カテゴリー「書籍・雑誌」の1件の記事

2007/10/31

まさに犬死に

タイトルは今日のパンチライン。朝日の中のひとGJ。
asahi.com:性も種も超える愛「犬身」 松浦理英子氏、7年ぶり長編小説 - ひと・流行・話題 - BOOK
松浦理恵子はその著作を組織的にまとめて読んだ最後の作家で、それは10年ほど前なのだがそういえばそれより後殆ど小説を読んでいないような気がする。
それにしてもこれ、結構なネタばれ記事ではある。このパンチラインも主人公が死ぬというかなり重要な点に触れるものだし。が、筋が分かっても相変わらず興味はそそられるというか、それでも間違いなく楽しませてくれそうだというこの作家への信頼感があるので、そのうち読んでみようかな。文庫本が出てそれがブックオフ100円で出回る頃にw
まあ早ければ2年くらいでそのステージに到達するかと思われ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)