« 【雪山記録】川場スキー場 2015/04/05 | トップページ | 【雪山記録】守門黒姫 2015/04/18 »

2015/04/13

【雪山記録】至仏山 2015/04/12

先週に続いて好天の下ロングルートを堪能出来て良かった。至仏山は初めてだったのだけど、ムジナ沢の大斜面は素晴らしい。

ゴールデンウィークとかには下部が立入禁止で滑り難いようで、この時期にわざわざ自転車など使っての行動ならではの周回ルートかな。

今回は珍しく一人でなく、mixi某コミュのイベントでわいわいと。テレマーク5、スプリットボード2の6人パーティー。うちテレ一人はシールトラブルで残念ながら途中脱落。

前夜に出発して道の駅白沢で就寝。車中泊の車がやたら多かったけど、何故だろう。

流石に一人でないので6時の目覚ましできっちり起きて、集合場所の戸倉ゲートへ向かう。丸沼高原スキー場に向かう車が多かったようで結構車は多かったが、R401方面に向かうのは前後ではぼくだけ。

7時半の集合時間より早く、7時過ぎには到着したけど、既に車は一杯。ゲートすぐ下の登って行って左に見えるところは10台ほどで満車。少し下の路肩数台のところにも車が止まって板と自転車でぼくらと同じ目論見の様子。結局ゲートから500mくらい下の登って行って右のところに駐車。

7時半前に全員集合。リーダーのまつあきさんから、板は背負わず自転車に括り付けた方がよいとのことで素直に従う。苦労するかと思ったけど、意外とさくっと出来た。
P1040949

午前中曇りの予報だったけど、朝から天気はかなり良い。

確か8時前に一旦出発してゲートまで行ったところで携帯を忘れたことに気付く。車に戻ったところでGPS計測開始。8:03、再度車から出発。ゲートで集合写真。8:06。


ここで持ち物再度チェックしたら、携帯を取ったときに車に鍵を忘れたことに気付き、再度戻る。無駄に2往復してしまった。8:09車を再々出発、ゲートを8:11通過。脇の笹薮を押して入る。

10分ほど走ったところで、バックパックに入れ忘れた滑り用ビンディングをブーツを留めるゴムバンド(登り用ビンディング、TLTのフロントピースに付けていたわけで、ヒールフリーでぱかぱか動いてしまうのを、バックルを適当にバンドで留めた)に付けていたところ、走っているうちにずれて、ピンの留めるところが自転車の車軸に絡まって壊れてしまった。けどまあ針金やタイラップ、ゴムバンドでどうにかなるだろう(実際そんな感じで応急処置してどうにかなった)、ということで10分弱で再出発。

坂道は意外ときつくて、フロントは一番軽いの、リアは3番目に軽いのくらいで大汗かいて登って行く。最初のうちは大丈夫だったけど、上部の水の流れているところは軽く凍っているところもあった。数cmから10cm程度の幅なので特に問題無く登れたけど。

9:05、一時間弱で津奈木橋に到着。自転車はここにデポ。
P1040951
その辺に先行の自転車が2-3台あったが、少し歩いて行った先の路肩にも全部で5台ほど。

意外と30分ほど準備に時間が掛かり、9:34に歩き出し、数分道路を行った曲がり角からみんな取り付いているようなので、我々もそこからクライミングスキン登高へ。9:42、1350m地点。

1550m辺りから結構な急登。手前でスキークランポン装着してそのまま山頂まで付けっ放しだったけど、不要だったような気がしなくもない。平らなところのトラバースは引き摺りのデメリットの方が多いように感じた。けど、その下のそれほど急じゃないところで結構スリップしまくって無駄に体力使ったしなあ。

その辺で一人付いて来ないと思ったら、シールトラブルだそうで、結局ここから引き返すことに。10:10-10:47くらいと意外と長い時間その辺で停滞していた。

日光白根が雪が少ないみたいで黒い。
P1040961

その後は特に問題無く、やっぱり雪が少ない燧ヶ岳を眺めたりしながらてくてく登る。
P1040969

11:25、1866.9三角点の北からの至仏山。
P1040973

11:58、登山道に沿って悪沢岳は巻いていくが、標高1980m辺りにスキー板が一本差してあった。近くで見たメンバーによるとエッジが結構錆びていたようで、大分前からそこにある様子。

12:19小至仏山手前でリグループ。ぼくともう2人が靴擦れだったりシェル当たりだったりで対応。ぼくは先週の越後駒でやった右足内側踝下の靴擦れはテーピングなどで対処してあったのだけど、今回は左足の同じところも軽く擦れて、水膨れまで行ってないものの、痛い。10分ほど休止。

あとは小至仏山をトラバースして、ゆるゆると山頂へ向かう。山頂少し手前で登山道が出ていて、数mだけど板を外す必要があった。
P1040982

12:10、山頂に到着。他に2-3パーティー、10人近くと結構な賑い。

割れ板の証ってことで記念写真。
P1050004

もう一人のスプリッター、daiconさんも同じようなことをやっていた。

@daicornが投稿した写真 -



板もぼくと同じ、初代Jones The Solution。

晴れというより高曇りみたいな感じだけど、展望は良い。平ヶ岳から先週登った越後駒ヶ岳など越後三山。
P1040996

山頂は流石に寒い。登っているときはアンダー一枚で快適なそよ風に感じていた風も即効で体温を奪って行くのでジャケットと滑り用グローブを装着。そして、一人脱落、靴擦れやブーツ当たりに続いて3つ目のトラブル、まつあきさんがカップラーメン食べようとしたら何故かお湯が湧かないというので、結構なタイムロス。

というわけで滑り出しは14:20になってしまった。山頂に2時間以上滞在していたのか… 雪は一番柔らかい時間でよかったというのはあるけど。

他のパーティーは殆どワル沢に滑り込んだようだけど、ぼくらはムジナ沢へ。一本だけ先行トラックが見えた。尾根からムジナ沢へはほぼ雪が切れている。スキーならハイマツの間を繋いで何とか滑り込めるところがあった。

山頂直下の雪は少し固かったけど、ムジナ沢に入ると緩んでいるし、ストップスノーでなく快適に飛ばせる意外と良い雪。斜面も、斜度もちょうどよいし、広いし、素晴らしい。みんな思い思いのラインで落ちて行った。

14:41、標高差800mほどをあっという間に滑り降りて、猫又川沿い標高1410m辺りへ。
P1050012
堪能。

14:58、鳩待峠へ登り返し。尾瀬ヶ原の向こうに燧ヶ岳。
P1050021

ぼくとまつあきさんdaicornさんはクライミングスキンを貼り返したけど、他の3人はスケーティング。一人はウロコテレだったけど、他の2人はつるつるのソールなのに、川上川沿いの緩い登りをあのスピードで行くというのはすごいなあ。とはいえ最後の最後、標高1500mからの登りは流石にクライミングスキンを貼っていた。

16:10、鳩待峠到着。それまでもスノーモービルのトレースを辿っていたのだけど、ちょうどモービルが上がって来ていたようで、2ストオイルの匂いがした。こんなところで嗅ぐとは。除雪はまだ済んでおらず、しばらく滑り降りられそう。ぼくはスノーボードでは自信が無いので、スキーモードで。

16:16、滑走開始。意外とすぐ、標高1550mの九十九折から登り切った辺りまで除雪されていて、そこに車が一台止まっていた。スキーヤーズライトに逸れてさらに滑り降りる。細かいツリーランで、スキーモードなら楽しくスラローム出来たけど、スノーボードだとぼくは無理だなあ。その後もアップダウンあったりしたのだけど、daicornさんはボードモードのままスキーヤーのパーティーに付いて来ていた。すごい。

1450mで道路の横断があり一度板を外したけど、その後も津奈木沢沿いを滑り降りて行く。1350m辺りの堰堤下の小沢の渡渉がぎりぎりだったものの、流石に強者揃いパーティーの適切なルートファインディングでどんぴしゃで津奈木橋の辺りに出た。16:58。
P1050034

まつあきリーダーの、下りは板背負っても問題無いという指示が遅れ、自転車に装着してしまった。
P1050036
まあこの方が体を動かしやすいのでダウンヒルを楽しむにはよかったかな。それほどの手間でもなかったし。

17:20、自転車でダウンヒル開始。登りと違って楽ちん。心配した路面の凍結も、下の方は大分気温が高かったためか全く無し。快適なダウンヒルを楽しめた。17:34、あっという間に駐車場所に帰着。

思った以上に遅くなってしまい、子供を風呂に入れるミッションは果たせなくなってしまったけど、一応気を使って早めに帰るべく、老神温泉のぎょうざの満州がやっているところで風呂&夕ごはんという楽しげな締めに向かう殆どの人と分かれ、帰路に就いたのだった。高速道路は事故渋滞していたけど、そのぎりぎり手前まで使って、残りは下道という埼玉県民の特権を生かし、ほどほどの時間に帰宅出来た。

|

« 【雪山記録】川場スキー場 2015/04/05 | トップページ | 【雪山記録】守門黒姫 2015/04/18 »

snow」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3241/61433517

この記事へのトラックバック一覧です: 【雪山記録】至仏山 2015/04/12:

« 【雪山記録】川場スキー場 2015/04/05 | トップページ | 【雪山記録】守門黒姫 2015/04/18 »