« 【バイク練習】オフロードヴィレッジ 2012/12/08 | トップページ | 【雪山記録】六日町八海山スキー場 2012/12/22-24 »

2012/12/25

Jones The Solutionのアップデート

2年前に買ったスプリットボード、シーズンイン前に幾つかセットアップを変えたので書いておく。
P1000136
新仕様での初滑りの際、八海山ロープウェイの中で。レンズが曇って残念な写真だが、それはともかく大分メカっぽくなって満足。

■ビンディングをBomberに
Voileの50USDとかの安いのを使っていたわけだけど、昨シーズン滑っているときに片側のワイヤーが切れて外れた(3月に阿寺山行ったとき)。その場ではとりあえず押し込んで帰って来れたし、Voileに連絡したら替えのワイヤーを送ってくれたのだけど、そのとき外してみたらもう片側も千切れそうになっていたし、信用出来ないので、3シーズン目にして当初から欲しかったBomberの300USDほどと6倍とかするのに交換。

造りは良い。ワイヤーも太くて流石にこれが折れたりはしなそう。ソール長に合わせた長さの調整もし易い。

■ハイクモードをSpark R&Dのアダプター付けてTLTに
今まで純正のシステムを使っていて登りの途中でビンディングが外れることがあったため。純正システムはウォークモードではスライダートラックというプレートの前端をピンで留めているわけだが、このピンが抜けることがある。ぼくの使い方が悪いのかもしれないけど。ピン留めは当然付いているものの、ピンに穴が通っていてベータピンを差し込む、とかいうのでさえなく、単にクリップ状のもので挟んであるだけで、弱い。ピン留めを外側になるようにして、もう片方の板で蹴って外してしまわないようにすれば外れる確率は減るけど、それでもまだ障害物に当ててしまって外れることがなくはない。というわけで始終気を使っていなければならず、というか気を抜いた隙に外れていることがあってひやっとしたりして、結構ストレスだった。

Bomber同様これも前から欲しくて、去年スキーでTLTを導入したときに一緒に揃えたかったものの、それなりのお値段がするわけで一旦保留。今年他のものをアメリカから通販で買うのに合わせて入手。とりあえず見た目がやたらごつくなり、セット重量も重くなった。けど実際に歩くときには足裏が軽いため楽なはず。

TLTヒールピースも付けて完全にスキーと同じようにしてヒールロック出来るように、というのもあるみたいだけど、そこまでの必要は今のところ感じていない。

あと、このシステムにすると、去年まではオプションで売っていて今年からは標準になったらしいDual Height Climbing Heels(前に長いワイヤー、後ろに短いワイヤー、で2段階のクライムサポートが付いたもの)は使えなくなる。ウォークモード用の穴がよっぽど前に開けてない限り、滑走モード時に後ろ足と干渉するため。仕方なく愛用していた2段階のを止めて、仕舞ってあった標準品を取り付け。

クライムサポートは2段階必須派なのだが、そこはブンリンのブーツ側に付けるクライムサポートで解決予定(ブンリン Information: クライミングサポート+30)。元々Dynafit TLT Radicalのクライムサポートが低いのが不満で、B&DのNubbinsというアダプターでも買おうかと思っていたのだが、TLTヒールピースだけでなくテレマークブーツなどにも汎用的に使えるこちらを買っておいてよかった。

■クリップ類をKarakoramに
Voile純正で別に不満は無かったものの、良さそうなので。評判通り、かなりかっちり合体するようになった。スプリットクリップ付近には隙間が全く見られない。まあ上の写真のように、元々の造りの精度の問題か、足元は相変わらず隙間が空いているのだけど。ティップ・テイルクリップについては特に変化は無いかな。これも替えたのは気分の問題。Voileの灰色から黒で締まって見た目的にいい感じになった。

あ、あとスプリットクリップには紐を付けて外し易いようにした。これはスプリッターならチェックしとくべき48Rさんブログ情報。
karakoramスプリットフック : 48riderの滑る話
ぼくは細引でなく、何かで貰ったジッパー用のがちょうどいい感じだったので、それを流用。

■スキークランポンをブンリンに
TLTにした時点でピンでプレートと一緒に留める方式の純正スキークランポンは使えなくなる。スキーで使っているB&Dの固定式と可動式が選べるもの、Voileの固定式、という選択肢が他にあるけど、B&Dは壊れ易いので無し。ネジ2本で取り付けるVoileに対しブンリンは同4本としっかりしているなど、設計が新しいことからブンリンを選択。日本のスプリットボーダーの結構な割合がブンリンクランポンを使っていてデファクトスタンダードでもあるし、ということもあり。

ついでに去年買ったけどとりあえずスキークランポン無しだったVector Glide Geniusにもブンリンクランポンのベースを取り付けた。135mmのクランポンが共用出来る。

以上。
使用感などは今後滑走記録の中で随時書いて行く。

|

« 【バイク練習】オフロードヴィレッジ 2012/12/08 | トップページ | 【雪山記録】六日町八海山スキー場 2012/12/22-24 »

snow」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3241/56391715

この記事へのトラックバック一覧です: Jones The Solutionのアップデート:

« 【バイク練習】オフロードヴィレッジ 2012/12/08 | トップページ | 【雪山記録】六日町八海山スキー場 2012/12/22-24 »