« 【雪山記録】ほろたちスキー場 2015/01/23 | トップページ | 【雪山記録】石打丸山スキー場ナイター 2015/02/21 &ノルン水上スキー場早朝 2015/02/22 »

2015/01/31

【雪山記録】旭岳 2015/01/25

晴れの日を狙って登頂を目指したが森林限界から上は氷の世界で、半分も登れずに1900m地点で撤退。

折角の好天だったのに、山頂に立てなかったのは勿体無いが、完全に甜めてたので仕方ない。ちゃんと登りたいときにはしっかりした装備が必要ということだな。

装備は、2年前の春に登ったときのコースの印象から、ウィペットさえやり過ぎでは、という予断を持ってしまった。三段山にさえ持って行ったのに。そして当然ブーツクランポンもアイスアックスも持たず、ブンリンクトー頼り。

という感じの荷造りに多少時間が掛かり、9:00の始発には間に合わず、けど9:10頃に臨時便が出たので、ロープウェイ一回券を買って山頂へ。駐車場で浅川誠さんにまたお会い出来た。この日はガイドツアーで、特に登る予定は無く、せいぜい盤の沢の裏程度、とのこと。また山頂で会えるかと思ってこの日はGeniusにしたのだが。まあ駐車場でGenius出したところをお見せ出来たので良かったかな。

山頂駅の駅舎の中でクライミングスキンを貼るなどの準備をしていると、スイスからという人に話し掛けられた。カッター出して何やらやっているなと思ったらクライミングスキンが自作スプリットみたい。いつものツアースキーと違うから、とか。準備出来て駅舎から出たら、スノーシューでスキーを担いでいる人らとのパーティーみたい。彼はビンディングが普通のアルペンでツアー用でない。もう一人、Black Diamond QuadrantというATブーツなのにツボ足でスキー担いでいる謎のと、三人パーティーかな。

それにしても良い天気。車で向かっているときから山頂までくっきりでテンション上がっていたが、間近で見るとやはり良い。
P1040585

9:30歩き始める。パックされた雪で、上までまあこんなもんかな、とこのときは思っていたのだけど。

少し登ったところからの十勝連峰もきれいで、気持ち良く歩いて行く。
P1040588

9:45、小屋の辺りまではまあ普通に、少し固い程度でさくさく登れた。最初の便で登った人たちがすぐ先の斜面に見えて、すぐに追い付くのでは、とか。けど小屋を過ぎた辺りからすぐに氷化とシュカブラのミックス。ラインを選べば何とか、と思ったが無理そうなので、10:05、1800mでスキークランポンを装着。ハードシェル着込むのと、滑落したときのことを考えてヘルメットも装着。その辺でスイスの三人組に抜かれた。

スキークランポンを付けても結局歯が立たない。ポールの石付きも雪面に全く入らないような状況。ついでにスキンがMegawattに合わせてあってGeniusだと端まで覆っていないこと、そもそも板の幅が広いことも悪影響。細い板でdynafit純正の、スイスの三人組とは登る気合が違う感じの外人部隊がさくさく追い越して行った。その頃スイスの三人組はガリガリと言わせながら滑り降りて行った。

結局ぼくもスイスの三人組と同じ辺り、1800m地点に10:30に到達したところでそれ以上の登高を諦める。
P1040591
撤退地点からの眺め。さくさく登って行った人たちも2065ピークまでの登りで結構手間取っていた。ブーツクランポンの登山者も意外と苦労して登っているようだったし、やはりかなり固い氷で大変だったみたい。

しばらく諦めが付かずにうだうたしてはいたり、少しでも雪の柔らかいところを選んで止まったものの周りは氷だらけで物を落としそうで、滑走準備も手間取る。

それにしても良い天気。山頂からの景色が見たかったなあ。
P1040594
写真に映っているスキーヤーもその辺で諦めて滑り降りていた。

10:52、滑降開始。斜度が緩いから何とかターン出来るけど、がたがたがりがりでひたすら我慢の滑り。
P1040597
氷とパックされたシュカブラの雪面の様子。

緊張して滑っているからか足底筋が痛い。小屋のところの展望台で板を外して休憩。11:10-25。
P1040598
噴煙がすごい。

再度滑り降りて、折角なので外側を探検。旭平1600m辺りからは風に守られたのか、シルキーなパウダー。
P1040609
一番左のトラック。ようやく滑りが楽しめた。

その後の樹林もトラックが入っていたものの、残っているラインもあって、ルートが分かりつつ滑りも楽しめる丁度良い感じだった。
P1040610

1300mから下は流石に雪が重い。それにしてもさらに外からもトラックが合流して来ていた。クライミングスキンで歩いた感じだが、そこまでするのね。

11:45、1200m地点でボトムっぽいところに到着。先に一人スキーヤーがクライミングスキンで登り返しているみたいで、ぼくも先の様子が分からないのでクライミングスキンを張り返す。予備を持ちつつGeckoで行ったけど、気温が高いし結構な時間懐に入れていたので、特に問題無し(若干剥がれて雪は入ったけど)。

11:51に歩き始めて、12:03にコースに合流。コースに戻ってクライミングスキンを剥がすなどしていると、同じところからコースに復帰して来る集団にやけにVector glideの板が多いなあと思っていたら、滑り出そうかというところで浅川さんのガイドパーティーであることに気付く。氷で全くダメでした、とご報告。あとは普通にコースを滑り降りて、12:10にロープウェイ山麓駅に無事下山。

その後片付けしている間は曇って山頂が見えなくなっていたのだけど、その後また回復して結局この日は夕方まで晴れていた。予定通り山頂を踏んで北面を裾合平まで滑りたかった。

入浴は気分を変えてグランドホテル大雪へ。日帰り入浴は600円で湯駒荘の700円より安いけど、泉質や設備を考えると割高感はある。一緒になった旭川のおじさんによると空いている点がメリットとか。

その後美瑛から富良野へ移動中も十勝連峰がきれいで、登れなかったけど良い一日ではあった。
P1040619
オプタテシケ山が非常にかっこいい。

とはいえ十勝岳の存在感。深山峠から。
P1040622

|

« 【雪山記録】ほろたちスキー場 2015/01/23 | トップページ | 【雪山記録】石打丸山スキー場ナイター 2015/02/21 &ノルン水上スキー場早朝 2015/02/22 »

snow」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3241/61059534

この記事へのトラックバック一覧です: 【雪山記録】旭岳 2015/01/25:

« 【雪山記録】ほろたちスキー場 2015/01/23 | トップページ | 【雪山記録】石打丸山スキー場ナイター 2015/02/21 &ノルン水上スキー場早朝 2015/02/22 »