« 【雪山記録】月山 2014/05/06 | トップページ | 【雪山記録】富士山 2014/05/11 »

2014/05/16

【雪山記録】針ノ木岳 2014/05/10

この日富士山を滑ってシーズン終了、と思っていたけどJazzy Sportタロさんに何となく誘われたのでご一緒した。富士山は翌日曜日行ったのだけどこの土曜の方が厳しい状況だったようだし、久し振りのソロじゃない山行で楽しかったし、ちょうど行ったことないところだったし、良かったかな。


前夜22時に家を出て1時半に扇沢駐車場に到着。まだがらがらだったけど翌朝はぎちぎちではないもののほぼ満車。ぼくは6時起床で4時間とそれなりに眠れたけど、タロさんたちはほぼ寝ない状態だったみたい。

タロさんと、何度かスキー場では一緒に滑っているラスさんと、初めましての帝王の4人パーティー。タロさんだけスキーで他二人はソリッドボード。ぼくは前日に降雪があったっぽく悪雪が予想されたのでスプリットボード。

7:52、駐車場を出発。扇沢駅の横から登山道に入る。雪は無い。たまに灌木に背負った板が引っ掛かる。作業用舗装道をたまに横切る。帰りはそちらを通ったけど、行きもそっちの方がよかったかな。
P1020933

天気は思ったより悪い。行く先には雲が掛かって前夜からだが風も強い。一日晴れかと思っていたのだけど。いずれにせよ回復傾向のはずなのでそれを信じて進む。

8:20、最初の堰堤を右から越えたところ、1500mで雪が出てスキーが使えるように。とはいえラスさんはスノーシュー、帝王はブーツクランポン。
P1020934
すぐ先に見える堰堤は左から越える。トレースはばっちり。朝方出発した人たちの中ではぼくらが最後尾だった。

8:45、大沢小屋の少し下。針ノ木岳が見えるように。
P1020935
この頃には青空になっていたけど、風は相変わらず強くて稜線には雪煙が上がっていた。

9:25-32、1870m辺りで休憩。普段一人だと休憩とか殆ど取らないわけだが、パーティーだとリグループとか必要。この辺は面倒かなあ、やはり。

10時過ぎに針ノ木峠も見えるように。
P1020941
先頭の人たちはもう峠直下。この辺で20人くらいは確認出来たし、その後入って来た人たちもいたみたいだし、人気のエリアなのね。相変わらず風は強く、雪煙が見える。

この間何故かGPSログが飛んでいて詳細不明だが、2250mのマヤクボ沢出合で休憩したみたい。
P1020944
山頂方面がきれいに見渡せるし、振り返っても絶景。
P1020945
右端が爺ヶ岳、岩小屋沢岳に鳴沢岳、か。

10:56に再開、というところからトラックログが復活。左手に登って行っている人たちも居たけど、斜度的にも雪付き的にも楽そうなので、右手に進む。

急登の途中で滑り降りて来るボーダー二人。のうちの一人。眺めるラスさん。
P1020948
一部固いようだけど、溜まっているところを狙って華麗な滑り。

11:47、2450mの平坦地に着いて再度休憩。
見上げていた爺ヶ岳などがほぼ同じ高さに。
P1020951

針ノ木岳山頂付近は相変わらず雪煙を上げている。確かここでシェルジャケットを着込んだ。
P1020949
この先どうするか相談。左手が雪が繋がっているけど、右手北側の方がミックスがあるけど近いし、山頂経由で南側に滑り降りると周遊っぽくていいよね、というタロさんの意向に従うことに。時間を見てだけど、滑り降りて後半は針ノ木峠の方へトラバースして、ミックスが続くだろう蓮華岳への稜線を行って蓮華大沢を滑り降りる、というプランをタロさんは抱いていて、他2人はぼくは一緒に登ったことないけどそれに堪えるスキル・装備なんだろうと思っていたのだけど、結局違っていたことについては後述。

あと針ノ木峠との分岐、マヤクボ沢への登りから、寝てない人たちは結構ばてていたっぽく、最初は帝王タロさんぼくラスさん、という並びだったのだが、帝王とぼくがそれほど離れないところに居て、タロさん大きく離れてラスさん、という順番に。その辺考えてもこの段階で蓮華大沢周回プランは余裕で無理だったような。

12:17再開、スバリ岳との鞍部へ向かう。一登りで12:40、2670mの鞍部へ到着。
P1020959
蓮華岳をバックに鞍部直下のタロさん。この頃には天気も回復しており、快晴微風の下、劔立山の景色が楽しめた。
P1020962
ここまで来たら山頂まで行くでしょう、ということで若干不安を覚えつつも13:03、再開。下から見た通りミックス斜面なので板はシール剥がしてしまい担いで、ブーツクランポンにピッケル。

が予想通りというか何というか、後ろが付いて来ない。5分ほど行ったところで後続を待つ。結局その一段登ったところに30分以上、13:50過ぎまで居た。タロさんが最初ブーツクランポンを付けていなかったらしく、さらにサイズ調整が出来ていなかったようで脱着を何度かしていたみたい。いやー、あれブーツクランポン無しで行けると思うのは明らかに判断おかしいでしょう…

そしてラスさんはスノーシューのまま。スノーシューでこういうところがしがし行く人も居るのでそれかと思ったら、覚束ない足取り…

帝王はずっとブーツクランポンで歩いていたのでそれほど問題無い。とはいえ見ているとぼくが一瞬で通ったところにステップを切って苦労している。柔らかいソールのソフトブーツだと爪が効かないみたい。ぼくはハードブーツなわけだが、こういうところでもメリットはある(当然色々デメリットもあるわけだけど)。

もう一段上は雪が付いた斜面のトラバースなのだけど、ラスさんが怪しい感じなのでぼくのピッケルを貸す。結局そこはタロさんのも借りて憧れのダブルピッケラー状態でクリアしたみたい。
P1020976
そこからもう一段上も同様にトラバースで来れてその方が早く、上の写真にはぼくのトレースが付いているのだけど、正規ルートは画面右の岩場みたいでみんなそちらを辿っている。タロさんはぼくのトレースを追ったけど、ラスさんは、両手確保出来れば足元がスノーシューの頼りない歯でもそちらに行けるかな、とも思ったけど、怖かったら止めたら、と言ったら本当に止めてしまい岩場の方に行って、またスノーシューの脱着で時間を取られる。

というわけで山頂到着は14:33。自分一人なら20分も掛からないところ、1時間以上掛かってしまったが、全員で登頂出来たのは良かった。前回この辺のつながりで越後駒ヶ岳に行ったときはメンバー一人が駒の小屋までで山頂踏めなかったわけで。

山頂はさっきの立山方面だけでなく、色々見える絶好の展望台。

南の方。
P1020979
常念大天井、槍穂、までは分かるけど、その先は土地勘も無い奥地なのでよく分からない。野口五郎岳や水晶岳が写っているのかな。まずは夏山でその辺行ってみたいところだが。

爺ヶ岳はもう下に見える。その向こうに鹿島槍ヶ岳が大きい。
P1020982
五竜までは見えるけど、白馬三山は雲が掛かっている。さらに遠くに妙高火打焼山が、肉眼だとはっきり見えていたが写真ではぼんやり白い程度か。

こんな時間に誰も山頂にはおらずぼくらだけで独占した後、15:00に滑降開始。南東に少し降りたところからルンゼ状に入る斜面があってそちらに行こうかとも思ったが、やたら固いので止めて、尾根を一段降りる。ピッケル出しておけばルンゼに行けたが、まあ今度行くことにしよう。一段降りるところは結構な急斜面にトレースも入ってがたがたで尻餅。北東斜面入口にクラックが入っていたけど切れたところからドロップ。初めパックパウダーっぽかったけど、すぐにがりがりになってまた尻餅。大分やる気を無くして、適当に高度を落とす。滑りは楽しめないので、当初の予定だった針ノ木峠への登り返し点の方に行ってみたら狙ったところに出られたので、次には繋げられたかな。峠からの斜面とマヤクボ沢が合流する辺りからはやっと雪も緩んで快適。2150m辺りで何となくリグループ、15:17-21。という辺りまでの動画。

気持ち良い斜面は一瞬で終わり、すぐにデブリでがたがたに。下に行くほど酷いことになり、ひたすら我慢の滑りだった。

15:30、1700mの大沢小屋辺りで板を外し、この後のトラバースに有利なのでスキーモードへ。ストック出して何とかしていたボード二人よりは早かったので、やはりスプリットでは積極的にスキーモード滑走も使いたいところ。15:38再開、15:44に板を履いた堰堤のところを到着。板をバックパックに付けて、16:02歩き出す。藪漕ぎは避けたいということで作業道をてくてく歩いて、16:20駐車場に帰着。

片付けしているとこの日は何か色々壊れたり失くしたり。

藪漕ぎによるものか、板のトップシートがめくれて木片が入っていた。
P1020993
ぼちぼち買い替えかなあ。来期のシーズンオフセールのとき辺りに考えよう。

ポールのバスケットが片方取れていた。
P1020994
スキーモードにするときに無いことに気付いたのだけど、その後の滑りは意外と何とかなった。

インナーブーツのシューレースループが一つ取れていた。
P1020998

ところでツイッターで話題になっていたサロモンクイックレースキットが付いているわけだが、これは良い。

入浴は大町温泉の薬師の湯へ。観光客が一杯のあまり好きではないタイプの施設だが、露天風呂は非常に気持ち良かった。大町市街でのカイザーでの夕ごはんまで皆さんとご一緒して散開。おつかれさまでした。

|

« 【雪山記録】月山 2014/05/06 | トップページ | 【雪山記録】富士山 2014/05/11 »

snow」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3241/59646803

この記事へのトラックバック一覧です: 【雪山記録】針ノ木岳 2014/05/10:

« 【雪山記録】月山 2014/05/06 | トップページ | 【雪山記録】富士山 2014/05/11 »