カテゴリー「音楽」の14件の記事

2011/01/27

【雪山記録】安比高原スキー場 2011/01/22-23

土曜日昼間にVector glide試乗会でテレマーク板試乗、土曜日夜にAPPI JAZZY SPORT 2011、日曜午前にVector glideプロデューサー秋庭将之さんらとのライディングセッション、に参加とてんこ盛り。まあ夜のメインイベントは体力不足で「完走」出来なかったけど…

ともあれ、3年前、2008年の開催時にたまたま近くを通り掛かったときに知って(cf. Kohei Japan豆情報: la gaya scienza)以来、興味がありつつ参加出来ていなかったイベントにようやく参加した次第。

続きを読む "【雪山記録】安比高原スキー場 2011/01/22-23"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/05/17

マボロシのライブに行って北

1年に一度くらい音楽の記事が上がるような。去年6月の申し訳ないとフロム赤坂リリパが最後の音楽活動だったような気がするが、そのとき同様ライムス絡み。もう一昨日になるけど、2009/05/15マボロシ TOUR 2009 「マボロシのラップ&ギター Vol.2」@赤坂ブリッツに参戦。名古屋5/4、大阪5/5と回ってのツアーファイナル。

どうでもいいけど「マボ」って略すとNMUのぼく的には最強タッグであるMacka-chinとDABOのユニット、MABOのことかと思ってしまうので止めて欲しい。ナイチョーのシャッフルユニット?では同じくMacka-chinとSuikenにTinaを加えたMontienも素晴らしいわけだが。つか、NMUはMacka-chinとSuikenとDABOの3人だけでいい(追記:GORE-TEXを忘れていた)。特にBig-zはイラネ(リリックつまらない、ライミング・フロー凡庸、声かっこ悪い。何がいいのかさっぱり分からない)。

閑話休題。いつも通りの自分用メモ。セットリストは、RO69::最速ライブレポート::から。ただこのレポート、「ラストはマボロシとして最初に作ったという曲」とか、微妙な喋りを真に受けて書いてしまっているがこれは間違いで、あのときのMCでも「最初に作ったのはほんとはSlow Downなんですけどね…」とか言っていた。あと曲順、Mixiでは3と4が逆になっているのがあったりするけど、どっちが正しいのやら。ぼくは記憶に無い。

続きを読む "マボロシのライブに行って北"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/10/16

メモ:Perfume First Tour 『GAME』他

・のっちの脚と腋の下でまだしばらく生きて行けそう(最近平日はずっと背中がこるくらい仕事が嫌で嫌でしょうがいないんだけど)

・Gameのダンスがかっこいい(1曲目からこれライブではかなり上がるだろうなあ、という妄想だけで満足。実際に見に行っても面倒なことが多そう;待ち時間うざい、遠くて見えない、狭い暑い、周りのDQNの存在)

・化粧が全体的に薄め(特にksykは最近テレビに出ているところ見ると目が変だったのだが、これは比較的まし)

・コンピュータードライビングは何故か生歌みたい(他に、ジェニーはご機嫌ななめ、Perfume、なんかもだけどそっちは口パク期以前の曲ということでなんか分かるけど)、口パクの曲も生っぽくミックスしている(お金が掛けられるようになったということか)

・Take me Take meののっちとksykのエロさは異常(一匹混ざったゴリラは無視の方向で。とはいえゴリラのトーク力や「JJ,cancamなどを購読する層(女子力とは - はてなキーワード)」とは少し違う意味で女子力とでも言うべきものはグループの存立に不可欠な要素であることは認めざるを得ないところ)(そういえば、同じく中田氏をバックに、無駄に露出高い格好でセクシー路線を行こうとしているっぽい鈴木亜美には全くみなぎってこないんだけど何故だろう)

・つか、この曲がテクノポップっぽくなくて本格クラブ系?に迎合しているからダメとかいう論調があったが、このように見事にライブにおいてPerfumeならではのEncarnalizationが為されていることにより、その無効性はもはや明白であろう

・ポリリズム前ののっちの煽り(大意:ライブを観に来た不届き者はいねーだろーな、お前らはライブをしに来たんだろ)はライムスターっぽい

・ライムスっぽいといえばメンバーのトークという副音声も…と思ったら全編に渡って入っているわけではないのか、いまいちだな

・ポリリズムの準備でのっちがksykの髪を直してあげているところが好き、てか萌え

続きを読む "メモ:Perfume First Tour 『GAME』他"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/06/19

ベイベッ!週刊誌が俺について書いてることは全部嘘だぜ!

氣志團の綾小路翔は好きだけどDJ OZMAには特に何も感じなかったぼくにとってはこの素敵な引用で彼へのプロップスが上がった次第。

FLASHに「DJ OZMAの愛人が、ヌードでSEX再現!」という記事が載ったそうだが、それに対する反応を自らのブログでしていて(DJ OZMA アゲ♂アゲ♂Archives:DJ OZMAの愛人)、締めの言葉が標記のもの。当然、岡村靖幸「どぉなっちゃってんだよ」曲中の台詞からの引用。どうやらそもそも岡村ちゃんはPrinceから引用したみたいだけど。下のPVの2'40辺り。
YouTube - [PV]岡村靖幸 どぉなっちゃってんだよ

Mixiの「ニュースに関する日記」見ても、ここに反応した人が多い様子が見て取れて、岡村ちゃんの影響度の大きさを感じさせる。まあそれより、その引用が分かってないやつらのコメントが痛すぎて、程度の低さに頭が痛くなったりもするのだけど。

これを機会に、ぼーっと(今日は風邪で頭と喉が痛くて仕事休んでいたのだった)色々ネットを見て回ったのでそのログ。

続きを読む "ベイベッ!週刊誌が俺について書いてることは全部嘘だぜ!"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008/06/16

パクリとかトレンドとかどうでもよくて、問題は強度であるということ

ずっと気になっていたのだけど、あまり指摘しているひとも居なそうなのでメモ。なおタイトルと以下の論述はあまり関係が無い。まあそれを巡ってはいるのであるが。

曲調もそうなんだけど(【パフューム】の中田ヤスタカはパクリ魔だったの54とか337辺り。シークレットシークレットじゃなくtake me take meの方が…という見方もありだが、こちらもイントロと間奏のシンセは同じ意匠と捉えられる)、何より以下の3曲はPVが似ている。ロボットダンス、バックダンサーのヘルメット、というヴィジュアルの類似程度ではあるが、でもわざわざその曲でここまでやるというのは意図的なものなのだろう(確信犯てやつ? それは誤用で、本当は故意犯ていうのだっけ?)。

YouTube - Kylie Minogue - Can't Get You Out Of My Head

YouTube - 片瀬那奈 TELEPATHY

YouTube - Perfume - シークレットシークレット

続きを読む "パクリとかトレンドとかどうでもよくて、問題は強度であるということ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/14

久し振りのクラブ活動―申し訳ないとフロム赤坂・リリースパーティー@代官山UNIT、に行ってきた

どのくらい久し振りなのかも定かでないのだが、恐らく1年以上前の冬?にriow arai主催のmode downてイベント@中野heavy sick zeroに行ったのが、夜やっているのでは最後のような。もっと本格的?なものだと本当に記憶が無い。nujabesの"modal soul"リリース時のツアー@Unitに行きそびれた記憶があるけど、それは2年近く前のことだったか。

どうでもいいけど今日何となくミッツィー申し訳とriow araiが似ているような気がした(ステージング含めて)。

今回の目当てはKohei Japan aka. KJ。と、嶋野百恵 aka. moetもfeat. KJの曲をやるみたいだし、それも楽しみ。けどまあ一番大きいのは、KJと幻のSpanky Spank aka. MC士郎との競演、というのかな。5年振り、だそうで。

期待通り、楽しいイベントだった。

続きを読む "久し振りのクラブ活動―申し訳ないとフロム赤坂・リリースパーティー@代官山UNIT、に行ってきた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/21

Perfume "GAME"

当然予約購入で、無事に糞アマゾンから昨日届いたわけだが、とりあえずスリーブ見て
のっちの脚 (´Д`;)ハァハァ
今回はのっちの露出が多くて最高ですわ。

かしゆかのファティマ(永野護ファイブスターストーリー参照、為念)っぷりも凄まじいばかりだなあ、と思っていたらスレタイになるほど定番の見方なのね。
【Perfume】かしゆか応援スレ12【ファティマ】(DAT落ち)

続きを読む "Perfume "GAME""

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/03

Kohei Japan豆情報

SAJスキーバッジテスト2級なんだって。ぼくと同じだ。

盛岡か岩手のローカルFMで、2週間前に安比でやったJazzy Sportというイベント(ぼくは安比のサイトで見て、北海道上陸を伸ばして観に行こうか一瞬迷ったのだけど)の宣伝やっていて、そこでオーガナイザーっぽいひとが言っていた。参加者はたまたま全員スキー・スノボやる雪山を愛するひとたちだそうで、雪山と音楽の融合というイベント趣旨に相応しい面子が揃った、じゃあコーヘイはどうかというとAJS(かJASかASJ。ともかくSAJと言えてなかった)2級だ、と。

2週間ちょっと前のことだが、ふと思い出したので何となく書き留めてみた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/31

Perfumeとぼく

ココログというかこのテンプレート、タイトルの英字が全て大文字にされるのが嫌だ。

ともあれ宇多丸×掟ポルシェ対談 完全版完成!によって一つの参照枠となる議論がネットに現れたわけで、これを機にPerfumeとぼくのこれまで、ってライブ見たこともない薄いファンだけど、を振り返ってみようかと思ったりしたのだった。

いきなり脱線するのだけど、これがしょこたんもすなるネットサーフィンの面白いところで、初めて掟ポルシェのブログ見に行ってみたら、いきなりSwansの話で。YoutubeのPVなど見て一気に大学時代そういう系の音楽を聴いていた時代がフラッシュバックですわ。そのエントリで触れられていた「ゴルチエの唯一のアルバム」をググって調べてみたら行き着いたのが80's UK New Waveというそのまんまなタイトルのブログ(Gaultierのアルバムに触れているのはこのエントリ)。いやあ、こんなすごいコンテンツがダータで読めて、そのままPVなんかもYouTubeで見れちゃうなんて。

ところで掟ポルシェのSwansエントリに張られた4人組の写真て、Swans? Discharge? 薄いのがばればれなわけだが、特濃のTeezee君とかLet's Fuck有満道君とかなら一発で分かるのだろうけど、まあそれはともかくこの男4人の写真で思い起こされるのが当然Depeche Modeなわけで、そういえばこの前ドイツを車で走ったときもFMでふと曲が掛かってきて(現時点での最新アルバムのリードシングルPrecious)流石にいまだにドイツでは人気あるのかな、とか思ったりしたことを思い出したのだった。

でDepeche Modeを上記80s UK NWのところで見てみると、初期メンバーVince ClarkeのYazooについてのエントリで、彼がシンセプログラミングを実演している映像が見れたりするわけで、たまらん。あんな部屋+機材、ぼくも欲しいなあ(あそこまでヴィンテージシンセ集めなくてもSystem100辺りを1台程度で。最近初音ミクを筆頭にV-Drum Lite HD-1とか、DTM界隈が何気に勢いがあるようで、物欲というか音楽欲を刺激される)。ま、ぼくはDMのキャリアの頂点はここで触れられている80年代初頭でなくて80年代終わりから90年代前半ViolatorからSongs of faith and devotionだと思うわけだけど(後者ではどこかの城だか別荘でドラムを録音したりしたようだけど、そんなAlan Wilder様の様子が見れたりしないかなあ、Vince Clarkeなんかより百億倍ステキだろうなあ)、まあそれは別の話。

さらにBugglesについてのエントリの最後で触れられている、再結成イベントか何かの映像がやばいっすね。必見。細野晴臣かTrevor HornかというVo+Bっぷり。

というわけで眠れない&Perfumeの話に行き着かないのだった… to be continued...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/15

気を込めました

タイトルはD.L (aka Dev Large)の今日のパンチライン。

Jacket_m_1
11/29発売のアルバム(DVD付き初回版通常版)発売に向けたイベントがYellowであったので行って来ました。

続きを読む "気を込めました"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧