« 【雪山記録】唐松岳 2014/04/26 | トップページ | 【雪山記録】シャルマン火打スキー場 2014/04/28 »

2014/04/29

【雪山記録】雨飾山 2014/04/27

P1目指したけど、前日に続く出遅れと、見込み違いの除雪状況でP2まで。ざらめの快適滑降が出来たのは良かった。


特に目覚ましを掛けず6時半に起床。八方の駐車場に泊まっていたので、バスターミナルのトイレを借りるなどして7時過ぎに出発、雨飾荘に7時半くらいに到着。一組4-5人の登山者が準備中で、ぼくより15分ほど先に出て行った。

除雪状況をちゃんと確認していなかったのだけど、道路の先に白いものが見える。
P1020668

歩いて行って確認したら、先は全く除雪してないみたい。もうキャンプ場まで除雪してあるものだと思っていたのだが。というわけで、時間も遅いし、予定していたP1登頂後荒菅沢滑降、登り返してP2からの3月に美味しそうだなあと斜面も滑る、という、前日同様EVA父さん(雨飾山(1,963.2m) 山スキー・山登りと徒然日記/ウェブリブログ)にインスパイアされたプランの先行きがあやしくなってしまった。

大分モチベーションが落ちてスキー場にでも転戦しようかとも思ったけど、折角雪が豊富で繋がっているようだし天気も良いので出発。8:23。が、この日も忘れ物、ヘルメット。5分も行かないところで気付いたので取りに戻る。8:35、今度こそ出発。

すぐに林道が大きくカーブしているところで先行トレースに倣ってショートカットしようとしたのだが、やたらスリップしまくってしまい結局板を外してツボ足で数m登るという失態。スキークランポン無いからか。

山登りっぽい駐車車両は5-6台あったけど、トレースからして先行は少し先に出た登山者だけかとこのときは思っていた。けど実際の入山者は4-5人のスキー一組、登山者が3組くらいの10人以上、という感じだった。朝一はトレースが付かなかったのかな。

1127mピークの北東に出たところで視界が開けて雨飾山も見えるように。
P1020670
黒いのがP1で白い丸いのがP2か。

キャンプ場の建物のところを通過したのは9:26。除雪が進んでいないと50分、1時間弱ほど遠くなるわけか。その後少し下って広い河原へ降りる。残雪は豊富な感じ。
P1020674

登って行く右岸も滝が出ている沢があったり。
P1020675
快適に登れそうな良い滝だった。沢登りにはまだ早いが。

少し進むと夏道尾根に取り付くところの先行登山者パーティーで見えた。9:42、取り付きでスキークランポン装着し、急登をこなす。尾根の樹林の先に先行パーティーがちらほら見えたが、1450m辺りに登り上げるところで置いて行かれる。ここでもルートミスをして一度板を外す羽目になったのが敗因か。

樹林を抜けた先のオープンスロープはやはり良い斜面。
P1020676
樹が無いということは雪崩通路なのか。

その後はだらだら平坦地を横切る。意外と進まない。先行パーティーにも引き離される。ざらめがずるずる崩れていちいちスキーを叩き付ける必要があり、気を使う。

11:20、荒菅沢右岸尾根に1580m辺りで登り上げた。先行パーティーが何故か枝沢を上に進んでいる。
P1020677

荒菅沢を見ても、トレースが見当たらない。どこ渡るのやら。対岸に登ってる人が2-3人見えるが、あちらをぐるりと回るのか。
P1020679
遠いな。稜線は雪が切れているところがあるようだし。高度を落とさずトラバースしようにも、目の前の雪が落ちた支尾根というか岩稜に邪魔されそうだし。

岩場を担ぎとか二日連続でやりたくないし、夏道経由でP1に行くと2時間以上は掛かってP2斜面を楽しめなくなりそうなので、とりあえず直前のパーティーを追ってP2に行くことに。彼らの先にトレースがあるようで、信頼出来そうだし。P2からP1に行けるという話も見たことがあり、それなら距離も近くていいのでは、と。

沢はかなりの急登なので板を担いでブーツクランポンを装着に、手には久しぶりのアイスアックス。もう片手はピック付きポールを持ったまま。それでも直登は出来ず、ジグを切ってる。

最後沢をトラバースして、平坦になった1750mで先行パーティが休んでいたが、もう一段あるのでそのまま登る。ここも急だが直登出来る程度。登り切ったところでP2。12:35。スキーのパーティー4-5人が休憩中でびっくり。どこに居たのだろう。後ろから追い上げたのかな。取り付き尾根の先には見えなかったしトレースも新しいのは見当たらなかったが、前日以前と思ったスキーの跡はあった。それだったのかなあ。

真ん中に頭を覗かせる焼山と、金山、天狗原山かな。
P1020688

先の様子見て、明らかにここからP1に行くのは無理というか失敗して死にたくない。
P1020691
これ本当に行けるのか。すごいなあ。EVA父さんの、上とは別の雨飾山の記録(雨飾山(荒菅沢) 山スキー・山登りと徒然日記/ウェブリブログ)に、P2経由P1の単独登山者とスライドしたというのが出て来るが、ロープ確保しないであそこを行く気にはならない。まあロープで確保する技術も無いわけだが。

というわけで諦めて栄養補給と滑走準備などしている間にスキーヤーパーティーは先に降りて行った。

13:16、滑降開始。先行トラックがあるので降り易い。と思ったが早速外してクラックに寄ってしまった。そういえば下から見えていたな。ぎりぎりトラバース出来たけど。

一段降りたところで、先行パーティーが大斜面にまだ居た。撮影していたようで、最後の人が大斜面スキーヤーズレフトに居て滑り出すところ、トラックはスキーヤーズライトの少し急なところを降りてる。というわけでど真ん中がノートラックザラメ気味だったので、そこを行く。が緩んでいるもののスプーンカットでがたがたでいまいちかな。前日とこの日の登りの疲れでへろへろだし、板を抑え切れない。

そういえばVulcanでBCでスキーを滑るのは初。BCボードで2回使ったわけだが。やはり固くて、Factorの足首周りのルーズさが全く無いのは良いが、がちがち過ぎるというか、きつい。脛バックルの取り付け位置は変えて緩められるようにしなければ。

尾根の樹林に入ってから、前回3月と同じところではまってしまった。前回は微妙な雪庇だったが、今回は雪が切れていた。少し下から回り込めたけど、他にもクラックがあって結構怖い。

13:30、大海川の河原に到着。

山頂からのヘルメットカメラ動画を、面倒なので無編集で。3時間掛けて登って、わずか15分で滑り終わってしまう。

河原の少し上流には登山者パーティーが休憩していた。多分後で風呂で一緒になったのだけど、P1目指したけど荒菅沢右岸尾根から先の道があやしかったのでそこで敗退したとか。スキーヤーパーティーも降りて来たけど、夏道尾根の一本南の滝が出ているところを通っていた。チャレンジャーだな。

河原に降りたところでクライミングスキンを装着して歩き出す。13:45。14:00にキャンプ場通過。ここでクライミングスキンを剥がしてスキーで滑って行ってもいいのだろうけど、平坦地をスケーティングするのがうざいのでしばらくそのままスキンで歩く。14:14、1127mピーク北の林道分岐でクライミングスキン剥がしている間に登山者パーティーと多分キャンプ上から滑り出したスキーヤーパーティーに抜かれた。その後一箇所スケーティングが必要な平坦地があるが概ね滑って行けて、14:35、駐車場所に帰着。

入浴は雨飾荘の管理しているっぽい少し下の露天風呂へ。無料というか、整備代として寸志をとかいうことになっており、寄付箱的なものに100円入れておいたけど、3-4人その後に来た誰も入れてないっぽい。タバコの吸い殻がその辺にあったり、何だかなあという。開放感のある素晴らしいお風呂ではあったが。

|

« 【雪山記録】唐松岳 2014/04/26 | トップページ | 【雪山記録】シャルマン火打スキー場 2014/04/28 »

snow」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3241/59553765

この記事へのトラックバック一覧です: 【雪山記録】雨飾山 2014/04/27:

« 【雪山記録】唐松岳 2014/04/26 | トップページ | 【雪山記録】シャルマン火打スキー場 2014/04/28 »