« 【雪山記録】谷川岳天神平スキー場 2014/01/12 | トップページ | 【雪山記録】岩手高原スノーパーク 2014/01/18 »

2014/01/16

【雪山記録】前武尊山 2014/01/13

前日に続いてリフトアクセス(オグナほたかスキー場から)で、他の人に連れて行ってもらう、お手軽BC。

意外と吹雪で寒かったけど、その分良い雪が滑れた。三連休で三日ともパウダーの、良い休日であった。

makochan009さんの動画。

ぼくのヘルメットカメラ動画。

3年近く前の日白山BCのとき前後して歩いていた人たちはmixiのBCBPというコミュニティの人だったようで、実はそのとき既に加入していたのだけど、その後もタイミングが合わずイベントには一度も参加することなく過ごしていたのだが、いい加減一度参加するか、ということで手頃そうなこの日のイベントに参加することに。ツイッターではやりとりしていた@makochan009さんと@Deff110さんも参加されるようだし。お二人ともテレマーカーなのでぼくもテレマーク、Megawattで。この板では初の登りになる。7人パーティーで5人テレ、一人スプリットボードでもう一人がボードにスノーシューでの登り、という構成。

前夜のうちに集合場所の道の駅白沢に。星が見えている晴天。土日で結構人も入っただろうし、この後水上沼田エリアはせいぜい曇りで降雪はそれほど予報されていないし、滑りは楽しめないかなあ、とか危惧していた。

朝7時集合ということで6時に目覚まし掛けていたのだけど、目が覚めてもまだ鳴らなくて寝袋でゆっくりうだうだ。流石に結構明るくなっておかしいなと確認したら、電池が切れてた。既に6時半過ぎ。急いで朝食だけ取って辺りを見てみると、車をまとめて乗せてもらう予定のDeff110さんのDEFENDERという分かり易い目印が。まずは無事に上記のお二人に集合。けどぼくは準備が出来ていなくてどたばた。

DEFENDERに乗せてもらってオグナへ。アクセス道路は圧雪。雪もちらほら。この辺のスキー場は里から近くて大したことないものだと思っていたのだけど、やはりしっかりと山岳エリアで下界とは全く違うのね。

駐車場に着いて板を下ろしたところで、リーシュコードを片方、ボードで使うために外してあったままであることを思い出した。やっぱり忘れものがあったか、という感じだが、Deff110さんに一本貸してもらって事無きを得た。ボードのリーシュはスキー場で売っているからそれを買って何とかしようかと思ったのだが、無駄な出費が抑えられてよかった。改めてありがとうございました。

パーティーの他4人は栃木から来るようなのだけど、まだ付いていない。というわけでレストハウスでゆっくりトイレに行く余裕があって良かった。しかもシャワートイレだったので、前日チェックしたところ暖房便座でしかない道の駅より結果的には良かったか。

予定通り8時半過ぎに栃木組も合流、上のリフトが動くのは遅いようだから、ゆるゆると9時くらいに行動開始。

リフト4本を乗り継いで、9時半くらいにスキー場トップへ。昔は3本だったのが、リフト架け替えで4本になったようだけど、少し(斜度緩めのところ200m弱かな)クライミングスキン付けてしまって歩けば3本で行けそう、という話になっていた。
P1020035
極太板、Nordica Jah LoveのDeff110さん。ぼくのMegawattやmakochan009さんのGenius(ぼくもATで履いているが)よりも一段太く、しかもロッカー無し、テールはすっぱりカットという漢な板。

スキー場トップで登高準備。先に10人くらい居て、彼らが出発した後も10人くらいまた来ていた。やはりお手軽人気コースみたい。しかし意外と気象条件は厳しい。風雪がそれなりにあって、クライミングスキン貼るのに煽られたりでちょっと支障が出る程度。

9:45登高開始。膝下ラッセルみたい。前日のトレースが消えているとか先行の人が言っていた。やけにペースが早いなあと思ったら、先行ゴボウ抜きでBCBPパーティーがトップに。シューを除く6人でラッセルを回してトレースを引いて行った。それほど長くなく、一人一回程度であっさり前武尊山頂に到着。10:20。35分というのはこのパーティーでも最速だそうな。いきなりそんなのに巻き込まれたのか、道理で息が切れるわけだ…

それにしてもテレマークブーツは蛇腹のおかげでか登り易い。足首はファクターの方が動くけど。シールが効かせ易かった。あとビンディング、22 Desings AXLでは初めての登りだったが、一段しかないクライムサポートの高さも絶妙で良い。ブンリンクライミングサポート30はこの日も無しだったのだけど、それで問題無し。

山頂では神様同士の記念撮影なども。
P1020038

ひとしきり休憩後、人も集まって来たのでぼちぼち移動。そのまま十二沢を滑る人たちも居たが、ぼくらは北側へ。ここも雪は少ないようで山頂からの藪は濃くて、ちょっと大変だった。

西俣沢を滑る案もあったようだけど、結局荒砥沢を滑ることに決定。先行部隊が先の様子見に少し別れていたので、斜面効率良く使うためにそのままばらばらと滑り出し。11:00。膝上パウダーでフェイスショットな感じ。最高。3ピッチ5分ほどであっと言う間に200mほど高度を落としたところで自制心を働かせて一旦滑走終了、登り返しに入る。

そういえば滑り。上のぼくのヘルメット動画にあるのだけど、1ピッチ目は、最初様子見、下部は結構樹間が狭くて一度もテレマークターンはせず。2ピッチ目は真面目にテレマークしようと思ったら、一発目でビンディングがピボットフリーになってしまった。前に使っていたSwitchback(レバーが45度動いて一目瞭然)と違ってピボットフリーのウォークモードと滑走モードとの切り替えが微妙で、ピンが1cmほど前後するのみ。一応目印はあるのだけど。以降は一応テレマークターンをするようにしたが、他の皆さんのようにはばしばし決められず、アルペンターンに逃げてばかりだった。

登り返しでもぼくは経験値不足を露呈。最初の登りのとき既にテールに雪が入っていたのだけど、クライミングスキンの糊の粘着力がいまいちでなかなか貼れなかったり。まあどうしようもないので、みんな歩き出してしまったし適当なところで出発したが、途中でテールフックがずれたりでまた時間を食った。山頂に着いてから見たらトップからも雪が入っていて、もう1本滑る案もあったのだけど、それが実行されていたらやばかった。

ぼくは11:20に登り返し始めて、12:00に前武尊山頂に到着。ビリで、他の皆さんはもう少し早かった。山頂で糞寒い中一応全員写真など撮ってから、十二沢の滑りに。12:17。

十二沢はところどころクラストでがりっと来たけど、それでもいつもより全然良い状況だったらしい。先行者も結構いたはずだけど、風でかトラックは殆どリセットされていたし、2本目も最高のディープパウダー。

12:29にスキー場に合流。あとはスキー場の緩い斜面をだらだらと滑るわけだけど、BCでのディープパウダーでキレキレのテレマークターンをバシバシ決めていたDeff110さんが、脇パウや壁に当て込んで遊んでいてかっこ良かった。深雪は分かるが、整地でもあの板をあんな風に操れるとは。という感じで良い刺激をもらったのだった。

12:40にスキー場ボトムに無事到着。スキーセンター的な建物の食堂はいっぱいだったけど、隣の食堂はそこそこ空いていて、まずまず快適にそれなりのお昼ごはん。

その後ゲレンデ練習の栃木組と別れて、群馬組は道の駅へ戻り、14時半くらいに解散。おつかれさまでした&便乗ありがとうございました。

温泉は、道の駅にも併設されているわけだけど、一度入ったことがあるしそこそこ客も入っているだろうしで避けて、老神温泉へ。案内所でチラシ見て、東秀館という旅館に行ってみたら、最高の当たりだった。五十沢温泉ゆもとかんのように源泉が飲めるようになっているのは素晴らしい。他に客もおらず、広々とゆっくり入れた。露天風呂は気温が低いからかなりぬるかったけど。それにしても快晴で穏やかな天気。山ではあんなに吹雪みたいだったのになあ。

帰り道は高速が渋滞していたようなので、赤城山の西側の下道を辿って、熊谷の辺りで故障車のため少し時間を食ったものの、順調に帰宅。

|

« 【雪山記録】谷川岳天神平スキー場 2014/01/12 | トップページ | 【雪山記録】岩手高原スノーパーク 2014/01/18 »

snow」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3241/58955515

この記事へのトラックバック一覧です: 【雪山記録】前武尊山 2014/01/13:

« 【雪山記録】谷川岳天神平スキー場 2014/01/12 | トップページ | 【雪山記録】岩手高原スノーパーク 2014/01/18 »