« 【雪山記録】六日町八海山スキー場 2014/02/22 | トップページ | 【雪山記録】ホワイトバレースキー場 2014/03/07 »

2014/02/28

【雪山記録】乙妻山 2014/02/23

4年前の3月にスキーで行って以来の2度目の北東斜面。今回はスプリットボード。スノーシューでボード背負ってだとぼくの体力では行けないところで、前回と違って(最初の落ち込みが雪崩で落ちていて固かった以外は)低温で保たれたパウダーを堪能出来て、スプリットボードやっていて良かった、と今までで一番強く思ったのだった。

■概要とか

・ツイッターで盛り上がって、このエリア詳しいヒデ汁さん(twitter@hide_jiru)が連れて行ってくれる感じになったのだけど、誰が来るのか直前までよく分かっておらず。先日前武尊でご一緒したmakochanさん(twitter@makochan009)が来るのかと思いきや来なくなったので、全員初めまして状態。53さん(twitter@5353G)(この日のブログ→2014/2/23(日) 乙妻 BC - その先の感動へ。)は八方で挨拶だけしたことがあったわけだけど。というわけでヒデ汁さんヨシケイさんにぼくがスプリットボード、53さんとRYOさん(twitter@shibainu)がATスキー、という混成部隊。

・53さんはツイッターのプロフィールにあるように夏山をすごい勢いで日帰りしたりしているわけだけど、他の皆さんも体力あって、他方ぼくはハイクで全く頑張らないので、付いて行く、というか、付いて行けないのだけど完全に見えなくならないように頑張るのが辛かった。最近有酸素運動もしてないしな。ジョギングはまだ骨折の後遺症で足首すぐ痛くなるので自転車がいいのだけど、平日乗る暇は無いし。この辺やはり単独の方が楽でいいなあ、と。遭難は怖いが。

・ぼくは体力が無い上に相変わらず荷物が重い。今回はシーズンオフ時ほったらかしにしていたクライミングスキンをチェックしたらチートシートにべたべた付いてしまっていたのでいまいち信用できず、佐渡山鞍部への登り返しをツボ足でずぶずぶとぼとぼ登る自分の姿が脳裏に浮かんでしまったので、バックアップとしてわかんも持って行った(上記53さんブログにわかん背負った様子が写っている)。あと、前日八海山で練習していたらUniversal Disc/Puck取り付けネジが結構緩んでいたのでこれも不安になり、ビンディング角度調整用ジグ、これはプラスチックで軽いのだが、とポジドライバー、これはでかくて重い、もバックパックに突っ込んだ。普通のドライバーセットは常に持ち歩いているのだけど、それで舐めてしまうのが不安で。

・こういう、人と一緒のときに限ってスプリットのトラブルが起こり、いつも以上の愚図っぷり。最初のドロップ時にピンが片方入らない。スライダートラックはちゃんとはまっていてピンのスペースもあるのだけど。あと佐渡山から降りるときに、カラコルムのスプリットフックは結構鋭利なのだけど、無造作に割板を合わせようとしたら、トップシートに刺さってめくれてしまった。そのまままた合わせようと試みたけど、フックと干渉し合わせられない。十徳ナイフ持っていたので削って事なきを得たけど、同行の皆さんからは遅れてしまい、ずっと抜きつ抜かれつしていたテレマークの3人パーティーに先に行かれた。

・登りTLT仕様の板が重い。歩いているときや滑っているときは特に問題無いのだけど、滑るために板を付ける時の取り回しが非常に悪い。教科書通り、というか板流さないように、山向きで前足付けてから谷向いて後足、とやっているのだけど、谷向くのが一苦労。長めなのも悪影響だが、板に雪が乗ってさらに重くなっていたりすると、前足足首捻挫しそうになる。

・防寒テムレスでハイクしたのだけど、上の稜線で手がかじかんで結局オーバーグローブを装着。この辺は人によるだろうけど。53さんはドロップポイントまでフリースっぽいインナーグローブだけだったように見えたし、ヒデさんは素手で作業してたし。ぼくは末端冷え性気味。

■詳細記録

前日の八海山から夜移動。空いているので100kmくらいあるけどさくさくと快適ドライブ。22時過ぎに早めの就寝。

翌朝は予定通り3時半の目覚ましで起きて、4時半の集合に余裕で間に合った。車をまとめるのは面倒ということで3台で出る。

戸隠大橋出発は5:50。まだ暗いのでヘッドライト点灯。林道分岐通過6:20。それまでの間にヘッデンは消灯。

6:30-50、佐渡山鞍部への尾根の取り付きで休憩など。ヨシケイさんがシールトラブルということでその対処など。その間ぼくはスキークランポンを装着。おかげで楽に登れた。そこで後から来たテレマーク3人パーティーに抜かれる。が、少し登ったところであちらも休憩していて抜き返す。彼らとはその後も前後しながら最後まで。

7:23、佐渡山鞍部。GPSの電源が落ちたようでその後トラックが飛んでいるのだけど、氷沢川のスノーブリッジを渡ったのが7:55ぽい。

前回来たときはよく分からずに1906m標高点のある尾根を登ったのだけど、今回は一般的なルートらしい1912m標高点のある2297m標高点、通称中妻山に登り上げる尾根、梯子尾根というのかな、を登った。前日のトレースがばっちりでラッセル無し。トレースもそんなに潜ってなかったけど。そのトレースの人たちは北東斜面でなく1912と1906の間の沢を滑ったみたいで、滑走トラックがあった。

一旦斜度が緩くなるところで休憩。9:00くらいかな。その先が急なようなので、スキークランポンを装着。尾根取り付きから付けてしまってもよかったかも。

9:50くらい、多分1912m標高点辺りかな、展望が最高だった。
中妻山方面。
P1020192

1906m尾根の向こうに妙高山。
P1020193

高妻山方面も色々滑れそう。
P1020196

そこから上の登りがかなり苦労した。軽い雪でぼろぼろ崩れる。テレマーク3人パーティーはスキークランポン無しだったようで、ばしばりスキーを叩き付けて大変そうだった。RYOさんによるその辺の写真。
Imgp0329
先頭の黄色いのが53さん、赤いパンツがヒデさん、途中3人がテレマーカーのパーティーで、キックターン中のぼく。

11:00過ぎくらいに中妻山ピーク北の平坦地に到着。少し休憩して、展望の良い稜線に移動。北アルプスの大パノラマが広がる。
P1020202
八方尾根の存在感がやはりすごいな。

北東斜面のエントリーポイントで滑走準備。その間にテレマーク3人パーティーは山頂行って滑り降りて行っていた。ぼくらが遅かったのはぼくが上記トラブルで遅れていたからだったりするかな、周り見れてなかったのでよく分からないのだが、そうだったらすみませんでした、、。

12:00にドロップイン。最初の1ピッチは固くて最悪。転ばないように横滑り主体で安全に降りる。どうやら雪崩で雪が落ちて固い面が露出したみたい。1ピッチ目滑ったところ。
P1020205
真ん中のトラックは53さんの。その辺は柔らかかったみたい。ぼくは画面左の方で最後まで固かった。

2ピッチ目後半から良い雪になり、3ピッチ目標高2000m辺りからは最高。深くないけど軽くて走る雪で、斜度がそれほどない斜面だけど逆に思い切り飛ばせて気持ち良い。

ヒデさんが撮ってくれた動画。後ろがぼく。ヘルメットカメラで追い撮りしようとしたけど全然追い付けなかったの図。

ぼくのヘルメットカメラ動画を適当に繋いだ動画。

上の場面は3:35くらいかな。

あっという間に滑り降りて、12:25に1529m標高点東地点。急斜面の下をスキーの二人はそのまま漕いで急斜面の向こうまでトラバースして行ったけど、スプリットの3人はここで割ってクライミングスキン装着。やはりスキーの方が便利だなあ。12:42、歩き出す。13:00くらいに往路と同じところで氷沢川のスノーブリッジを渡る。その辺で他の4人に離されて最後尾に。

13:40に佐渡山南鞍部に到着。ヒデさんによるとここから登った尾根を滑り降りない方が楽らしい。というわけでトラバース気味に東北東に進んで、1673m標高点の尾根の方へ。14:00。そこでクライミングスキン再度剥がして滑降準備。上記の通り手間取って14:32滑降開始。登りの尾根よりは広いけど、藪っぽくてそれほど快適ではなく、やはり消化試合という感じ。

佐渡山の辺りは晴れていたけど、南の方から徐々に雲が掛かって来ていた。同じ日にEVA父さんが五地蔵山に行かれていたようだけど、そちらはガスっぽかったようで、一日晴れの乙妻山方面とはすぐ近くなのに天候は結構違ったみたい。

滑り出しからポール出していたので、林道に合流してもノンストップで滑り、後半少し漕ぐ場所がありつつすんなりと14:35、戸隠大橋に帰着。全員の板を並べて記念写真。
P1020211
おつかれさまでした。

駐車エリアは満杯で路駐の結構見られた。面倒だから車まとめないで来たのはあまり良くなかったか。

その駐車場で皆さんと別れ、この辺来るときはいつも行く妙高温泉の共同浴場、大湯へ。角の駐車場っぽいのが雪で入れない冬期はその辺に路駐していたのだけど、50mほど先に駐車場が出来ていた。あと入口にあった喫煙所撤廃されていた。改善されているな。そしてスキー客が帰りに寄る時間帯かと危惧したけど地元の人ばかりでそれほど混んでおらず、なかなか快適だった。

|

« 【雪山記録】六日町八海山スキー場 2014/02/22 | トップページ | 【雪山記録】ホワイトバレースキー場 2014/03/07 »

snow」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3241/59198676

この記事へのトラックバック一覧です: 【雪山記録】乙妻山 2014/02/23:

« 【雪山記録】六日町八海山スキー場 2014/02/22 | トップページ | 【雪山記録】ホワイトバレースキー場 2014/03/07 »