てず、景色を楽しむどころではない。気温は+2度くらいあった。

ようやく見えた東側、国後島は肉眼ではよく見えたのだけど写真はいまいち。
P4220063

南の方、遠音別岳と遠くに海別岳かな。
P4220066

山頂から南西に下ったところからスキーで滑り出した跡を発見。その手前の窪地で滑走準備。15:05、板を履いて滑り出す。少し降りたところから右にトラバースして目当ての斜面へ。

固いところは慎重に下りて、雪も緩んだしぼちぼち飛ばすか、と思ったら、思った以上に緩んでいた雪質の変化に対応出来ずに、久し振りに激しい転倒をかましてしまった。登りのときにも感じていた、足に疲れが溜まっていた、というのも理由の一つかも。まあ技術力不足が一番なんだけど、そういう体力の見極めとかも含め。

その後はずぶずぶの雪に足を取られないように流して滑る。極楽平の850m辺りで板が滑らなくなるところまでのヘルメットカメラ動画。

その後の平らなところはビンディングをヒールフリーにしてたらたら歩く。ブーツだけヒールフリーにするより楽なことがこの前の利尻山でスプリットボードをスキーモードで下ったとき、前日のブーツだけヒールフリー状態と比べて分かったので。

15:24、台地末端辺りから再度。
P4220071
登って滑ったという充実感は写真には写らないものではあるけど。

842mピークの斜面からはトレースを追って進む。ただやはり樹に邪魔されて結構面倒。あと一度変な方に進んでいるのは、トレース見失って間違った尾根に吸い込まれそうになったため。GPSでトラックを表示しておくとこういうときすぐに修正出来て便利。

その先、トレース発見したところで沢を降りたのかと思ったわけだけど、よく見たら違ったみたい。ちゃんと確認してよかった。その先659mピークの北側からやはり沢に下りているけど、さっきのところより登山口に近いし安全そうなので付いて行く。15:47。
Vlcsnap2012042408h59m37s86
上部でもこんな感じの雪付きの怪しいところを進む。

沢はこんな様子。
Vlcsnap2012042409h03m15s251
デブリ少々。

沢の本流に合流すると水が出ている。
Vlcsnap2012042409h04m51s207

そしてしばらく行ったところでトレースを見失ってしまった。
Vlcsnap2012042409h07m40s87
渡渉したようには見えないし、左岸にはその先にトレース無いし、どうしたのだろう。その辺り、GPSログがずれている。沢筋から左岸を行ったのに、右の尾根に移った感じになっている。

ぼくは少し階段登高して左岸を進む。しばらくして雪が切れてしまった。
Vlcsnap2012042409h10m13s234
板を外して歩いていたら、シカの死骸が転がっていた。
P4220073

2つ上の写真の窪地を登るとまた少し板が付けられて、少し滑ると登山口へ。
P4220074
途中板外したけど、最後まで滑れた記念。16:10、車に帰着。

入浴はホテル地の涯の無料露天風呂。手前の岩風呂にはお湯が入っていなかったけど、一番奥の滝見の湯はやっていた。浴槽は狭く一人で一杯。朝下見したときは浮いていなかった落ち葉が浮いていた。風が強かったからか。そしてこの日は他に誰も入らなかったのかな。

帰りもシカが草を食んでいた。
P4220076
道路脇に座り込んでいるのも居るし。明らかに増え過ぎだろう。翌日羅臼の道の駅で鹿肉料理を見掛けたけど、もっと捕獲して安く出して名物にすればいいのに。
P4220078
かわいいんだけどね。ごわごわだけど、多分。

折角無料で自分の車で行けるので知床五湖の方へドライブ。羅臼岳を眺めて、あんなところを登って滑ったんだな、と。
P4220079

|

« 【雪山記録】利尻岳 2012/04/20 | トップページ | 【雪山記録】キロロスノーワールド 2012/04/25 »

snow」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3241/54545891

この記事へのトラックバック一覧です: 【雪山記録】羅臼岳 2012/04/22:

« 【雪山記録】利尻岳 2012/04/20 | トップページ | 【雪山記録】キロロスノーワールド 2012/04/25 »