« 【雪山記録】シャルマン火打スキー場 2014/03/21 | トップページ | 【雪山記録】海谷鉢山 2014/03/23 »

2014/03/25

【雪山記録】昼闇山 2014/03/22

山頂までは行かず西側稜線1600mからの昼闇谷滑降。上部は新雪が最高で広い斜面で大回りテレマークターンが楽しめた。


BCBPの小谷海谷合宿に合流。前日は降雪の状態が良くなかったりで2箇所敗退だったとか。うさぎヒュッテに夕ごはんのキムチ鍋から合流させてもらう。5時起きで6時出発、焼山温泉7時ということで。

imさんmakochanさんのテレマーク、ヒデさんヨシケイさんちあきさんがスプリットボード、ということでぼくはテレマークを選択、3対3に。下部で下りラッセルがあるかな、という心配もあり。前日の新雪が楽しめそうなので板は太いMegawatt。

予定通り7時くらいに焼山温泉に到着。ヘリスキー開催の日で、コーヒーを配っていた。別にヘリスキー利用じゃないけどありがたく頂く。

7:30出発。先行パーティーの脛ラッセルトレースをありがたく使わせてもらう。天気は曇り。
P1020241

だらだら林道を歩いて、8:50に標高750mの昼闇谷を渡る地点。林道の橋があるのかな。前後は沢が割れているし少し急な下りだし、慣れていないと怖いかも。その後急登で左岸尾根に取り付く。一段登った850m辺りで昼闇山と谷の全貌が見えるように。
P1020249
感動。上部斜面は風のためかしわしわ。これは9:10頃か。出発してしばらくしてからは晴れ基調。ハイドレーションが欲しい感じで、春山だなあ、と。

確かその辺りの杉林にテントが張ってあった。先行パーティーのものかな。帰りには増えていて、2-3張りあったかな。もう少し上に張った方が展望は良いように思うが。

もう一段上に登って、標高1000m辺りの平坦地でまた感動。9時半過ぎ。
P1020262
焼山北面台地が有名だけど、そこだけでなく雄大な景色の宝庫で、この辺はすごいところだなあ、と。

この辺で先行パーティーが2組ということが判明。トレースが2つに分かれている。片方は上の写真の右手に見える尾根に下から取り付いている(写真でもよく見えるトレース)が、もう一組は画面右側真ん中辺りの濃い樹林上端に直接登り上げている。ぼくらは前者を辿ることに。というか、このときまで実は目的地は昼闇山でなく、東側の鉢山のコルから吉尾平に滑り込む、というプランだった。
P1020263
画面真ん中辺りが当初の目的地かな。画面左の尾根が前の写真の画面右の尾根(昼闇谷左岸尾根、と仮称)。この写真の画面右上が多分1408mピーク、その左に少し覗いているのが鉢山のピーク。

この辺から右に進路を取ることも出来るし、実際翌日そのような登りトレースも見掛けたけど、折角トレースがあるのだしもう少し昼闇谷左岸尾根を登ろう、ということに。そして結局一段登ったところで、このまま昼闇山に行こう、ということになったのだった。結構適当というか臨機応変。

昼闇谷左岸尾根の最初の急登を登った10:04、一旦休憩。固いところも出て来たのでスキークランポンを装着。風も当たるのでジャケットも装着。ついでに軽く栄養補給などもして、10:18再開。その辺からぼくは遅れ気味に。体力不足。そしてテレマークブーツはいつも踵が靴擦れになるのだけど、今回も。心頭滅却すれば表皮が不快なだけで歩く機能には問題無いはず、と思うが、やはり気分は落ちる。
20140322185715375
ヒデさんが撮ってくれた写真、9時半前のものだけど、色々苦しそうなところ。

急登ジグの写真は露出オーバーで没、撮っていた動画から画像切り出し。
P1020266mp4_snapshot_0001_20140325_

11:30、急斜面のジグでスリップして雪が崩れて1mほど落ちて怖かったりなどありつつ、他の皆さんより結構遅れて、1600mの稜線に到着。先行パーティー、片方は既に山頂への道を半ばほど進んでいた。北側斜面を半分以上までスキーで登り上げていたみたい。もう片方はまだ稜線に居て、先に着いたヒデさんやヨシケイさんに、ルサンチMANのYouTube動画の人ですよね、といきなり特定されるという一幕があったらしい。んー、意外と見ている人も居るのね。

展望は南側のみ。正面に雨飾山、右奥は白馬の方かな。
P1020270
雨飾山山頂がぎりぎり見えている状態だけど、たまにガスが掛かっていた。一時的なものではあったけど。そんなこともあり、山頂は目指さずここから滑ることに。

昼闇山山頂へ向かってスキーで詰め上げ、多分ブーツクランポンで雪庇を乗り越した先頭のパーティーを、男前だねえ、などと他人事として眺めている様子。
P1020272
結構なラッセルだったはずなのに全く追い付かないし、山頂に果敢にアタックするし、すごいなあ、と。

ぼくらは完全なラッセル泥棒で、昼食休憩後、12:17にファーストドロップを決めた次第。前日のシャルマンでの雪がみぞれみたいでかなり重かったから心配していたけど、上部は流石に軽い雪で気持ち良い。軽くスラフは流れたりしたけど、それほど不安定でもなさそう。というわけで上部の滑りはかなり楽しめた。

makochanさんによる動画。

140322 Mt.Hirukura Day1 from makochan009 on Vimeo.


ぼくのヘルメットカメラ動画もそのうち、と思いつつそもそもこの前の雨飾山のもまだだからなあ。ストレス無くごりごり動画編集出来るハイスペックなPCが欲しいところだが。

ヒデさんが撮ってくれた上部、2ピッチ目かなあ、のぼくの滑り。

タイトルは、ヨシケイさんがこの画面の真ん中辺りで撮影してくれていたのだけど、ぼくが他のみんなが滑っていない谷の内側の方へラインを取ったので、滑ったことに気付かなかったことに由来。

GPSログが微妙にずれている気がするけど、12:40、1104m標高点の辺りから谷の真ん中を滑り降りる。
P1020282
このときは山頂はガスに巻かれていたけど一時的なものだったので、先行パーティーもその後滑りを楽しめたのではないかな。

谷に降りてから右岸の尾根に登り上げれば楽でしょう、という話だったのだけど、無理だった。imさんは一人別ルートで登ったようだけど。まあ標高750mで左岸に移った箇所の右岸には無事滑って行けて、少しの登りでアケビ平末端の安全地帯に。12:52。ボードだと最後板を外さなければならなかったけど。

少し休憩して、13:05、再度滑り出し。あとは林道ボブスレー。13:30、焼山温泉に無事下山。途中林道で登って行くパーティーと二組ほどすれ違った。テント泊で宴会かな。

ヘリスキーが盛況だったようで、この時間にも頻繁に発着していた。
P1020289
あと豚汁のサービスなどしていて、ヘリスキー参加者でも無いのだけど一杯頂いたりなど。ごちそうさまでした。

入浴は当然焼山温泉。ヘリスキーの人たちなどはまだ来ていなかったので、空いていてのんびり出来てよかった。

|

« 【雪山記録】シャルマン火打スキー場 2014/03/21 | トップページ | 【雪山記録】海谷鉢山 2014/03/23 »

snow」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3241/59354389

この記事へのトラックバック一覧です: 【雪山記録】昼闇山 2014/03/22:

« 【雪山記録】シャルマン火打スキー場 2014/03/21 | トップページ | 【雪山記録】海谷鉢山 2014/03/23 »